沼津機関区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沼津機関区(ぬまづきかんく)は、かつて静岡県沼津市に存在した、日本国有鉄道(国鉄)の車両基地沼津駅に隣接して設けられていた。

概要[編集]

東海道本線の横浜駅(現在の桜木町駅) - 熱田駅間の着工の際、箱根越え区間(現在の御殿場線の区間)の工事拠点として1886年明治19年)12月1日に設置された。当初は沼津機関庫と名乗り、1936年昭和11年)に沼津機関区と改称。東海道本線で使用された蒸気機関車、のちに電気機関車の一大基地となり、特急「」を牽引したC51形蒸気機関車などが配置され、このほか身延線、御殿場線用の電車が配置されていた[1][2]。(身延線の電車は1969年、富士電車区の検修部門と統合で配置)

国鉄最末期の1986年(昭和61年)の夏休み期間中には、創立100周年の一般公開イベントとして「Locomotive Fair in 沼津」が開催されたが[1]、実際に100周年を迎える同年12月1日を待たずして、国鉄最後のダイヤ改正が行われた同年11月1日をもって機関車基地としての役目を終えた。配置されていた機関車は他の車両基地や身延線、御殿場線用の電車は静岡運転所へと移されていった[3]。なお、「いこい」については名古屋車両区に転出し、その後も沼津に常駐していた。乗務員部門については1987年3月に沼津運転区となり、民営化後車掌部門を統合し沼津運輸区となっている。

廃止後、跡地では再開発が行われ「キラメッセぬまづ」などの施設が建設された[4]

配置車両[編集]

配置車両の所属略号は「静ヌマ」と「沼」。

  • 蒸気機関車
    • 2120形 -(在籍1931年-1955年)
    • 2700形 -(在籍1928年-1931年)
    • 9750形 -(在籍1931年-1933年)
    • C51形 -(在籍1931年-1933年)
    • C53形 -(在籍1931年-1933年)
    • D50形 -(在籍1931年-1939年、1947年)
    • C52形 -(在籍1933年-1935年)
    • 2500形 -(在籍1935年、1949年)
    • 1000形 -(在籍1937年-1943年)
    • 9600形 -(在籍1936年-1938年)
    • 10形 -(在籍1943年)
    • D51形 -(在籍1947年-1953年)
    • D52形 -(在籍1947年-1959年)
    • C11形 -(在籍1951年-1961年)
    • 8620形 -(在籍1955年-1959年)
    • C50形 -(在籍1955年-1965年)
    • 2400形 -(在籍1957年)
    • 1200形 -(在籍1913年)
    • 1700形 -(在籍1928年-1930年)
    • 8700型 - (在籍1913年)
    • 8850形 -(在籍1913年)
    • 9150形 -(在籍1913年)
    • 9800形 -(在籍1913年.1928年)
    • 9850形 -(在籍1913年)
    • C58形 - (在籍1961年-1968年)

※「国鉄動力車配置表』1931年より1965年までの1945年を除く隔年分から『世界の鉄道』1967年、朝日新聞社

※昭和36年発行 沼津機関区史による

  • 電気機関車
    • ED54形 -(在籍1935年-1937年)
    • EF52形 -(在籍1935年-1951年)
    • EF53形 -(在籍1935年-1953年)
    • EF54形 -(在籍1935年-1943年)
    • EF55形 -(在籍1937年-1949年)
    • EF56形 -(在籍1939年-1949年、1957年)
    • EF10形 -(在籍1941年-1943年、1955年-1965年)
    • EF12形 -(在籍1941年)
    • EF57形 -(在籍1941年-1955年)
    • EF13形 -(在籍1946年、1949年)
    • EF58形 -(在籍1947年-1953年、1957年-1961年)
    • ED24形 -(在籍1953年)
    • EF15形 -(在籍1953年-1963年)
    • EF18形 -(在籍1953年-1954年)
    • EF60形 -(在籍1965年-1986年)
    • EF50形 - (在籍1953年)
    • EF65形 - (在籍1964年-1986年)
    • ED62形 - (在籍1985年)

※「国鉄動力車配置表』1931年より1967年までの1945年を除く隔年分から『世界の鉄道』1969年、朝日新聞社

※国鉄沼津機関区10[5]0年史

※客車は沼津機関区にはなく隣接の沼津客貨車区に配置

出典[編集]

  1. ^ a b 「沼津機関区100年祭 その実現までを振り返って」、『鉄道ファン』第26巻第306号、交友社、1986年10月、 52-55頁。
  2. ^ 「超特急物語」、『鉄道ファン』第26巻第306号、交友社、1986年10月、 94-102頁。
  3. ^ 「特集:61-11ダイヤ改正 - ダイヤ改正にともなう車両転配属」、『鉄道ファン』第26巻第308号、交友社、1986年12月、 18-38頁。
  4. ^ 「特集 東海道本線 東京〜名古屋366.0km」、『鉄道ファン』、交友社、2007年12月、 14-51頁。
  5. ^ a b c d 国鉄沼津機関区 (1986年7月15日). 沼津機関区100年史. 国鉄. 

関連項目[編集]