新幹線E2系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新幹線E2系電車
E2系 J63編成(2011年2月 大宮駅)
E2系 J63編成
(2011年2月 大宮駅)
編成 8両(6M2T[1] / N編成)
8両 → 10両(6M2T→8M2T / J編成)
営業最高速度 275 km/h(東北新幹線)[1]
260 km/h(長野新幹線)
240 km/h(上越新幹線)
設計最高速度 315 km/h[2]
起動加速度 1.6 km/h/s[1]
編成定員 N編成:計630名(51名)
J編成(基本番台):計814名(51名)
J編成(1000番台):計813名(51名)
()内はグリーン車
編成長 201.4 m(N編成)
251.4 m(J編成)
全長 25,700 mm(先頭車)[1]
25,000 mm(中間車)[1]
全幅 3,380 mm[1]
全高 4,475 mm[1]
車体材質 アルミニウム合金
編成質量 366t(N編成)
440t(J編成)
軌間 1,435 mm
電気方式

交流25,000V 50Hz/60Hz

1000番台は50Hz
編成出力 300kW×24=7,200kW (N編成)
300kW×32=9,600kW (J編成)
主電動機 MT205型三相交流誘導電動機
300kW / 基(1時間定格出力)[1]
歯車比 3.04[1]
駆動装置 WN駆動方式
制御装置 VVVFインバータ制御IGBT,GTO)
台車 DT206(電動車),TR7004(付随車)
制動方式 回生併用電気指令式空気ブレーキ(応荷重装置付き)
保安装置 ATC-2型DS-ATC
製造メーカー 川崎重工業日立製作所東急車輛製造日本車輌製造

新幹線E2系電車(しんかんせんE2けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線車両1997年(平成9年)3月22日東北新幹線で「こまち」と連結する速達「やまびこ」で営業運転を開始した。

概要[編集]

1997年開業の長野新幹線あさま」、および秋田新幹線「こまち」を併結する東北新幹線「やまびこ」用として開発された。

1995年の製造当初より、JR東日本の新幹線標準型車両として位置づけられており、200系の置き換えも念頭において増備されている。2013年3月現在、長野新幹線「あさま」のすべての列車、東北新幹線「やまびこ」・「なすの」の大半の列車(10両編成と16・17両編成の1 - 10号車)、東北新幹線「はやて」(東京駅 - 盛岡駅間)・上越新幹線とき」・「たにがわ」で運用されている。

大きな特長としては、J編成の両先頭車とグリーン車フルアクティブサスペンションを搭載したことが挙げられる。これにより振動の少ない快適な乗り心地を実現している。

構造[編集]

両先頭車が付随車、中間車はすべて動力車となっている。長野新幹線「あさま」として運用される8両N編成と東北新幹線・上越新幹線で運用される10両J編成の2種類がある。

車両概観[編集]

高速運転時の騒音・環境対策として、トンネル進入時の微気圧波低減のため先頭車両形状の最適化が行われた。車体はアルミニウム合金製である。基本番台では、シングルスキン構造を主体に側構体にダブルスキン構造が用いられたが、1000番台車両は、全面的にダブルスキン構造を採用している[3]

また、パンタグラフから発する騒音低減のためパンタカバーの採用やパンタグラフ自体の改良、プラグドアの採用(基本番台車両のみ)などで車体表面を極力平滑化することにより空力音を低減した。

車体側面には行き先・列車種別・座席表示を兼ねたLED行先表示器が設置されているが、2010年増備編成(J70編成以降)はフルカラー式に、車内案内表示器も同じくフルカラー・2段表示にそれぞれ変更されている。

塗装[編集]

N編成のロゴマーク

車体の下半分を紫苑ブルー、上半分を飛雲ホワイトとし、境目に真紅レッド(N編成)/つつじピンク(J編成)を配する。車体側面にはエンブレムが配されている。N編成はそよ風を、J編成はりんごをモチーフとしている。

なお、10両編成化される前のJ編成は、N編成と同じカラーリング(真紅レッドの帯とそよ風をイメージしたエンブレム)であった。

電源・走行機器[編集]

架線からの単相交流25kVを主変圧器で降圧した上で、主変換装置で単相交流から直流、さらに三相交流へと変換して交流電源とした。その交流電源で主電動機を駆動する。

主電動機に1時間定格出力300kWのMT205形誘導電動機電動車1両に4基搭載し、この電動機をVVVFインバータにより制御している。なお、常用ブレーキは電動車の回生ブレーキで付随車のブレーキ力も負担する遅れ込め制御が採用されたことから、付随車には100系300系700系電車で採用された渦電流式ディスクブレーキは装備されていない。

