近鉄1220系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
共通事項
基本情報
運用者 近畿日本鉄道
製造所 近畿車輛
主要諸元
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V
最高運転速度 大阪線・名古屋線系統:110 km/h
奈良線・京都線系統:105 km/h
阪神線:106km/h
全長 20,720 mm
全幅 2,800 mm
全高 4,150 mm
車体材質 アルミニウム合金
主電動機 三菱電機かご形三相誘導電動機
主電動機出力 165 kW
駆動方式 WNドライブ
編成出力 2両編成:660kW
4両編成:1,320kW
6両編成:1,980kW
制御方式 GTO-VVVFインバータ制御
制御装置 日立製作所
制動装置 回生ブレーキ併用電磁直通ブレーキ (抑速・発電制動付き)
保安装置 近鉄型ATS
テンプレートを表示

1220系電車(1220けいでんしゃ)とは、近畿日本鉄道が保有する一般車両(通勤形電車)である。

本稿では、1230系及び1020系についても記述する。


1220系[編集]

近鉄1220系電車
近鉄1220系電車(2006年6月11日 高安駅-恩智駅間)
近鉄1220系電車
(2006年6月11日 高安駅-恩智駅間)
基本情報
製造年 1987年
製造数 3編成6両
運用範囲 大阪線山田線鳥羽線名古屋線
主要諸元
編成 2両編成
編成定員 272名
車両定員 136名
自重 38.0 t (Mc車) ・31.0 t (Tc車)
編成重量 69.0 t
車体高 4,050 mm
台車 Mc車:KD-95
Tc車:KD-95A
主電動機 MB-5023A
歯車比 6.31
制御装置 日立製VF-HR-111
備考 電算記号:VC
テンプレートを表示

1420系の量産車として、1987年3月に登場した2両編成のVVVFインバータ車両[1][2]。最大車体幅は2800mmで、裾を絞ったアルミニウム合金車体を採用[1][2]。制御装置のメーカーを除く仕様は1422系と同一である[1][2]。3編成が製造されたが、増備車は標準軌全線共通仕様の1230系に移行した[1]。電算記号はVC

2017年4月現在、全車が大阪線高安検車区に所属する[3]。なお、1998年までは名古屋線山田線を中心に運用されていた[1][4]

主要機器・性能[編集]

本系列では日立製作所製のGTO素子によるVVVFインバータ機器を搭載する[1][2]。主電動機三菱電機製のMB-5023A型で、モーター出力165kW。歯車比は6.31(16:101)に設定されている。

台車は両抱き踏面ブレーキ式シュリーレン台車である近畿車輛製KD-95を装着する。性能面では最高速度110km/hを確保している。

改造[編集]

近鉄各路線のGTO-VVVFインバータ制御車両と同様に、以下の改造が順次施工されている。

  • 車体連結部の転落防止幌設置
  • ク1320形運転室側の車椅子スペースおよび手すりの整備
  • 簡易内装更新
    • 車内床材および座席モケット交換
  • 車体側面のVVVFマーク撤去

1230系[編集]

近鉄1230系電車
近鉄1233系電車(2006年7月30日 河内花園駅)
近鉄1233系電車
(2006年7月30日 河内花園駅
基本情報
製造年 1989年 - 1998年
運用範囲 近畿日本鉄道難波線大阪線奈良線京都線橿原線天理線山田線鳥羽線志摩線名古屋線
(阪神電気鉄道)本線阪神なんば線
主要諸元
編成 2両編成
車両定員 149名
自重 38.0 t (Mc車) ・31.0 t (Tc車)
編成重量 69.0 t
車体高 1231F・1232F:4,050mm
1233F以降:4,030 mm
台車 KD-96・KD-96A(1230系)
KD-96B・KD-96C(1233系・1249系)
KD-306A・KD-306B(1252系・1253系・1254系)
主電動機 MB-5035A(1231F - 1270F・1277F)
MB-5035-B(1271F - 1276F)
歯車比 5.73
制御装置 日立製VF-HR-123
保安装置 近鉄型ATS
阪神型ATS(1271F以降)
備考 電算記号:VC(大阪・名古屋線)
VE(奈良・京都線)
テンプレートを表示

