道祖神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
道祖神(長野県軽井沢町にて)
道祖神(神奈川県藤沢市にて)
道祖神(長野県長野市大岡地区にて)
山梨県立博物館の丸石道祖神(山梨県甲府市上石田旧蔵)

道祖神(どうそじん、どうそしん)は、路傍のである。集落の境やの中心、村内と村外の境界やの辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神で、村の守り神、子孫繁栄、近世では旅や交通安全の神として信仰されている[1]。男女和合を象徴する形状のものもみられる[1]餅つき(男女の性交を象徴する)などにもその痕跡が残る。

概要[編集]

道祖神は、厄災の侵入防止や子孫繁栄等を祈願するために村の守り神として主に道の辻に祀られている民間信仰の石仏であり、自然石・五輪塔もしくは石碑・石像等の形状である。全国的に広い分布をしているが、出雲神話の故郷である島根県には少ない。甲信越地方関東地方に多く、とりわけ道祖神が多いとされる安曇野では、文字碑と双体像に大別され、庚申塔・二十三夜塔とともに祀られている場合が多い。

平安時代の『和名抄』にはすでに「道祖」という言葉が出てきており、そこでは「さへのかみ(塞の神)」という音があてられている。すなわち、外部からの侵入者を防ぐ神であった[1]。後に松尾芭蕉の『奥の細道』の序文で書かれることで有名になる。しかし、芭蕉自身は道祖神のルーツには、何ら興味を示してはいない。

道祖神の起源は不明であるが、『平安遺文』に収録される8世紀半ばの文書には地名としての「道祖」が見られ、『続日本紀天平勝宝8年(756年)条には人名としての「道祖王」が見られる。神名としての初見史料は10世紀半ばに編纂された『和名類聚抄』で、11世紀に編纂された『本朝法華験記』には「紀伊国美奈倍道祖神」(訓は不詳)の説話が記されている。また、『今昔物語集』にも同じ内容の説話が記され、「サイノカミ」と読ませている。13世紀の『宇治拾遺物語』に至り「道祖神」を「だうそじん」と訓じている。

初期は百太夫信仰や陰陽石信仰となり、民間信仰の神である岐の神と習合した[要出典]。ほか、岐の神と同神とされる猿田彦神と習合したり[1]、猿田彦神および彼の妻といわれる天宇受売命と男女一対の形で習合したりもし、神仏混合で、地蔵信仰とも習合したりしている。

各地で様々な呼び名が存在する。道陸神、賽の神、障の神、幸の神(さいのかみ、さえのかみ)、タムケノカミなど。秋田県湯沢市付近では仁王さん(におうさん)の名で呼ばれる[2]

道祖神はまた、集落神域常世黄泉の国)を分かち、過って迷い込まない、禍を招き入れないための結界とされている。[要出典]

種類・形状[編集]

  • 単体道祖神
  • 単体二神道祖神
  • 球状道祖神
  • 文字型道祖神
  • 男根型道祖神[1]
  • 自然石道祖神
  • 題目道祖神
双体道祖神は一組の人像を並列させた道祖神[3]。「双立道祖神」の呼称も用いられたが、座像や臥像の像も見られることから、「双体道祖神」の呼称が用いられる[4]。双体道祖神は中部関東地方長野県山梨県群馬県静岡県神奈川県に多く分布し、東北地方においても見られる[5]。山間部において濃密に分布する一方で平野・海浜地域では希薄になり、地域的な流行も存在することが指摘される[6]。伊藤堅吉は1961年時点で全国に約3000基を報告しており[5]、紀年銘が確認される中で最古の像は江戸時代初期のものとしている[7]
  • 餅つき道祖神
  • 丸石道祖神
  • 多重塔道祖神

これらは、石、金属、木、藁、紙などで造られている[要出典]

道祖神信仰[編集]

長野県安曇野市には約400体の石像道祖神があり、市町村単位での数が日本一である。同じく長野県松本市でも旧農村部に約370体の石像道祖神があるが、対して旧城下は木像道祖神が中心であった。ほか、長野県辰野町沢底地区には日本最古のものとされる道祖神がある(異説あり)。奈良県明日香村にある飛鳥の石造物(石人像)は飛鳥時代の石造物であるが、道祖神とも呼ばれており、国の重要文化財となっている。

道祖神を祭神としている神社としては、愛知県名古屋市にある洲崎神社が挙げられる。小正月の道祖神祭礼には、かつて甲斐国(現在の山梨県に相当)で行われていた甲府道祖神祭礼や、現在も行われている長野県野沢温泉村の道祖神祭り(国の重要無形民俗文化財に指定されている日本三大火祭りのひとつ)などがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]