尾久車両センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾久車両センター
尾久車両センター南側
尾久車両センター南側
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都北区上中里2丁目
鉄道事業者 東日本旅客鉄道
帰属組織 東京支社
所属略号 東オク[1]
併設区所 田端運転所
最寄駅 尾久駅
管轄車両 E655系電車
E001形EDC方式寝台車
24系客車
E26系客車
皇室用客車
ホキ800形貨車
旧称 尾久客車区
開設 1926年(大正15年)10月10日
車両基地概要
敷地面積 約29万6000 m2
構内線路延長 2,202 m
留置線本数 着発線17本
出発線11本
検査線本数 4本
洗浄線本数 10本
その他設備 到着線4本
組替線4本
回転線2本
引上線など
配置両数
電車 15両
客車 26両
貨車 49両
合計 90両
備考 2017年4月現在のデータ[2][3]
テンプレートを表示

尾久車両センター(おくしゃりょうセンター)は、東京都北区上中里2丁目にある東日本旅客鉄道(JR東日本)東京支社車両基地である。
当センター敷地全体は尾久客車操車場と呼ばれ、その構内に存在している。

概要[編集]

当センターは、1916年大正5年)7月に開設された上野検車区を前身とし、1926年大正15年)10月10日に現地に貝塚操車場が新設されて移設した車両基地である。
1929年昭和4年)6月20日に尾久客車操車場と改称され尾久客車区が発足し、2004年平成16年)6月1日に現名称に改称した。

宇都宮線東北本線尾久支線)の尾久駅に隣接していて、列車密度、速度共に高い東北本線(宇都宮線・高崎線列車)の運行に支障を来たさずに数多くの回送列車を安全に捌くため、上野駅から当センターへの分岐点を超えて尾久駅手前までの東北本線列車線は複々線となっている。この間の客車列車の回送には、推進運転と呼ばれる特徴的な方法が採用されている。この推進運転が本線上で認められているのは、全国でもここだけである。旧称の尾久客車区が示すようにかつては客車、それも上野駅発着の夜行列車が数多くあったため寝台車が多数配置されていた。また特急「はつかり」のキハ81系置換え後は、首都圏唯一の特急形気動車の検修基地となったこともある。

構内南西には田端運転所が併設されており、そこを介して田端操車場への連絡線がある。以前は、構内西側に尾久機関区も設置され、転車台・扇形庫の設備や、扇形庫の裏手にも、田端操車場へ通じる連絡線があった。[注 1]1964年昭和39年)3月1日に田端機関区(現・田端運転所)に統合される形で廃止され、残された設備も1966年昭和41年)1月までに撤去された。[4]

設備・運用[編集]

当センターは、南北に2,202m、東西に249m、敷地面積が約29万6000㎡という大きな車両基地である[5]
構内は、到着線4線、着発線17線、出発線11線、洗浄線10線、組替線4線、回転線2線、引上線などが配線されている[6]。その他、北東側には検修庫と転車台が設置され、その周囲にも通路線や予備線などが配線されている[7]。構内の大部分は電化されているが、検修庫付近の線路は非電化である[5]

当センターでは、宇都宮・高崎線などの通勤・近郊電車の滞泊や留置[注 2]を行っている[8]。以前は、上野駅を発着する「北斗星」や「カシオペア」などの客車列車を担当していたが、それら客車列車の運行廃止に伴い、2017年4月現在では、E655系やE001形「TRAIN SUITE 四季島」と、元「カシオペア」用E26系の仕業検査・機能保全検査などを担当している。また、当センターの入換機として高崎車両センター高崎支所所属[注 3]DE10形が常駐している[9]

一般公開[編集]

転車台に展示されたEF81 81(2014年)

当センターでは、2001年から毎年11月中旬の土曜日に「みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバル」という題名の、一般公開イベントを開催している[10]
主なイベント内容は、[11]

  • 車両の展示 : JR東日本所有の電気機関車やディーゼル機関車、当センター所属の寝台客車など。
  • ふれあいコーナー : Nゲージ自転車発電式運転体験(自でん車でGO)、保守用車両(レールスター・マジックボーイ)体験乗車、レール切断の実演、HOゲージ運転体験、ヘッドマークの展示など体験型イベント等の催し。
  • こども駅長制服撮影会 : こども用駅長制服・制帽を着用して記念撮影ができるイベント。
  • 特設販売 : 記念弁当(800 個限定)や各地の駅弁、電車パン、鉄道グッズなどを販売。

