京阪3000系電車 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京阪3000系電車(2代)
快速特急「洛楽」に就く3000系
快速特急「洛楽」に就く3000系
基本情報
運用者 京阪電気鉄道
製造所 川崎重工業兵庫工場
製造年 2008年
製造数 6編成48両
運用開始 2008年10月19日
主要諸元
編成 8両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 110 km/h
起動加速度 2.8 km/h/s
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.3 km/h/s
編成定員 982人
車両定員 先頭車113人・中間車126人
自重 27.0 - 36.5 t
編成重量 249.5 t
全長 先頭車 18,900 mm
中間車 18,700 mm
全幅 2,782 mm
全高 4,138 mm
車体材質 アルミニウム合金
台車 電動車:川崎重工業KW-77E 軸梁式ダイレクトマウント空気ばね台車
付随車:住友金属工業FS577 モノリンク式ダイレクトマウント空気ばね台車
主電動機 かご形三相誘導電動機
TDK6151-C
主電動機出力 200 kW
駆動方式 TD平行カルダン駆動方式
歯車比 6.07
編成出力 2,400 kW
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御
制御装置 ATR-H4200-RG6004A
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ (HRDA-1)
保安装置 K-ATS(出町柳 - 淀間)
京阪型速度照査ATS
備考 軌条塗油装置(曲線検知、シーケンサ制御)・ホーム検知装置・運転状況記憶装置・自動放送装置を搭載
Wikipedia laurier W.png
第49回(2009年
ローレル賞受賞車両

カテゴリ / テンプレート

テンプレートを表示

京阪3000系電車(けいはん3000けいでんしゃ)は、2008年平成20年)10月19日に営業運転を開始した京阪電気鉄道優等列車用の電車である。元来は快速急行用として登場し、後に特急にも使用されるようになった。車内には転換クロスシートを備えており、車体の塗装にも独自の紺色が用いられている。愛称はコンフォート・サルーン(COMFORT SALOON)

投入の経緯[編集]

中之島線開通ヘッドマークを掲出した3000系3003F
(2008年10月19日 土居駅)

2008年10月19日の中之島線開業にあわせて、同線に直通する快速急行に使用する車両として[1]川崎重工業で8両編成6本(48両)が製造された。

2007年平成19年)4月11日に車両の新造が発表され、2008年4月15日に形式・塗装・車内などの詳細が発表された。同年6月から9月にかけて3001F - 3006Fの6本が落成し[注 1]、中之島線が開業した10月19日に営業運転が開始された。

車両デザインはGKデザイン総研広島が担当した。車両全体のデザインコンセプトは、文化・風情の香りに現代的感覚を融合させた「風流今様」であるため、先頭車の前面は「花鳥風月」をイメージした円弧状になっている。また、車内にも円弧状のデザインを採り入れている。

車体・機器[編集]

構体は6000系以降の京阪標準の中空大型押出し形材を用いたアルミニウム合金製のダブルスキン構造である、川崎重工業efACE構体を初めて採用しており、一部においては接合に摩擦攪拌接合を用いている箇所がある。京阪線の両開き扉車としては1650型以来の戸袋窓が本系列で設けられた。

車体塗色は上半分が紺(エレガント・ブルー)、下半分が(アーバン・ホワイト)、帯が(スマート・シルバー)で、水都大阪とともにのれんや伝統と格式をイメージさせる紺色に白と銀色を加えることで、都市のきらめきや石庭における川の流れを感じさせるものになった。

種別・行先表示器は京阪の車両で初めてフルカラーLED式が採用された[注 2][注 3]ほか、京阪線系統の車両で唯一シングルアーム式パンタグラフ (PT7163-A) を装備する[注 4]

冷房装置は能力24.2kW (21,000kcal/h) の集約分散式を屋根上に2基搭載している。

主回路は10000系と同一の東洋電機製造IGBT素子2レベルVVVFインバータ制御であり、起動加速度も10000系と同一の2.8km/h/sである。8両編成時の電動車 (M) と付随車 (T) の構成(MT比)は3M5Tである。

先頭車には車輪の空転を防ぐ増粘着材噴射装置・運転状況記録装置・ホーム検知装置が設置されている。

ヘッドライトはもともと全編成とも電球であったが、2016年までに全編成とも13000系と同じタイプのLEDに変更された[注 5]

2017年には前面形状を変更した編成が登場しており、正面貫通扉部分のガラスが拡大、これに伴い正面にあった車両番号とKEIHANロゴが左右にそれぞれ移設されている。改造が実施された3003Fは同年8月4日から営業運転に入っている[3]。 

内装[編集]

