池袋運輸区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池袋運輸区(いけぶくろうんゆく)は、東京都豊島区にある東日本旅客鉄道(JR東日本)東京支社運転士車掌が所属する組織である。

概要[編集]

東京圏の安定輸送確保を目的とし、2008年平成20年)12月14日池袋運転区の運転士、構内の検修・入換業務と池袋車掌区の車掌業務を統合し発足した。 庁舎は従来池袋運転区・池袋車掌区が使用していた庁舎を改修して使用している。また、埼京線(正式名称 - 赤羽線池袋 - 板橋間にある、旧・池袋運転区の構内は同区の管理である。

2013年(平成25年)10月1日、検修、入換部門をJR東日本運輸サービスに移管。ただし、運輸区構内の施設管理自体は引き続き同区の管理となっている。

担当業務[編集]

山手線での乗務。

運転士[編集]

  • 基本的には外回りを担当するが、一部内回りも担当する。

車掌[編集]

  • 基本的には内回りを担当する。
    • 平日は終日にわたって、約3割の外回りにも乗務する。
    • 改札行路は池袋車掌区では設定されていたが、当区への業務移管時に廃止された。
    • 池袋車掌区時代、過去にスーパービュー踊り子号を池袋 - 伊東間1往復担当していた。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度44分17.5秒 東経139度42分59秒 / 北緯35.738194度 東経139.71639度 / 35.738194; 139.71639