自由席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自由席(じゆうせき)とは、旅客列車路線バスなど交通機関で、個々の座席を特に定めずに乗車することが出来る座席ないしは、全部又は一部をそのような形式で供される車両映画館演劇公演などで有料の公演・上映を行う際に上演日時・座席を特に定めないで発行する形式、ないしはそういった座席をこう呼ぶ。

自由席では基本的に、乗車人員・入場者の制限がなされておらず、利用者が座席定員を超える場合にはその超過分の利用者が立席、または搭乗を拒否される。

定員制も個々の座席を利用者に定めていない点で自由席の一形態と言えるが、乗車又は上演の日時・便名・号車が利用者に対して定められ、便・車両・上演日時あたりの利用者が制限され、着席が保障されている点では座席指定席と同様である。

鉄道[編集]

日本[編集]

日本の鉄道では通常は車両ごとに指定席車と自由席車の区分があり異なる料金が設定されている[1](指定席車に乗車するには追加料金が必要)。

鉄道事業者旅客列車においては座席指定席とは違い、普通列車(JR旅客各社では快速列車も含む)の普通車または一般車[2]の自由席には運賃のほかに基本的には追加料金は発生せず、料金を要する優等列車の普通車自由席でも、運賃・料金の合計額が普通車指定席利用よりも低価格に設定されている。

旧国鉄・JR各社[編集]

JR旅客各社の新幹線在来線特急列車の普通車利用で同一距離では、自由席特急料金は指定席特急料金よりも低価格であり、JR急行列車でも普通車で指定席利用では運賃・急行料金のほか指定席料金も必要だが、普通車自由席は運賃・急行料金のみで利用できる。一部の中小私鉄の料金を要する特急列車でもJR急行列車同様に、指定席利用では運賃・特急料金のほか指定席料金が必要だが、自由席利用では運賃・特急料金のみで利用できる。

なお、寝台車では、横臥して睡眠を取る目的のため利用者への寝台の確保が必須であり、定員制も含めての座席の自由席(つまり自由席寝台)は全く見られない。

JR東日本では在来線の座席を荷物や張り紙などで事前に占有する行為(席確保)に対し禁止するルールを定めていないため、私的に席を確保する行為が度々発生している[3]ため、車内放送で荷物を棚に置くように呼びかける他、席の不当な確保を車掌が発見した場合は注意するなど状況に応じて対処している[3]

特別急行列車の自由席[編集]

JRの新幹線を含む特別急行列車では、2010年現在、寝台列車・一部の列車で普通車が全車全席指定となっているのを除くと、多くの列車で普通車に指定席のほか自由席も設定され、普通車が全席自由席の列車も存在する。

しかし、これは1965年までは異例の措置であり、それまでは全車両座席指定であった(東海道新幹線1964年の開業当時は全列車が全車指定席であった)。現在でも、特別急行料金には座席指定が含まれており、自由席用には自由席特別急行料金が別に設定されている。

グリーン車[編集]

日本国有鉄道(国鉄)の時代だけでなくJR化後まで、グリーン車に自由席を設定した国鉄・JRの優等列車も急行列車を主体に幾分見受けられた。

旧二等級制度下の名残からたとえば、東海道新幹線においても「こだま」グリーン車に指定席のみならず自由席が設定された時期もあった。しかし、現在ではJR優等列車のグリーン車・グリーン席はほぼ全て指定席である。

なお、国鉄時代以来、JR旅客各社のグリーン車は、指定席・自由席共に同一のグリーン料金が適用される[4]。ただし、かつて存在した国鉄・JRの青函連絡船のグリーン券は、指定席と自由席で料金差があった。

自由席グリーン車ではグリーン料金が必要ながら定員制ではなく着席が保障されていないものの、満席で着席できなかった場合、グリーン車用定期券での利用を除き乗務員への申し出で証明書の発行を受けることで、グリーン料金の払い戻しを受けられる。また、座席の質についてもたとえば展望席など車両の運用上の差異を除けばほぼ同質のものを用いる場合が多い。

