京阪特急

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京阪特急専用車両・8000系(新塗装)
淀屋橋方から3両目に座席指定車「プレミアムカー」、5両目に無料の「ダブルデッカー(2階建て車両)」を連結しており、快速特急、特急、ライナーのみの運用に就く。日中の特急は8000系、2代目3000系での運用(2017年8月20日撮影)

京阪特急(けいはんとっきゅう)は、京阪電気鉄道京阪本線鴨東線で運行されている特急列車の通称である。 「京阪特急」という名称は本来、快速特急・特急[注 1]及びその専用車[注 2]を指すが、本項では、京阪特急の歴史と概要に加え、事実上その前身となったかつての急行および最急行や「K特急」、快速特急、そして特急を補充する列車として2008年10月19日より運転の快速急行、翌20日より運転の通勤快急[注 3]および2017年8月21日より運転開始のライナーについても記述する。

歴史[編集]

前身[編集]

  • 1914年大正3年)5月15日:日本の大手私鉄において「史上初の料金不要の速達電車」として急行を運転開始した。
    • 京阪本線(以下、本線)は1910年に開業し、天満橋駅と五条駅(現:清水五条駅)の間を当初1時間40分で結んだ。その所要時間は開業後徐々に短縮され、1912年には1時間20分となった。
    • その後、京阪の役員の中に、さらなる速達を求めてノンストップの列車を運行する考えが生まれた。これに対しては反対意見もあったが、とりあえず終電後に1本増発する形となった。
    • 当時は信号が全くなく、安全を見込んで終電後に相当運転間隔を取り、京都と大阪をそれぞれ午前0時30分に出発し(現在の本線の京阪間直通最終列車発車時刻よりも遅い[注 4])、1時間で走破する列車として設定された。
  • 1915年(大正4年)
    • 4月1日:急行が朝夕4往復に増発。本線では日本初の三位式三現示自動閉塞信号機を採用しており、それが威力を見せることになった。
    • 10月27日:起点駅が三条駅に変更される。
      • 運転区間延長にも関わらず1時間運転をそのまま維持した。同年12月には四条駅に停車する急行も2本設定した。
  • 1916年(大正5年)
    • 4月1日:従来の急行を最急行と改称し、新たに枚方東口駅(現:枚方市駅)、八幡駅(現:石清水八幡宮駅)、中書島駅伏見桃山駅、稲荷駅(現:伏見稲荷駅)、七条駅、五条駅と主要駅に停車する列車(現在の特急に相当)を急行として設定。天満橋駅 - 三条駅間を70分で結び、24分間隔で運転した。
    • 8月1日:最急行を廃止。主要駅停車の急行を増発し、7時から21時までの時間帯に20分間隔で運転することとなった。

「びわこ号」運転開始[編集]

京阪特急運転開始[編集]

前年の1949年12月1日に京阪は京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)を分離して再発足したが、新京阪線とその支線は阪急側に残ることとなり、これまで京阪間速達列車は新京阪線で設定していた京阪では、同線を失ったことから、阪急との対抗上からも、元来の京阪本線で独自の特急列車を設定することを余儀なくされた。これが京阪特急の設定理由の一つであった。

  • 1950年(昭和25年)7月1日:この日のダイヤ改正で1000形・1100形運用による本線単体としては初の特急列車が設定され、9月1日[1]より運転が開始された。京橋駅 - 七条駅間ノンストップ運転はこの時から。この時点では朝夕のみの設定であった。特急でありながら特急料金を不要としたのは、将来を睨みつつ京阪間において1時間あたり3往復以上の高頻度運転を行い、かつ急行・普通とを組み合わせて効率よいダイヤを組むことを最初から計画していたためである。
    • 当時、大阪大空襲の影響により京阪間の移動需要が急増していたため、まずは通勤特急の形態で、予定よりも前倒しして特急を運転開始する。
  • 1951年(昭和26年):運転時間の日中への拡大(日中は1時間毎)にあたり、マンダリンオレンジとカーマインレッドのツートンカラー「京阪特急色」をまとった、京阪初の特急専用車である1700系が登場。
  • 1952年(昭和27年)
    • 特急の増発(日中は30分毎、他の時間帯は20分毎)に伴い1300系の一部車両が特急運用に入る。
    • 7月17日より公募で選ばれたデザインをベースとする特急のヘッドマーク鳩マーク)が従来の円形のものに代わって使用される。

テレビカー登場[編集]

  • 1953年(昭和28年):日本初のカルダン駆動方式を採用した1800系が登場。この系列より一部の車両に登場間もないテレビを設置し、テレビカーと称される。また日中も20分毎の運行に増発。最終特急も1951年から1953年にかけて、天満橋・三条双方20時発から22時発に延長。
  • 1956年(昭和31年):1800系の改良型である1810系が登場。
    • これに伴って1700系は順次一般車へ格下げ改造され、また1300系も特急運用から離脱したため、これ以降は定期列車の京阪特急は原則として特急車による運行となる。また最終特急を1時間繰り下げ、運行時間帯は天満橋発は7:00 - 23:00、三条発は6:50 - 23:00とした。
  • 1958年(昭和33年):テーマソング「京阪特急」が制作される。
  • 1963年(昭和38年)
    • 2月:4月の天満橋駅 - 淀屋橋駅間延伸開業に伴い、それに伴う増備と1700系と1800系の置き換えを兼ねて1900系が登場。1810系は2両を除き1900系に編入され、1700系と1800系は順次一般車へ格下げ改造される。
    • 4月16日:同区間を延伸開業。運行時間帯を淀屋橋発、三条発とも6:40 - 0:00に拡大[注 5]
  • 1967年(昭和42年):特急が夜間以外6両編成化される(夜間は3 - 4両編成)。この頃最終特急を双方23:50発に繰り上げ。
  • 1969年(昭和44年):翌年の日本万国博覧会開催に備えて特急の側面に掲示するサボが英語表記入りとなる[注 6]

特急車の冷房化から鴨東線開業まで[編集]

  • 1971年(昭和46年):守口付近の複々線化工事の進捗、樟葉駅の移転改良工事、新門真駅(現:門真市駅)の完成による運転間隔の15分ヘッドへの変更に伴い、全車冷房装置およびカラーテレビを搭載した3000系が登場。特急増発の一方で、三条発の時刻は毎時7、22、37、52分ときりの良い時刻でなくなった。また最終特急が淀屋橋・三条発とも23:30に繰り上げられた。新型特急の評判の高さや、阪急2800系の冷房化、国鉄の新快速登場もあって、特急は3000系への統一が決定、1900系は順次一般車へ格下げ改造される。
  • 1973年(昭和48年):すべての特急が3000系となり、特急車の予備編成も1本から2本に増えた[注 7]。一方で1900系は定期特急運用を完全に失った。
  • 1975年(昭和50年):この頃、最終特急が30分繰り上げられ、淀屋橋・三条発とも23:00となった。
  • 1987年(昭和62年)6月1日:七条駅 - 三条駅間地下化工事完成(同年5月24日)に伴うダイヤ改正で、早朝と深夜に運転されていた3 - 4両編成の特急がすべて6 - 7両編成となる。
  • 1989年平成元年)9月27日鴨東線開業に伴うダイヤ改正で、運用増加分の補充と3000系の7両編成への統一のために8000系が登場。淀屋橋23:20発の最終特急を増発(出町柳発は従来通り)。
    • 当初8000系は7両1編成と3000系6両編成への増結中間車が投入されたが、8000系への反響が大きかったことや、鴨東線開業による乗客増が予想以上であったために3000系の置き換えへと至り、同系列は大半がそのまま廃車となり、先頭車は富山地方鉄道大井川鉄道(現:大井川鐵道)に譲渡される。その後の時代情勢の変化や寝屋川市駅高架化工事による運用増加に合わせて同系列は7両1編成と2両の予備車が残存することになった。

ダブルデッカー登場と停車駅増加[編集]

  • 1993年(平成5年)1月30日:この日のダイヤ改正で平日朝の淀屋橋行きが中書島駅に追加停車。京橋駅 - 七条駅間ノンストップ運転の原則が初めて破られた。
  • 1995年(平成7年)3月1日:初代3000系の車体更新工事を実施。そのうちの1両がダブルデッカー車(2階建て車両)に改造される。平屋車両の2階建て化改造は日本初。同年12月25日より営業運転に復帰。
  • 1997年(平成9年)
    • 3月22日:この日のダイヤ改正でJR東西線の開業による利用客の転移を抑えつつ、京阪・JR共に利用可能なエリアの拡大による利用増加に対処するため、平日朝の淀屋橋行きが枚方市駅に追加停車。特急と急行・準急の混雑率平準化による輸送力増強実施に伴い、3扉セミクロスシート8両編成の9000系が投入され集中的に充当、41年ぶりに特急車以外の定期運用が設定される。
    • 9月11日:8000系にダブルデッカー車を新造の上増結、8両編成化を開始。
  • 1998年(平成10年)4月28日:この日までに8000系へのダブルデッカー車の連結と3000系の予備車を活用して定期列車の特急がすべて8両編成となる[注 9]
  • 2000年(平成12年)7月1日:この日のダイヤ改正で中書島駅と丹波橋駅が終日停車駅となる。
    • また平日朝の淀屋橋行き1本に、特急が原則3000系で統一されて以来、定期列車では初めてオールロングシート車両(2200系[注 10]・6000系・7200系[注 11])の運用を開始する[注 12]
    • JR京都駅ビルでの買い物利用の定着を意識した四条河原町への誘客と、主にこれまでは急行で長時間乗車となっていた、京阪とJR奈良線が並行するエリアから大阪方面への(宇治線乗り換え客を含む)さらなる利用増加を狙ったものである。昼間時間帯と夕方ラッシュ時においては丹波橋駅で急行を追い抜くダイヤとなる。これにより、特急停車駅 - 急行以下(あるいは普通のみ)停車駅の到達時間が短縮される。
  • 2002年(平成14年)10月1日:この日から平日朝ラッシュ時間帯の特急の京都寄り先頭車を三条駅 - 天満橋駅間で女性専用車とする[注 13]

過去のダイヤ上での特記事項[編集]

  • 1957年から1974年まで、京津線にも臨時特急が運転されていた。夏季湖水浴シーズンは途中京阪山科のみ停車、冬季温泉シーズンは途中ノンストップであった。車両は大津線1型200型60型260形[注 14]のほか、時には各駅停車用の80形も2両編成で充当されていた[注 15]。側面には当時の本線特急同様「特急」種別板が、前面には「びわこ連絡」標識、もしくは丸型の「特急」標識板が掲出されていた。
  • 1958年3月9日、天満橋8時20分発「びわこ島めぐり船連絡特急びわこ号」において、京阪特急初となる座席指定を開始した[2]。編成中、後部1~2両の「島めぐり専用車」への乗車に必要な、駅購入の乗船券に付属する着席整理券を座席指定券に変更した[注 16]。指定席需要が2両を超える場合、2分前に運転の臨時特急(天満橋~三条間ノンストップ[注 17])のうち3両~全車(最大7両)を「島めぐり専用(指定席)車」とした[注 18]。三条で京津線の臨時特急に連絡する場合があったが、座席指定車は京阪本線のみの設定であった。1974年1月20日からは着席整理券扱いに戻し、1975年8月24日を最後に専用車の設定を終了した。
  • 淀屋橋地下延長線開通前(1963年)までの正月ダイヤでは特急を全便運休とし、急行・臨時急行が頻発された。特急車は急行に運用していた[3]

京阪特急増発、K特急・支線直通の設定[編集]