この他、転車台回転実演、検修庫内展示なども行われ、毎年多くの来訪客で賑わっている。[12][13]


配置車両の車体に記される略号[編集]

尾久車両センター 所属略号

東オク」…東京支社を意味する「東」と、尾久を意味する「オク」から構成される。国鉄時代にも使用された表記だが、1969年3月の東京鉄道管理局分局により東京北鉄道管理局の管轄となり「北オク」、1957年までは「東ヲク」と表記されていた[1]

歴史[編集]

上野駅の開業後の1916年(大正5年)7月に上野検車区が開設され、東北方面への客車車庫は同駅構内に置かれていた。しかし1923年大正12年)2月からの東京-上野間高架線新設に伴う構内大改良工事の開始により、旅客設備以外の施設を他に移転することになった[14]。客車操車場は尾久地区に新設されることになり、1924年大正13年)8月に貝塚信号所として開設し、貝塚信号所-王子間に回送線が新設され、王子経由で回送列車が運転された。また、当初は王子駅の管轄下とされた。[15]
1926年(大正15年)10月10日に貝塚操車場と改称し独立、上野検車区を現地に移設し、同時に貝塚操車場-日暮里間に回送線を新設、翌1927年昭和2年)11月に回送線が上野まで延長された[15]。さらに1929年(昭和4年)6月20日に尾久操車場と改称し、操車場内に尾久客車区が設置され、同時に旅客線を分離して尾久駅も新設された。また、操車場建設と並行して東北本線列車線の経路付替えが行われ、翌21日から列車は同駅経由で運転された。[16]

1934年昭和9年)5月10日には、田端機関庫上野分庫が廃止され尾久分庫に業務移管。さらに1939年昭和14年)10月1日には尾久機関区に昇格し、その後長期にわたり基本的に田端区は貨物列車、尾久区は旅客列車の担当となった。[4]

上野-尾久客車操車場間の列車線と回送線は、1931年昭和6年)4月10日から複々線となったが、当初は上野駅高架ホームからは尾久操車場に、地平ホームからは大宮方面につながる構造であり、地平ホーム⇔操車場ならびに高架ホーム⇔大宮方面の列車は日暮里駅構内の渡り線で転線を行う必要があった。これがダイヤ編成上の支障となっていたため、1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正を控えて操車場への分岐点改良が行われ、同年9月29日からは高架ホーム側・地平ホーム側双方の線路から出入区できるように改められた[16]ほか、増発された列車本数に対応するため、1969年(昭和44年)4月25日より大宮1983年昭和58年)10月1日から土呂)-東大宮間に東大宮操車場を新設し、尾久客車区東大宮派出が設置された[17]
なお、同派出のその後については、大宮総合車両センター#東大宮センター(大宮操車場)の項を参照。

1994年平成6年)12月1日には品川運転所(現・廃止)の車両無配置化に伴い、同所配置車両が転入した。また、2004年(平成16年)6月1日の組織変更で尾久客車区から尾久車両センターに改称された[1]
2015年平成27年)3月14日に上野東京ラインが開業、東海道線の宇都宮・高崎線との相互直通運転[注 4]が行われるようになったが、東海道線の上野駅発着列車も設定されており、この回送列車は当センターに留置されるようになった。[注 5]

沿革[編集]