3000系車内。座席は横1列+2列配置

座席は、ラッシュ時の立席スペース確保と閑散時の京阪間直通客を中心とした着席サービスを両立させるために、客用ドア間はJR西日本223系0・2500番台及び同社225系5000番台と同じような横2+1配列転換クロスシート、車端部はロングシート、運転席後部は横2+2配列転換クロスシートが採用されている。また、座席の表地には東レ製のスエード調マイクロファイバー素材「エクセーヌ」を鉄道車両として初採用したほか、転換クロスシート部にはタグも設置されている。

横2+1配列の採用により、クロスシート部分においても2+2配列の倍近い916.5mmの通路幅を確保し、立席スペースに余裕を持たせている。立席客のために吊り革も設置されており、座席においても1人あたりの座席幅が450mm(2人掛けクロスシート部分) - 470mm(ロングシート部分)と、従来の車両よりも拡大された。なお、客用ドア付近の吊り革は京阪独自の跳ね上げ式ではなく、他事業者の車両でも見られる一般的なものである。

車内案内表示装置として京阪の車両で初めて液晶ディスプレイ (LCD) を各客用ドア上部に1か所設置された。次駅案内やドアの開閉方向などを知らせるほか、朝日新聞社共同通信社提供のニュースも流れる。また、扉開閉予告灯も各客用ドアに1か所ずつ設置するほか、非常通報装置を併設した車椅子スペースも設置されている。客用ドアおよび貫通扉部分には、濃い木目調パネルが使われている。車両間の貫通扉はセンサー式の自動ドアで、8000系0番台同様に取っ手を握ると開く仕組みになっている。実際には、取っ手を握る位置に手を置くと、貫通扉柱に埋め込まれた装置から照射される光が遮られるため、機械が反応して扉が開く。

自動音量調整機能つき自動放送装置を搭載しており、特急快速急行・通勤快急運用においては日本語英語アナウンスによる情報提供を実施する[注 6]。この放送前には向谷実作曲のジングルが流れる。営業運転開始当初は、すべての自動放送前にジングルが流れたが、2009年以降は始発、終点と昼間の一部と、朝方の始発、終点以外の放送でジングルカットがなされている。

客室照明は10000系(10004F以降)で省略されていた蛍光灯カバーの素材を、グラスファイバー製に変更したうえで復活させた。製造会社はユニチカである。

車両中間部の乗降口は扉のすぐ近くまで座席があるため、乗降の妨げにならないように戸口付近に立つスペースがない。

車内妻面に掲出される車両番号・落成年次・製造メーカー(川崎重工業の英語略称「Kawasaki」)・禁煙ピクトグラム・号車番号表示は、東日本旅客鉄道(JR東日本)E233系などと同様に、すべて1枚のシールにまとめている(これは当系列以降の新造車および8000系以降の更新車でも採用されている)。

編成[編集]

京阪3000系(2代)編成表
 
形式 1号車
3000形
2号車
3500形
3号車
3600形
4号車
3700形
5号車
3150形
6号車
3550形
7号車
3750形
8号車
3050形
区分 Mc T T T M T T Mc
車両番号 3001

3006
3501

3506
3601

3606
3701

3706
3151

3156
3551

3556
3751

3756
3051

3056

登場時、本系列は出町柳方から4両目の中間車を抜いた7両編成、同5両目から7両目までの中間車3両を抜いた5両編成、同4両目から7両目までの中間車4両を抜いた4両編成を組成しての運用が可能[4]であった。交野線宇治線での試運転などでは、4両や5両に組成されたことがある[注 7]。しかし、2013年から2014年にかけて、3004F・3005F・3006Fについては、出町柳方から3両目と4両目の間、同7両目と8両目の間の連結器を交換する固定編成化工事が行われ[6]、中間車を抜いての運用ができなくなった。

運用[編集]

定期運用[編集]

2017年2月25日改正以降3000系で運用されるようになった「洛楽」
2017年8月に3003編成の正面が変更された[7]

本系列の導入当初は中之島線中之島 - 出町柳間の快速急行・通勤快急を主体に運用されており、早朝深夜の一部運用では特急・急行・準急・普通運用として天満橋 - 淀屋橋間にも入線していた。

2008年10月19日改定時点のダイヤでは、特急列車では上りの深夜の1本(土休日ダイヤでは早朝・深夜のそれぞれ1本)に使用されたほか、平日の朝ラッシュ時から昼間時への移行期に区間急行(中之島発萱島行、萱島発中之島行[注 8]に各1本)、また夕ラッシュ時にも萱島発中之島行の区間急行1本でも運用されていた。