1900系 e-kenet PiTaPa TrainによるK特急「おりひめ」(2004年9月6日 枚方市駅)
臨時K特急(2006年10月22日 枚方市駅 - 枚方公園駅間)
  • 2003年(平成15年)9月6日:この日のダイヤ改正で従来の特急停車駅の列車を「K特急」に名称変更し(平日朝・夕方・夜間のみ運転)[注 19]、特急は新たに枚方市駅と樟葉駅が終日停車駅となる。淀屋橋駅 - 三条駅間の所要時分は1989年10月の最速44分から51分に延びた[注 20]
    • 京阪間ノンストップ特急と共に働いてきた世代の退職開始や、並行路線の充実・複線化・延伸・開業の影響による利用状況の変化を踏まえて、まず昼間時間帯を中心に、特急と急行を統合した輸送体系へと移行する。次回以降のダイヤ変更では、K特急の運転される時間帯へも及ぶこととなる。
    • 昼間時(土休日は夕方まで)の特急が15分ヘッドから10分ヘッドとなる[注 21]。当該時間帯は急行の運転がなくなり、3本に1本の特急が9000系での運用となったほか[注 22]、平日ラッシュ時を中心に6000系などのロングシート車運用も増加した。
    • 交野線からの通勤客増加により、京阪本線との直通運転が実現。平日朝に私市発淀屋橋行きK特急として設定される[注 23]。愛称が一般公募され、交野地区の「七夕伝説」にちなんで「おりひめ」と命名、ヘッドマークも製作される[4]
    • 女性専用車両の設定が、「おりひめ」を除く平日朝ラッシュ時のK特急で全区間に拡大される。
  • 2005年(平成17年):特急用車両および6000系以降の車両にも弱冷房車を設置。
  • 2006年(平成18年)
    • 4月16日:この日のダイヤ改正で主に平日朝7 - 11時の時間帯においてロングシート車両の運用が増加(下りK特急3本・特急5本、上りK特急・特急各1本の合計10本にロングシート車を定期運用に充当)。平日の特急運転時間を前後30分程度拡大する。この時K特急から置き換わった一部の特急にも女性専用車両が設定される。「おりひめ」は、朝ラッシュ時の発車時刻が2列車とも約20分早められた。
    • 10月22日鉄道の日記念トーマストレイン(10000系)による臨時運転。「おりひめ」および鉄道の日マスコットキャラクター「テッピー」のヘッドマークが付いたが、幕は特急表示であった(私市9:33→天満橋10:14、休日初運行)。
  • 2007年(平成19年)1月21日宇治線10000系きかんしゃトーマス号)による本線への臨時特急を運行。宇治線での特急列車の走行は(臨時ではあるが)初となる。同線内では各駅に停車していた。
    • また、テレビカーの地デジ対応工事が7月までにすべて完了、同時に受像装置も液晶モニタに交換した。
  • 2008年(平成20年)
    • 6月27日:新型車両3000系(2代)のデビューに備え、初代3000系が8000系30番台に編入される。
    • 6月30日:エレガント・レッドとエレガント・イエローのツートンカラー[注 24]にエレガント・ゴールドの帯をあしらった、8000系の新塗装車両が運転を開始する(これに合わせて内装、自動案内装置、戸締め予告ブザーなどを更新)[5]。8000系0番台車は2011年3月までにすべての車両が新塗装となる。30番台車も新塗装化の予定であったが実現しなかった。
    • 10月17日中之島線開業に伴うダイヤ改正でK特急が運用を終了するのに伴い、8000系30番台車に「K特急」のヘッドマークを装着して運転。

「おりひめ」の特記事項[編集]

以下はK特急当時の「おりひめ」の特記事項である。

  • 2003年(平成15年)9月8日:一番列車(1919-1920編成・特急色)。
  • 2004年(平成16年)
    • 3月12日:1900系復活特急塗装(1919-1920編成)さよならイベント(定期列車の運用変更)。
    • 7月7日:七夕イベント(1919-1920編成・一般色、私市19:10→天満橋19:47、「おりひめ」として初めての臨時運行)。
    • 9月6日:前日の地震による運用変更・鳩マーク掲出なし(1919-1920編成・PiTaPaラッピング)。
  • 2005年(平成17年)
    • 7月7日:七夕イベント(1917-1918編成、2004年と同じダイヤ、「おりひめ」2度目の臨時運行)。同時に新ヘッドマークの発表。
    • 7月8日:ヘッドマークのデザインを変更。
  • 2006年(平成18年)
    • 1月4日:車両故障による交野線内での運用差し替えにより、10000系(10001編成・PiTaPaラッピング)がK特急「おりひめ」の1本に充当(4両編成のK特急は初)。
    • 4月17日:前日付ダイヤ改定の祝賀列車 (1917-1918編成)。
    • 5月18日:1917-1918編成勇退記念(定期列車の運用変更)。
    • 7月7日:七夕イベント(1929-1930編成・特急色、「おりひめ」3度目の臨時運行)。
    • 7月26日:突発的に1900系充当・鳩マーク掲出なし(1919-1920編成・一般色、50周年記念副標識取り付け)。
  • 2007年(平成19年)
    • 1月21日:トーマストレイン10000系(10003編成)最終運転日の臨時運転。「おりひめ」およびトーマストレイン引退記念「ありがとう」のヘッドマークが付いたが、幕は特急表示であった(私市11:07→天満橋11:44・休日2度目の運行)。
    • 7月9日:2度目のヘッドマークデザイン変更(新ヘッドマークは前々日の七夕伝説イベントで披露)。
  • 2008年(平成20年)
    • 7月7日:七夕イベント(1919-1920編成、定期列車の運用変更)。
    • 10月17日:K特急としての運用終了(1919-1920・1929-1930両編成とも、中之島線開業に伴う1900系の営業列車からの引退イベントも兼ね、定期列車の運用変更の形で、同日の「おりひめ」に充当)。

中之島線開業から京橋 - 七条間ノンストップ列車の復活[編集]

ノンストップ京阪特急「洛楽」(2012年5月4日 関目駅)
  • 2008年(平成20年)10月19日:中之島線開業に合わせたダイヤ改正。
    • 昼間時に中之島発着の快速急行が毎時2本設定され、新型車両3000系(2代)で運転される。朝ラッシュ時下りに通勤快急を運転開始。
    • K特急が快速特急に改称され、平日夕方・夜間上りのみの運転に縮小される。特急(枚方市・樟葉停車)の終日運転が平日ダイヤにおいても実現し、定期列車の特急で初となる枚方市行き・樟葉行き[注 25]が設定され、19年ぶりに三条行き特急が復活する。
      • 枚方市駅以北で、特急4本・快速急行2本を合わせて10分ヘッドでの運転とし、淀屋橋~枚方市間運転の特急[注 26]が快速急行に連絡する形で、特急10分ヘッド相当を維持する[注 27]。これにより、昼間時[注 28]に運転される出町柳発着の特急・快速急行はすべて転換クロスシートを備えた車両で運転される。
      • 土曜・休日ダイヤの全線通しの特急は上り早朝1本・深夜2本を除く全便[注 29]が8000系での運転となる反面、平日ラッシュ時には混雑時対策による一般車特急の大幅増便[注 30]による対応と、夕方上りの8000系快速特急による遠距離通勤客に対する着席サービスの確保といった、曜日や時間帯に応じた臨機応変なサービスの提供が実施される。
    • K特急「おりひめ」は通勤快急に、準急「ひこぼし」は快速急行に種別が変更[注 31]され、新ダイヤ平日初日の10月20日から中之島線に乗り入れるようになる。
  • 2009年(平成21年)
    • 快速急行設定後初の正月ダイヤとなったが、初詣参拝客輸送のため八幡市駅伏見稲荷駅などを通過する快速急行の運転は終日行われなかった[6](翌年以降の正月ダイヤも同様。)
    • 9月12日:最終の特急出町柳行きが三条行きに変更され、三条より普通出町柳行きに種別変更の上で運転(実質的に神宮丸太町駅への追加停車措置と言える)。三条止まりの快速急行の設定[注 32]と夕方の樟葉止まりの快速急行の削減、21時台の快速急行の樟葉までの短縮を実施。このほか、3000系使用の淀屋橋発の特急の追加設定[注 33]や、9000系の全編成オールロングシート化に伴う9000系と一般8両編成車(6000系と7200系)の完全共通運用化が行われた。
    • 12月19・20・23日:初めて土休日に、出町柳 → 中之島間の下り臨時快速特急「光のルネサンス号」を運転。なお、始発駅の出町柳駅ではかつてのK特急用のメロディが使用された。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月31日:「京阪特急ご乗車記念 スルッとKANSAI Kカード」の車内販売を終了。[注 34]
  • 5月28日:同日のダイヤ改定で平日夕方、夜間の快速特急がすべて特急に格下げ、定期運用は廃止された。淀屋橋 - 出町柳間で早朝・深夜、平日朝ラッシュ時以外で特急のみの10分間隔での運転になる。快速急行の大幅削減および天満橋 - 淀屋橋間にも快速急行を運転。また土休日ダイヤの下り列車の1本が一般8両編成での運転となった。またこの改定で特急の昼間時の運用編成本数が12本から13本となる[注 35]。ほか、夜間に運転される快速急行の一部に8000系を充当。これに伴い折り返し駅の入線の都合と一部の駅で停車時間の延長余裕時分を見込んだ影響で淀屋橋 - 出町柳間の所要時間は下り57分、上り55分に延びた。この改定で快速急行の淀駅臨時停車を一旦廃止した。
  • ただし中之島線直通の快速急行は大幅削減されたが、特急と中之島駅発着の普通または準急を京橋駅で相互接続させることにより、中之島線各駅 - 樟葉駅以東の特急停車駅間の所要時間を、従来の快速急行利用時と比較して3分短縮した(主に日中)[7]
  • 10月22日 - 12月4日:京橋 → 七条間ノンストップの臨時快速特急「ノンストップ京阪特急」を土休日に運転。午前の上り2本を設定[8]
  • 2012年(平成24年)
    • 3月24日 - 6月3日:京橋 → 七条間ノンストップの臨時快速特急「ノンストップ京阪特急『洛楽』」を土休日に運転。午前の上り2本を設定。この運行に向けて愛称の募集が朝日放送のラジオ番組「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」で行われ、「洛楽」の列車愛称が与えられた[9]
    • 7月:8000系0番台車のリニューアル工事が完了し、テレビが撤去される[10]。これにより、テレビ受像器を装備するのは旧3000系の8000系30番台車1編成のみとなった。
    • 11月3日 - 12月2日:京橋 → 七条間ノンストップの臨時快速特急「ノンストップ京阪特急『洛楽』」を土休日に運転。午前の上り2本を設定。11月3日の淀屋橋10:06発と12月2日の淀屋橋10:36発は、8000系30番台(旧3000系)で運転された[11]
  • 2013年(平成25年)
    • 3月10日:8000系30番台(旧3000系)が定期列車での営業運転を終了。同月31日までに4日間実施された臨時列車の運転などをもって引退し、同時にテレビカーも全廃された[12]
    • 3月16日:ダイヤ変更に伴い、通勤快急「おりひめ」・快速急行「ひこぼし」を前日限りで廃止。交野線直通列車が全廃された。
    • 4月6日 - 5月12日:京橋 → 七条間ノンストップの臨時快速特急「ノンストップ京阪特急『洛楽』」を土休日に運転。午前の上り2本を設定[13]
    • 11月2日 - 12月1日:京橋 → 七条間ノンストップの臨時快速特急「ノンストップ京阪特急『洛楽』」を土休日に運転。午前の上り2本を設定[14]
  • 2014年(平成26年)
    • 1月1日 - 1月3日:正月ダイヤで、京橋 - 七条間ノンストップの臨時快速特急「ノンストップ京阪特急『洛楽初詣』」を運転。午前の上り8本、午後の下り8本を設定。京橋 - 七条間の所要時間は「ノンストップ京阪特急『洛楽』」の約43分から、約36 - 38分に短縮[15]
    • 3月21日 - 5月6日:京橋 - 七条間ノンストップの臨時快速特急「ノンストップ京阪特急『洛楽』」を土休日に運転。午前の上り3本だけでなく、午後の下り2本が初めて設定された。京橋 - 七条間の所要時間はそれまでの「ノンストップ京阪特急『洛楽』」の約43分から、約40分に短縮[16]
    • 10月4日 - 11月30日:「秋の特別ダイヤ」を土休日に実施[17]
      • 「京橋 - 七条間ノンストップ・快速特急『洛楽』」を運転。淀屋橋駅9時発 - 11時発の上り5本、出町柳駅15時43分発 - 17時43分発の下り5本を設定。従前は特急との平行ダイヤであったものを、前後に走る特急を快速急行に改め枚方市駅で通過待避を行うダイヤに変更したことにより、京橋 - 七条間の所要時間は「ノンストップ京阪特急『洛楽』」の約40分から、2000年6月30日以前の特急と同じ約35分に短縮。
      • 淀屋橋駅9時頃 - 11時頃発の上り特急(毎時6本)を、快速特急(毎時2本)・特急(毎時4本)・快速急行(毎時2本)に変更。出町柳駅16時頃 - 18時頃発の下り特急(毎時6本)を、快速特急(毎時2本)・特急(毎時6本)に変更。
      • 一部列車の種別、行先、発着時刻を変更。
      • 快速急行についても、特別ダイヤ実施日で中央競馬開催日と重なる場合に限り、競馬開催時間帯は淀駅に再び臨時停車するようになった。淀駅の快速急行の臨時停車は3年ぶりである。
  • 2015年(平成27年)
    • 1月1日 - 1月4日:正月ダイヤで「京橋 - 七条間ノンストップ・快速特急『洛楽』」を運転。午前の上り8本、午後の下り8本を設定。京橋 - 七条間の所要時間は前年の正月ダイヤで運転された「ノンストップ京阪特急『洛楽初詣』」の約36 - 38分から、35分に短縮[18]
    • 3月21日 - 5月6日:「春の特別ダイヤ」を土休日に実施[19]。実施内容は2014年の「秋の特別ダイヤ」と同様。
    • 9月19日 - 11月29日:「秋の特別ダイヤ」を土休日に実施[20]。シルバーウィークに合わせ、実施期間を拡大する。実施内容は2014年の「秋の特別ダイヤ」と同様。
  • 2016年(平成28年)
    • 1月1日 - 1月3日:正月ダイヤで「京橋 - 七条間ノンストップ・快速特急『洛楽』」を運転。午前の上り8本、午後の下り8本を設定[21]
    • 3月19日:同日のダイヤ改定で土休日に限り「京橋 - 七条間ノンストップ・快速特急『洛楽』」を定期化する。快速特急運転時間帯は快速特急(毎時2本)・特急(毎時4本)・快速急行(毎時2本)に変更(これら全列車は淀屋橋駅発着で運転)。待避駅や停車時間を見直し、昼間の特急の所要時間を淀屋橋 - 出町柳間の各駅で1 - 4分短縮する(特急と交野線・宇治線との接続時間見直しを含めると、交野線・宇治線では最大6分の短縮)。これにより、特急の淀屋橋 - 出町柳間の所要時間は上り下りともに54分に短縮した[22]が、昼間時の準急の特急待避回数は改定前の3回(枚方市・丹波橋・三条)より4回(香里園・樟葉・丹波橋・三条)に増加した(香里園は通過追い越し)。また、快速特急の定期列車格上げおよび快速急行の午前上り/午後下り列車の設定により、春季および秋季の土曜・休日に実施していた特別ダイヤは再度廃止された。このほか、途中駅始発の快速急行が設定されるなど、快速急行の運行形態に一部変更がなされた[注 36]
    • 7月16日:祇園祭(前祭)の宵山に合わせて、三条行き臨時快速特急「洛楽」を運転。淀屋橋17:49、18:18発の2本を設定[23]。京橋 - 七条間の所要時間は37分。
使用車両が3000系に変更された快速特急「洛楽」
  • 2017年(平成29年)
    • 1月1日 - 1月3日:正月ダイヤで、”京橋 - 七条間ノンストップ” 快速特急「洛楽」を運転。午前の上り8本、午後の下り8本を設定[24]
    • 2月25日:ダイヤ改定。快速特急「洛楽」が平日にも2往復の定期運転を開始し、毎日運転となる。一方、使用車両は8000系から3000系に変更する。同時に、快速特急運転時間帯に運転されている淀屋橋 - 出町柳間の快速急行のうち、午前中の出町柳行きを急行に変更した上で平日にも設定(夕方の出町柳発淀屋橋行きは、快速急行のまま平日にも設定)。平日夕ラッシュ時の樟葉行き快速急行は中之島駅発から淀屋橋駅発に変更された[25]
    • 4月15日 - 5月7日:臨時快速特急「洛楽」と臨時特急を、4月22日・23日を除く土休日に運転。臨時快速特急「洛楽」は淀屋橋9:48、10:18発の上り2本、臨時特急は出町柳17:12、17:42発中之島行きの下り2本を設定[26]。臨時快速特急の京橋 - 七条間の所要時間は37分。臨時快速特急「洛楽」3000系で運転し、期間中の快速特急「洛楽」定期列車を8000系に変更。また、臨時特急は3000系または一般車7両編成で運転する。
    • 7月15日 - 7月16日:祇園祭(前祭)の宵々山、宵山に合わせて、三条行き臨時快速特急「洛楽」を運転。淀屋橋17:17、17:47発の2本を設定[27]。京橋 - 七条間の所要時間は37分。