M1+M2ユニットを採用し、M1車(E215形・E225形)には主変換装置・補助電源装置・空気圧縮機が、M2車(E226形)には主変圧器・主変換装置・集電装置が搭載される。床下の平滑化による騒音の低減と着雪障害の防止のため、床下機器機器類を収納する簡易ふさぎ板が設けられている。

基本番台[編集]

主変圧器(TM206A)は強制風冷式を採用し、2,875kVAの容量を備える[4]

制御素子は、日立製作所東芝/シーメンス (SIBAS32) 製のGTOサイリスタ素子、もしくは三菱電機製のIGBT素子を搭載する。なお、2002年に増備された基本番台J編成の7・8号車は、その組み込まれた編成に合わせた制御装置を搭載している。

周波数の変更に対応するため、主変圧器から直接電源を取るのが難しくなった。そのため、主電動機に供給する電源は、交流を主変圧器で変圧後、整流器によって直流に変換、さらにVVVFインバータによって再び交流に変換している[5][疑問点 ]。また冷却用電動送風機、電動空気圧縮機、冷房装置、連続換気装置の電源として、補助電源装置(三相交流60Hz 440V)を搭載し[6]。編成中に3台搭載され常に結んで協調運転をすることにより、1台が故障したとしても他に2台から給電できるようになっている[6]。これらによって、両周波数に対応させている。

定速運転機能および急勾配区間対応の抑速ブレーキを搭載しており、東北新幹線への入線を考慮しないN編成では長野新幹線の曲線や勾配の関係から最高速度は260km/h(高崎駅以北のみ、上越新幹線では新潟まで全線で240km/h)とされている。

長野新幹線特有の下り30‰勾配では、抑速回生ブレーキを使用することで最高速度210km/hでの走行が可能である。また、30‰勾配での高速走行を行うため、抑速回生ブレーキ使用中に1編成中6両ある電動車のうち3両が回生失効状態に陥った時には非常ブレーキが作動し、その後は110km/hでの走行となる。非常ブレーキはすべての動力車両が回生失効になっても210km/hから停止できる性能を有している。

1000番台[編集]

主変圧器(TM210)は強制風冷式を採用し、2,900kVAの容量を備える[4]

制御素子は、東芝製・日立製・三菱製のIGBT素子を搭載する。三菱IGBT車は、前者と後者で世代が違うため、非同期領域の磁励音などが異なる。

東北新幹線「はやて」での使用が主であるので、周波数切替え装置が省略された。編成中に4台搭載された補助電源(単相交流50Hz 440V)は、主変圧器から直接給電することにより、機器の簡素化と軽量化を図っている[6]。また、基本的に各ユニットごとに独立しており、故障などの異常時のみ隣のユニットから給電するようにしている[6]。ただし、この場合は負荷軽減のため冷房装置などが一部カットされる[6]

台車[編集]

ボルスタレス台車で軸箱支持方式はゴム併用支持板方式を採用し高速直進安定性の為ヨーダンパーを装備する[1]。車輪径は200系,E1系から縮小され、300系400系と同じく860mmとなった[1]

基本番台量産先行車はDT206(電動車)、TR7004(付随車)を採用するが、基本番台量産車では一部仕様が見直されてDT206A(電動車)、TR7004A(付随車)となった。1000番台は、基本番台(3次車)のものをベースに台車枠の強化、部品の変更などがおこなったため、DT206C(電動車)、TR7004B(付随車)である[7]

集電装置[編集]

4号車と6号車に搭載されているが基本番台車両と1000番台車両では形状が全く異なる。

基本番台車両には200系と同様の下枠交差形パンタグラフ (PS205) と大型パンタカバーを組み合わせている。

1000番台車両は、E3系で採用されたシングルアーム式 (PS206) をベースに作動機構を小型カバーで覆い、それを支持する碍子を翼断面形状にし、パンタグラフカバーを廃したPS207を採用している。このパンタグラフはJR東日本と東洋電機製造が共同開発したものであり[8]九州新幹線800系にもPS207Kとして採用された。

これらの改良により、走行時の消費電力を200系比約70パーセントにまで減少させることが可能になった[1]

最高速度[編集]

