幕張車両センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幕張車両センター
基本情報
鉄道事業者 東日本旅客鉄道
帰属組織 千葉支社
所属略号 千マリ
配置両数
電車 470両
気動車 10両
貨車 126両
合計 606両
備考 2017年5月1日現在のデータ[1][2]
テンプレートを表示

幕張車両センター(まくはりしゃりょうセンター)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)千葉支社が管轄する車両基地である。

組織体系[編集]

本区[編集]

千葉市花見川区幕張本郷駅北側にある。総武快速線の上下線に挟まれる形で位置し、津田沼駅幕張駅入出区線がつながっている。

木更津派出[編集]

木更津市木更津駅構内にあり、久留里線用の気動車が配置されている。

千葉派出[編集]

千葉市中央区千葉駅構内にあり、車両故障の応急処置などを行う。

鴨川派出[編集]

鴨川市安房鴨川駅構内にあり、同駅発着列車の仕業検査や分割・併合作業を行う。なお、千葉動労によると派出の配置要員数は5人[3]

館山運転区の鴨川派出所として発足したが、同区の廃止により当センターへ移管された。

一ノ宮派出[編集]

長生郡一宮町上総一ノ宮駅構内にあり、同駅発着列車の仕様検査や分割・併合作業を行う。

配置車両の車体に記される略号[編集]

幕張車両センター 所属略号

千マリ」…千葉支社を意味する「千」と、幕張を意味する「マリ」から構成される。

配置車両[編集]

当センターには電車と貨車が配置されている。2017年5月1日現在の配置車両は以下のとおり[1][2]。木更津派出に配置されている気動車については「幕張車両センター木更津派出#配置車両」を参照のこと。

電車[編集]

209系
209系
  • 209系(330両)
    • 2000・2100番台混成の4両編成42本(C401 - 442編成、168両)、2100番台の6両編成26本(C601 - 626編成、156両)、2200番台の6両編成1本(J1編成)、計330両が配置されている。
    • 戸閉め装置(ドア)は2000番台が空気式、2100番台・2200番台が電気式となっている。
    • 2200番台は南武線中原電車区)から転入してきたもので、マリJ1編成を名乗り、2018年よりBOSO BICYCLE BASEとして運用を開始する予定。
    • 2009年10月1日から総武本線・内房線・外房線・成田線で運行開始。2010年以降は東金線鹿島線でも運行されている。
    • かつて使用されていた113系と211系を置き換えるため、京浜東北線根岸線で使用されていた209系0番台を、先頭車セミクロスシート化・トイレ設置・客用扉の3/4閉機能(ドアカット)設置・走行機器更新などの改造を施して転用したものである。
255系
255系
E257系
E257系

貨車[編集]

越中島貨物駅にある東京レールセンターよりレールを首都圏の各地へ輸送するために、多くの長物車が配置されている。

  • チ1000形
    • 6両が配置されている。レール輸送用長物車。
  • チキ5200形
    • 36両が配置されている。レール輸送用長物車。
  • チキ5500形
    • 43両が配置されている。レール輸送用長物車。
  • チキ6000形
    • 25両が配置されている。レール輸送用長物車。
  • ホキ800形
    • 16両が配置されている。バラスト輸送・撒布用ホッパ車。主な運用区間は千葉地区の他に水戸方面への運用がある。越中島貨物駅常備。


過去の配置車両[編集]