プレミアムカーの導入と新列車種別「ライナー」の設定[編集]

  • 2017年(平成29年)
    • 8月20日:ダイヤ改定。座席指定車両である「プレミアムカー」を導入(乗車料金400円または500円)。また翌8月21日より全席座席指定列車である「ライナー」を設定(平日朝ラッシュ時の枚方市発淀屋橋行き1本、樟葉発淀屋橋行き1本の計2本)[28]
  • 2018年(平成30年)
    • 1月1日 - 1月3日:正月ダイヤで、”京橋 - 七条間ノンストップ” 快速特急「洛楽」を運転。午前の上り6本、午後の下り6本を設定。今回から使用車両に3000系が加わる。
    • 7月14日 - 7月16日:祇園祭(前祭)の宵々山、宵山に合わせて、三条行き臨時快速特急「洛楽」を運転。なお、使用車両は従来の8000系から3000系に変更される。
    • 9月15日:ダイヤ改定。快速特急「洛楽」は土曜・休日の定期列車を「プレミアムカー」連結の8000系とする。ライナーは停車駅を特急と統一し往復運転に拡大、運転区間を出町柳駅まで延長。朝ラッシュ時下り3本(樟葉始発を1本増発・従来樟葉始発の1本を出町柳始発に延長)、夜間に2本(淀屋橋発出町柳行き)に増発。平日朝ラッシュ時に特急・快速急行を増発し、平日の上下全特急・快速特急延べ199本中105本、土・休日の同195本中118本が「プレミアムカー」連結となる[29]

種別解説・停車駅[編集]

特急(快速特急・特急)・ライナー・K特急〈現在は廃止〉[編集]

現在の停車駅[編集]

快速特急(快速特急「洛楽」)
快速特急「洛楽」
平日のみ2代目3000系で運行、臨時快特でも使用される(前面改造後撮影)
  • 淀屋橋駅 - 北浜駅 - 天満橋駅 - 京橋駅 - 七条駅 - 祇園四条駅 - 三条駅 - 出町柳駅
    • 京阪線の最速達種別。
    • 臨時列車が中之島線に直通する場合、中之島線内は各駅に停車。
    • 2011年5月27日に「快速特急(旧)」が廃止されてから僅か約5ヶ月後の10月22日に1993年までの特急と同じ停車駅で新たに「快速特急」が再設定され復活し、行楽期の土曜・休日に臨時列車として設定される。
    • 運行開始翌年の2012年に公募で決定された「洛楽」の愛称が付き、のちに種別名にも愛称が加わり、「快速特急 洛楽」と案内されるようになる。
    • 2013年までは上りのみの運転であったが、2014年の正月ダイヤ以降は下りも運転される。
    • 2016年3月19日のダイヤ改定より、行楽期以外の土曜・休日の運転も開始される。
    • 2017年2月25日のダイヤ改定より、平日の運転も開始される。
    • 2016年より、行楽期や沿線の祭事時の土曜・休日には、臨時快速特急「洛楽」が運転される。祇園祭の際の臨時列車は三条行きとなる。
特急
特急
専用車8000系を補完する車両2代目3000系(前面形状改造後・鳩マーク掲出開始後)
本来は快速急行用車両であるが現在は主に特急運用に就く(2018年1月1日撮影)
  • 淀屋橋駅 - 北浜駅 - 天満橋駅 - 京橋駅 - 枚方市駅 - 樟葉駅 - 中書島駅 - 丹波橋駅 - 七条駅 - 祇園四条駅 - 三条駅 - 出町柳駅
    • ほぼ終日運行されている。
    • 臨時列車が中之島線に直通する場合、中之島線内は各駅に停車。
ライナー
  • 淀屋橋駅 - 北浜駅 - 天満橋駅 - 京橋駅 - 枚方市駅 - 樟葉駅 - 中書島駅 - 丹波橋駅 - 七条駅 - 祇園四条駅 - 三条駅 - 出町柳駅
  • 2018年9月18日から上記の停車駅となった(特急と同じ停車駅)。
    • 朝の淀屋橋行きのうち、出町柳駅 - 七条駅の各停車駅は乗車専用となる。
    • 夜の出町柳行きのうち、淀屋橋駅 - 京橋駅の各駅は乗車専用となる。
  • 2017年3月30日、同年8月21日より京阪電車初の全席座席指定列車である「ライナー」を設定すると発表[30]。ライナーは設定当初(平日朝ラッシュ時の枚方市発淀屋橋行き1本、樟葉発淀屋橋行き1本の計2本)、それぞれ始発駅を出発すると、京橋までノンストップ運転を行っていた。
  • 駅のホームや車両の車内などに掲示されている「京阪線停車駅のご案内」ではライナーは特急や普通などその他の種別とは違い停車駅の案内は別に書かれている。
  • 特急運用上の特色でも述べているが、快速特急[注 37]・特急を表す「鳩マーク」は、ライナーでは掲出されない[31]ライナーは京阪初のカタカナ種別である。
  • ライナーに乗車の際は、運賃以外に別途ライナー券(300円(枚方市・樟葉発着)、淀屋橋~京橋の各駅と中書島~出町柳の各停車駅間は380円。6号車を除く)またはプレミアムカー券(400円(枚方市・樟葉発着)または500円。6号車のみ乗車可)のいずれかが必要である。ただし、朝の下りの京橋~淀屋橋の各駅間と夜の上りの七条~出町柳の各停車駅間は、プレミアムカーを除き、乗車券のみで一般車両に乗車できる。ライナー券の購入方法はプレミアムカー券と同様であるほか、発車時刻の約20分前から約3分前までの間のみ、樟葉駅および枚方市駅の改札内に臨時発売所が設置される。
  • 車両はプレミアムカー連結の特急専用車8000系8両編成を使用する。なお、6号車以外の一般車両についてはロングシート部分も有料の指定席扱いとなっている[32][注 38]。また、ライナーは女性専用車両の設定対象外である。
  • 2018年1月、京阪ホールディングス社長の加藤好文は、今後需要に応じて運行区間を京都方面に延長することも検討すると述べた[33]。同年7月17日、同年9月15日のダイヤ変更を予告し、ライナーをこれまでの片道運転から往復運転に変更して運転本数も増強し、運転区間も鴨東線の出町柳駅までに拡大することを決定した。ダイヤ改正時に停車駅についても特急と統一され、樟葉駅発のライナーは枚方市駅にも停車を開始した[29]
  • なお、朝の出町柳発のうち、出町柳 - 七条の各停車駅と、夜の淀屋橋発のうち、淀屋橋 - 京橋の各駅は乗車専用となる。また、淀屋橋行きの京橋以西および出町柳行きの七条以北を除き、奇数号車は全区間でドアカットが行われる。そのため、奇数号車に乗車するには偶数号車(プレミアムカーである6号車以外)から乗り移る必要がある。

過去の停車駅[編集]

かつて設定されていたK特急(八幡市駅)
京阪本線・鴨東線K特急・快速特急(旧)(2003年9月8日 - 2011年5月27日)
  • 淀屋橋駅 - 北浜駅 - 天満橋駅 - 京橋駅 - <枚方市駅> - 中書島駅 - 丹波橋駅 - 七条駅 - 四条駅(現:祇園四条駅) - 三条駅 - 出町柳駅
    • <>の駅は朝の淀屋橋行きのみ停車(K特急が運転されていた2003年9月から2008年10月まで)。
特急(2000年7月1日 - 2003年9月5日)
  • 淀屋橋駅 - 北浜駅 - 天満橋駅 - 京橋駅 - <枚方市駅> - 中書島駅 - 丹波橋駅 - 七条駅 - 四条駅 - 三条駅 - 出町柳駅
    • <>の駅は平日朝の淀屋橋行きのみ停車。
特急(1997年3月22日 - 2000年6月30日)
  • 淀屋橋駅 - 北浜駅 - 天満橋駅 - 京橋駅 - <枚方市駅> - <中書島駅> - 七条駅 - 四条駅 - 三条駅 - 出町柳駅
    • <>の駅は平日朝の淀屋橋行きのみ停車。
特急(1993年2月1日 - 1997年3月21日)
  • 淀屋橋駅 - 北浜駅 - 天満橋駅 - 京橋駅 - <中書島駅> - 七条駅 - 四条駅 - 三条駅 - 出町柳駅
    • <>の駅は平日朝の淀屋橋行きのみ停車。
特急(1989年10月5日 - 1993年1月31日)
  • 淀屋橋駅 - 北浜駅 - 天満橋駅 - 京橋駅 - 七条駅 - 四条駅 - 三条駅 - 出町柳駅
ライナー(2017年8月21日 - 2018年9月14日)
  • 樟葉駅 / 枚方市駅 → 京橋駅 → 天満橋駅 → 北浜駅 → 淀屋橋駅
  • 始発駅を出ると京橋までノンストップであった。

快速急行・通勤快急[編集]

