八幡宿駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
八幡宿駅
西口(2008年7月)
西口(2008年7月)
やわたじゅく
Yawatajuku
浜野 (2.2km)
(3.7km) 五井
所在地 千葉県市原市八幡930-3
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 内房線
キロ程 5.6km(蘇我起点)
千葉から9.4km
電報略号 ヤク
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
11,892人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1912年明治45年)3月28日[1]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

八幡宿駅
配線図

浜野駅

1 2


STRg STRf
STR+BSl STR+BSr
STRg STRf

五井駅

東口
東口
駅周辺を望む
駅周辺を望む

八幡宿駅(やわたじゅくえき)は、千葉県市原市八幡にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅1995年平成7年)12月23日から橋上駅舎を利用」している[2]

五井駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス受託)であり、自動改札機指定席券売機自動券売機が設置されている。みどりの窓口2013年2月12日をもって営業を終了した。2018年1月13日からは、始発から午前6時30分までの間は遠隔対応(インターホン対応は五井駅が行う)のため改札係員は不在となり、一部の自動券売機のみ稼働する[4]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 内房線 上り 蘇我千葉方面
2 下り 木更津館山方面
  • ホームは15両編成対応

発車メロディー[編集]

1 JR-SH-2
2

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員11,892人である。

近年の1日平均乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 13,453 [* 1]
1991年(平成03年) 14,033 [* 2]
1992年(平成04年) 14,409 [* 3]
1993年(平成05年) 14,658 [* 4]
1994年(平成06年) 14,801 [* 5]
1995年(平成07年) 14,742 [* 6]
1996年(平成08年) 14,451 [* 7]
1997年(平成09年) 13,952 [* 8]
1998年(平成10年) 13,736 [* 9]
1999年(平成11年) 13,593 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]13,453 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]13,182 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]12,815 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]12,642 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]12,815 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]12,932 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]13,187 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]13,251 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]13,031 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]12,599 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]12,244 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]12,207 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]12,260 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]11,865 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]11,851 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 16]11,952 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 17]11,892

駅周辺[編集]

駅周辺にはマンションが存在する。

バス路線[編集]

全ての路線が小湊鐵道によって運行されている。

東口[編集]

乗り場 経由地 行先
1番 妙永寺・山木・辰己団地 千葉労災病院
若宮団地・妙永寺・山木・辰己団地 千葉労災病院
2番 富士電機前・古河電工前 市原埠頭(三井造船前)
3番 若宮団地・菊間三又 菊間団地
4番 妙永寺・山木・辰己団地・うるいど南 帝京平成大学

その他、東京数寄屋橋〜五井駅行の深夜バス(平和交通)が発着。

西口[編集]

乗り場 経由地 行先
1番 市原坂下・郡本・望洋高校入口 山倉こどもの国
市原坂下・郡本・市原市役所 国分寺台
市原坂下・郡本・市原市役所 海士有木
市原坂下・郡本・能満四辻 辰巳団地
古河電工(急行)
2番 白金町一丁目・君塚・五井駅西口・島野 姉ケ崎駅東口
君塚・五井駅西口・島野・姉ケ崎駅東口 別荘下
3番 浜野・塩田営業所前蘇我駅西口・県庁前 京成千葉中央駅
浜野

串屋横丁前:ボートピア市原行無料送迎バス

駅名変更運動[編集]

当駅の所在地である市原市には、市の名前そのものを冠した駅がないことから、「市原駅」に改称しようという運動がある[5]

五井駅でも「市原駅」に改称しようという運動が何度も起こっている[6]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
内房線
通勤快速・快速(京葉線経由)・快速(総武線経由)・普通(各駅停車)
浜野駅 - 八幡宿駅 - 五井駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、14-15頁。
  2. ^ a b “新駅祝いフェスティバル 念願のJR八幡宿・橋上駅が完成”. 千葉日報 (千葉日報社): p. [要ページ番号]. (1995年12月24日) 
  3. ^ 日刊勤労千葉(2014年2月25日)
  4. ^ JR千葉支社-7駅の遠隔操作=無人化導入と錦糸町駅の旅行業務委託を提案”. 国鉄千葉動力車労働組合. 2018年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月8日閲覧。
  5. ^ “駅名に市原を 署名運動スタート 利用者らに呼び掛け JR八幡宿駅前”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1995年9月20日) 
  6. ^ “JR五井駅、変更で討論 賛成、反対に熱い意見 駅名考えるシンポ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 13. (1990年4月18日) 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

統計資料[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]