  • 1916年大正5年)7月 - 上野駅構内に上野検車区が開設。
  • 1924年大正13年)8月 - 貝塚信号所開設。貝塚信号所-王子間に回送線新設。王子経由で回送列車が運転される。
  • 1926年大正15年)10月10日 - 貝塚操車場と改称、上野検車区を現地に移設。貝塚操車場-日暮里間に回送線を新設。
  • 1927年昭和2年)11 - 貝塚操車場-日暮里間の回送線、上野まで延長。
  • 1929年昭和4年)6月20日 - 尾久客車操車場と改称、尾久客車区が設置。尾久駅新設。
    • 6月21日 - 東北本線列車、同駅経由での運転開始。
  • 1931年昭和6年)4月10日 - 上野-日暮里間8線化、東北本線列車線と尾久回送線は方向別複々線となる。
  • 1934年昭和9年)5月10日 - 田端機関庫上野分庫が廃止、尾久分庫(のちに尾久機関支区)として操車場北西側に設置。
    • 6月 - 上野-尾久客車区間の回送列車の推進運転開始。
  • 1939年昭和14年)10月1日 - 尾久機関支区が尾久機関区に昇格。
  • 1964年昭和39年)3月1日 - 尾久機関区、田端機関区(現・田端運転所)に統合される形で廃止。
  • 1968年昭和43年)9月29日 - 尾久回送線と東北本線列車線の立体交差化工事完成使用開始。
  • 1969年昭和44年)4月25日 - 増発された列車本数に対応する為、大宮(1983年(昭和58年)10月1日から土呂)-東大宮間に東大宮操車場を新設。構内に尾久客車区東大宮派出を設置。
  • 1987年昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、JR東日本が発足。当客車区は東京地域本社の管轄となる。
  • 1994年平成6年)12月1日 - 品川運転所(現・廃止)の車両無配置化に伴い、同所配置車両が転入。
  • 2001年平成13年)4月1日 - 尾久客車区東大宮派出、大宮支社新設に伴い、機能を小山電車区(現・小山車両センター)へ移管。
  • 2004年平成16年)6月1日 - 組織変更により尾久車両センターに改称。
  • 2015年平成27年)3月14日 - 上野東京ライン開業。東海道線の上野駅発着列車設定され、その回送列車の当センターへの留置を開始。

配置車両[編集]

2017年4月1日現在の配置車両は以下のとおり[2][3]

電車 気動車 機関車 客車 貨車 合計
15両 0両 0両 26両 49両 90両

電車[編集]

客車[編集]

  • 24系客車(5両)
    • 寝台特急「北斗星」で運用されていた3両(オハネフ25 14、スシ24 506、オロハネ25 501)と、寝台特急「出雲」で使用された2両(オロネ25 7、オシ24 701)が配置されている[24]
    • 2016年度は、2016年4月8日に8両、同月15日に1両、5月20日に2両、6月23日に2両[25]の計13両が廃車された[2]
  • E26系客車(13両)
    • 12両編成1本と、予備用の電源車(カヤ27形)1両が配置されている。寝台特急「カシオペア」で運用されていた。
    • 2016年6月以降は団体臨時列車として東北・北海道など周遊するツアーに使用されている[26]。また、同年9月には「信州」を回るツアーも運行された[27]
  • 皇室用客車(8両)
    • 御料車4両、供奉車4両の計8両が配置されている。
    • お召し列車・御乗用列車の運用が前述のE655系に受け継がれたため全車が保留車となっており、東京総合車両センター内の大井御料車庫で保管されている。

貨車[編集]

過去の配置車両[編集]

推進回送[編集]

推進回送に対応し、JR東日本E26系客車では前照灯を装備している
推進回送に対応し、JR東日本E26系客車では前照灯を装備している
先頭の客車に設置された可搬式のブレーキ弁
先頭の客車に設置された可搬式のブレーキ弁
尾久から上野に推進回送される「北陸」
尾久から上野に推進回送される「北陸」

推進回送(推回)とは、機関車牽引の列車を通常とは逆向きの、客車を先頭、機関車を最後尾とした推進運転で回送する方法である。1934年6月にそれまでの機関車付け替え方式に代わって導入された[15]

当センターが受け持つ寝台特急に代表される客車列車は上野発着であり、同駅での転向(折り返し)が必須となる。しかし、これらの発着に使われる列車ホーム[注 6]は、頭端式ホームという行き止まりの構造であるため機回しができない。そのため機関車の付け替えを行わず、推進回送が行われている。
つまり推進回送とは、当センターの場合、上野駅を出発する下り客車列車は、車庫である当センターで車内準備を整え、大宮方に機関車を連結し客車を先頭車として上野駅に向けて回送され、上野駅で乗客を乗せた後、機関車の付け替えを行わずに今度は機関車を先頭として出発する。逆に、上野駅に到着した上り客車列車は、機関車の付け替えを行わずに上野方に機関車を連結したままの状態で客車を先頭として当センターに向けて回送することを指す。