京阪本線・鴨東線・中之島線快速急行で運用される2代目3000系電車

2008年10月19日ダイヤ改定時に設定。

中之島線・京阪本線・鴨東線快速急行・通勤快急
  • 中之島発着:中之島駅 - 渡辺橋駅 - 大江橋駅 - なにわ橋駅 - 天満橋駅 - 京橋駅 - <守口市駅> - 寝屋川市駅 - 香里園駅 - 枚方市駅 - 樟葉駅 ← 中書島駅 ← 丹波橋駅 ← 七条駅 ← 祇園四条駅 ← 三条駅 ← 出町柳駅
  • 淀屋橋発着:淀屋橋駅 - 北浜駅 - 天満橋駅 - 京橋駅 - <守口市駅> - 寝屋川市駅 - 香里園駅 - 枚方市駅 - 樟葉駅 - (淀駅) - 中書島駅 - 丹波橋駅 - 七条駅 - 祇園四条駅 - 三条駅 - 出町柳駅
    • <>の駅は通勤快急は通過(中之島・淀屋橋行きのみ設定)。
    • ()の駅は中央競馬開催日および中央競馬パークウインズ実施日と重複している場合に、夕方の淀屋橋行き3本が臨時停車。
    • 2011年5月28日のダイヤ改定までは競馬開催日の8 - 17時台に淀駅に臨時停車していた[34]
    • 2014年秋以降、春と秋に実施されている特別ダイヤ実施日に中央競馬開催日と重複している場合、午前中の淀屋橋発の快速急行が淀駅に臨時停車していた。
    • 2016年3月19日のダイヤ改定では、一部の通勤快急が淀屋橋行きとなった。また、土曜・休日の朝の出町柳行きと、夕方の淀屋橋行きの快速急行が設定されたが、代わりに朝の出町柳駅発淀屋橋行きの快速急行が樟葉発に短縮された。この改定で途中駅を始発とする快速急行が、平日は樟葉8:38発の淀屋橋行きと枚方市8:56発の中之島行きの2本、土曜・休日は朝の樟葉発淀屋橋行きの6本が初めて設定された。なお、中央競馬開催日および中央競馬パークウインズ実施日と重複した場合の快速急行の淀駅臨時停車も再開した。
    • 2017年2月25日のダイヤ改定では、平日夕ラッシュ時の快速急行が淀屋橋発となり、中之島発着の快速急行の本数はさらに減少した。同時に平日朝の枚方市発の快速急行が1本増発され、同駅8:56発(中之島行き)の後に9:16発(淀屋橋行き)が設定された。土曜・休日は午前中の淀屋橋発出町柳行きの快速急行は急行に格下げされ廃止となった。これにより土曜・休日の快速急行は京都方面から大阪方面への片道のみの運転となった。
    • 2017年8月20日のダイヤ改定では、平日朝の中之島発樟葉行きの快速急行1本が淀屋橋発となり、中之島発着の快速急行は平日朝の中之島7:58発の樟葉行きと枚方市8:56発の中之島行き上下1本ずつのみとなった。また、土曜・休日朝の快速急行淀屋橋行きの一部が急行淀屋橋行きとなった。
    • 2018年9月15日のダイヤ改定では、平日朝にライナーと特急を増発する関係上、出町柳7:55発淀屋橋行きの快速急行が樟葉発に短縮となり、出町柳を発車する快速急行は平日・土休日とも夕方の淀屋橋行きのみとなった。一方、平日の朝に上りの快速急行としては初めて、途中駅始発の列車が設定された(寝屋川市6:59発出町柳行き)。

過去の列車[編集]

いずれの列車も交野線内は各駅に停車していた。

交野線直通K特急「おりひめ」(2003年9月8日 - 2008年10月17日)
交野線直通通勤快急「おりひめ」(2008年10月20日 - 2013年3月15日)
  • 私市駅 → 河内森駅 → 交野市駅 → 郡津駅 → 村野駅 → 星ヶ丘駅 → 宮之阪駅 → 枚方市駅 → 香里園駅 → 寝屋川市駅 → 京橋駅 → 天満橋駅 → なにわ橋駅 → 大江橋駅 → 渡辺橋駅 → 中之島駅
交野線直通快速急行「ひこぼし」(2008年10月20日 - 2013年3月15日)
  • 中之島駅 → 渡辺橋駅 → 大江橋駅 → なにわ橋駅 → 天満橋駅 → 京橋駅 → 守口市駅 → 寝屋川市駅 → 香里園駅 → 枚方市駅 → 宮之阪駅 → 星ヶ丘駅 → 村野駅 → 郡津駅 → 交野市駅 → 河内森駅 → 私市駅

車両[編集]

専用車両[編集]

以下の車両は特急運用(快速特急及びK特急、特急)[注 39]につく専用の特急車両である。

( )の太字は特急車としての期間、細字は一般車格下げ後引退となった年。

初代
  • 1700系1951年 - 1956年 - 1983年
    • 初の特急専用車で、「京阪特急色」と鳩マークを初めて採用した。特急専用車で唯一の吊り掛け駆動方式採用車であった。一般車格下げ後は1983年の京阪線1500V昇圧まで運用された。
2代目
3代目

1956年 - 1963年 - 1973年 - 2006年

特急時代の1900(1810)系電車(1971年頃 七条駅)
    • この系列より18m・空気バネ台車に変更された。1900系登場時に金属バネ台車の2両を除いて同系列に編入した。
    • 1900系編入後最後まで(先頭車として)残った1914以下5連は2006年3月31日付で廃車となった[35]
4代目
一般車改造後。左が特急色復刻車、右が一般色車(私市駅)
    • 淀屋橋延伸開業時に登場した、前面のバンパーが特徴の高性能車。初代3000系登場後は特急運用から離脱して一般車に格下げた後も、臨時特急のほか、2000年代にはK特急「おりひめ」にイベントなどで運用された実績もあり、その際は前面に特急鳩マークとヘッドマークの両方を掲出していた。
    • 中之島線開業前日の2008年10月18日をもって一般の営業運転を終了し、同年12月に実施したさよなら運転をもって運行を終了した。
5代目
原型に近い姿に復元(クラシックタイプ)された初代3000系
    • 特急専用車として初めての冷房車となり、テレビカーもカラーテレビ搭載となった。
    • しかし、下記の8000系増備に伴い大半が廃車または(車体のみ)譲渡されたため、1編成のみ(3505F)が残存した。1995年の改修工事に合わせて1両をダブルデッカー化改造(改造車のダブルデッカーは日本の鉄道車両で唯一の存在)するとともに特急マークはプレート式から幕式に更新された。そして、2008年の2代目3000系登場に合わせて8000系30番台に改番された。また2011年より平日の一部の快速急行でも運用を開始した。
    • 2012年9月に鳩マークがプレート式になるなど改修前の姿に復元された。他にも「びわこ連絡」などの副標識も新規に製作され掲出された。快速特急「洛楽」の運用にも就いていた。
    • 2013年3月10日をもって一般の営業運転を終了し、同31日のさよなら運転をもって京阪からは完全引退、それと同時にテレビカーは全廃となった(ダブルデッカーの車体は富山地方鉄道に譲渡)。なお、当初予定されていた新塗装化は見送られた。
    • 2014年のくずはモールの増床・リニューアルに際し、南館(ヒカリノモール)に「SANZEN-HIROBA」(名称は旧3000系に由来)に3505号車が、走行映像の車窓への投影や運転シミュレータの設置を伴う形で保存され、京阪では「デジタル動態保存」と呼称している[36]
    • 2019年現在、歴代京阪特急専用車で登場から全車引退まで一貫して専用車として定期の特急運用に就いていた唯一の車両[注 41]
6代目
快速特急「洛楽」運用の新塗装車
    • 現行の主力で、鴨東線開業時に登場した。特急専用車として初めて固定編成となった。バケットタイプの転換クロスシートに横引きカーテンを装備する豪華な車内設備が特徴である。1998年には3000系に続いて新造ダブルデッカーを連結し、特急専用編成は8両固定編成に統一された。
    • 京阪特急としては珍しく、1989年から2013年までの約24年間、先代特急車(初代3000系)と後継特急車(8000系)が特急の共通運用を組んでいた。
    • 2009年度より車端部の座席について、背もたれの高さをクロスシートと同等以上の位置まで確保したハイバックロングシートに改造の上、テレビ受像機も撤去するリニューアル工事が開始(新塗装化も同時に施工)。この改造車は2010年3月27日より運転が開始され、その後も順次リニューアル工事は進行し、テレビカーは2012年7月をもって当形式からは消滅した[10]。2011年5月28日改定より平日・休日の一部の夜間に出町柳駅を発車する快速急行でも運用を開始したが、2016年3月19日改定で特急車の快速急行での運用は廃止となった。2012年3月より運行されている快速特急「洛楽」は原則として、この車両[注 42]が使われてきたが、2017年2月25日のダイヤ改定により、使用車両が2代目3000系に変更され、春秋の行楽期の土休日と正月ダイヤ実施日を除いて一旦撤退した。
    • 2017年8月20日ダイヤ改定より有料座席指定車となる「プレミアムカー」連結の為、対象となる1両(6号車)が脱車の上で寝屋川工場で改造を受けた。その間は7連で暫定的に運用していた。
    • 2018年9月15日のダイヤ改定より、土休日に限り正式に定期の快速特急運用に復帰した。一方、快速特急・特急・ライナー以外(通勤快急以下の各種別)の定期列車(間合い運用)からは完全に撤退した。
    • 初代3000系の引退以降は、京阪唯一の京阪特急専用車両にして唯一の片開き2扉車。

特色[編集]

  • いずれの車両も乗車券のみで乗車できる特別料金不要列車としては最高水準の接客設備を備えているが、ブルーリボン賞ローレル賞受賞を逃している。京阪でのローレル賞受賞車両は、6000系と2代目3000系のみである[注 43][注 44]
  • 1700系で日本初の空気ばね台車KS-50を、1900系でデフレンシャルギヤ台車のKS-68の長期テストを行うなど、鉄道技術史上において重要な存在である。
  • 特急専用車は、車内広告を一切排除する施策をとっている。これは、料金不要の特急列車としては異例である[注 45]。ただし、1957年~1995年(1810系~初代3000系)の間は座席枕カバーに名刺程度の大きさの広告を入れていた。
  • 2013年秋からは、沿線風景を表現した絵画が飾られ、伝統的に「走る画廊」と称されているスペースが、時節に応じた「おけいはん」の沿線案内や新ダイヤ・行楽ダイヤなどの告知にも使用されるようになった。
  • 日常的な特急運用を考慮されて登場した9000系は、通勤車と同様中吊り広告枠を持つが、当初は沿線案内のみの掲示であった。2006年からは主に1編成貸し切り形の広告掲示となり、2008年10月16日から一般車同様の広告掲示となった。1編成貸し切り形の広告は3000系(2代)が受け継いでいる。
  • 特急専用車としては珍しく、8000系にラッピングを行った事例がある。


テレビカー[編集]

過去に8750形に設置されていた液晶テレビ(画像モザイク処理済み)

1954年8月に1800系に白黒テレビを設置して以来、1810系・1900系・初代3000系・8000系に導入され、2013年3月31日の初代3000系である8000系30番台の営業運転終了まで運行されていた車両である。1800系・1810系・1900系は白黒テレビ、初代3000系・8000系はカラーテレビが設置され、車両側面の外板窓上に大きく朱色の書き文字で「テレビカー」と表示されていた[注 46]。 なお、「テレビカー」の名称は京阪ホールディングスの登録商標(第4045693号)であるため、無許可では使用できない。

現在、テレビカーはくずはモールにある「SANZEN HIROBA」にデジタル動態保存されている初代3000系(3505号車)や富山地方鉄道に譲渡された3000系のうち京阪特急色と鳩マークが復元された編成[注 47]にて見ることができる。

富山地鉄で復元されたテレビカー(ダブルデッカーエキスプレス)
(2013年12月)
くずはモール「SANZEN-HIROBA」に展示されている3505号車

ダブルデッカー[編集]

8000系ダブルデッカー車両の外観(旧塗装)

1995年の初代3000系の車体更新時に3600型中間付随車(旧車番は3608)を、自社の寝屋川車両工場で平屋車両から二階建て車両に改造。1995年12月25日に営業運転を開始した車両である。普通の平屋車両を二階建て車両に改造するのは珍しいケースであり、日本で唯一である。その後、自社製ダブルデッカー車の評判は良く「8000系編成にも」と要望があったため[37]、1997年にはダブルデッカーを新たに製造し8000系にも連結した。旧塗装でのダブルデッカーには時代祭絵巻のイラストが描かれていたが、8000系の新塗装への塗り替えと初代3000系引退によって消滅した。なお富山地方鉄道に譲渡された初代3000系のダブルデッカーには時代祭絵巻が当時のまま残され、車内もあまり改造されずに現在も「ダブルデッカーエキスプレス」[注 48]として運行されている。

富山地鉄「ダブルデッカーエキスプレス」(元3518-3018)
初代3000系完全引退後に譲渡されたダブルデッカー車両(富山地鉄サハ31)

プレミアムカー[編集]

プレミアムカーの外観

2015年9月30日、2017年上半期をめどに、有料の座席指定車両「京阪特急プレミアムカー(仮称)」を8000系特急に導入すると発表した。投資額は約16億円[38][39]

2016年9月1日、名称が「プレミアムカー」に正式決定したことを発表し[40]、車両の改造工事・組込み作業を経た上で、2017年8月20日のダイヤ改定より営業を開始した[41]

「プレミアムカー」改造工事開始に伴い、2016年9月24日から8000系5編成を7両で運用し、2017年2月25日から同年8月18日までは8000系全編成が7両となった。一連の改造工事・組込作業は、営業開始の前日である同年8月19日までに完了した[注 49]

プレミアムカーの車内
プレミアムカーの座席

8000系の6号車(京都側から6両目)を、大阪方の乗降扉を埋め込み[注 50]、京阪特急伝統の赤色を基調に、特別車両としての存在感をより際立たせる金色を扉周りに配置した外観、漆黒色と生成り色を基調とし、アクセントカラーに金色を配置した内装に改め、「鳩」に三つ星を加えたエンブレムを車内外にちりばめた、有料座席指定特別車両「プレミアムカー」とした。