東北新幹線の盛岡駅 - 八戸駅 - 新青森駅間の最高速度を現行の260km/hから向上することができない背景には、騒音対策と高速化の費用対効果に加えて、JR東日本が線路保有者の鉄道建設・運輸施設整備支援機構に支払う「貸付料」の額を、高速化が左右しかねないという整備新幹線ならではの事情がある[9]。なお長野新幹線用のE2系N編成はその動力車の一部がJ編成に編入され東北新幹線で275km/hで走行しており、N編成に車両性能上の制約があるわけではない。

長野新幹線では軽井沢駅 - 佐久平駅間で50/60Hzの周波数切替があるため、営業列車ではN編成が使われる。なお、お召し列車では1000番台以外のJ編成を使用する場合がある。

内装・設備[編集]

グリーン車はシートピッチが1,160 mm間隔で、通路を挟んで左右に2列ずつ座席が配置される。長野・新青森・新潟寄り車端の1か所に客用扉・デッキを設ける。

普通車はシートピッチが980 mm間隔であり、通路を挟んで左右に2列+3列に座席が配置される。車端2か所に客用扉・デッキを設ける。

便所は2両に1箇所(奇数号車の長野・新青森・新潟寄り)に設置されており、大便所2箇所(洋式便器2箇所)と小便所1箇所、洗面所2箇所という構成である。ただし、グリーン車であるE215形は、多目的室を併設するため洗面所が1箇所になっている。

形式および車種[編集]

2010年10月1日現在[10]、本系列に属する各形式名とその車種は以下のとおり。

基本的に電動車は奇数形式(M1車)と偶数形式(M2車)でペアを組み、両端の付随車をあわせて編成を構成する。

E2系 編成表
 
← 東京
新青森・長野・新潟 →
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
N編成 形式 E223形
(T1c)
E226形
(M2)
E225形
(M1)
E226形
(M2)
E225形
(M1k)
E226形
(M2)
E215形
(M1s)
E224形
(T2c)
 
ユニット 1ユニット 2ユニット 3ユニット
J編成 形式 E223形
(T1c)
E226形
(M2)
E225形
(M1)
E226形
(M2)
E225形
(M1k)
E226形
(M2)
E225形
(M1)
E226形
(M2)
E215形
(M1s)
E224形
(T2c)
ユニット 1ユニット 2ユニット 3ユニット 4ユニット


新製車両[編集]

E215形 (E215-9)
E215形 (M1s)
グリーン席を備える中間電動車。N編成7号車、J編成9号車として使用。東京寄りに車掌室、新青森・長野・新潟寄りに車椅子対応設備、多目的室、べビーベッドを備え、主変換装置、空気圧縮機などを搭載する。


E223形 (T1c)
普通席を備える制御付随車
E223形0番台 (E223-9)
東日本大震災復興推進キャンペーン
ステッカー貼付
0番台
N・J編成1号車として使用。東京向き運転台、便所、洗面所を備え、空気圧縮機、LCXアンテナなどを搭載する。
1000番台
J編成1号車として使用。東京向き運転台、便所、洗面所を備え、空気圧縮機、LCXアンテナなどを搭載する。車椅子スペースを設けたため、0番台よりも座席数が1名分少ない。
1100番台
J51編成1号車として使用。東京向き運転台、分割併合装置、便所、洗面所を備え、空気圧縮機、LCXアンテナなどを搭載する。車椅子スペースを設けたため、0番台よりも座席数が1名分少ない。
E224形 (T2c)
普通席を備える制御付随車。
E224形0番台 (E224-9)
青森デスティネーションキャンペーン
ステッカー貼付[注 1]
0番台
N編成8号車として使用。新青森・長野・新潟向き運転台、車椅子対応座席、公衆電話を備える。
100,1100番台
N21編成8号車、J編成10号車として使用。新青森・長野・新潟向き運転台、分割併合装置、車椅子対応座席、公衆電話を備える(J編成は後に撤去)。
E225形
普通席を備える中間電動車。
0番台 (M1)
N・J編成3号車として使用。便所、洗面所、自動販売機(現在使用停止)を備え、主変換装置、空気圧縮機などを搭載する。
100番台 (M1)
J編成7号車として使用。便所、洗面所、業務用室、多目的室、自動販売機(現在使用停止)を備え、主変換装置、空気圧縮機などを搭載する。
400番台 (M1k)
N・J編成5号車として使用。便所、洗面所、車内販売準備室を備え、主変換装置、空気圧縮機などを搭載する。
E226形 (M2)
普通席を備える中間電動車。
100番台
N・J編成2号車として使用。公衆電話(撤去済)を備え、主変圧器、主変換装置などを搭載する。
200番台
N・J編成4号車として使用。公衆電話を備え、集電装置、主変圧器、主変換装置などを搭載する。
300番台
N・J編成6号車として使用。公衆電話(撤去済)を備え、集電装置、主変圧器、主変換装置などを搭載する。
400番台
J編成8号車として使用。公衆電話を備え、主変圧器、主変換装置などを搭載する。
形式 車両番号 定員 製造数 総数 備考
E215 1 - 28 51名 28両 53両
1001 - 1025 25両
E223 1 - 28 55名 28両 53両
1101 54名 1両 大窓、分割併合装置を備える
1002 - 1025 24両 大窓
E224 7 - 19 64名 13両 53両
101 - 106
120 - 128
15両 分割併合装置を備える
1101 - 1125 25両 大窓、分割併合装置を備える
E225 1 - 28 85名 28両 145両
101 - 114 14両 大窓
401 - 428 75名 28両 車販準備室付き
1001 - 1025 85名 25両 大窓
1101 - 1125 25両 大窓
1401 - 1425 75名 25両 大窓、車販準備室付き
E226 101 - 128 100名 28両 198両
201 - 228 28両
301 - 328 28両
401 - 414 14両 大窓
1101 - 1125 25両 大窓
1201 - 1225 25両 大窓
1301 - 1325 25両 大窓
1401 - 1425 25両 大窓