私鉄[編集]

大手私鉄では、全車に運賃のほか料金を要する優等列車で、普通車に料金の必要な自由席を設定した列車はほぼ皆無で、料金の必要な大手私鉄優等列車はほぼ全てが全車全席指定席である。一方、中小私鉄では自由席でも運賃のほか料金が必要な優等列車が一部に見られる。なお、私鉄の優等列車においても個室等の特別席扱いの座席に自由席はほぼ存在しない。

また、一部の私鉄には優等列車において座席指定席車と自由席車を一つの列車に連結して、通勤需要と指定席需要の両方に応える列車もある。名古屋鉄道の『ミュースカイ』を除く特急列車南海電気鉄道の特急『サザン』がこれに該当し、指定席利用では運賃のほかに座席指定料金が必要だが、自由席である一般車は運賃のみで利用できる。

ヨーロッパ[編集]

ヨーロッパの鉄道では車両ではなく席ごとに予約が設定されるシステムとなっている[1]。ヨーロッパでは全車指定席の場合を除いて、指定席車と自由席車という区別はなく、予約が入っている席以外は原則自由席である[1]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国で長距離旅客列車を運営するアムトラックでは、キーストーン・サービスなどごく一部の近距離列車にのみ自由席が設定されており[5]、長距離列車をはじめとする大部分の列車は指定席のみの設定とされているため、事前に列車を指定した乗車券を用意する必要がある[6]アメリカ西海岸を縦断する長距離列車のコースト・スターライトなどの普通席が自由席となっているとする資料もあるが[7]、これは「座席定員制であって、座席の移動も可能である」ことを意味しており、日本などの列車の「自由席」とは意味するところが異なる。

船舶[編集]

旅客船においては、世界を周遊するクルーズ船など領海外へ出る客船はパスポートのチェックが必要なため全室予約制である。沿海区域のみ航行する遊覧船水上バスなどでは定員制としていることが多いが、雑魚寝の設定がある船では座席数と定員が合わない事もある(救命胴衣の数や救命ボートの定員は合う)。

航空機[編集]

旅客機では立席が禁止されているため、座席定員を超える乗客を乗せないように全席を事前予約による指定席としている。例外的にコミューター航空会社格安航空会社などでは座席の事前指定を無くし、定員制の自由席としてる場合が多い。またシャトル便は全席を定員制の自由席とした定期航空便である。

国際便はパスポートのチェックが必要なため運航形態にかかわらず全席が事前予約による指定となる。

バス[編集]

路線バスは基本的に全席が定員制の自由席である。高速路線バスの長距離(概ね150km以上)路線において、多くの路線で座席定員制の自由席あるいは指定席となっている。夜行便は乗客名簿への登録と乗車の照合のため全席指定制である。

昼行便の空港連絡バスでは、空港発は先着順の座席定員制による自由席だが、市街地発は予約制の座席定員制あるいは座席指定制としている路線もある(ONライナー号マロニエ号成田線等)など柔軟な設定が行われている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 海外鉄道サロン編『ヨーロッパおもしろ鉄道文化』交通新聞社、2011年
  2. ^ 以下、例外的な「一般車」を用いる必要がない場合を除き「普通車」とする
  3. ^ a b 「敬老者が乗車するから」電車で座席確保の置き紙…批判集まるも禁止ルールはなし - 弁護士ドットコム
  4. ^ ただし、2000年代以降東京圏の普通列車(快速列車を含む)では東日本旅客鉄道(JR東日本)の営業施策から従前の制度から大幅に改変された制度を採っている。東京圏におけるグリーン券の扱いについても参照されたい。
  5. ^ Amtrak公式サイト. “Unreserved Coach Class Seat”. 2018年6月3日閲覧。
  6. ^ Amtrak公式サイト. “Reserved Coach Class Seat”. 2018年6月3日閲覧。
  7. ^ アメリカ西海岸縦断!アムトラック「コースト・スターライト号」で鉄道旅を満喫”. 週刊トラベルジェイピー. 2018年4月12日閲覧。

関連項目[編集]