エントランス部にガラス仕切りが設置され、落ち着いた空間となった車内には、枯山水をイメージしたカーペットが敷かれ、大型ヘッドレスト・ヘッドカバーを備えた「プレミアムカー」オリジナル仕様の回転式リクライニングシートが2+1列で配置される。全席電源コンセント(許容電流2A)を完備し、一部の席を除き大型テーブルが使用可能となっている[注 51]。観光案内などのきめ細かなサービスを行う専属のアテンダントが乗務しており、無料で携帯電話(スマートフォン)用充電器やブランケットの貸し出しを受けることができる。

天井付近には微粒子イオン発生器「ナノイーX」[42]を、足下にはフットライトを備えるほか、無料Wi-Fiサービス「KEIHAN FREE Wi-Fi」が利用可能となっている。京都方の区画には大きな荷物に対応するラゲッジスペースが設けられているが、トイレは設置されていない。

座面幅は460mm(現行430mm)、座席幅は600mm(1人あたり)、背もたれの高さは770mm(現行640mm)、座席間隔は1,020mm(現行920mm)で、リクライニング角度は最大20度である。座席定員は40名となる。

利用料金は種別に関わらず同一で、大阪市内(淀屋橋・北浜・天満橋・京橋)- 京都市内(中書島・丹波橋・七条・祇園四条・三条・出町柳)間の発着が500円、それ以外(同一市内のみ、枚方市内〈枚方市・樟葉〉)発着が400円である。これに加え、急行が設定されていた2018年9月までは守口市 - 伏見稲荷および寝屋川市 - 三条が500円、それよりも短い区間や香里園・枚方公園・八幡市発着が400円であった。

乗車に必要となる「プレミアムカー券」は、会員制インターネット予約専用サイト「プレミアムカークラブ」または「プレミアムカー券/ライナー券うりば」(特急停車駅の案内所・窓口など)にて、乗車14日前の午前10時から列車出発時刻の3分前(ネット予約は1分前)まで購入可能である。プレミアムカーの営業は原則、快速特急・特急・ライナーのみとなる[注 52]。駅のきっぷうりばやホーム上に、指定席自動券売機は設置されていない。プレミアムカーの乗車口付近には、空席状況の案内モニターが設置されており、空席がある場合にはプレミアムカー券は車内でも購入できるが[43]、専用サイトでは案内されていない。

ダイヤ乱れなどでプレミアムカーを連結しない編成での代走となった場合、プレミアムカー券は発売中止となる。プレミアムサービスが中止となった場合や、プレミアムカーを連結しない列車がプレミアムカー連結編成での運行となった場合、プレミアムカーは締切扱いとなる。

プレミアムカー車内は種別を問わず座席指定である性質上、優先座席は設定されていない。また、エントランスと客室が完全に分離された構造になっていないため、この車両に限り携帯電話の使用ルールは「マナーモードに設定、通話は自粛(混雑時電源オフのルールは非適用)」に統一されている。

今後の予定

2018年7月9日、プレミアムカーを3000系にも拡大予定であると一部マスコミが報道[44]。 同年11月8日、京阪は3000系にプレミアムカーを新造のうえ導入することを正式発表した[45]。特急専用車両以外への導入は初となる。

特急運用兼用車両[編集]

以下の車両は、特急運用(優等列車運用)を考慮した車内設備などを持つ。登場時の9000系と2代目3000系は8000系特急車を補完する役割を担う[46]

  • 2代目1000系1937年 - 1970年
    • 戦後の京阪特急運転開始時は同系列が専用車として充当された(運転開始時には1700系はまだ登場していなかった)。戦前製の流線形ロマンスカー[注 53]
  • 1300系1948年 - 1983年)
    • 本来は通勤車であるが、3両が1700系の増結用に特急車となった。塗装は京阪特急色に変更されたが、車内はロングシートのままであった。
  • 9000系1997年 - )〈優等列車としての設備は旧塗装時代まで。汎用車両の項も参照〉
    • 1997年3月22日のダイヤ改正で京阪特急初の8両編成として登場した、7200系ベースのセミクロスシート(2人掛け固定クロスシート)車で、パステルブルー(水色)の帯が目印であった。
    • 2003年9月6日のダイヤ改正からは10分ヘッドとなった日中(一部夜間)の特急の定期運用も担っていた。検査入場時は6000系などのロングシート通勤車8両編成が代走していた。
    • 2008年10月19日のダイヤ改定からは、登場時を彷彿させる、平日ラッシュ時に特急となる特定運用のほか、新種別の深夜急行にも優先投入された。
    • 本系列の進化系といえる3000系(2代)の登場に伴い、「セミクロスシートの3扉車」の地位を譲り渡し、新塗装化と共にロングシート化改造[47]が実施された。
    • 2015年より2017年にかけて、第1~第4編成が7両に減車となったが、2016年3月のダイヤ改定で設定された7両編成の快速急行・通勤快急に運用されるようになった。8両で残る第5編成は従来通り特急運用にも入る。[48]
  • 2代目3000系2008年 - )
    • 初代3000系特急車の形式を受け継ぎ、転換クロスシートを備える「特急クラスの空間デザイン」がなされた3扉車として製造され、中之島線直通快速急行用として登場。日中の快速急行が廃止された2011年5月28日のダイヤ改定以降は、特急運用が中心となる。3000系の中之島線入線や快速急行・通勤快急での運用は大幅に減少している[注 54]
    • 2017年2月25日のダイヤ改定からは、上記の特急専用車である8000系0番台に変わって、快速特急「洛楽」にも運用されるようになり、2018年からは正月ダイヤの快速特急にも進出した。2019年9月現在、快速特急「洛楽」のうち平日の2往復、土曜・休日の臨時列車と、正月の4往復に使用されている。
    • 2017年8月から順次、先頭車の前面に液晶ディスプレイと「洛楽」運用時に点灯する装飾灯を設置し、9月中旬より鳩マークや「洛楽」のアニメーション表示が開始された。これに伴って車番やCIロゴが左右に移動している[49][50][51][52]
    • 8000系に続いて、本系列にも2020年を目処にプレミアムカーを新造の上連結する予定となっている。

臨時特急使用車両[編集]

以下の車両は京阪が公式に臨時特急使用車両として形式を指定していた時期もあった。ただし、車両運用の都合によりこれ以外の車両形式が充当される場合もあった。( )は臨時特急で使用された期間。 なお、1700系・1800系・1900系はこの時点で既に特急専用車の座を後継系列に譲っており一般車化がされている。

  • 1700系1800系1963年 - 1966年
  • 2200系(1966年 - 1971年。ただし、2000系が充当されることも多々あった)[注 55]
  • 1900系(1971年 - 1983年。2200系・2400系[注 56]も冷房が必要な時期を中心にしばしば使用された)
  • 6000系(1983年 - 1993年
  • 7000系(1993年 - 1995年
    • 1995年6月19日のダイヤ改正より7連車両各形式(5000系を除く[注 57])に、1998年4月28日の特急全列車8連化により8連車両全形式に変更。
    • 2200系は2000年から2002年まで8両編成で定期の特急運用に就いた実績もある(下記参照)。

現在は8両編成である3000系・一般8連車(6000系全編成と9000系9005F[53])の運用が基本であるほか、2017年3月から一般7連車での運用が復活し、13000系20番台が使用される[54]。8000系は2017年8月のプレミアムカー導入以降まったく使用されていない。

鳩マーク・愛称板[編集]

鳩マーク[編集]

原型(デビュー当時)の初代3000系1次車。真ん中の貫通扉に付いているシンボルマークが「鳩マーク」
初代3000系更新車。鳩マークはアクリル板となり”取り外し”が可能となった
  • をデザインした京阪特急のシンボルマーク(以下、鳩マーク)は公募で選出されたデザインによるもので、沿線にある石清水八幡宮で鳩が神勅の使いとされていることなどがその由来とされる。
  • 「鳩マーク」は”京阪特急の象徴”であるが、京阪特急専用車両にのみ掲出しているわけではなく、これに準ずる車両で運行される場合についても掲出される。現在では特急・一般兼用車両の2代目3000系でも掲出されており、以前までは2200系などにも掲出されていた。鳩マークを掲出する事で特急列車だと容易に認知できる。2代目3000系の鳩マーク掲出もこの為である。
    • 1900系までは金属製の板で貫通扉に取り付けられた金具に吊り下げて使用していた。通勤用車両も臨時特急の運用に就く可能性があったため、5000系(第4編成まで)以前の主な車両の貫通扉にこの金具が装備されていたが、2代目600系の630型〈旧1650型〉などに例外もあった。
    • 前述のとおり専用車では1700系から1900系までは貫通扉に装備されていた金具に鳩マークを吊り下げる方式だったが、初代3000系では電照式の貫通扉への内蔵型となり、特急運行以外は車体塗装と同じ色で塗り分けられていた鉄板を鳩マークに被せていた(つまり鳩マークを隠していた)。後継の8000系でも「鳩マークの内蔵」という点は受け継がれているが、一方で方向幕と同様の電幕式となった。また、初代3000系更新車の鳩マークはアクリル板に変更され貫通扉へ新設された種別行き先方向幕の上に車内内側から被せる(差し込む)ようになり、偶然にも1900系までの専用車と同じく取り外し式となった。初代3000系クラシックタイプ(原型復刻)は鳩マークの形は更新前と同じ形となったが、特急運用以外は取り外し既存の種別行き先方向幕を使用していた。なお、車体塗装に塗り分けられていた鉄板も引退を前に再現され臨時列車運行後の回送時に使用されていた。
    • 近年は通勤用車両(セミクロスシート時代の9000系を含む)が特急運用に入る場合は種別幕のみで、鳩マークは表示されない。ただし、更新後の2200系でのダイヤ乱れ時の代走の際(の影響によるもの)に標識板ステーに鳩マークを1度のみ掲出したことがある[注 58]
    • 歴代特急車は快速特急(かつてのK特急を含む)または特急運用時は鳩マークを掲出する。現在、鳩マークは8000系、一般車の2代目3000系での特急と8000系で運用する快速特急の場合のみに掲出し、3000系での運用の快速特急では満月と雲とをモチーフとした洛楽マークを掲出するが、通勤快急以下の列車種別およびライナーでは全形式とも掲出をしない[55]

愛称板[編集]

種別、イベント[56]などを表し、車両前面に掲出されるヘッドマークだが、愛称が付与された特定の種別(本項の場合、快速特急・特急)に掲出される愛称のヘッドマークは本項では以下「愛称板」と表記する。

快速特急[編集]

洛楽
2012年の愛称名公募で「洛楽」(らくらく)の愛称が快速特急に付けられた。以後、快速特急「洛楽」運用に就く特急車である(8000系0番台・初代3000系[注 59])と一般車[注 60](2代目3000系[注 61]6000系。まれに6000系と共通運用の9000系9005F)には、洛楽と描かれた愛称板が掲出されて運行している。2014年の正月ダイヤでの快速特急は「洛楽初詣」と描かれた愛称板が使用されていた[57]。ただし2015年からの正月ダイヤは”洛楽初詣”の愛称板は使用されず、洛楽の愛称と共にその年の干支の絵が描かれている。2018年正月ダイヤではそれらに加え、8000系に使用される快速特急には8000系の絵が、3000系(2代)に使用される快速特急には3000系の絵が描かれていた[58]。また、京阪系列叡山電車の観光列車「ひえい」などと連絡する快速特急には「ひえい連絡 洛楽」など”〇〇連絡”と書かれている。臨時洛楽の場合は愛称板に代わり、臨時の洛楽を表す「臨 洛楽」の表示板を装着する。
その他の臨時快速特急
2009年、2011年にそれぞれ臨時快速特急が運行された。いずれも専用車8000系(新塗装車)が充当された。なお以上の臨時快特にはそれぞれ愛称が付けられ「洛楽」と同じように愛称板も作製されたが、臨時列車であるため、それに加え臨時列車を表す「臨」の表示板も掲出された。

過去に使用された臨時快速特急愛称は以下の通りである。

  • 光のルネサンス号
  • わかばExpress
    • 元々は後述の臨時特急の愛称だったが快速特急に格上げの形で運行。

臨時特急[編集]

中之島行き臨時特急「もみじExpress」(三条駅)
過去には行楽期に特急車の8000系、初代3000系や一般車9000系や2代目3000系を使った臨時特急があり、洛楽と同じく愛称が付けられ愛称板が作成されていた。

過去に使用された臨時特急愛称は以下の通りである。

  • さくらExpress
  • わかばExpress
  • もみじExpress

特急運用上の特色[編集]