以下に示す車両は全て電車である。

113系
113系
  • 113系
    • かつては総武本線内房線外房線成田線東金線鹿島線普通列車で運用されたが、209系2000番台・2100番台の導入に伴い置き換えが進み、2011年8月に定期運用が消滅した。
    • 2006年の211系導入後、総武本線・成田線・鹿島線へは4両編成のみが入線していた。また、4両編成を2本連結した8両編成で運転される列車のほか、内房線の千葉 - 千倉間と外房線の千葉 - 上総一ノ宮間では6両編成と4両編成を連結した10両編成で運転される列車も存在していた。
    • その他、成田線(我孫子支線)の成田 - 我孫子間でも4両編成とこれを2本連結した8両編成の列車が設定されていた。その後、この区間は松戸車両センター配置の常磐快速線用の車両(103系、その後E231系)の運用で統一されている。
    • 総武快速線・横須賀線がE217系に完全に統一されるまでは両線の運用編成(基本11両編成・付属4両編成)も配置されており、付属編成は房総各線の普通列車運用にも使用されていた。
    • 以前は同じ113系にもかかわらず地上形(ローカル用)と地下形(快速用)では入場する工場が異なり、地上形は大井工場(現・東京総合車両センター)、地下形は大船工場(現・鎌倉車両センター)にそれぞれ入場していた。
    • 地上形(ローカル用)は、国鉄末期に日根野電車区(現・吹田総合車両所日根野支所)から阪和色の先頭車が転入したことがあり、これらは阪和色のままJR東日本発足を迎え、その後スカ色化されていた。
    • 地下形(快速用)のグリーン車のうち総武快速線・横須賀線用として新製されたサロ113形は定員の少なさから一時期京阪神快速用として高槻電車区(現・網干総合車両所明石支所高槻派出所)や宮原電車区(現・網干総合車両所宮原支所)に転出していた時期があり、その後京阪神のグリーン車廃止と総武快速線・横須賀線の直通化で幕張電車区に転入していた。転入当初は湘南色のままであったり、スカ色で標記が「大タツ」「大ミハ」の車両も存在した。
  • 40系
    • 幕張電車区の開設時、最寄り駅の津田沼・幕張両駅までは2km以上離れていたため職員輸送用としてクモハ40030が配置されていた。
    • 現在の幕張本郷駅付近のもっとも緩行線寄りの部分に1両分の乗降用簡易ホームが設けられ、ここと津田沼駅の間を朝夕を主として1日に数往復の頻度で運行していた。
    • クモハ40030が検査入場の際には、職員輸送列車はクモヤ143形が代走として使用された。
    • 1981年(昭和56年)10月に幕張本郷駅が開業したため職員輸送列車が廃止され、廃車となった。
  • 153系
    • 山陽本線東海道本線で余剰となった車両が転入し房総各線の急行列車で使用されたが、1982年11月15日ダイヤ改正による房総各線急行廃止(特急格上げ)によって余剰廃車。
    • 国鉄時代末期、合理化により急行列車のヘッドマークは廃止されつつあったが、房総各線の急行においては列車廃止時まで装着していた。
  • クモユニ74形
    • 幕張電車区開設後、非電化区間の電化開業に際して所要となる車両が田町電車区田町車両センターを経て現在の東京総合車両センター田町センター)・神領電車区(現・神領車両区)などから転入した。転入当初は湘南色のままで運用されたが、工場入場時に順次スカ色に変更された。総武・成田・内房・外房各線向け新聞輸送の目的で運転されていた両国 - 千葉間の荷電列車では、4両で組成されていた。JR移行直前の1986年には後述するクモユニ143形に置き換えられ老朽廃車。183系電車の先頭車4両を連結してさよなら運転が実施された。
165系「なのはな」
165系「なのはな」
165系
165系
  • 165・169系
    • ジョイフルトレイン「なのはな
      • 3両編成2本が在籍していたが、1998年に485系「ニューなのはな」に置き換えられて廃車となった。
    • 一般車(湘南色)
      • かつては上記153系と同様に房総各線の急行として使用されたが、1982年11月のダイヤ改正で全列車が廃止されると、一部が波動輸送用として残されるのみとなった。
      • 3両編成2本(6両、うち1本は169系)が在籍していたが、1996年に廃車された。
      • 113系の冷房改造が推進されていた頃は予備車の不足により、成田線の普通列車を代走したことがある。
      • 1995年10・11月には「ホリデー快速ときわ鎌倉」として常磐線取手 - 三河島 - 田端操車場 - 池袋 - 新宿 - 横須賀線鎌倉間で運行された。
E217系
  • E217系
    • 総武快速線・横須賀線用の近郊形車両で鎌倉車両センターとの間で分散配置されたが、2006年3月18日改正で全編成が鎌倉車両センターへ転出した。なお、転出後も幕張車両センターで留置される運用は存在する。
211系
211系
  • 211系
    • 3000番台5両編成14本、計70両が配置されていた。
    • 総武本線・成田線の普通列車で運用されたが、2013年3月16日のダイヤ改正で運用を終了した。2012年より、115系の置き換え用として8本が長野総合車両センターへ転出され、2013年までに全車両が長野総合車両センターへ転出した。
    • 宇都宮線東北本線)・高崎線普通列車のグリーン車連結拡大に伴い、高崎車両センター所属の211系A編成が余剰になったため、当センターの113系6両編成のうち特に経年の古い編成の置き換え用として転入してきたもので、2006年10月21日から11月4日にかけて順次運用を開始した。211系の運用開始に伴い、総武本線・成田線での113系6両編成の運用は消滅した。
    • 従来113系6両編成で運行していた普通列車を5両編成で置き換えたため、列車単位では1両少なくなった。最終的には、113系6両編成13本78両を211系5両編成14本70両で置き換えたため、当センター全体では都合8両減となった。なお、普通列車が4両編成のみの鹿島線での運用はない。
    • かつては内房線・外房線・東金線においても運用があり、2007年3月18日のダイヤ改正以降は内房線・外房線の朝夕一部列車で2編成併結の10両編成となる運用も存在した。その後、2010年12月4日のダイヤ改正で10両編成運用が消滅し、2011年9月をもって内房線・外房線・東金線の運用から撤退した。
183系あずさ色
183系あずさ色
  • 183系・189系
    • 1972年の特急列車新設に際して183系0番台が新製配置された。1000番台は1985年以降、189系は2002年以降に配置された。
    • 2009年4月以降は旧「あずさ」塗装の183系1000番台6両編成2本、計12両が配置されていた。この2本は大宮総合車両センター東大宮センターの常駐となっていた。
      • 主に各種団体臨時列車で運用された。2010年から2012年にかけては「ムーンライトえちご」にも使用された。
      • 2013年12月の廃車回送を兼ねた臨時団体列車「さようなら幕張183系M32編成号」「さようなら幕張183系M31編成号」の運行をもって完全退役[4]


