富士急行5000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富士急行5000形電車
富士急行5000形電車
富士急行5000形電車
基本情報
製造所 日本車輌製造[1]
製造数 2両編成1本
運用開始 1975年3月12日
運用終了 2019年2月23日
主要諸元
編成 2両
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 65 km/h[1][2]
起動加速度 2.9 km/h/s[1][2]
減速度 3.5 km/h/s[1][2]
編成定員 144(席)+112(立)=256名[1]
編成重量 81.0 t[1]
最大寸法
(長・幅・高)
20,000 ×2,950 ×3,884 mm[1]
車体 普通鋼
台車 揺れ枕吊り式コイルバネ台車
ND112[1]
主電動機 直流直巻電動機
MB-3054-D[1][2]
主電動機出力 75 kW(一時間定格)[1][2]
駆動方式 WN駆動方式[2]
歯車比 98:15(6.53)[2]
制御装置 抵抗制御・直並列組合せ・弱め界磁
ABFM-108-15MDHA[1][2]
制動装置 発電ブレーキ併用電磁直通空気ブレーキ(HSC-D)
抑速ブレーキ直通予備ブレーキ手ブレーキ[1]
保安装置 ATS-SN
Wikipedia laurier W.png
第16回(1976年
ローレル賞受賞車両

カテゴリ / テンプレート

テンプレートを表示

富士急行5000形電車(ふじきゅうこう5000がたでんしゃ)は、1975年昭和50年)に登場した富士急行電車3100形事故廃車補充と将来の増備車の先行試作を兼ねて、2両編成1本が日本車輌製造で製造された[2][3]

概要[編集]

2019年時点において富士急行が自社発注した最後の鉄道車両である。地方私鉄としては意欲的な冷房付き新造車であったことが評価され、1976年(昭和51年)度鉄道友の会ローレル賞を受賞した。形式名の「5000」は、昭和50年に登場したことに由来する。

外観[編集]

車両長20,000mm、最大幅2,950mmと地方私鉄としては大型の車体を採用した。衝突対策として高運転台構造を採用し、正面下部にはステンレス製のバンパーを装備する[3]。車体の裾を絞ったスタイルとしている点は115系などの日本国有鉄道(国鉄)の近郊形電車に類似するが、フロントデザインは機能本意な独自のものとなった。各車運転台側の連結器は密着連結器、車両間の連結器には棒連結器を採用した[3]

登場時の車体塗装は客用窓下に幅150mmの白帯を配し、それより上部をオーシャングリーン、下部と連結面をサランダブルーで塗装したものであった[3]

車内[編集]

2007年以前の車内 2007年以降の車内
2007年以前の車内
2007年以降の車内

客用扉は、幅1,300mmの両開扉を片側につき2か所備えている[3]。座席は、扉付近にロングシート、扉間および車端にボックスシートを備えるセミクロスシート配置である。クロスシート部分のシートピッチは最大1,520mmと国鉄の急行型である165系普通車よりも快適性を重視したものとなっている[4]。またコストダウンの見地から国鉄電車と同一の部品が一部(灰皿など)に用いられている[4]

空調には富士急行の車両として初めて冷房装置を採用し、冷凍能力10,000kcal(11.6kW)の三菱電機製CU-121分散式冷房装置を屋根上に4基搭載した[3]。車両当たりの定員は128名(座席72名)である。

落成当初は車内案内装置は放送装置のみであったが、のちに客室内にLCDを設置し、次駅案内や次駅周辺の観光案内などを表示している。またボックス席を1区画分つぶして清涼飲料水自動販売機が設けられた。

後に類似の車体を採用した国鉄417系電車などが登場しているが、本形式はそれらよりも扉間が窓1つ分長い。

機器[編集]

モハ5001(M'c) とモハ5002 (Mc) がユニットを組んでおり、5001号に電動発電機空気圧縮機といった補機類を、5002号に主制御器パンタグラフを搭載している[3]

主制御器は三菱電機製ABFM-108-15MDHAで2両分8基の主電動機を制御し、勾配対策として抑速制動発電制動を装備する。定員200%の乗車時に河口湖-大月間での抑速運転が可能であり、ブレーキ速度は最高ノッチ時・40勾配では約57km/hとなっている[1]

主電動機は営団3000系電車が採用した物と同じ系統に属する三菱電機製MB-3054-D[注釈 1]を搭載し、駆動装置はWNドライブを採用した。

空気ブレーキは前述の発電制動と併用するタイプである電磁直通ブレーキのHSC-Dで、他にブレーキ故障時にそなえて直通予備ブレーキ、また手ブレーキを1両あたり2台装備している。寒冷地対策として、扉の自動/半自動切り替え機能やドアレールヒーター、冬季夜間滞泊時に機器凍結防止用のヒーターを作動させるために外部コンセントAC100V)と変換装置をM'c車に備える[1]