  • 1981年頃[59]以降、1997年までは特急車は定期ダイヤでは特急以外の列車に使用されることはなく、車両基地への出入庫はすべて回送列車で行っていた。ただし、競馬開催時や夏季の祭事時、正月などの臨時列車で急行以下の列車に使用されることはあった。1991年に2400系が改造により正面行先表示器を設置してから、1995年に当時の初代3000系(後の8000系30番台)がダブルデッカー車組み込み改造を行うまでの間は、3000系が臨時列車で特急以外の運用につく時が、京阪線系統の営業列車で唯一方向板を使用する機会であった。なお、2018年9月改定ダイヤ以降はプレミアムカーの専属アテンダントの拠点が京橋駅であることから、再び車両基地への出入庫はすべて回送列車に戻している。
  • 2000年以降、通勤車運用による特急が特急車運用の急行以下の列車を追い抜くという光景が見られたこともあった。
  • ダイヤが乱れた場合、定期運用で使用しない車両が特急運用の代走となることや、逆に3000系や一般8両編成車両での運用に8000系を充当することがまれにあるが、この場合はプレミアムカーは締切扱いとなり、6号車への乗車ができなくなる(8000系を指定の列車以外での列車種別に代走で使用する場合も同様)。同様に運転整理の関係で途中の駅発着(運転打ち切り)となる場合もある。
  • 2017年2月25日のダイヤ改定までは、始発・終着駅(淀屋橋・中之島・出町柳)でのドア扱いにおいては独特の手順を践んで行われていた。具体的には、一部の列車を除き終着駅に到着する際に、まず乗車目標位置のない手前の停止位置に列車を停止させてからドア扱いを行う。この時、乗客がすべて降車したことを乗務員と駅係員が確認し、一旦ドアを閉めてから車内整理(転換クロスシートの方向転換および補助椅子の施錠)を行った後、乗車目標位置に対応する停止位置へ列車を数メートル移動させてから再度ドアを開けて乗客を乗せていた(ラッシュ時を中心に淀屋橋駅ではロングシート車運用の特急や準急でも同じことが行われることがある。これは利用客への整列乗車の促進が目的である)。淀屋橋駅や中之島駅、出町柳駅では、このようなドア扱いをする列車が到着する直前に「降りる方が済みますと、扉を閉め、車内整理の後、今お並びの乗車位置に入れ替えしますので、そのままお待ち下さい。」という駅構内放送が自動音声で流れることがあった。この車内整理の扱いは、快速急行でも同様に行っていた(転換クロスシートの自動転換を行うため)。なお、折り返し時間に余裕がないときは、車内整理を省略する場合がある。また、車庫や引上線などから回送された列車の場合は、車内整理は行われない。2017年2月25日のダイヤ改定をもって、始発・終着駅における車内整理の方法が変更され、いったん手前の停止位置に止めて乗客を降ろしてから再度正規の停止位置に移動する手順が廃止となり、到着時は当初から正規の停止位置(ホーム上の乗車目標のある位置)に停車し、降車・車内整理の後に再度扉が開くという手順となった[60]
  • 鴨東線開業以降、1990年代半ばまでは「エレガン都エクスプレス」というキャッチコピーで宣伝が行われていたが、通勤客対応で停車駅を増やしてからは使われていない。なお8000系の塗色更新車には「ELEGANT SALOON」というフレーズが車体に描かれている。
  • 長らく特急は臨時列車であっても大阪側は淀屋橋発着を原則としていた。祇園祭五山送り火平日夕方ラッシュ時に臨時特急を運転する時は、運転時刻が接近する区間急行や普通を淀屋橋発着から天満橋発着に変更したり、臨時特急自体を天満橋駅発とすることもあった。しかし、1998年5月に初めて京橋始発の臨時特急が試行的に運転され、1999年まで運転された。2000年正月以降の臨時特急は淀屋橋発着に戻した後、同年7月1日のダイヤ改正より平日夕方に運転される祇園祭および大文字五山送り火の臨時特急のみ天満橋発となった後、2003年以降中之島線開業までの臨時特急は天満橋発着が多かった。同線開業後2011年までは、臨時特急は中之島発着となっていたが、2011年5月28日のダイヤ改定より再度淀屋橋発着に戻した。なお、中之島線開業後は枚方市始発臨時特急出町柳行きの運用例もある。
  • 2005年10月23日には競馬客対応のため特急淀屋橋行き4本が急遽、淀駅に臨時停車。2009年5月3日にも競馬客対応のため特急の淀駅臨時停車を実施した[61]
  • 中之島線の開業後、競馬開催時に特急の停車駅ではない淀駅始発の臨時特急淀屋橋行きが運転される場合がある[62](2011年5月28日ダイヤ改定までは通常の枚方市駅始発特急の延長運転によるものであり、それ以降は全区間臨時列車として設定)。
  • ノンストップ時代には、京橋駅 - 七条駅間無停車であったことから、上り・下りとも一定区間に達したところで、おおよその残り時間を見きわめつつ「ご案内いたします。京橋(七条)には、ただいまから約30分で到着いたします。」とアナウンスされていたが、中書島・丹波橋の両駅に終日停車するようになってからはそれがなくなった(ただし「ご案内いたします。ただいまから補助椅子がご使用になれますので、ご利用ください。」(8000系のみ)と「ただいまから車掌が車内にまいります。ご用の方はお申し出下さい。」は継続)。
  • 同様に、特急のノンストップ時代においては、特急が停車する各駅での案内が下記のように行われていた。当時は現在と異なり、停車駅の案内には終着駅を含んでいなかった。2016年3月19日のダイヤ改正で快速特急(洛楽)の設定により下記放送がホーム上、列車内で行われている(終着駅含む)。
    • 大阪市内の各駅(淀屋橋駅 - 京橋駅間)ではこう放送された。
      • (例:淀屋橋駅の場合)「途中の停車駅は、北浜・天満橋・京橋と、京都の七条・四条(現在の祇園四条)・三条です。」
    • 京都市内の停車駅(出町柳・三条・四条・七条の各駅)ではこう放送された。
      • (例:出町柳駅の場合)「途中の停車駅は、三条・四条・七条と、大阪の京橋・天満橋・北浜です。」
        • 放送の出典は京阪電気鉄道が以前発売していたCD「旧3000系特急車引退記念 大伴英嗣氏懐かしのアナウンスCD」である(同CDには昭和50年代の放送と鴨東線開業当時の放送の2種類が収録されている)。
  • 昼間時のみひらかたパークで催し物が行われている場合(夏期のプールも含む)、枚方公園駅付近を通過した際に車内CMが車掌の肉声および自動放送によって行われる(特急のみ。快速特急・通勤快急・快速急行では実施されていない)。

副標識[編集]

京阪では京津線直通の「びわこ号」、交野線から直通のK特急「おりひめ」を除いて本線特急に個別の愛称を設定したことはない。ただしノンストップ時代には、ダイヤ上江若鉄道1969年廃止)や琵琶湖汽船への乗り継ぎに便利(浜大津駅大津港)でそれぞれの便と連絡する京津線準急(1971年8月以前には急行)と三条で接続)な上り(京都方面)列車に以下のような副標識を掲示して運行したことがある。

  • 「比良」(江若鉄道連絡)
    • 夏山シーズンに淀屋橋7時40分発の列車に掲示[63]
  • 「びわこ連絡」「ミシガン(ショウボートまたはナイト)」「ビアンカ」(琵琶湖汽船連絡)
    • 「びわこ連絡」(1989年まで)「ビアンカ」(1990年以降)は琵琶湖開きから11月までの期間に淀屋橋9時発、「ショウボート」は同じ期間に淀屋橋17時発の列車に掲示[63][64][65]

また、夏の水泳シーズンに三条駅から琵琶湖畔の近江舞子に向かう江若鉄道の臨時列車および専用バスに接続する便には「まいこ」、比叡山ドライブウェイ納涼バスに連絡する便には「ひえい」の副標識が掲示された(「まいこ」の副標識には同じ図柄で一部の色が異なる2種類が存在した)[66]

「比良」は江若鉄道の廃止後もその代替交通となった江若交通バスへの連絡便に掲示されたが、1974年7月の国鉄湖西線開通に伴い掲示を終了。琵琶湖汽船連絡の副標識も1997年京都市営地下鉄東西線の開通に伴い、京津線と京阪本線との接続が断ち切られたことで掲示は行われなくなった(「まいこ」の終了時期は不明確)。

2003年から1年間、京阪本線の淀屋橋延長40周年を記念して1900系1編成の特別塗装(特急色への塗り替え)が実施された際には、2004年にファイナルイベントとしてこれらの副標識を掲示し、7年ぶりの「復活運行」となった。また、2008年12月20日に1900系が「ラストラン」を行った際にも、特急色に復元された1929編成が「びわこ連絡」の副標識をつけて「リバイバルびわこ号」、一般色の1919編成が「比良」の副標識をつけた「リバイバル比良号」として運行された。

旧3000系による復活「びわこ連絡」特急

初代3000系の引退に伴う関連イベントとして、「びわこ連絡」、「ミシガン」が当時と同じく職人の手書きによって製作され掲出された。

上記以外にも沿線の特急停車駅付近で催事のある際にはそれにちなんだ副標識が付けられたことがある。特急では1960年代後半ごろまで「ルーブル号」などの副標識を付けていたが、後に廃止された。しかしその後催事関連の副標識は2008年に3000系を使用する列車で再開され、これまでに「水都大阪2009」、「ルーブル美術館展」や「長谷川等伯展」の副標識が掲出された。

現在 [編集]

近年では、休日の快速特急・特急・急行の一部に、「鞍馬貴船連絡」、「大原連絡」といった副標識が掲出されている。

京阪特急に関する楽曲[編集]

発車メロディ[編集]

  • 1971年8月15日改正より特急専用の発車メロディが始発駅(三条駅→鴨東線開業後は出町柳駅・淀屋橋駅)にて導入されている(それ以外の種別にも別のメロディが現在のものに更新されるまで使用されていた)。導入以前は始発駅を毎時0分発に限りNHKの時報を発車ベル代わりに使用していた。
  • 1995年12月25日よりこれまで使用していたフィガロの結婚から牛若丸をベースにした曲に変更された。ただし、駅放送の声優更新に伴い、音質が向上した同じメロディーとなった。
  • 2007年6月17日より向谷実作曲による新しい発車メロディが導入された(ただし、快速特急用メロディは2017年8月3日から)。快速特急用は出町柳駅三条駅京橋駅天満橋駅淀屋橋駅の各駅に、特急用は前述の駅と丹波橋駅中書島駅樟葉駅枚方市駅に導入され[注 62]、かつては、京橋駅の上りK特急・快速特急の発車時は「朝靄の京橋で乗り換え」を、出町柳駅の下りK特急・快速特急の発車時は「出町柳から」をアレンジしたものを、それ以外の駅では特急用メロディを使用していた。
  • 2008年10月19日のダイヤ改正で登場した快速急行・通勤快急の発車メロディは、特急用ではなく一般列車用のものを使用している。
    • かつてK特急が運転されていたころ、私市駅では普通列車とは違うメロディを使用していたが、上記のダイヤ改正によってK特急の廃止とともに役目を終えた[注 63]
  • 淀駅では京都競馬場の多客時に始発の臨時特急が運転されるが、この時の発車メロディはフィガロの結婚を使用している。

車内チャイム・ジングル・自動放送[編集]

  • 2000年7月1日のダイヤ改正(特急の中書島・丹波橋終日停車化)の際に、オルゴールの車内チャイムを導入した。自動放送が入る前にチャイムが鳴っていた。ただし、チャイムがなるのは自動放送装置を備えた8000系と初代3000系(後の8000系30番台8531F)のみ。
  • 2003年9月6日のダイヤ改正の際に、停車駅増加による放送装置ROM容量の増加と、自動放送装置を持たない9000系や一般車の特急運用増加によって、到着前の開扉方向の案内をのぞいて特急の自動放送がいったん中止され、車内放送のチャイムもいったん廃止された。
  • 2008年10月の中之島線開業に合わせて特急と快速急行で自動放送が再び導入され、放送前に向谷実作曲のジングルが鳴るようになった。ジングルは始発駅発車前・主要駅発車後・主要駅到着前で曲が異なり、曲調は発車メロディに合わせて上りが琴、下りが都会的な曲になっている。発車メロディとは異なり、特急と快速急行で同じ曲を使用する。上りは淀屋橋発車前・京橋発車後・枚方市到着前・中書島到着前・七条到着前・出町柳到着前に流れる。下りは、出町柳発車前・七条発車後・中書島発車後・枚方市到着前・京橋到着前に流れる。なお、ジングルは自動放送装置を備えた8000系(30番台も含む)と3000系、および13000系と6000系の更新車のみで使用される。この自動放送は、快速急行の淀への臨時停車にも機械を操作することで対応している。4両編成の10000系(7両編成車はワンマン運転設備撤去時に同時に撤去)にも自動放送装置自体は設置されているものの、当時は同系の装置にはワンマン運転を実施する交野線および宇治線内の駅しか収録されていないため、快速急行・通勤快急運用では自動放送装置による放送は行っていなかった。
  • 自動放送はその後、2018年よりタブレットによる簡易型の装置が導入され、2018年度内に全面的に使用を開始した。これにより本格的な自動放送装置を搭載していない8000系、3000系、13000系20番台と6000系の更新車や、4ヶ国語化対応時まではワンマン運転を実施する交野線および宇治線内の駅しか収録されていなかった10000系4両編成車以外の形式でも、簡易型の自動放送を使用することでジングルや4ヶ国語放送を流せるようになり、同時に深夜急行以下の列車種別での自動放送を簡易型の装置で開始した(車両設置の本格的な自動放送装置は、0番台の代走で4両編成に組成する際にワンマン運転を実施する、交野線および宇治線内の駅も併せて収録した13000系の20番台を除き、4ヶ国語化対応時までは快速急行以上のみを収録したものであったが、2017年より8000系に限りライナーにも対応するようにバージョンアップされている)。これとは別に、13000系0番台と10000系4両編成車の自動放送装置についても4ヶ国語に対応したものにバージョンアップされ、収録内容も13000系20番台車と同じくワンマン運転を実施する交野線および宇治線内の駅にプラスして本線の快速急行以上の停車駅にも対応する放送内容を収録したものに拡大された[注 64]が、これとは別に、2018年に簡易型の装置の対応がワンマン運転設備と自動放送装置を撤去した10000系の7両編成車を含めて施行された[67]