相違点[編集]

基本番台と1000番台[編集]

左:1000番台と同等の外観のE225形100番台(7号車)右:E226形300番台(6号車)
左:1000番台と同等の外観のE225形100番台(7号車)
右:E226形300番台(6号車)
J編成基本番台と1000番台の比較(2011年8月24日 盛岡駅)
J編成基本番台と1000番台の比較
(2011年8月24日 盛岡駅

1000番台車は外観上は基本番台車両にくらべ、普通車の窓の寸法が座席2列分と広くなると同時に、プラグドアが従来の引き戸方式に変更されたほか、パンタグラフがシングルアーム式となり、カバーが廃止された程度である。ただし車体はアルミニウム合金製であることは変わりないが、中空トラス断面大型形材を使用したダブルスキン構造となり、製造の簡易化、遮音性の向上などが図られている。また交流周波数切り替え装置も省略され、50Hz専用となった。乗り心地の改善のため、前述したが先頭車両およびグリーン車に空気アクチュエータ式フルアクティブサスペンション、その他の車両に減衰力調整式のセミアクティブサスペンションが装備されている。また、J編成基本番台の車両にも後付の形で装備された。車内は大きく変化し、普通車の座席形状はE4系のモケット違いとなり、車内照明の形状も変化し、側壁の一部には木目調が用いられた。

なお、従来のJ編成も2両増結(7・8号車)し10両編成とされた。この結果「あさま」の運用はN編成に統一された。車体塗装も一部見直され帯の色をピンク(つつじ色)に変更し、リンゴエンブレムが施され、N編成との差別化が図られている。

編成[編集]

2010年10月1日現在、以下の編成が存在する[10]

  • N編成…8両14本112両(基本番台N1 - N13・N21)
  • J編成…10両39本390両(基本番台J2 - J15、1000番台J51 - J75)

N編成[編集]

N1編成(大宮駅)
N1編成(大宮駅)
N11編成(大宮駅)
N11編成(大宮駅)

長野新幹線「あさま」専用であり、全編成が長野新幹線車両センターに所属する。J編成とは外観上帯色とロゴマークが異なるほか、内装も客室仕切りと窓下側壁がクロス張りとなっており若干雰囲気が異なる。N21編成はJ1編成から編入されたため、分割併合装置を長野・新潟寄り先頭車(8号車)に備える。

増備概況(N編成)[編集]

1995年平成7年)6月にN編成の量産先行車としてS6編成が落成した[11]1997年(平成9年)3月から9月にかけて、1次車となるN2 - N13編成が落成した[11]。S6編成は1996年(平成8年)12月に車両番号等の変更を、1997年(平成9年)9月に量産化改造を行い、N1編成を名乗る[11]

その後しばらくは編成内での変化は見られなかったが、2002年(平成14年)8月から9月にかけて、N5・N10・N12編成の電動車両(2 - 7号車)がJ7・J9・J10編成の電動車両(8両編成時の2 - 7号車)と交換された[11]。そのため、編成内で内装の違いがみられるようになった[注 2]。さらに、同年10月にはJ1編成がN21編成として編入された[11]。N21編成は、同時にDS-ATCの取り付けも行っている[11]。他編成は2005年9月から2006年6月にかけて取り付けられた[11]