電動発動機は冷房装置電源を供給するために大容量のMG-111A-S(出力75kVA)、空気圧縮機はレシプロ式のC-1000(定格吐出量1120L/min)を採用した[3]

台車はND-112形[注釈 2][5]と称し、国鉄DT21形台車と同型の軸箱支持装置はウィングばね式枕バネにはコイルばね(オイルダンパ付き)を用いたオールコイルばね台車であり、M'c車の連結面側台車には車輪フランジの摩耗対策[3]として噴射式軌条塗油装置を、各車運転台側台車には排雪器(スノープラウ)を装備する[6]

運用[編集]

2000年夏ごろのカラーリング

地方私鉄の新製車としては非常に意欲的な車両であったが、その後の増備は行われず1編成のみの導入に留まった。 ただし、1980 - 90年代に富士急行が導入した中古のカルダン駆動車である5700形1000形はいずれも定格出力75kWの三菱電機製主電動機とWN駆動の組み合わせなどに本形式との共通点が見受けられる。

車体塗装は登場後数度変更されている。まず車体の項で述べた塗装で登場した後、雨どいから幕板上部にかけてもサランダブルーの帯が入るようになる等の軽微な変更がなされた。その後、富士急ハイランドのイベントや新施設開業に合わせて、『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターをあしらったデザインや『きかんしゃトーマス』のキャラクターをあしらったデザインに変更され、特定の運用に就くことになった。さらに、2007年(平成19年)には客室の内装も『きかんしゃトーマス』をあしらったデザインとなり、以降は『トーマスランド号』として運用に就いていた。しかし、車両の老朽化と部品確保の困難さを理由として2019年2月23日のさよなら運転をもって引退した[7]。引退後は下吉田駅において保存する方針とされ、5001号は2019年4月27日から同駅構内のブルートレインテラス芝生広場において保存・公開が行われている[8][9]。なお、5002号は解体された。本系列の引退によって、富士急行の保有する車両は全て他社からの譲渡車のみとなったほか、「トーマスランド号」の代替車両として6000系電車を改装した「トーマスランド20周年記念号」が2018年3月21日から運行を開始している[10]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 端子電圧375V、一時間定格出力75kW、定格電流224A、定格回転数1,600rpm、最大許容電圧1,050V、最大回転数4,500rpm
  2. ^ 日本車輌製造での形式。なお、他に同社で製造された台車で別設計でありながらND-112形を称するものがインドネシア国鉄向け電車(現・KRLジャボタベックKR3-76系など)に装着されていた。本来、富士急行用台車はND-113形を称するべきものであり、ミスによる重複形式であったという。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『鉄道ファン』通巻169号 p.71
  2. ^ a b c d e f g h i 『電気車の科学』通巻324号 p.7
  3. ^ a b c d e f g h i 『鉄道ファン』通巻169号 p.68
  4. ^ a b 『鉄道ファン』通巻169号 p.69
  5. ^ 日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会『日車の車輌史 写真・図面集-台車編』(鉄道史資料保存会)2000年、p.233
  6. ^ 『鉄道ファン』通巻169号 p.70
  7. ^ “富士急行 5000形電車 「トーマスランド号」営業運転終了” (PDF) (プレスリリース), 富士急行, (2019年2月13日), https://www.fujikyu.co.jp/data/news_pdf/pdf_file1_1550104425.pdf 2019年2月16日閲覧。 
  8. ^ 現行「トーマス号」引退へ 富士急、老朽化で来年2月- 産経新聞 2018年3月12日
  9. ^ 5000形トーマスランド号展示のお知らせ”. 富士急行公式サイト (2019年4月26日). 2019年6月14日閲覧。
  10. ^ トーマスランド20周年記念号”. 富士急行公式サイト. 2019年6月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日本車両鉄道同好部・鉄道史資料保存会『日車の車輌史 図面集-戦後私鉄編』(鉄道史資料保存会)1998年、p.169
  • 駒村雅裕「ハイランドの新しいエース 富士急5000系」、『鉄道ファン』169号(1975年5月)、交友社 pp. 68-71
  • 三浦政秀「富士急5000形」、『電気車の科学』324号(1975年4月)、鉄道図書刊行会 pp. 7-8

関連項目[編集]

他社における両開き2扉で扉間ボックスシートのセミクロスシート車両

外部リンク[編集]