2009年9月12日のダイヤ改定以後は、従来一般3扉車で運転されていた平日夜間の上り特急6本が新たに3000系の運用となった。これに伴い、従来3000系で運転されていた夜間の快速急行6往復12本が一般3扉車の運転に差し替えられ、21時台の快速急行については運転区間を樟葉までに短縮されている[注 9]。なお、下り特急での定期運用は設定されていなかった。また、区間急行は平日朝の萱島6時20分発の中之島行きと中之島9時42分発の萱島行きに運用されていた。

2011年5月28日のダイヤ改定からは昼間の快速急行が特急に変更されたため、昼間の特急でも運用されるようになり[8]、中之島線への入線は平日ラッシュ時のみになっている[注 10]。また、同改定以後は一部の朝ラッシュ時の特急にも運用されるようになったため、新たに女性専用車両ステッカーが貼られた。特急専用車ではないが、8両編成であり、東福寺駅伏見桃山駅といった7両限界の駅に停車する運用(全線通しの普通・準急系統)が不可能なことからも、半ば特急などの優等列車に優先的に運用される車両としての性格が強い。

2013年のダイヤ改定後、平日夕方ラッシュ時の中之島線への乗り入れがいったんなくなった。土・休日ダイヤにおいては、下りの快速急行が全て淀屋橋行きとなり、夜間に当系列の運用があった。

2016年3月19日のダイヤ改定で、当系列の通勤快急・快速急行の運用がさらに削減され、土・休日ダイヤにおいては快速急行の運用は完全に廃止された。平日は、通勤快急は1列車のみとなり、快速急行は、夕方の中之島発樟葉行きのみとなった[注 11]。一方で、樟葉発中之島行きの準急で夕方の中之島線乗り入れが再開された[注 12]。また、当系列としては初めて、通勤準急の定期運用が設定された[注 13]。土・休日ダイヤにおいては、もっぱら、特急が中心となり、一部[注 14]の急行・準急・区間急行・普通などにおいて運用された。

2017年2月25日のダイヤ改定より、全ての快速特急の運用が、行楽期を除いて、8000系から当系列に変更された。なお、平日の通勤快急・快速急行については、各1本[注 15]のみで運用されている。また、中之島線への入線は、平日朝ラッシュ時の4列車(1列車は回送)のみとなっている[注 16]。平日はこのほか、快速特急・特急[注 17]・急行・準急(3本[注 18])・区間急行(淀屋橋 - 萱島)・普通(1本[注 19])にて運用されている。一方、土・休日ダイヤにおいてはほぼすべてが淀屋橋発着[注 20]で、快速特急・特急[注 21]・急行・準急(1本[注 22])・区間急行(1本[注 23])・普通(2本[注 24])において運用されている。

臨時列車等[編集]

正月ダイヤで急行として運用されている3000系電車(2009年1月撮影。)

臨時運転(主に春や秋に)の特急や快速急行が運転されない正月ダイヤ時の一部特急・急行・準急にも運用されていた。

2008年10月19日の営業運転初日には6本中5本が通常運用として主に快速急行の運用に就いたほか、残りの予備編成1本も中間車(3701)を1両抜いた7両編成で中之島発開業初列車(普通出町柳行き)として使用された[9][注 25]。正月ダイヤでは快速急行は運休し、代わりに特急・急行運用を中心に充当されている。

一般の営業運転の開始前の2008年9月19日には、鉄道友の会京都支部・阪神支部が合同で天満橋 - 寝屋川車両基地間往復の試乗会が開催された。

2009年10月18日には、寝屋川車両基地で開催される「ファミリーレールフェア」に12歳以下の子どもと保護者らを輸送する特別列車(抽選)の「ファミリーレールフェア号」に、3002Fが5両編成に組成されて運用された。なお、会場内には3001Fが展示された。

同年11月14日には、中之島駅でローレル賞の授賞式が行われ、記念電車が「鉄道友の会会員」を乗せ中之島駅 - 寝屋川車庫間で運転された。

同年の京都市美術館三条駅から地下鉄東西線乗り換え東山駅または神宮丸太町駅が至近)ならびに国立国際美術館渡辺橋駅が至近)での「ルーヴル美術館展」開催期間中は、1編成の両端車両でそれぞれ異なるデザインの円形ヘッドマークを掲げて運行していた[10](茶色ベースの前者は出町柳寄りの3000形に、緑色ベースの後者は中之島寄りの3050形にそれぞれ掲出)。

2010年(平成22年)7月7日には、交野線私市駅で開催される「ひらかた☆かたの 七夕伝説 『おりひめ』と『ひこぼし』の出逢い」のイベント用臨時列車「おりひめ」として、3001Fが4両編成に短縮されて同線で運用された[11]