1989年7月に登場した、標準軌全線共通仕様のVVVFインバータ、アルミ車体の2両編成の車両である[1][2]。1220系をベースに、標準軌全線共通仕様に変更されている[1]。標準軌全線共通仕様とは車体設計の共通化とともに、大阪・名古屋線と奈良・京都線の間の車両転配を円滑に行えるように機器類の配置を可能な限り共通化した仕様のことである[2]

電算記号は奈良線京都線所属車ではVE、大阪線・名古屋線所属車ではVCとされた。1276Fで製造を完了したものの1277Fが存在しており、これは後述の1026系1030Fの中間2両を離脱させて1026Fに組み込んだため、先頭2両のみを1編成とし、運転台寄りに集電装置を増設し、1277Fとなって1252系に編入したものである[2]

車体・走行機器等[編集]

1230系列では台車は、21000系にならってホイールベース(台車軸距)を、従来車の 2150 mm から 2100 mm に変更した新設計の空気バネ台車KD-96形、後期型ではボルスタレス台車のKD-306形を採用している。主電動機は中期型まではMB-5035A型、後期型ではMB-5035B型を、歯車比を1220系の6.31から5.73に変更し、以上の機器構成はシリーズ21登場前まで標準軌VVVF一般車に採用されている。

1231F、1232Fの2編成は1220系、1224F、1225Fとして製作されている途中での仕様変更に対し[2]、1233F以降は設計当時からの仕様変更のため、純粋な派生系列ではあるが1233F以降の車両を1233系と呼ぶことが多い[2]。これに関連して、1224F1225F製作時の当初の計画では、奈良線に投入する最初の新造車5編成の車両形式を仮称1230系 1231F - 1235Fと予定していたが、1220系、1230系関連の計画変更で1233系 1233F - 1237Fとなっている[* 1]

1230系、1233系以外にも1240系1249系1252系1253系1254系1259系と細かく分類されることがあり、1255F以降の車両は1252系および1253系として製造されており、新造当時でも1252F - 1277Fは結果的に3形式が入り乱れていた[2]

  • 1233系(1989年7月に登場、1233F - 1239F・1241F - 1248F)
    • 当初から共通仕様の下に設計した車体(新アルミ材を採用)に[1][2]、新仕様台車をさらに改良したKD-96B形(M)、KD-96C形(T)を装備[2]
  • 1249系1992年2月登場、1249F - 1251F)
    • 補助電源装置がSIV(静止型インバータ)のBS-483Q形(70kVA)となり[1][2]、運転台後方に車椅子スペースを整備。
  • 1252系1993年3月登場、1252F・1258F・1262F - 1264F・1270F - 1277F)
    • 踏面清掃装置が省略され、1軸1ディスクのディスクブレーキをTc車に採用したボルスタレス台車のKD-306型を装着[1][2]
  • 1253系(1993年3月登場、1253F・1255F - 1257F・1260F・1261F)
    • 踏面清掃装置を搭載し、1軸2ディスクのディスクブレーキをTc車に採用したボルスタレス台車のKD-306型を装着[1][2][* 2]
  • 1254系(1993年3月登場、1254Fのみ)
    • 滑走検知装置を取り付け、Tc台車のディスクブレーキ仕様を変更[* 2][1][2]

以下は後年の改造で生じた形式である。

  • 1240系2001年4月登場、1240Fのみ)
  • 1259系2003年登場、1259F・1265F - 1269F)
    • 両形式共に名古屋線ワンマン運転対応改造で誕生 (後述)

増備途中から設計変更が行われており、1997年以降の増備車では乗務員室仕切り窓の小型化が行われ、1998年製造の増備車は当初から連結側に転落防止幌を装備し、乗降扉上部に雨樋を取り付け、車内乗降扉部分床面にノンスリップ加工が施されている。