看板[編集]

祇園四条駅すぐ上のビルに掲出されている広告看板。
  • 祇園四条駅など一部の主要駅には「京阪特急」の広告看板が掲出されている。また、京橋駅や天満橋駅でも同様の看板が見られる。

参考文献・関連書籍[編集]

  • 沖中忠順(編著)『京阪特急』JTBパブリッシング <JTBキャンブックス>、2007年2月28日発売 ISBN 9784533066504
  • 清水祥史『京阪電車』JTBパブリッシング <JTBキャンブックス>、2017年
  • 『京阪時刻表』1980年以降発行分各号 京阪電気鉄道
  • 『鉄道ピクトリアル』2000年12月臨時増刊号、2009年8月臨時増刊号 電気車研究会
  • 『京阪特急 駅配布パンフレット』2011年秋発行 京阪電気鉄道
  • 『京阪神からの旅行に便利な交通公社の時刻表』1957年以降発行分各号(1987年頃に廃刊)、日本交通公社関西支社

関連項目[編集]

  • 大伴英嗣 - 車内自動放送アナウンスを長年にわたって務めた声優。2012年9月に発売された初代3000系惜別DVDのナレーションも担当。
  • 船渓真弓 - 現在の車内自動放送アナウンスを務めている声優。上記の大伴が代表を務める芸能事務所に属する[68]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在は廃止のK特急(2003年-2008年)を含む。
  2. ^ 後述の1700系、初代1800系、1810系、1900系、初代3000系、8000系
  3. ^ 通勤快急については、これが正式種別名であり、「通勤快速急行」とは称さない。京阪では快速急行・通勤快急は「特急に準ずる列車」という位置付けであり、特急用乗車位置(足下△印)への停車や標識灯の両側点灯など共通点が多い。
  4. ^ 2009年9月12日改正での直通最終列車は京都寄りが出町柳23時25分発の急行淀屋橋行き、大阪寄りが淀屋橋23時40分発の特急三条行き。
  5. ^ 1963年の淀屋橋開業時は、最終電車は淀屋橋1:30発(普通守口行)、三条1:25発(普通深草行)であり、終着駅到着は1時40 - 50分頃であったが、数年間のうちに短縮されていき、1968年頃には双方とも0:45発、1970年頃には双方とも0:40発となっていた。
  6. ^ 特急」文字の下に青字で「LTD.EXPRESS」の文字が追加されたもの。
  7. ^ これにより2本以上入場した際の一般車の代走は原則的になくなった。
  8. ^ 鴨東線開業に合わせて特急を7両編成に統一したことや、叡山電鉄との連絡改善による特急の利用客増加でラッシュ時に淀屋橋行き特急を1本増発したことにより生じた余裕を、沿線人口の増加を見越して中書島停車に充てた。
  9. ^ ただし後年登場した交野線私市発のK特急「おりひめ」を除く。
  10. ^ 2002年10月に撤退
  11. ^ 2016年12月に撤退
  12. ^ それ以前では1100形・1500形および1300系はオールロングシートであり、1800系にもオールロングシートの編成があったが、車両運用上、止むを得ない場合を除き特急ではオールロングシート編成を使用しなかった。またそれ以外の1700系、1800系、1810系、1900系も車内に部分的にロングシートのある車両であった(1900系の付随車を除く)。
  13. ^ 6014編成を除く6000系と2200系8連車には、女性専用車が設定されず、この日から同時間帯の特急運用から外れる。ただし2003年9月改定でロングシート車両の特急が大幅に増加し、6000系全編成に女性専用車が設定され、特急運用が復活する。
  14. ^ NEKO MOOK「鉄道車輌ガイドVOL.17 京阪大津線の小型車たち」(ネコ・パブリッシング 2014年)およびJTBパブリッシング「京阪電車」に260形の臨時特急の写真が掲載されている[2]
  15. ^ JTBパブリッシング「京阪電車」に80形の臨時特急の写真が掲載されている[2]
  16. ^ 着席整理券・座席指定券ともに追加料金は不要であった。
  17. ^ 淀屋橋地下延長線開通後は途中、北浜・天満橋・京橋に停車。
  18. ^ 1900系ラストランでの「臨」「びわこ連絡」標識・原型風装飾や、初代3000系引退イベントでの座席番号板復刻と「号車・座席番号付きの着席整理券」進呈は、この臨時「びわこ島めぐり船連絡特急びわこ号」へのオマージュであった。
  19. ^ 「K」は「京都 - 大阪」の意味である。公式発表では新種別とされたが、実際には種別名の変更である。新ダイヤ平日初日となる9月8日から、いわゆる通勤特急として運転を開始する。
  20. ^ ただし運転間隔は従来の15分間隔から10分間隔となったことで、待ち時間を加味した実効的な所要時間増は差し引き2分に留まる。
  21. ^ 阪急京都線では2001年にほぼ同様のダイヤ改正が行われた。
  22. ^ 当時のダイヤ改正を周知するテレビCMでは回転する時計の針の上を、10分毎にすべて8000系特急が滑りこむという演出がされていた。しかし実際は8000系の車両本数が足りず9000系での運用を交えることが当初から予定されていた。
  23. ^ 交野線直通のため5両編成で、原則2600系での運転であるが、まれに1900系でも運転。下記「おりひめ」の特記事項も参照。
  24. ^ 京阪特急の伝統色である黄色と赤を残しながら上下を反転させた。
  25. ^ 淀屋橋23:53発上り最終特急樟葉行きは枚方市で交野線最終に、出町柳23:58発下り最終特急枚方市行きは中書島で宇治線最終に連絡。
  26. ^ 枚方市発着の特急(一部は淀屋橋発樟葉行き)は原則的にロングシート車で運転。ただし平日下り最終と土曜・休日ダイヤにおいては9000系が優先的に運用される。
  27. ^ このダイヤ改定では、中之島直通の快速急行を設定しながらも、淀屋橋から京都方面への利便性は乗り換えの手間を除けば従来どおり維持されていると同時に、守口市駅・寝屋川市駅・香里園駅から樟葉駅以東の京都方面行き特急停車駅相互間のアクセスが大幅に改善された。なお、枚方市駅 - 出町柳駅間は特急・快速急行とも全く同じ停車駅であるが、土・休日ダイヤにおいては、特急は乗降に時間がかかる2扉車で運転されるため一部の駅で乗降時間を快速急行よりもわずかに長く取っており、逆に3扉車で運転される快速急行は乗降時間が特急より短く設定されている代わりに、競馬開催時の淀駅臨時停車に備えて樟葉駅 - 中書島駅間の運転余裕時分を特急より長めに取っていた。このため、特急と快速急行を合わせた途中停車駅での運転間隔は9 - 11分とわずかにずれたダイヤが組まれていた。
  28. ^ 平日10 - 16時台(出町柳発10時の特急のみ一般用3ドア車両で運転)、土曜・休日9 - 19時台に始発駅を発車する列車を指す。なお、2009年9月12日のダイヤ改定では運用差し替えの都合上、平日淀屋橋発15時50分、16時50分の特急も一般用車両での運転となり、この原則が若干崩れる。
  29. ^ 土曜・休日の全線通しの3扉車特急は、出町柳駅での滞泊後翌朝の急行で折り返す関係上、ロングシート車で運転の淀屋橋23時40分発特急を除き、3000系で運転。
  30. ^ 平日ダイヤにおいてロングシート一般車で運転される特急は、区間運転が主流ではあるものの、2008年10月18日以前の10本[9000系限定運用を除く]から57本(朝および夕方以降25本、日中の枚方市折り返し便が32本)[9000系を含む一般8両編成車]へと激増した。
  31. ^ ヘッドマークデザインも変更される。2600系5両編成で運転。2009年5月改定から2011年5月改定までは「ひこぼし」最終便のみ10000系4両編成で運転。10000系のK特急・臨時特急・臨時快速急行運用については、#「おりひめ」の特記事項や、京阪10000系電車#臨時列車等も参照。
  32. ^ 三条止まりの快速急行は樟葉で快速特急を待避するため、中書島以北への先着列車とはならなかったが、三条到着は快速特急の1分後で、出町柳へは先行の準急と接続する。
  33. ^ この特急の設定は、同改定での平日のみ21時台の快速急行の運用を一般車8両編成に変更した関係による3000系と運用の持ち替え実施に伴うものである。
  34. ^ 始発駅を 9:00 - 15:50に出発する特急の車内で販売。淀屋橋駅 - 枚方市駅間運転の特急でも販売されていた。
  35. ^ 厳密には途中で編成の差し替えがあるので実際の運用編成本数は13本を越えている。内訳は平日日中及び土休日の全日:8000系8本および3000系5本。平日夕方以降は原則8000系7本・3000系4本・一般8両編成車2本。ただし土休日の出町柳発8時台の1本と淀屋橋発最終は一般8両編成車
  36. ^ この改定では、快速特急運転時間帯の快速急行について、競馬開催日と場外馬券発売日は上り全列車と下り3列車を淀駅に臨時停車とした。また、快速急行と通勤快急に7両編成で運転される列車を設定した。なお、このダイヤ改定では快速急行が初めて途中駅を始発とする列車として平日は2本設定された(平日の樟葉8:38発(淀屋橋行き)と枚方市8:56発(中之島行き))。土曜・休日は、朝に運転の大阪方面行き快速急行が出町柳駅始発から樟葉駅始発に変更となった上で、6本設定された(出町柳駅 - 樟葉駅間は特急に振替して対処)
  37. ^ 快速特急「洛楽」では8000系のみに鳩マークが掲出される。新3000系では鳩マークの代わりに満月と雲をモチーフとしたヘッドマークがLCD表示器に掲出され、代走で使用される6000系などでは鳩マークは掲出されない。
  38. ^ ただし予約サイトにおいては、優先座席の区画は座席指定の対象外とされており、座席位置の選択が不可能である。
  39. ^ 2017年8月21日より設定された「ライナー」には設定時より運用車両は8000系が使用されている。
  40. ^ 後述の富山地方鉄道では2019年平成31年/令和元年)現在も譲渡された車両は全て運行中である。
  41. ^ 先述の1810系は廃車ではなく1900系への編入によって形式消滅のため除く。
  42. ^ 初代3000系も2013年3月31日に引退するまで快速特急の運用に就いていた。
  43. ^ 6000系の設計当時、車両担当の役員だった宮下稔(後に社長)は「3000系特急車の時には果たせなかったので、今度の6000系車両ではぜひブルーリボン賞かローレル賞を取りたい」と当時の青木精太郎社長に述べたと回想している(出典:京阪電気鉄度総務部(編集・発行)『青木精太郎さんの思い出』1992年、p.159 - 160)
  44. ^ 阪神5700系が2016年にブルーリボン賞を受賞したことで、関西大手私鉄でブルーリボン賞を受賞していないのは、京阪だけとなった。
  45. ^ 競合する阪急京都線の特急でも同様の施策を長年続けていたが、不況の影響などにより現在は車内広告を導入している。
  46. ^ 8000系は1編成に中間付随車1両のみの設置となるとともに、着色のないステンレスの切り抜き文字に変更された。
  47. ^ 「ダブルデッカーエキスプレス」
  48. ^ 前述のとおり京阪時代は無料だったが、富山地鉄では座席指定の有料車両となっている。
  49. ^ 8月18日より順次「プレミアムカー」の組込みを開始し、同日は特急1運用を13000系7両編成が代走した。 19日(営業開始前日)の8000系特急は、午前中の1運用5列車のみであった。3000系と一般車(8両・7両)による代走が行われ、午後からは「特急専用車による京阪特急」が全く走らないという珍事であったが、翌日からの運行に備えた臨時回送列車でその姿が見られた。
  50. ^ 京阪での1扉車の導入は初めてとなる。
  51. ^ 一部の席では背面テーブルもしくはインアームテーブルの使用が可能である。
  52. ^ 当初は、平日早朝および土休日の朝・夜に8000系で運転の急行でもプレミアムカーの営業を行っていた。ただし、駅ホームの空席案内モニターには表示されていなかった。また、急行停車駅でのプレミアムカー券の発売は行われなかった。
  53. ^ 「ロマンスカー」の元祖は、京阪が1927年に製造した日本初の本格的転換クロスシート車である1550型である。2人掛けの座席を意味するロマンスシートにちなんで命名された。ただし、現在「ロマンスカー」は小田急電鉄株式会社の登録商標(第3321840号)となっている。
  54. ^ 2016年9月24日の運用修正から5か月間は、快速急行の定期運用が全く設定されなかった。
  55. ^ 登場当初から1971年までは、特急車の予備の少なさ(5~6両程度)から、2000系と共に定期特急の代走にも就いていた。
  56. ^ 特に冷房付きの3000系(初代)が登場する前の1970年夏期には、2400系は当時京阪唯一の冷房車ということもあったため、臨時特急の運用にも重用された。
  57. ^ ただし、ダイヤが乱れた際に定期特急の代走に5000系が使用されたことはある。
  58. ^ 2000年発売の鉄道の日記念スルッとKANSAI Kカードにその2200系代走時の写真が掲載されたものが「2200系ピンチランナー」と称して発売されていた。
  59. ^ 初代3000系は2013年3月31日引退
  60. ^ 臨時、代走含む
  61. ^ 前面形状変更まで
  62. ^ 中之島駅は定期の特急の発着はないが、臨時特急の発着を想定して特急用メロディ自体は用意され、運転の際には使用されている。
  63. ^ 音楽館「京阪電車発車メロディコレクション」およびその新盤の「京阪電車発車メロディコレクション2016」には私市駅のK特急用メロディも「上り特急」用として収録されている。ただし、「朝靄の京橋で乗り換え」・「出町柳から」、ならびに、発売後に制定された淀駅の特急用のメロディ「フィガロの結婚」と、現在の快速特急用メロディも収録されていない。
  64. ^ 放送収録内容は車両設置の本格型の装置も簡易型の装置も基本的には共通であるが、本格型のものは、部品の共通化の事情から、4ヶ国語放送対応以降のソフトウェアには京阪線の快速急行以上の列車種別および宇治線・交野線のワンマン列車のみが一括して収録されるようになったため、4ヶ国語放送開始以降は本格型の収録内容も全形式が共通のものとなっている。よって、13000系0番台と20番台および10000系4両編成車以外の自動放送放置搭載車両では本来は使用しない宇治線・交野線の普通の放送が収録され、逆に13000系20番台以外の7・8両編成車では、8000系以外では使用することのない特急・ライナー・快速特急・快速特急 洛楽が収録されている

