上総一ノ宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
上総一ノ宮駅*
駅舎
駅舎
かずさいちのみや
Kazusa-Ichinomiya
八積 (4.1km)
(3.2km) 東浪見
所在地 千葉県長生郡一宮町一宮2640-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 外房線
キロ程 43.0km(千葉起点)
電報略号 チミ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
3,002人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1897年明治30年)4月17日[1]
備考 直営駅
みどりの窓口
* 1916年に一ノ宮駅から改称。
テンプレートを表示

上総一ノ宮駅(かずさいちのみやえき)は、千葉県長生郡一宮町一宮にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)外房線である。

外房線の運行上の拠点であり、快速運転は当駅までとなっているほか、普通列車の半数が当駅で折り返す。また起点の千葉駅から続いてきた複線区間の終端であり、当駅と隣駅の東浪見駅の間は単線となる。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅

のりば[編集]

駅舎から一番遠いホームを1番線として、以下の通りである。

番線 路線 方向 行先 備考
1・2 外房線 下り 大原勝浦安房鴨川方面 一部列車は3番線
3 上り 大網・千葉東京方面 一部列車は2番線
  • 2番線は主に蘇我・千葉方面当駅折り返し始発に使用することが多い。
  • 案内標などには明記はされていないが、夜間の数本の下り列車は、本来上りホームが使用する3番線から発車する。
  • 京葉線総武快速線直通の快速は京葉線経由の1往復が勝浦駅発着である以外は当駅で折り返す。
  • 三門駅浪花駅のホームは10両編成に対応していない。このため当駅 - 大原駅・勝浦駅・安房鴨川駅間の普通・快速・通勤快速は8両以下の編成で運行される。
  • 当駅止まりの一部快速・特急列車は、大原方面への接続も行う。また大原方面から当駅始発の一部快速に接続を行う。
  • 当駅止まりの上り普通列車が朝に2本、夜に1本設定されている。この列車は始発の蘇我・千葉方面の列車に接続している。
  • 当駅では一部の特急・普通列車の車両の連結・切り離しを行う。担当は幕張車両センター一ノ宮派出所。
運転番線 営業番線 ホーム 千葉方面着発 安房鴨川方面着発 引上げ線着発 電留線着発 備考
1 1 15両分 到着可 到着・出発可 入出区可 入出区可 下り主本線
2 2 15両分 到着・出発可 到着・出発可 入出区可 入出区可
3 3 15両分 到着・出発可 到着・出発可 入出区可 入出区可 上り主本線
  • 主本線を発着する場合は通過が可能。
  • 八積寄りに短い引上げ線があり、主に分割併合で使用される。
  • 東浪見寄りにある電留線(電留0番~電留2番線、15両対応)は、各線とも最大3編成留置可能。
  • 夜間、2番線に京葉線直通1本、電留線に総武快速線直通2本、京葉線直通1本、普通列車増結編成(4両)1本が留置される。
  • 京葉線直通と普通列車増結編成は、電留0番線に縦列で留置される。(手前が京葉線直通、奥が増結編成)

* 参考資料:「JR東日本全線【決定版】鉄道地図帳」 第4巻 「水戸・千葉支社管内編」 『学研』 2010年3月

利用状況[編集]

2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員3,002人である。近年は減少傾向が続いている。

近年の1日平均乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 3,092 [* 1]
1991年(平成03年) 3,150 [* 2]
1992年(平成04年) 3,273 [* 3]
1993年(平成05年) 3,254 [* 4]
1994年(平成06年) 3,219 [* 5]
1995年(平成07年) 3,218 [* 6]
1996年(平成08年) 3,218 [* 7]
1997年(平成09年) 3,225 [* 8]
1998年(平成10年) 3,242 [* 9]
1999年(平成11年) 3,215 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]3,154 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]3,113 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]3,065 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]3,059 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]3,050 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]3,059 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]3,111 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]3,089 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]3,100 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]3,112 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]3,052 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]2,951 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]2,961 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]2,993 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]2,945 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 16]2,979 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 17]2,962
2017年(平成29年) [JR 18]3,002

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

小湊鐵道によって運行されており、以下の路線が発着する。

乗り場 経由地 行先
一宮駅 上市場・睦沢役場前・上瀑小学校前 大多喜車庫
一宮役場前 一宮海岸

ギャラリー[編集]

その他[編集]

  • Suicaの履歴表示及び一部の案内には、当駅を「上総一宮」と表記する掲示もある。
  • 太平洋戦争中は風船爆弾基地への引き込み線が存在した。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
外房線
通勤快速・快速(昼間時以外の京葉線経由)
茂原駅 - 上総一ノ宮駅 - 東浪見駅
快速(総武線経由、すべて当駅始終着)
茂原駅 - 上総一ノ宮駅
快速(昼間時の京葉線経由、該当列車は京葉線海浜幕張駅まで各駅に停車)
八積駅 - 上総一ノ宮駅
普通(各駅停車)
八積駅 - 上総一ノ宮駅 - 東浪見駅
  • 東浪見方で運転される京葉線直通列車は、平日に通勤快速、土休日に快速が、それぞれ1往復設定されている。ただし、列車番号上はこの駅を境に東浪見方では、普通列車扱いとなる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、22-23頁。

利用状況の出典[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]