近鉄3220系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近鉄3220系電車
急行運用に就く3220系
急行運用に就く3220系
基本情報
運用者 近畿日本鉄道
製造所 近畿車輛
製造年 2000年
製造数 3編成18両
運用範囲 近畿日本鉄道難波線大阪線奈良線京都線橿原線天理線
京都市交通局烏丸線
主要諸元
編成 6両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1500V
最高運転速度 近鉄奈良線・京都線:105 km/h
地下鉄烏丸線:75 km/h
減速度(常用) 4.0 km/h/s
全長 20,500 mm [1]
全幅 2,800 mm [1]
全高 4,110 mm [1]
車体材質 アルミニウム合金 [1]
台車 KD-311形 [1]
主電動機 MB-5085A [1]
主電動機出力 185 kW [1]
駆動方式 WNドライブ
歯車比 6.31
編成出力 2,220 kW
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御 [1]
制御装置 日立製作所製VFI-HR-1420A [1]
制動装置 電気指令式空気ブレーキ
(回生・保安ブレーキ付)
保安装置 近鉄型ATS
CS-ATC
備考 電算記号:KL
Wikipedia laurier W.png
第41回(2001年
ローレル賞受賞車両

カテゴリ / テンプレート

テンプレートを表示

近鉄3220系電車(きんてつ3220けいでんしゃ)は、近畿日本鉄道(近鉄)の一般車両(通勤形電車)。

概要[編集]

近鉄で「人に優しい、地球に優しい」をモットーにして造られた次世代の一般型車両、「シリーズ21」の第一陣として、2000年3月に登場した[1]

6両編成3本(18両)が製造され、京都市営地下鉄烏丸線への乗り入れ対応車となっている[1][2]。また、京都市営地下鉄直通対応車輌の中では初の音声合成による自動放送装置が採用された。電算記号はKL(KL21 - KL23)[1]

主要機器・性能[編集]

制御装置は一般車では初のIGBT素子VVVFインバータ制御装置が採用され、3220系では全編成が日立製作所製である[1]主電動機はフレームレス構造を採用した三菱電機製MB-5085形(185kW×4)[1]、制動装置は電気指令式ブレーキのKEBS-21を採用するが[1]、ブレーキ読み替え装置が搭載されていない関係上、他形式との連結は不可能である[1]台車はボルスタレス式のKD-311形を装着[1]集電装置はモ3220形に2基、モ3620形とモ3820形は奈良・橿原寄りに1基ずつ搭載し、2017年4月1日現在では全編成がシングルアーム式を搭載する[3]。新造時の3222F・3223Fは下枠交差型を搭載していた[1]。冷房装置はCU-704形(21,000kcal)が1両あたり2台設置している。性能面では営業最高速度105km/hを確保している。

車体[編集]

前面の形状は他の一般車両と違い「く」の字型で、前面には助手席側にオフセットされた非常用の貫通扉と、電気連結器が備わっていない密着連結器を装備する[1]。先頭部の車両番号標記は他のシリーズ21車両と異なり、3200系に合わせて運転席の窓の右下に記されている[1]

京都市営地下鉄直通仕様であることから、全長は近鉄標準の20720mmよりもわずかに短い20500mmとされている[1](連結器の長さが近鉄特急車両と同じ)。

運用[編集]

2017年4月現在、3編成18両が西大寺検車区に配置されている[3]

運用は3200系と共通で増解結の無い列車を中心に限定運用が組まれており[1]、主に京都線系統(京都駅 - 近鉄奈良駅橿原神宮前駅)と地下鉄烏丸線で運行されるが、両系列合わせて車両数に余裕があるため近鉄線内で完結する運用や、地下鉄烏丸線内の区間列車にも運用される[1]。この他にも検査入場時や試運転時には大阪線大阪難波駅での折り返しのため電留線のある阪神なんば線桜川駅まで走行する。

主な運転区間と種別
補足
  1. 京都線は京都駅 - 竹田駅を含む。近鉄宮津駅以北に限り6両編成運転の準急・普通列車でも運用。
  2. 奈良線では、6両編成運転に限り大阪難波駅折り返しの急行・準急に使われることがある。

特別塗装・ラッピング広告[編集]

3220系3223F(KL23)
  • 3221F:橿原神宮鎮座120年記念大祭(2010年2月 - 2011年9月)
  • 3222F:KYOTO-NARA(新造時 - 2011年4月[1][4]
  • 3223F:KYOTO-NARA(新造時 - 2011年7月[1][5]
    • 3222F・3223Fのラッピング装飾は京都市営地下鉄烏丸線から近鉄奈良駅までの直通急行の運転開始を記念し、京都奈良への観光客誘致を兼ねて登場したもので、ク3720形・モ3620形・モ3220形にはピンク色の下地に「KYOTO」の文字と、京都に関係のある絵(金閣清水の舞台舞妓祇園祭など)が入り、モ3820形・サ3520形・ク3120形には薄緑色の下地に「NARA」の文字と奈良に関する絵(東大寺大仏殿薬師寺奈良公園鹿など)が入っていた。

備考[編集]

「ク3120形」ク3121 - 3123は近鉄では2代目となる。初代は2250系の付随車、「サ3020形」を制御車に改造したものだった。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y JTBキャンブックス『近鉄電車 大軌デボ1形から「しまかぜ」「青の交響曲」まで100年余りの電車のすべて』 p.92 - p.94・p.127・p.200・p.227 - p.237 (著者 三好好三、編者 福田静二、出版・発行所 JTBパブリッシング 2016年)ISBN 978-4-533-11435-9 C2065
  2. ^ 運輸省令普通鉄道構造規則に準拠して設計されており、地下線内での非常時脱出のため、前面に貫通扉を有している。
  3. ^ a b 『鉄道ファン』2017年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2017 車両配置表」
  4. ^ 近鉄3220系第2編成が標準塗装に交友社鉄道ファン』railf.jp 2011年04月18日
  5. ^ 近鉄3220系第3編成が標準塗装に戻る交友社鉄道ファン』railf.jp 2011年07月15日

外部リンク[編集]

関連項目[編集]