E926-13を組み込んだN21編成
(2013年11月12日 大宮駅)

N21編成に関しては、1 - 2号車間に軌道検測車E926-3 (13) を組み込んで検測を行うことが可能である。E926形が検査などで使用できないときにN21編成による検測を見ることがある[12]

E2系N編成 編成表
 
← 東京
長野・新潟 →
号車 1 2 3 4 5 6 7 8
編成番号 E223形
(T1c)
E226形
(M2)
E225形
(M1)
E226形
(M2)
E225形
(M1k)
E226形
(M2)
E215形
(M1s)
E224形
(T2c)
座席 普通車 グリーン車 普通車
編成 N1 - N13 (0番台) (100番台) (0番台) (200番台) (400番台) (300番台) (0番台) (0番台)
N21 1 101 1 201 401 301 1 101

J編成[編集]

J4編成(大宮駅)
J4編成(大宮駅
J8編成(大宮駅)
J8編成(大宮駅)
J60編成(大宮駅)
J60編成(大宮駅)
J74編成(大宮駅)
J74編成(大宮駅)
J67編成(右)とE3系R25編成(左)(東京駅)
J67編成(右)とE3系R25編成(左)
東京駅
J6編成(8両編成)による「あさま」(1998年(平成10年)2月18日 軽井沢駅)
J6編成(8両編成)による「あさま」
1998年(平成10年)2月18日 軽井沢駅
E2系1000番台先行製造車(J51編成)
E2系1000番台先行製造車
(J51編成)

東北新幹線と上越新幹線で運用されており、新潟新幹線車両センターに転属した編成(J4, J7, J9, J10, J12, J14, J15)を除いて新幹線総合車両センターに所属する。分割併合装置を新青森・新潟寄り先頭車(10号車)に備え、東北新幹線ではE3系との併結運転を行っている。

また、2012年(平成24年)3月17日ダイヤ改正からは本系列の1000番台車両(J51 - J75編成)が一部のE4系「Maxやまびこ」を置き換える形で、山形新幹線つばさ」を併結する「やまびこ」の運用(2012年9月29日以降は全列車)にも充当されるようになった。該当列車は、新幹線では最長の17両編成[注 3]での運転となるとともに、最高速度も275km/hに引き上げられた。

さらに、2013年(平成25年)1月26日からは一部の200系K編成を置き換える形で、上越新幹線「とき」・「たにがわ」の運用に充当されるようになった。2004年(平成16年)3月のダイヤ改正までは上越新幹線高崎以北での定期運用が設定されていたため、約9年ぶりの復活となった(詳細は下記参照)。

当初は長野新幹線「あさま」や上越新幹線「あさひ」、東北新幹線「はやて」(盛岡駅以北に入線)などでも運用されていたが[13]、現在は東北新幹線(東京駅 - 盛岡駅間)と上越新幹線のみの運用となっている。鉄道雑誌などではJ編成を「E2'(E2ダッシュ)系」と呼称することもあったが、2001年(平成13年)に1000番台車が製造されたこともあり、2013年現在はこの呼称はほとんど使われていない。

増備概況(J編成)[編集]

1995年(平成7年)4月にJ編成の量産先行車としてS7編成が落成した[14]1996年(平成8年)12月から1997年(平成9年)3月にかけて1次車となるJ2 - J6編成が落成した[15]1998年(平成10年)10月から12月にかけて2次車となるJ7 - J10編成が落成した[15]。1次車からの変更点は、東京寄り先頭車両に分割併合装置準備工事が施されている。1999年(平成11年)9月から11月にかけて3次車となるJ11 - J15編成が落成した[15]。S7編成は1996年(平成8年)12月に車両番号等の変更を、1997年(平成9年)7月に量産化改造を行い、J1編成を名乗った[14]

この増備によって「こまち」を連結する「やまびこ」はすべてJ編成に置き換えられた。東北新幹線で最高速度275km/hで走行可能である(8両時はN編成の上位互換)。

2002年(平成14年)8月から9月にかけて、N5・N10・N12編成の電動車両(2 - 7号車)がJ7・J9・J10編成の電動車両(8両編成時の2 - 7号車)と交換された[15][14]。さらに、同年10月にはJ1編成がN21編成として転出した[14]

2001年(平成13年)1月には東北新幹線八戸開業用として1000番台車の先行製造車であるJ51編成が8両編成で落成した[15]。このJ51編成は編成の前後に分割併合装置を持ちE4系のように8両編成2本併結の16両編成での営業運転も想定されていたが、2002年(平成14年)の八戸開業にあわせ設定される「はやて」は全車指定席とすることとなり座席定員確保のため、量産車からは10両編成となった。