転属[編集]

新製当初から明星検車区に所属し大阪線を中心とした運用に入っていた1243F・1247F・1248F・1255F - 1257Fは[4]、2000年から2001年にかけて全ての編成が高安検車区に転属したが、2002年7月に1243Fが富吉検車区に転属、1247F・1248Fが明星検車区に転属した後に2012年3月に富吉検車区へ所属変更されている[5]

新製時は明星検車区に配置され、2001年時点では後述の名古屋線ワンマン対応改造が施工されずに名古屋線系統を中心に運用されていた1242F・1259F - 1261F・1265F - 1269Fの内[4]、1260Fは2006年に高安検車区に転属したが2014年9月に富吉検車区に転属し[6]、1261Fが高安検車区に転属した[6]

奈良線所属編成は新製当時は全ての編成が西大寺検車区に配置されていたが[4]、後述の1020系・1026系(1035F以外の全ての4両編成)のワンマン改造・西大寺検車区への転属に伴って2004年までに1233F - 1237Fが東花園検車区に転属となっている。1277Fも後述の阪神直通改造に伴って2012年3月に東花園検車区へ所属変更された[5]

改造・更新[編集]

近鉄各路線のGTO-VVVFインバータ制御車両と同様に、以下の改造が順次施工されている。

  • 連結部の転落防止幌設置 (1231F - 1274Fのみ)
  • バリアフリー対応改造 (2017年4月現在、1252F - 1254F・1258F・1259F・1262F - 1277Fに施工[5][6][7][8])
    • ドアチャイムや車内案内表示器、ク1330形先頭連結部に連結部注意喚起スピーカーの設置
  • 車体側面のVVVFマーク撤去[2]
  • 簡易内装更新工事
    • 車内床材の交換
    • 座席モケット交換

名古屋線ワンマン運転対応改造
名古屋線所属の1230系列のうち、2017年4月現在で1231F・1232F・1240F・1259F・1265F - 1269Fの9編成にワンマン運転対応工事が施工されている[9][10]。改造内容は乗務員室運転士側窓ガラスの茶色化と車外スピーカー取り付け、運賃表示器と運賃箱の設置、車内通報装置の移設である。初期に改造された1231F・1232F・1240Fでは乗務員室仕切り窓の小型化が行われた。2000系1201系1201F - 1204Fとは異なり、車外スピーカーはクーラーキセに設置されている。
1233系1240Fと1253系1259F・1265F - 1269Fはワンマン改造によりそれぞれ1240系1259系に系列変更しているが[2][9][10]、1231Fや1232Fは元々2編成しか在籍しないため系列名変更は行われていない。1231F・1232Fは2000年11月に、1240Fは2001年4月に[2]、1259Fは2003年に[2]、1265F - 1269Fは2007年 - 2008年3月にかけて改造されている[2][9][10]。ワンマン表示については初期に改造された1231F・1232Fは方向幕に「ワンマン普通○○」の表示で運行しているが、1240F・1259F・1265F - 1269Fでは電光式ワンマン表示器で対応している。

阪神線直通対応改造
奈良線所属の1252系のうち、2017年4月現在で1271F - 1277Fの7本が阪神線相互直通運転対応となっている。改造内容は5800系の改造内容と同じで、バリアフリー改造がされていない車両は同時に車内案内表示器とドアチャイム、転落防止幌の設置が行われた。また、2008年8月に1253系1273F・1275Fが阪神尼崎車庫に陸送され試運転と乗務訓練が行われた[11]。乗り入れ対応編成は蝶々に類似したマークを前面運転台下窓と側面乗務員室扉横に貼り付けられている。2009年3月の相互直通運転開始時点では1271F - 1276Fのみ阪神直通改造がされていたが、2012年3月のダイヤ変更で阪神なんば線直通列車が増発されたことに伴って1277Fも追加で改造されている[5]。これら改造済み編成の系列名変更は行われていない。