2014年の秋の特別ダイヤでは、京阪電車としては初めてとなる淀屋橋始発の快速急行が、快速特急「洛楽」で穴が開く特急ダイヤに組み込まれる形での運行され[注 26]、ほとんどの運行で当形式が使用されていた。この措置は2015年の春・秋の特別ダイヤでも行われていた。

2016年3月19日のダイヤ改定で、この淀屋橋始発の快速急行が、快速特急ともども定期列車となり、夕方の出町柳発も設定されたが、当系列は当該の快速急行の運用からは外れた[注 27]

2017年3月18日~4月9日の土休日とゴールデンウィーク期間中には本形式を使用した出町柳発中之島行き臨時特急が運行された[12]

ラッピング[編集]

きかんしゃトーマス号のラッピングとなった3006F。写真では特急として運用中(2013年3月撮影)

2013年3月2日から2014年3月23日まで「きかんしゃトーマスとなかまたち」のラッピングが3006Fに実施された[13]。しかし3006Fがラッピング期間中に定期検査を迎え運用を離脱したため、残りの期間は3001Fにラッピングが施されていた。

2016年8月から2017年3月下旬まで、琵琶湖疏水観光キャンペーン「琵琶湖疏水、水と歴史の、みちめぐり。」の一環として、琵琶湖疏水の名所の風景イメージをデザインしたラッピングが3003Fに実施された[14][15]

受賞[編集]

  • 第49回ローレル賞[16](鉄道友の会・2009年6月15日)
    • 京阪の車両が鉄道友の会から賞を受けるのは6000系(1984年ローレル賞)以来25年ぶり、2系列目である。西武30000系電車(同車は最終選考で落選)や豊橋鉄道T1000形電車とともに最終選考段階までノミネートされ、受賞した。
  • 2009年度グッドデザイン賞[17](日本産業デザイン振興会・2009年10月1日)
    • 中之島線内の4つの新駅と同時受賞。京阪では過去に、宇治駅の新駅舎や駅構内でのワゴン販売「プラットボーイ」(現在廃止)でグッドデザイン賞を受賞したことはあるが、鉄道車両で受賞するのはこれが初めてであった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 6月30日付で3001F、7月2日付で3002F、7月16日付で3003F、7月31日付で3004F、8月28日付で3005F、9月16日付で3006Fが落成した[2]
  2. ^ 種別表示には他の車両には入っていない「貸切」がある。これは鉄道友の会の試乗会の際に使用された。
  3. ^ 当初、急行の種別表示の背景色は赤色だったが、2010年11月ごろから他の系列と同様オレンジ色になった。
  4. ^ LED式行先表示器・シングルアーム式パンタグラフともに、大津線系統ではすでに800系で採用されている。後に2012年に登場した13000系では、廃車発生品を再利用した関係で下枠交差型に戻っている。
  5. ^ 2015年までに3001F、3002F、3003F、3006Fが改造を受け、2016年には、3005F、続いて3004Fも改造を受けた。
  6. ^ 2003年9月6日ダイヤ改正以前は特急で自動放送による情報提供を実施していたが、改正後は停車駅が増加し、8000系に搭載されていた自動放送装置のROM容量が限界に達したため一時使用を停止した。その後、中之島線開業の際に機器を更新したうえで8000系と本系列で再度、自動放送による情報提供を開始した。ただし両系列とも急行以下の種別では他の系列と同様に車掌による肉声アナウンスである。
  7. ^ 2008年8月6日には、3001Fが4両編成に組み替えられて宇治線で試運転が実施された[5]
  8. ^ 萱島発中之島行は回送の折返しである。
  9. ^ 差し替えられた本数が合わない理由は、いずれも三条・樟葉→淀屋橋間を回送して送り込まれる列車の運用と差し替えを行ったため。
  10. ^ このダイヤ改正で、夜間の出町柳発淀屋橋行きの快速急行での運用を開始した。中之島線入線に関しては、平日は、朝は、1本が淀屋橋発着の特急、残りが通勤快急や快速急行で運用されていた。夕方は、1本が淀屋橋発樟葉行きの準急の後、樟葉発中之島行きの準急と中之島発樟葉行きの快速急行に運用され、残りの車両は淀屋橋発着の特急などに運用されていた。土・休日ダイヤにおける、当系列の中之島線入線は、この時点で完全に廃止された。
  11. ^ 朝の中之島行き・出町柳行き、夜間の淀屋橋行きが消滅した。
  12. ^ 2016年9月24日の運用変更で中之島線乗り入れは夕方にはなくなり、平日朝の通勤快急中之島行き1本だけとなった。
  13. ^ 平日ダイヤの枚方市7:03発の中之島行き。
  14. ^ ほぼ全て淀屋橋発着、一部淀発着。
  15. ^ 通勤快急は出町柳7:38発の中之島行き、快速急行は淀屋橋17:54発の樟葉行き。
  16. ^ 通勤快急(出町柳7:38発中之島行き)・通勤準急(枚方市7:03発中之島行き)、普通(中之島7:46発萱島行き)、回送(中之島発寝屋川信号所行き)。
  17. ^ 一部は枚方市行き。
  18. ^ 樟葉発淀屋橋行き2本、淀発淀屋橋行き1本。
  19. ^ 萱島発淀屋橋行き。
  20. ^ 一部に、出町柳 - 淀の運行がある。
  21. ^ 一部は樟葉行き。
  22. ^ 淀屋橋23:03発樟葉行き。
  23. ^ 淀屋橋17:56発萱島行き。
  24. ^ 萱島6:13発淀屋橋行きと淀屋橋23:35発萱島行き。
  25. ^ なお、平日ダイヤにおいては昼間運用に充当される5編成の他、夕方に残り1編成が出庫して、20分毎となる中之島 - 出町柳間の快速急行の運用に加わるため予備編成が存在しないことから、本系列の検査時には一般8両編成車が代走する。
  26. ^ 特別ダイヤでは9 - 11時台の京都方面行きは1時間に快速特急2本、特急4本、快速急行2本、15 - 17時台の大阪方面行きは快速特急2本、特急6本が運行された。
  27. ^ 当該の快速急行は全て一般車の8両編成・7両編成の運用となり、当系列は、当該時間帯は特急で運用されることとなった(2017年2月25日のダイヤ改定以後は快速特急)。