1000番台(J52編成以降)の増備とともにJ編成10両化が行われた。10両化に伴い増備され、7・8号車に組み込まれたE225形100番台、E226形400番台は外観と車内は1000番台と同様であるが、制御機器などの基本仕様は基本番台と共通となっており50/60Hz対応である。また、客用ドアの開閉時には告知アナウンスが流れるなど、他の号車とは異なる部分がある。

2005年(平成17年)のJ69編成[注 4]を最後に増備が一旦終了していたが、東北新幹線の新青森駅延伸開業を控えた2010年(平成22年)に再開され、J70 - J75編成が製造された[16][10]

なおJ編成は基本番台と1000番台で大きく仕様が異なるが、基本番台と1000番台それぞれの中においても仕様が異なる。基本番台においてはJ2 - J6編成の東京寄り先頭車E223形に分割併合装置はないが、J7 - J15編成では準備工事としてあるので前頭カバーの形状が異なる。またJ2 - J10編成とJ11 - J15編成で台車など足回りが異なる。1000番台においては、J51編成のみ、両先頭車に分割併合装置が搭載されている。J51 - J53編成ではユニット間の特高圧渡りに直線ジョイントを採用しているが、J54編成以降は4 - 5号車間に傾斜ケーブルヘッドが設置され、緊急時に特高圧引通し回路を切断することが容易になっている。さらに、J70編成以降は車内案内表示器の大型フルカラーLED化、グリーン車の全席と普通車の窓際・最前・最後部に電源コンセントを設置、最前・最後部のテーブルを拡大、読書灯の設置、防犯カメラの設置、車掌と通話可能な非常通報装置の導入、ドア開閉表示灯の点滅機能の追加など、E3系2000番台E5系に準じた設備に変更されている。

E2系J編成 編成表[10]
 
← 東京
新青森・新潟 →
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
編成番号 E223形
(T1c)
E226形
(M2)
E225形
(M1)
E226形
(M2)
E225形
(M1k)
E226形
(M2)
E225形
(M1)
E226形
(M2)
E215形
(M1s)
E224形
(T2c)
座席 普通車 グリーン車 普通車
編成 J2 - J15 (0番台) (100番台) (0番台) (200番台) (400番台) (300番台) (100番台) (400番台) (0番台) (0番台)
J51 1101 1101 1001 1201 1401 1301 1101 1401 1001 1101
J52 1002 1102 1002 1202 1402 1302 1102 1402 1002 1102
:  :  :  :  :  :  :  :  :  :
J74 1024 1124 1024 1224 1424 1324 1124 1424 1024 1124
J75 1025 1125 1025 1225 1425 1325 1125 1425 1025 1125


速度試験[編集]

2003年(平成15年)3月19日から4月5日のうちの9日間、上越新幹線の浦佐駅 - 新潟駅間で実施された[17]。車両にはJ56編成が充当され、高速走行を行うための改造(歯車比の変更やATCの変更など)の他に、新型パンタグラフカバーや吸音型台車カバーなどの効果測定も行われた。最終的に最高速度362km/hを記録し、この試験を終了した。

同年5月には、東北新幹線の盛岡駅 - 八戸駅間で最高速度320km/hでの高速走行試験が1000番台車両で行われた[18]。この試験では高速走行を行うための改造は特に行われなかった[18]

上越新幹線(高崎駅以北)における運用[編集]

投入開始[編集]

1998年(平成10年)12月から2004年(平成16年)3月までは上越新幹線にもE2系が投入されており、そのうち2002年(平成14年)12月以前はN編成8両編成またはJ編成8両編成(「あさま型車両」で運転と案内)が、その後はJ編成10両編成が使用された。運転を開始したころはE2系は「ニューあさひ」とも呼ばれ、速達タイプの「あさひ」→「とき」を中心に「たにがわ」にも使用されていた。当時の上越新幹線は環境対策の関係で高崎駅以北(新潟駅方面)で最高速度210km/h以上で運転できる列車の本数に制限があったため、その性能を生かしきれないダイヤで運転される列車にも使用された。

上越新幹線ではE2系が投入される以前、高崎駅以北においても200系高速対応車(F90 - F93編成)が速達「あさひ」下り列車の上毛高原駅 - 浦佐駅間の下り勾配区間で275km/h運転を実施していたが、E2系は全速度域での加減速性能が200系より優れるため、最高速度240km/hであっても東京駅 - 新潟駅間の所要時間は200系高速対応車より若干短縮されていた。