近鉄1230系の簡易内装更新前の車内
近鉄1230系の簡易内装更新後の車内
床材と座席のモケットが変更されている
近鉄1240系1240Fのワンマン改造後に設置された運賃箱・運賃表示器(2015年1月現在、運賃表示器は液晶式に換装済)


事故[編集]

大阪線所属の1257Fは、2009年2月27日に大阪線東青山駅構内で発生した脱線衝突事故の影響で、車体や走行機器などが損傷した。特に電柱に激突したモ1257形の車体や台車、VVVFインバータ装置などが大きく破損[12]したため、修繕のために五位堂検修車庫にて長期休車になっていたが、2010年10月20日に営業復帰した。

アートライナー[編集]

  • 1231F:名泗コンサルタント(2009年4月 - 2014年12月)
  • 1243F:海岸漂着物啓発ラッピング(2014年8月 - 2015年3月[13]
  • 1248F:着信御礼!ケータイ大喜利 全国ツアーIN四日市(2015年5月20日運用開始 - 2015年8月[14]
    • 番組公式サイトの発表による運転区間は名古屋線・山田線・鳥羽線近鉄名古屋駅 - 鳥羽駅間とされていたが[15]、2015年6月4日から翌5日にかけて大阪線快速急行・急行・普通列車として大阪上本町駅まで入線している[16]

配置[編集]

2017年4月現在の配置検車区は以下の通り[3]

高安検車区
  • 1253F - 1257F・1261F
明星検車区
  • 1231F・1232F・1240F・1259F・1265F - 1269F
富吉検車区
  • 1242F・1243F・1247F・1248F・1260F
西大寺検車区
  • 1238F・1239F・1241F・1244F - 1246F・1249F - 1252F・1258F・1262F - 1264F・1270F
東花園検車区
  • 1233F - 1237F・1271F - 1277F

系列別分類[編集]

大阪線系統
 
← 大阪上本町
系列 編成名 電算名 ク1320 (Tc) モ1220 (Mc)
1220系 1221F・1222F・1223F VC21・VC22・VC23 1321・1322・1323 1221・1222・1223
1253系 1253F ・1255F - 1257F
1261F
VC53 ・VC55 - VC57
VC61
1353 ・1355 - 1357
1361
1253 ・1255 - 1257
1261
1254系 1254F VC54 1354 1254
名古屋線系統
 
← 近鉄名古屋
系列 編成名 電算名 ク1320 (Tc) モ1220 (Mc)
1230系 1231F - 1232F VC31 - VC32 1331 - 1332 1231 - 1232
1233系 1242F - 1243F
1247F - 1248F
VC42 - VC43
VC47 - VC48
1342 - 1343
1347 - 1348
1242 - 1243
1247 - 1248
1240系 1240F VC40 1340 1240
1253系 1260F VC60 1360 1260
1259系 1259F ・1265F - 1269F VC59 ・VC65 - VC69 1359 ・1365 - 1369 1259 ・1265 - 1269
奈良線系統
 
← 神戸三宮・大阪難波・京都
系列 編成名 電算名 モ1230 (Mc) ク1230 (Tc)
1233系 1233F - 1239F ・1241F
1244F - 1246F
VE33 - VE39 ・VE41
VE44 - VE46
1233 - 1239 ・1241
1244 - 1246
1333 - 1339 ・1341
1344 - 1346
1249系 1249F - 1251F VE49 - VE51 1249 - 1251 1349 - 1351
1252系 1252F・1258F
1262F - 1264F
1270F - 1277F
VE52・VE58
VE62 - VE64
VE70 - VE77
1252・1258
1262 - 1264
1270 - 1277
1352・1358
1362 - 1364
1370 - 1377

1020系[編集]

