四日市鉄道デ50形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四日市鉄道デ50形電車(よっかいちてつどうデ50がたでんしゃ)は、現在の近鉄湯の山線を開業させた四日市鉄道が1928年に導入した、特殊狭軌軽便鉄道)用荷物合造制御電動車。その後の経緯により、最後は近鉄モニ210形電車となった。

本項では同時に製造され、ほぼ同様の経緯を辿った付随車四日市鉄道60形電車(よっかいちてつどう60がたでんしゃ、最終形式は近鉄モ240形電車)についても併せて解説する。

経歴[編集]

デ50形[編集]

1928年に田中車輛(現、近畿車輛)でデ51 - デ54の4両が製造された。前面は3枚の均等な幅の窓で構成される非貫通形で両運転台、側面の窓配置は 1D1D8D1(最初の D が荷物室用扉)、前面・側面とも一段下降窓である。窓の上下にウィンドウ・シル/ヘッダーで補強がされているが、シルは上辺に淵の付いた段付きシルで、ヘッダーともどもリベット止めである。側面の扉及び戸袋の部分は裾の高さを若干下げているが、これは他の近鉄特殊狭軌線で使用された車両にないものである。屋上の通風器は、いわゆるおわん形と呼ばれるものである。

主電動機は当初各車とも22.5kWのものを2個装備していた。また、主制御器はゼネラル・エレクトリック製の直接制御式GE-120形を使用しており、これは廃車時まで変わらなかった。

形式称号は1931年に四日市鉄道が三重鉄道(現在の内部八王子線を開業させた事業者)に合併された際にデハニ50形に変更されたが、番号は 51 - 54 のままであった。1944年三重交通発足時に同社三重線(湯の山線と内部・八王子線の総称)のモニ211形モニ211 - モニ214となった。1964年の三重交通の鉄道部門分離による三重電気鉄道への異動を経て、翌1965年の近畿日本鉄道(近鉄)への合併によりモニ210形(番号は変更なし)となった。

製造当初からの改造点として、集電装置を両端に装備したトロリーポールから荷物室側に装備したパンタグラフへの変更、前照灯の前面中央窓下(いわゆる「おヘソライト」)から前面中央屋根上への移動、尾灯の1灯から2灯への増設と丸形引っ掛け式(いわゆる「ガイコツテール」)から丸形外はめ式への変更、車内灯の白熱灯から蛍光灯への変更、ブレーキの直通ブレーキから自動空気ブレーキへの変更、1978年に実施した連結器ピン・リンク式連結器から自動連結器への変更がある。また、主電動機も1951年に2個から211・212が30kWのもの、213・214が28kWのものを各車4個に増強されたが、後に30kWのものに統一されている。

60形[編集]

デ50形と同年に田中車輛で製造された同形態の後付付随車(用途としては客車を兼ねる)で、61の1形式1両のみ。窓配置は妻面がデ50形と同様の3枚窓、側面は 1D5 5D1 である。車体に関する部分では、ウィンドウシル/ヘッダーや側面扉周り、通風器の形状もデ50形と同様である。三重鉄道への併合時に番号はそのままで形式称号はサハ61形に変更されている。三重交通発足時にサ371形サ371となったが、1951年サ440形サ442の電装化(モ260形モ260。後の近鉄モ230形モ231)の際に余剰となった台車を流用して[1]、電装・両運転台化され、制御電動車のモ240形モ240となった。そして近鉄への編入時に形式称号はそのままで番号のみモ241に変更されている。

その後の経緯[編集]

1965年の三重電気鉄道の近鉄への合併当時はモニ210形が内部・八王子線の電動車では最大両数の形式であり[2]、主力として使用されていた。1977年に北勢線の近代化用に270系が導入された際、余剰となった北勢鉄道・三重交通系の車両[3]が内部・八王子線に転属し、代替として松阪鉄道系車両全車[4]サ150形5両(サ158 - サ162)とともにモ240形が廃車となった。モニ210形はその後も継続して使用されたが、1982年260系導入による近代化でモニ220形2両(モニ225・モニ226)やサ150形7両(サ151 - サ157)とともに4両とも廃車となった。廃車後は全て解体されており、現存するものはない。

主要諸元[編集]

データは参考文献による。

  • 車体構造 - 半鋼製
  • 最大寸法(長さ×幅×高さ):11,470mm×2,134mm×3,680mm
  • 自重 - 15.2t
  • 定員 - 60人(モニ210形は座席20人、モ240形は座席28人)
  • 主電動機 - 30.0kW×4
  • 駆動方式 - 吊掛式
  • 定格引張力 - 1300kg(モニ211・212は1430kg)
  • 定格速度 - 30.5km/h(モニ211・212は31.0km/h)
  • 歯車比 - 5.21
  • 制動方式 - SME(モ240形)、AMA(モニ210形)
  • 台車 - 日本車輌製C型

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サ442の電装化に際しては電装品とともに新製の台車が使用されている。サ440形は当初から電装を前提とした設計で、同系電動車のモニ201形(後の近鉄サニ110形)と同形の台車を使用していた。一方、サ371の台車は元々客車用のため、電装が困難であった。
  2. ^ 当時の内部・八王子線の電動車はモニ210形4両、モニ220形2両(モニ228・モニ229)、モ230形1両(モ231)、モ240形1両。
  3. ^ モニ220形3両(モニ225 - モニ227)、サ150形7両(サ151 - サ157)、サ130形1両(サ133)の計11両。
  4. ^ モ230形1両(モ231)、サ120形(初代)1両(サ121)、サニ110形3両(サニ111 - サニ113)の計5両。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]