485系「ニューなのはな」
485系「ニューなのはな」

歴史[編集]

  • 1967年昭和42年)11月 - 用地買収開始。
  • 1969年(昭和44年)2月 - 着工。
  • 1972年(昭和47年)7月5日 - 総武快速線の運行開始に先立ち、幕張電車区として開設。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本が継承。同時に佐倉機関区木更津支区を当区の管轄へ変更。
  • 2004年平成16年)10月16日 - 幕張車両センターと改称される。また久留里線の車両が所属する幕張電車区木更津支区千葉運転区に移管され、千葉運転区木更津支区となる。
  • 2006年(平成18年)3月13日 - 錦糸町派出を廃止。
  • 2007年(平成19年)3月18日 - 千葉運転区と館山運転区が統合、乗務員区所として木更津運輸区が発足。また、千葉運転区木更津支区の検修部門および、館山運転区館山派出・鴨川派出が移管され、それぞれ当センターの派出となる。
  • 2010年(平成22年)3月13日 - 館山派出を廃止し、業務を鴨川派出に統合。
  • 2012年(平成24年)3月17日 - 成田派出を廃止。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 交友社鉄道ファン』2016年7月号 「JR旅客会社の車両配置表」
  2. ^ a b ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2017冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2016年、p.52-55。ISBN 9784330737164
  3. ^ 日刊千葉動労 - 2009年7月17日
  4. ^ 「さようなら幕張183系M32編成」号運転 - 交友社「鉄道ファン」railf.jp鉄道ニュース 2013年12月26日
  5. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2017冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2016年、p.356。ISBN 9784330737164

関連項目[編集]