近鉄1020系電車
阪神直通対応改造後の近鉄1026系電車(2012年7月26日 富雄駅 - 学園前駅)
阪神直通対応改造後の近鉄1026系電車
(2012年7月26日 富雄駅 - 学園前駅
基本情報
製造年 1991年 - 1998年
運用範囲 近畿日本鉄道難波線大阪線奈良線京都線橿原線天理線生駒線
阪神電気鉄道本線阪神なんば線
主要諸元
編成 4両・6両編成
車体高 4,032 mm
台車 KD-96B・KD-96C(1025Fまで)
KD-306・KD-306A(1026F以降)
主電動機 MB-5035A(1027Fまで)
MB-5035B(1028F以降)
歯車比 5.73
制御装置 日立製VF-HR-123
保安装置 近鉄型ATS
阪神型ATS(6両編成のみ)
備考 電算記号:VL(4両)
VH(6両)
テンプレートを表示
近鉄1021系電車
(2009年6月12日 近鉄生駒線
近鉄1026系電車
(2006年7月30日 河内花園駅
近鉄1020系電車のVVVFインバータのロゴ
(2010年11月27日 王寺駅にて撮影)

1991年11月に登場した、日立製作所製GTO素子インバータ装置を採用する1230系列の4・6両編成仕様である[1][2]。電算記号は4両編成ではVL、6両編成ではVHである。1035Fで生産を終了したが、後年1030Fが欠番となっている(後述)。

増備車[編集]

1020系においても1026F以降の編成を1026系(1993年9月登場[1][2])と分類されている。4両編成の一部は後述のワンマン運転対応改造によって1021系1031系が登場している(この改造により1020系は形式名としては消滅[2])。

1996年8月以降の増備車では乗務員室仕切り窓が小型化された。1998年の増備車では当初から連結側に転落防止幌を装備し、乗降扉上部の雨樋設置・床面のノンスリップ加工が施されている。

走行機器・性能[編集]

基本設計は1230系1233F以降の車両に準拠するが、モ1096形のパンタは2基搭載されているのに対し[4]、モ1020形、モ1026形、モ1070形、モ1076形のパンタは1基として編成内に母線を引き通した[4][2]。これは集電装置間隔を30メートルに抑えるためである。

1026F以降の車両の変更点は、台車をボルスタレス台車に変更し、Tc・T車はディスクブレーキ(1軸1ディスク)を装備。補助電源装置もSIV(静止型インバータ)を東芝製GTO素子のBS-484Q形(70kVA)とし、編成内での補助電源引き通しを行うことにより故障の際のバックアップ機能を持たせてある点である[2]。また、サ1196形とモ1096形の間には簡易運転台が設けられている[4][2]

組成変更[編集]

2002年、1030Fの中間車サ1180・モ1080をそれぞれサ1196、モ1096に改番して1026Fに組み込まれた[2]。この2両には他のサ1196形とモ1096形と異なり簡易運転台は付けられていない[2]

残りの先頭の2両モ1030・ク1130はモ1277・ク1377に改番され、2両編成の1277Fとなり、1252系に編入された[2]。なおモ1096・モ1277には南大阪線6620系6621F母線引き通し工事で余剰となったパンタグラフを流用し、それぞれ1基ずつ追加してパンタグラフを2基とした。

製造直後の編成表
 
← 大阪難波・京都
近鉄奈良・橿原神宮前 →
系列 編成名 電算記号 モ1026 (Mc) サ1176 (T) モ1076 (M) サ1196 (T) モ1096 (M) ク1126 (Tc)
1026系 1026F
1030F - 1035F
VL26
VL30 - VL35
1026
1030 - 1035
1176
1180 - 1185
1076
1080 - 1085
    1126
1130 - 1135
1027F - 1029F VH27 - VH29 1027 - 1029 1177 - 1179 1077 - 1079 1197 - 1199 1097 - 1099 1127 - 1129
組成変更後編成表
 