推進回送で実際に運転を担当するのは最後部の機関車に乗務する運転士であるが、運転台のない先頭の客車には正規の運転装備に代わるものとして、可搬式のブレーキ弁、警笛、前照灯、無線が用意され、非常時のブレーキ操作を行う推進運転士が乗り込み、後部の運転士と連絡を取りながら運転される。なお、この区間の回送運転は田端運転所所属の運転士が担当する。[注 7]推進運転の際の速度は45 km/h以下、推進運転士のない場合は25 km/h以下に制限されている[注 8][15]
特殊な運転扱いにもかかわらず現在まで続いている理由は、回送が約11分間程度と短距離および運行量の多い区間のため、機関車付け替えに比較して、時間的、経済的に有利との判断からとされている。


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 田端運転所側の連絡線は南亘線、旧尾久機関区側は北亘線と呼ばれていた。
  2. ^ 常磐線や、2015年3月から東海道本線の電車も。
  3. ^ 以前は、宇都宮運転所所属機だったが、2017年3月4日のダイヤ改正で配置車両がなくなった為。
  4. ^ 同時に、常磐線の品川駅乗り入れも開始。
  5. ^ この路線の開通により、東海道線東京口の車両基地として活用されてきた旧田町車両センター(現・東京総合車両センター田町センター)の機能が、当センターや大宮総合車両センター東大宮センター、小山車両センターなど宇都宮・高崎線内の各車両基地及び東海道線内の国府津車両センターに分散された。
  6. ^ 13 - 17番線。地平部分にあるため、地平ホーム、また低いホームとも呼ばれる。以前は、18・19・20番線も存在していた。
  7. ^ この推進運転に使われる警笛は小型で、音色が豆腐屋のラッパに似ていることから、推進運転士は「ラッパ屋」の別名を持つ。また、推進運転士の視界確保のため、尾久所属の緩急車にはワイパーが装備されており、「夢空間」やE26系では前照灯も設けられた。
  8. ^ 推進運転士乗務の際の最高速度指定に関しては国鉄時代に上野 - 尾久間推進運転に関する特別取り扱い規定にて規定された。

出典(書籍・Web記事)[編集]