上越新幹線からの撤退・運用再開[編集]

JR東日本は新幹線の線区別に使用車両を統一する方針であり、少数のE2系を投入することで運用が複雑になることから2004年(平成16年)3月をもって高崎駅以北での運用を終了した。このため最速達タイプ列車も200系(E4系)を使用することに伴いE2系に比べて加速性能が劣ることから東京 - 新潟間をノンストップに変更し所要時間をE2系運行時と同じにした。

しかし、2011年(平成23年)春から東北新幹線にE5系が順次導入されることに伴い、東北新幹線で余剰となるE2系の上越新幹線での活用が検討されていた。

その後、2012年(平成24年)11月16日付けのプレスリリースにおいて、2013年(平成25年)1月26日から「とき」4往復・「たにがわ」3往復を200系から本系列に置き換え、最高速度240km/hでの営業運転開始が正式に発表された[19]。上越新幹線の高崎駅以北では約9年ぶりのE2系復活となった。

2013年(平成25年)3月16日のダイヤ改正より、上越新幹線における最速達タイプ列車がE2系への使用車両変更に伴い再び大宮停車に変更された。

東北新幹線における高速化実施について[編集]

JR東日本では、2010年(平成22年)末までにE954形「FASTECH 360 S」をベースに設計した本系列の次世代車両(E5系[20]を導入し、東北新幹線大宮駅 - 宇都宮駅間の最高速度を240km/hから275km/hに、宇都宮駅 - 盛岡駅間の最高速度を275km/hから300km/hに向上させることを2007年(平成19年)11月6日に発表した[21]。そして、2012年(平成24年)末にはE955形「FASTECH 360 Z」をベースに設計したE3系の次世代車両 E6系も加わり320km/hを目指すことになる。東京駅 - 新青森駅間の所要時間は2時間59分となる予定である。この高速化に合わせて2011年(平成23年)3月以降200系、E1系を廃車、E2系はE4系とともに上越新幹線へ転出され、在来線直通を除く東北新幹線の全車両がE5系に統一されることが報じられた[22]

2013年(平成25年)3月16日実施のダイヤ改正では新青森駅発着の定期列車がE5系に統一され、盛岡駅以北における本系列の定期運用は終了した[23]

さらに、2013年(平成25年)9月28日実施のダイヤ改正ではE3系「こまち」と本系列の併結による定期運用も終了した[24]

今後の予定[編集]

JRからの正式な発表はないが、一部報道では東北新幹線では2015年度までに『つばさ』を除き全て新型車両(E5系・E6系)に置き換える予定であり、それに伴って本系列は東北新幹線から撤退する予定であること、撤退後は上越新幹線へ転用されることが検討されていると報じられている[25]

長野新幹線では本系列の後継車両に当たるE7系・W7系が2014年度春に、同年度末に予定されている北陸新幹線金沢開業に先行して営業運転を開始する予定であることが報じられている[26]

2013年10月頃からJ編成で廃車が発生し、2014年1月現在、J2、J3編成が廃車となった。新潟新幹線車両センターで解体が行われている。[要出典]

2013年12月6日から北陸新幹線区間へ乗り入れての試運転が行われており、当日はJ5編成が使用された[27]。E7・W7系投入後における本系列の処遇や営業運転での長野以西への乗り入れ[注 5]については現時点で未定となっている。

E2系ベースの車両の中国進出[編集]

2004年、中華人民共和国鉄道部は第6次在来線スピードアップで最高速度200km/hで運用する車両として、フランスアルストム社からのペンドリーノベースの車両(CRH5)とカナダボンバルディア社からの車両(CRH1) のほか、日本川崎重工業など6社による企業連合からE2系ベースの車両を60編成(うち完成品3編成、部品6編成分と一部精密部品。残りは現地生産)を納入することを決定した。300km/h走行対応準備車。中国向けのE2系は、CRH2と呼称されている。