出典[編集]

  1. ^ 福島温也「京阪電気鉄道 現有車両プロフィール 2009」、『鉄道ピクトリアル2009年8月臨時増刊号』第822巻、電気車研究会、2009年8月 249頁
  2. ^ 「京阪電気鉄道 現有車両車歴表」、『鉄道ピクトリアル』第822巻2009年8月臨時増刊号、電気車研究会、 282-283頁。
  3. ^ 京阪3000系3003編成に小変化交友社『鉄道ファン』鉄道ニュース 2017年8月5日
  4. ^ 福島温也「京阪電気鉄道 現有車両プロフィール 2009」、『鉄道ピクトリアル2009年8月臨時増刊号』第822巻、電気車研究会、2009年8月 249 - 250頁
  5. ^ 『関西の鉄道』No55、2008年9月25日
  6. ^ ジェー・アール・アール『私鉄車両編成表 2014』、交通新聞社、2014年7月 132頁・201頁
  7. ^ 京阪3000系3003編成に小変化 鉄道ニュース - 鉄道ファン・railf.jp 2017年8月5日掲載
  8. ^ 『私鉄車両年鑑2013』、イカロス出版、2013年3月、75頁
  9. ^ 京阪中之島線が開業交友社鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース、 2008年10月19日
  10. ^ 京阪沿線で『ルーヴル美術館展』開催をPRし、旅客誘致を図ります! (PDF) 2009年6月15日 京阪電気鉄道 報道発表資料
  11. ^ 京阪 私市駅で『おりひめとひこぼしの出逢い』を開催」交友社『鉄道ファン』鉄道ニュース 2010年7月8日
  12. ^ 京阪で臨時快速特急“洛楽”と臨時特急運転 交友社『鉄道ファン』鉄道ニュース 2017年3月19日
  13. ^ 3月2日(土)から「きかんしゃトーマス号2013」の運転を開始します! 今回は4編成が登場&うち1編成のメインキャラクターは投票で決定! (PDF) 2013年2月18日、京阪電気鉄道
  14. ^ 京阪電車(電車・駅のご案内)公式Twitter.2016年8月8日18:24(JST)ツイート
  15. ^ 琵琶湖疏水観光キャンペーン「琵琶湖疏水、水と歴史の、みちめぐり。」”. 京阪電気鉄道. 2016年9月23日閲覧。
  16. ^ 2009年度ブルーリボン賞・ローレル賞決定 (PDF) 鉄道友の会、2009年6月15日
  17. ^ グッドデザインファインダー

参考文献[編集]

  • 京阪電気鉄道(株)鉄道技術部技術課(車両担当)「京阪電気鉄道 3000系」、『鉄道ファン』2008年11月号(通巻571号)、交友社、 pp. 65 - 70。

外部リンク[編集]