← 神戸三宮・大阪難波・京都
近鉄奈良・橿原神宮前 →
系列 編成名 電算記号 モ1026 (Mc) サ1176 (T) モ1076 (M) サ1196 (T) モ1096 (M) ク1126 (Tc)
1026系 1026F - 1029F
1035F
VH26 - VH29
VL35
1026 - 1029 1176 - 1179 1076 - 1079 1196 - 1199 1096 - 1099 1126 - 1129
1035 1185 1085     1135
1031系 1031F - 1034F VL31 - VL34 モ1031 (Mc) サ1181 (T) モ1081 (M) ク1131 (Tc)
1031 - 1034 1181 - 1184 1081 - 1084 1131 - 1134

配置[編集]

2017年4月現在、在籍する全編成 (4両編成10本40両と6両編成4本24両) が西大寺検車区に配置されている[3]

改造・更新[編集]

近鉄各路線のGTO-VVVFインバータ制御車両と同様に、以下の改造が順次施工されている。

  • 車体連結部の転落防止幌設置
  • バリアフリー対応改造[5]
    • ドアチャイムおよび車内案内表示器の整備、ク1120形に連結部注意喚起スピーカーの設置[2]
  • 車体側面のVVVFマーク撤去[2]
  • 簡易内装更新
    • 座席モケットの交換
    • 車内床面の交換

1998年から1999年にかけて、1033Fにシングルアーム式パンタグラフを搭載した走行試験が行なわれたが[2]、現在は元の下枠交差形のパンタグラフに戻っている。その後、「シリーズ21」各系列や21020系以降の特急車両で採用された[2]

生駒線ワンマン運転対応改造
2004年3月の生駒線ワンマン運転化に伴い、4両編成車は当時東花園検車区所属であった1035Fを除き、生駒線のワンマン運転に対応した改造を施して1020系からの改造車は1021系[2]、1026系からの改造車は1031系に改番された(1035F以外は改造後順次、西大寺検車区所属に変更[2])。改造内容はクーラーキセに車外スピーカーの取り付けと、1021F - 1025Fでは乗務員室仕切り窓の小型化が行われた。

阪神線直通対応改造
2016年4月現在、1026系6連車の全編成が阪神線相互直通運転対応となっており、改造内容は5800系に準拠している。2009年3月の相互直通運転開始時点では1027F - 1029Fのみであったが[2]、2012年3月のダイヤ変更で阪神なんば線直通列車が増発されたことに伴って1026Fが追加で改造されている[5]。これら改造済み編成の系列名変更は行われていない。

アートライナー[編集]

運用[編集]

2両編成[編集]

  • 大阪線所属編成
  • 1220系1221F - 1223F
  • 1253系1253F・1255F - 1257F・1261F
  • 1254系1254F
主に大阪線系統を中心に2両編成単独および他形式併結の4両 - 10両編成で快速急行から普通まで幅広く運用されるほか、一部は急行の増結編成で名古屋線でも運用される。
  • 名古屋線所属編成
  • 1230系1231F・1232F
  • 1233系1242F・1243F・1247F・1248F
  • 1240系1240F
  • 1253系1260F
  • 1259系1259F・1265F - 1269F
名古屋線系統を中心に、ワンマン運転対応車両は志摩線でも運用される。急行・準急の増結車の他、2両編成単独で準急や普通でも運用されている。一部運用は急行系列車の増結編成で大阪線大阪上本町駅に乗り入れる。大阪線急行の間合い運用は原則として富吉検車区所属編成が使用され、明星検車区所属編成の大阪線運用は滅多にない。大阪線所属車の車両不足やダイヤ混乱の際は大阪線でも運用される。
  • 奈良・京都線所属編成
  • 1233系1233F - 1239F・1241F・1244F - 1246F
  • 1249系1249F - 1251F
  • 1252系1252F・1258F・1262F - 1264F・1270F - 1277F
原則として他形式併結で運用されており、京都・橿原・天理線では4両・6両編成で急行から普通列車まで、奈良線では6両 - 10両編成で種別を問わずに運用されている。

4両編成[編集]