出典[編集]

  1. ^ 井上廣和・藤原進『カラーブックス 日本の私鉄 京阪』 保育社、1999年 p.149 ISBN 4586509090
  2. ^ a b c 清水祥史『京阪電車』JTBパブリッシング、2017年、pp.56 - 57
  3. ^ 車両発達史シリーズ 1 京阪電気鉄道 1991年発行
  4. ^ 交野線⇔大阪間直通電車の愛称が『おりひめ』と『ひこぼし』に決定しました (PDF) - 京阪電気鉄道(2003年7月24日付、2013年11月3日閲覧) ※インターネットアーカイブ
  5. ^ 6月30日(月)、新カラーデザインの特急車両がデビューします (PDF) 2008年6月27日付 京阪電気鉄道ウェブサイト報道発表資料
  6. ^ 年末年始の列車運転について (PDF)
  7. ^ 淀駅付近立体交差化事業における上り線(京都方面行き)の高架化に伴い5月28日(土)始発から京阪線のダイヤを一部変更します (PDF) - 京阪電気鉄道 2011年3月1日 報道発表資料
  8. ^ 秋の観光シーズンに淀屋橋発出町柳行き「ノンストップ京阪特急」を運転します! (PDF) - 京阪電気鉄道
  9. ^ 「ノンストップ京阪特急」の愛称が『洛楽(らくらく)』」に決定、3月24日(土)から運転を開始します! (PDF) - 京阪電気鉄道
  10. ^ a b 京阪テレビカー引退へ 来春記念グッズなど販売 - 京都新聞、2012年7月10日、10月11日閲覧。
  11. ^ 秋の観光シーズンに「ノンストップ京阪特急『洛楽(らくらく)』」を運転します (PDF) - 京阪電気鉄道
  12. ^ さようならテレビカー ありがとう旧3000系特急車 - 京阪電気鉄道
  13. ^ 春の観光シーズンに「ノンストップ京阪特急『洛楽(らくらく)』」を運転します (PDF) - 京阪電気鉄道
  14. ^ 秋の観光シーズンに「ノンストップ京阪特急『洛楽(らくらく)』」を運転します (PDF) - 京阪電気鉄道
  15. ^ 年末年始の列車運転について (PDF) - 京阪電気鉄道
  16. ^ 今春も観光に便利な「ノンストップ京阪特急『洛楽(らくらく)』」を運転します (PDF) - 京阪電気鉄道
  17. ^ 〜この秋は京阪特急で東山・洛北・比叡山へ〜10月・11月の土曜・休日に京阪線で「秋の特別ダイヤ」を実施します (PDF) - 京阪電気鉄道
  18. ^ 年末年始の列車運転について (PDF) - 京阪電気鉄道
  19. ^ 〜京阪特急で春の京都、比叡山へ! 京阪線で「春の特別ダイヤ」を実施〜 (PDF) - 京阪電気鉄道
  20. ^ 〜この秋も京阪特急で京都、比叡山へ! 京阪線で「秋の特別ダイヤ」を実施〜9月19日から11月29日の土曜・休日は京阪線のダイヤを変更します (PDF) - 京阪電気鉄道
  21. ^ 年末年始の列車運転について (PDF) - 京阪電気鉄道
  22. ^ 3月19日(土)初発から京阪線のダイヤを変更します〜京阪特急がより便利になります〜 (PDF) - 京阪電気鉄道
  23. ^ 平成28年 夏の臨時列車について(7月) (PDF) - 京阪電気鉄道
  24. ^ 年末年始の列車運転について (PDF) - 京阪電気鉄道
  25. ^ 2月25日(土)初発から京阪線のダイヤを変更します (PDF) - 京阪電気鉄道
  26. ^ この春も京阪電車で京都東山、洛北へ! (PDF) - 京阪電気鉄道
  27. ^ 平成29年 夏の臨時列車について(7月) (PDF) - 京阪電気鉄道
  28. ^ 平日朝のラッシュ時間帯に全車両座席指定の「ライナー」列車を導入 (PDF) - 京阪電気鉄道
  29. ^ a b 9月15日(土)初発から京阪線のダイヤを変更します - 京阪電気鉄道。2018年7月17日発信、同日閲覧。
  30. ^ 平日朝のラッシュ時間帯に全車両座席指定の「ライナー」列車を導入 (PDF) - 京阪電気鉄道
  31. ^ 『京阪電車』清水祥史 15頁
  32. ^ 京阪公式HP内のライナーの座席案内
  33. ^ “【直球緩球】京阪・全席指定「ライナー」運行路線延長も 京阪ホールディングス・加藤好文社長”. 産経新聞. (2017年1月8日). http://www.sankei.com/west/news/180108/wst1801080042-n2.html 2018年1月14日閲覧。 
  34. ^ 出典:K PRESS 2008年10月号
  35. ^ 『鉄道ピクトリアル』8月臨時増刊号(2009年) 274頁 京阪電気鉄道 現有車両車歴表
  36. ^ SANZEN HIROBA リーフレット (PDF)
  37. ^ カラーブックス 日本の私鉄 京阪 17頁
  38. ^ 2017(平成29)年、「(仮称)京阪特急プレミアムカー」を導入! (PDF) - 京阪電気鉄道
  39. ^ 京阪、特急に座席指定の「プレミアムカー」 17年度上期導入へ 日本経済新聞 2015年10月1日、2016年1月20日閲覧。
  40. ^ 座席指定の特急車両「プレミアムカー」のデザインが決定! (PDF) - 京阪電気鉄道
  41. ^ 座席指定の特急車両「プレミアムカー」平成29年 8月20日(日)サービス開始!~ ご利用料金をはじめサービス内容が決定しました ~ (PDF) - 京阪電気鉄道
  42. ^ 1両に8台設置されている。パナソニックJR東日本テクノロジー製で、車内の空気を浄化する機能を持つ。当初は「ナノイー」であったが、2019年8月から順次バージョンアップ。
  43. ^ 新田浩之 (2017年10月2日). “8000系「プレミアムカー」車内は重厚で静か”. マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/keihanpremiumcar-3/ 2019年5月29日閲覧。 
  44. ^ 京阪電鉄、3000系に「プレミアムカー」導入 京都―大阪の全特急に連結 - 日刊工業新聞 2018年7月10日5時発信、2018年7月11日閲覧。および同新聞の7月10日発行分22面
  45. ^ 座席指定特別車両「プレミアムカー」に新車両を導入 2020年度、3000系「プレミアムカー」が登場 ~運転本数を拡大し、昼間時の全ての特急列車でご乗車可能に~ 京阪電気鉄道ニュースリリース 2018年11月8日、同11日閲覧。
  46. ^ PHP研究所 京阪電鉄のひみつ 107頁
  47. ^ 出典:とれいん 2008年9月号
  48. ^ 従来は本系列のほか、3000系(2代)・6000系・7200系8両編成での運転であったが、本系列と共に組み換えが実施され7両編成となった7200系・10000系や、交野線直通列車以来となる2600系など、7両編成の全形式が運用されるようになった(5000系は2017年改定で撤退)。
  49. ^ 京阪電車公式Twitter「沿線おでかけ情報」(2017年8月25日5時24分発信。同年同月26日閲覧)
  50. ^ 【京阪】3000系 伝統の「鳩マーク」表示開始 - 鉄道ホビダス RMニュース(ネコ・パブリッシング)2017年9月21日
  51. ^ 京阪3000系,特急で「鳩マーク」の表示を開始 - 交友社「鉄道ファン」railf.jp鉄道ニュース 2017年9月18日
  52. ^ 京阪3000系,“洛楽”で装飾灯の使用を開始 - 交友社「鉄道ファン」railf.jp鉄道ニュース 2017年9月18日
  53. ^ ただし、13000系20番台が暫定的に8両編成を組むことがあり、その場合は13000系20番台の暫定8両編成も含まれる。
  54. ^ この春も京阪電車で京都東山、洛北へ! - 京阪電気鉄道 2017年3月2日 (PDF)
  55. ^ 朝のラッシュが快適に!ライナー登場 - 京阪電気鉄道
  56. ^ 例えば、コラボレーションや「○○周年」
  57. ^ 『京阪電車』清水祥史 23頁
  58. ^ 年末年始の列車運行について
  59. ^ 当時の『京阪時刻表』(京阪電気鉄道編集)では始発・終着駅の入線時刻や到着番線が記載されておらず確認は不可能だが、『鉄道ピクトリアル』(電気車研究会編)1980年11月号(京阪電気鉄道特集)のp.99に掲載された1980年3月改正ダイヤ(平日)によると、萱島発淀屋橋行区間急行(535列車)の折り返しが淀屋橋6:40発の特急(60列車)となっていることが確認できる。
  60. ^ 京阪電気鉄道 2017年2月主要駅配布「ダイヤ変更に関するお知らせ」チラシに「淀屋橋駅・出町柳駅における車内整理の実施方法を変更します」節に掲載(2017年3月配布終了)。
  61. ^ 矢野吉彦 『競馬と鉄道 : あの"競馬場駅"は、こうしてできた』 交通新聞社交通新聞社新書〉、2018年4月、190-191頁。ISBN 978-4-330-87718-1 
  62. ^ 矢野吉彦 『競馬と鉄道 : あの"競馬場駅"は、こうしてできた』 交通新聞社交通新聞社新書〉、2018年4月、191-192頁。ISBN 978-4-330-87718-1 
  63. ^ a b 『鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクション25 京阪電気鉄道1960〜70』鉄道図書刊行会、2013年、p.11
  64. ^ 「ミシガンショウボート」はミシガン就航前は「たそがれショウボート」であった。「ミシガンナイト」はミシガン就航後に新規設定。
  65. ^ 「ビアンカ」は1997年3月から副標識の廃止された同年10月までは副標識付きの定期特急で唯一9000系を使用していた。
  66. ^ 京阪社史『鉄路五十年』の年表によると、「ひえい」は1958年の7月20日から8月31日まで運行。
  67. ^ ~訪日外国人のお客さまにもご利用いただきやすい京阪電車へ向けて~車内・駅での利便性を高めます - 京阪電気鉄道。2018年2月22日発信、2019年2月18日閲覧。
  68. ^ 京阪電車オリジナルDVD「京阪電車 次世代通勤車両 13000系」を販売します。(京阪公式HP)

外部リンク[編集]