日本の新幹線ベースの車両の国外進出としては、台湾高速鉄道700T型に次ぐものである。

2006年3月1日に、第一陣となる車両が神戸港から輸出された。2006年7月31日より青島四方機車車輛にて国産化が開始された。なお中国国内で生産された物については中国にて国家科学技術進歩一等賞を受賞している[28]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東北新幹線開業30周年ご当地Suicaラッピング編成(J53,J60,J61,J66編成)、長野新幹線開業15周年ご当地Suicaラッピング編成(N1,N8,N10,N21編成)については、ラッピング施工時にステッカーを剥がしている。
  2. ^ 元N編成の車両は1次車、元J編成の車両は2次車であるため、ロールカーテンの取っ手形状が異なる。
  3. ^ 17両編成の運転は、200系K編成+400系またはE3系1000番台の併結運用が消滅した2001年(平成13年)9月以来。同時に「やまびこ・つばさ」として運用されるのも11年ぶりである。
  4. ^ このJ69編成は上越新幹線脱線事故で被災した200系K25編成の代替として製造されている。
  5. ^ 富山県内における北陸新幹線の建設促進看板にはN編成のイラストが使用されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『高速鉄道物語 -その技術を追う-』 日本機械学会、成山堂書店、1999年、p.57。ISBN 4-425-92321-9
  2. ^ 『鉄道ジャーナル1995年8月号』 東日本旅客鉄道運輸車両部車両課、鉄道ジャーナル社、1995年、p.76。
  3. ^ 『新幹線テクノロジー -0系から800系九州新幹線の高速車両技術-』 佐藤芳彦、山海堂、2004年、pp.189 - 190。ISBN 9784381088277
  4. ^ a b 車両システム・推進制御システム・主変圧器--製品紹介--三菱電機 車両システム
  5. ^ 『新幹線テクノロジー -0系から800系九州新幹線の高速車両技術-』 佐藤芳彦、山海堂、2004年、p.133。ISBN 9784381088277
  6. ^ a b c d e 『新幹線テクノロジー -0系から800系九州新幹線の高速車両技術-』 佐藤芳彦、山海堂、2004年、p.134。ISBN 9784381088277
  7. ^ 『鉄道ファン2001年4月号』 交友社、2001年、p.67。
  8. ^ E2形1000番代新幹線車両用パンタグラフ (PDF) 東洋電機製造技報第108号
  9. ^ “盛岡以北「260キロ」のまま/東北新幹線”. 東奥日報 (東奥日報社). (2007年11月7日). オリジナル2007年11月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071109115051/http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20071107103000.asp 
  10. ^ a b c d 『JR電車編成表 2011冬』 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2010年、pp.10, 11。ISBN 9784330184104
  11. ^ a b c d e f g 『JR電車編成表 2011冬』 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2010年、p.11。ISBN 9784330184104
  12. ^ E2系N21編成+E926-13が走る - 『鉄道ファン交友社 railf.jp鉄道ニュース 2011年7月18日
  13. ^ 『鉄道ダイヤ情報2000年4月号』 交通新聞社、2000年、p.23。
  14. ^ a b c d 『JR電車編成表 2011夏』 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2011年、p.13。ISBN 9784330212111
  15. ^ a b c d e 『JR電車編成表 2011夏』 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2011年、p.12。ISBN 9784330212111
  16. ^ 『鉄道ファン2010年7月号付録「車両のデータバンク」』 交友社、2010年、p.36。
  17. ^ 「世界一の新幹線」に向けて高速走行試験を実施します (PDF) (JR東日本プレスリリース)
  18. ^ a b 新幹線高速試験電車の製作について (PDF) (JR東日本プレスリリース)
  19. ^ E5系車両を東北新幹線に追加投入! E2系車両を上越新幹線に投入!
  20. ^ グループ経営ビジョン2020-挑む- (PDF) - 東日本旅客鉄道 2008年3月31日(2011年12月3日時点のアーカイブ
  21. ^ 東北新幹線における高速化の実施について〜 新青森開業後における段階的な高速化 〜 JR東日本 2007.11.06 (PDF)
  22. ^ “青森延伸で東北新幹線刷新 新型E5系に統一、2階建て「MAX」姿消す”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年2月12日). オリジナル2009年2月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090214161612/http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090212/trd0902120048000-n1.htm 
  23. ^ 2013年3月ダイヤ改正について
  24. ^ 2013年9月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道 2013年7月5日
  25. ^ 青森延伸で東北新幹線刷新、新型E5系で統一 姿消す「2階建て」 - 産経新聞(2009年2月12日)
  26. ^ 「E7系」長野新幹線で先行導入へ 北陸新幹線で来春 - 信濃毎日新聞(2013年3月21日)
  27. ^ 速報!「やまびこ」使用車両が黒部宇奈月温泉駅に到着! - 北陸新幹線「富山県」開業PRブログ きときと君日記
  28. ^ 南車青島四方股份高速転向架項目獲国家科技進歩一等賞 人民網、2010年01月13日 (簡体字中国語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]