  • 1021系1021F - 1025F
  • 1026系1035F
  • 1031系1031F - 1034F
京都線系統では単独4両及び2両編成を連結した6両編成で運用され、奈良線では同系や他車併結の6両 - 10両編成で運用されている。ワンマン対応編成は生駒線の全列車にも使用されている[2]

6両編成[編集]

  • 1026系1026F - 1029F
5800系および5820系、9820系と共通運用で、奈良線および阪神線直通列車を中心に運用されているが、基本的に京都線・橿原線・天理線も含めた運用をしているため京都線系統でも運用されている。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 仮称1230系→1233系はこれまで8000番台が原則であった奈良線区に初めて直接的に投入された8000番台以外の4桁での形式でもある。
  2. ^ a b 後にディスクブレーキは1枚に改められている
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o カラーブックス「日本の私鉄 近鉄2」p.18 - p.24・p.29・p.128(著者・編者 諸河久・山辺誠、出版・発行 保育社 1998年) ISBN 4586509058
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 『近畿日本鉄道完全データ』 p.53 - p.56・p.59・p.67・p.70 (発行 メディアックス 2012年) ISBN 9784862013934
  3. ^ a b c 鉄道ファン』2017年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2017 車両配置表」
  4. ^ a b c d e f g カラーブックス「日本の私鉄 近鉄2」p.142 - p.145・p.148・p.149(著者・編者 諸河久・山辺誠、出版・発行 保育社 1998年) ISBN 4586509058
  5. ^ a b c d e f 『鉄道ファン』2012年8月号 交友社「大手私鉄車両ファイル2012 車両データバンク」
  6. ^ a b c 『鉄道ファン』2015年8月号 交友社「大手私鉄車両ファイル2015 車両データバンク」
  7. ^ 『鉄道ファン』2016年8月号 交友社「大手私鉄車両ファイル2016 車両データバンク」
  8. ^ 『鉄道ファン』2017年8月号 交友社「大手私鉄車両ファイル2017 車両データバンク」
  9. ^ a b c 『鉄道ファン』2007年9月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2007 車両配置表&車両データバンク」
  10. ^ a b c 『鉄道ファン』2008年9月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2008 車両配置表&車両データバンク」
  11. ^ 近鉄1252系,阪神線内で試運転 鉄道ニュース|2008年9月2日掲載|鉄道ファン・railf.jp
  12. ^ http://www.mlit.go.jp/jtsb/railway/rep-acci/RA2010-1-2.pdf 鉄道事故調査報告書
  13. ^ 近鉄名古屋線で「海岸漂着物啓発ラッピング電車」運転|鉄道ニュース|2014年8月29日掲載|鉄道ファン・railf.jp
  14. ^ 近鉄名古屋線に「ケータイ大喜利」ラッピング車登場 鉄道ニュース|2015年5月21日掲載|鉄道ファン・railf.jp
  15. ^ NHK 着信御礼!ケータイ大喜利 全国ツアーIN四日市 番組公式サイト、2015年6月7日閲覧
  16. ^ 近鉄大阪線に「ケータイ大喜利」ラッピング車が入線 |鉄道ニュース|2015年6月6日掲載|鉄道ファン・railf.jp

参考文献[編集]

  • 「鉄道ダイヤ情報」2009年4月号(交通新聞社)
  • 「鉄道ピクトリアル」2003年1月臨時増刊号(電気車研究会)
  • カラーブックス「日本の私鉄 近鉄2」p.18 - p.24・p.29・p.128・p.142 - p.145・p.148・p.149(著者・編者 諸河久・山辺誠、出版・発行 保育社 1998年) ISBN 4586509058
  • 『近畿日本鉄道完全データ』 p.53 - p.56・p.59・p.67・p.70 (発行 メディアックス 2012年) ISBN 9784862013934
  • 交友社『鉄道ファン』
    • 付録小冊子「大手私鉄車両ファイル 車両配置表&データバンク」 2007年9月 - 2017年8月発行号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]