  1. ^ a b c 『JR気動車客車編成表2017』 交通新聞社 JR現業機関一覧表 東日本旅客鉄道-1 p.221
  2. ^ a b c d e 交友社鉄道ファン』2017年7月号 「JR旅客会社の車両配置表」、pp.7,16,34,35。
  3. ^ a b 『JR気動車客車編成表2017』 交通新聞社 JR車両 配置表 東日本旅客鉄道 pp.58,60
  4. ^ a b 三宅俊彦 『j train Vol.63』Autumn 2016 特集 タイムスリップ 首都圏15機関区めぐり イカロス出版 P37,38
  5. ^ a b 祖田圭介 『鉄道ファン』2001年12月号 特集:短絡線ミステリー5 車両基地はどこだ?〜在来線の特急配置区を探る〜 交友社 P22 - P25
  6. ^ 祖田圭介 『鉄道ファン』2006年1月号 特集:短絡線ミステリー8 首都圏・関西圏JR通勤電車の車両基地 交友社 P42
  7. ^ 祖田圭介 『鉄道ファン』2001年12月号 特集:短絡線ミステリー5 車両基地はどこだ?〜在来線の特急配置区を探る〜 交友社 尾久客車区・田端運転所構内配線図
  8. ^ 祖田圭介 『鉄道ファン』2008年6月号 特集:短絡線ミステリー9 東京都心の鉄道複雑エリア 交友社 P13
  9. ^ 『JR気動車客車編成表2017』 交通新聞社 JR車両 配置表 東日本旅客鉄道 p.50
  10. ^ (2001年の開催について)『鉄道ファン』2002年2月号 交友社 「鉄道写真プレゼンテーション」 P120 - P123
  11. ^ 「第16回 みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバル」の開催について-JR東日本プレリリース 2016年10月26日掲載。
  12. ^ 尾久車両センターで『ふれあい鉄道フェスティバル』開催- 『鉄道ファン railf.jp』鉄道ニュース 交友社 2017年11月12日掲載
  13. ^ 『第7回ふれあい鉄道フェスティバル』- 『鉄道ファン railf.jp』鉄道ニュース 交友社 2007年11月12日掲載
  14. ^ 祖田圭介 『鉄道ピクトリアル』2006年11月号 【特集】ターミナルシリーズ上野 電気車研究会 「上野駅をめぐる線路配線 今昔」 P51
  15. ^ a b c d 山田亮 『鉄道ピクトリアル』2006年11月号 【特集】ターミナルシリーズ上野 電気車研究会 「上野駅 思い出を共有する空間」 P17
  16. ^ a b 祖田圭介 『鉄道ピクトリアル』2006年11月号 【特集】ターミナルシリーズ上野 電気車研究会 「上野駅をめぐる線路配線 今昔」 P53
  17. ^ 祖田圭介 『鉄道ピクトリアル』2006年11月号 【特集】ターミナルシリーズ上野 電気車研究会 「上野駅をめぐる線路配線 今昔」 P54
  18. ^ “JR東日本、「四季島」展望車の外観公開”. ジョルダンニュース (ジョルダン (企業)). (2016年8月24日). オリジナル2016年8月28日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160828040142/http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=JD1471948550635 2016年8月28日閲覧。 
  19. ^ “JR東、ゴールドの寝台列車披露 トランスイート四季島”. 東京新聞. 共同通信 (中日新聞東京本社). (2016年8月24日). オリジナル2016年8月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160826085834/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016082401001036.html 2016年8月28日閲覧。 
  20. ^ 上新大介 (2016年9月6日). “JR東日本「トランスイート四季島」神戸を出発、機関車の牽引で東海道本線へ”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2016/09/06/281/ 2016年9月7日閲覧。 
  21. ^ 「TRAIN SUITE 四季島」が甲種輸送される”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年9月8日). 2016年9月9日閲覧。
  22. ^ 上新大介 (2016年9月27日). “JR東日本「トランスイート四季島」全車両出そろう - 中間車3両を都内へ輸送”. マイナビニュース (マイナビ). オリジナル2016年10月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20161007050158/http://news.mynavi.jp/news/2016/09/27/433/ 
  23. ^ 「TRAIN SUITE 四季島」3両が甲種輸送される”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年9月28日). 2016年10月7日閲覧。
  24. ^ 『JR気動車客車編成表2017』 交通新聞社 JR車両 配置表 東日本旅客鉄道 p.58
  25. ^ 24系客車2両が長野総合車両センターへ”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年6月23日). 2016年6月24日閲覧。
  26. ^ “E26系「カシオペア」車両を使用した臨時列車を運転します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2016年4月6日), オリジナル2016年4月6日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160406100520/http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160403.pdf 2016年4月6日閲覧。 
  27. ^ “〜2016年9月 カシオペアが初めて長野へ〜 カシオペアで行く信州の旅” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2016年7月20日), オリジナル2016年7月28日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160728210732/http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160723.pdf 2016年7月28日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 祖田圭介「特集:短絡線ミステリー2」、『鉄道ファン』第39巻6号(通巻458号)、交友社1999年6月、 44-45頁。
  • 祖田圭介「特集:短絡線ミステリー5 車両基地はどこだ?〜在来線の特急配置区を探る〜」、『鉄道ファン』第41巻12号(通巻488号)、交友社、2001年12月、 22-25頁。
  • 祖田圭介「特集:短絡線ミステリー8 首都圏・関西圏JR通勤電車の車両基地」、『鉄道ファン』第46巻1号(通巻537号)、交友社、2006年1月、 42-43頁。
  • 山田亮「【特集】ターミナルシリーズ上野 〈上野駅 思い出を共有する空間〉」、『鉄道ピクトリアル』第56巻11号(通巻782号)、電気車研究会2006年11月、 17-19頁。
  • 祖田圭介「【特集】ターミナルシリーズ上野 〈上野駅をめぐる線路配線 今昔〉」、『鉄道ピクトリアル』第56巻11号(通巻782号)、電気車研究会、2006年11月、 50-54頁。
  • 祖田圭介「特集:短絡線ミステリー9 東京都心の鉄道複雑エリア」、『鉄道ファン』第48巻6号(通巻566号)、交友社、2008年6月、 12-14頁。
  • ジェー・アール・アル編 (2017) (日本語). JR気動車客車編成表2017. 交通新聞社. ISBN 978-4-330-78917-0. 
  • 三宅俊彦「特集 タイムスリップ 首都圏15機関区めぐり」、『j train Vol.63 Autumn 2016』通巻63号、イカロス出版、2016年10月、 37-39頁。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度44分46.5秒 東経139度45分6.6秒 / 北緯35.746250度 東経139.751833度 / 35.746250; 139.751833