近鉄1480系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
共通事項
基本情報
製造所 近畿車輛
主要諸元
編成 3両編成 [1]
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 110 km/h
起動加速度 基本編成時:3.2 km/h/s
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
全長 62,160 [1] mm
車体長 20,720 [1] mm
全高 4,150 [1] mm
車体材質 普通鋼 [1]
台車 近畿車輛製シュリーレン式金属バネ台車
主電動機 MB-3020系 [1]
主電動機出力 125kW [1]
駆動方式 WNドライブ [1]
歯車比 5.47 [1]
編成出力 1000kW
制御装置 三菱電機製単位スイッチ式抵抗制御
制動装置 電磁直通ブレーキ (HSC-D)
抑速発電制動付) [1]
保安装置 近鉄型ATS列車選別装置列車無線装置
テンプレートを表示

1480系電車(1480けいでんしゃ)とは、近畿日本鉄道大阪線の電車(一般車両)である。

本項では、2470系電車鮮魚列車専用車に改造された1481系電車も含め紹介する。

概要[編集]

近鉄標準軌線でも特に長距離の急勾配区間を擁する大阪線は、大部分の区間で抑速制動の装備を必要としており、同線で運用される車両については全電動車方式か、高出力の主電動機を搭載して編成中の電動車比率を高めにしなければならないという制約があった。当時の大阪線は沿線の宅地開発が著しく、急増する輸送量に対応するために1954年から1957年にかけてモ1450形1460系といったWNドライブ・片側3扉車体を採用した通勤用一般車を製造して大阪線に投入した。しかしながら、片側3扉車体を以ってしても激増する利用客数には対応しきれず、南大阪線6800系の車体設計を踏襲した1470系1959年に投入し、勾配区間が少なく比較的平坦な上本町駅 - 河内国分駅間の普通列車を中心に使われた[* 1]。この運用実績から、河内国分以東伊勢方面への直通列車にも使用できるよう、出力向上を図りながら付随車も連結するようにしたのが1480系・2470系である[1][2]

1480系[編集]

近鉄1480系電車
ク1591 1987年8月 高安車庫
ク1591 1987年8月 高安車庫
主要諸元
編成定員 520名 [1]
車両定員 Tc車:170名
M車:180名
Mc車:170名 [1]
車体幅 2,740 [1] mm
車体高 Tc車 (ク1580形):4,037mm
Tc車 (ク1590形):3,990mm
M車:4,037mm
Mc車:4,150 [1] mm
台車 Tc車 (ク1580形):KD-30C
Tc車 (ク1590形):KD-58A
M車・Mc車:KD-36C/KD-30B [1]
主電動機 MB-3020D [1]
制御装置 ABFM-171-15MDHA [1]
テンプレートを表示

1961年に1470系の改良増備型として登場[1]。編成はモ1480形(偶数、Mc)- モ1480形(奇数、M)をユニットとして固定し、これにク1580形(Tc)またはク1590形(Tc)を連結する編成となった[1]。ク1590形は増結用で電動発電機を装備し、平坦区間では電動車と制御車が2両ずつの4両編成として運行可能とした[1]

モ1480形(奇)は、近鉄の高性能通勤車としては初めての中間電動車で、連結部の窓の割り付けが左右対称となっており、以降に製造された通勤型とは異なっている。以後に登場した通勤型の中間車は、一方の連結部長さが長く2連窓になった。これは制御車の寸法に合わせたためであり、中間車と制御車で割り付けを変えているのは、本系列だけの特徴である[* 2]

車内設備は、座席はロングシートで、色はエンジ色である。ドア横の立席スペースが広く取られているため、他の統一規格車と比べて座席定員は先頭車・中間車とも48名と少ない(他の統一規格車は58 - 64名)[1]。冷房装置は搭載せず、押し込み型通風器を屋根上に設けた。貫通路はモ1480形(奇)-モ1480形(偶)のユニット間は広幅、他は狭幅としているが、2・3次車はすべて広幅である。ク1581 - ク1583の3両はトイレを装備し、団体専用列車や長距離列車にも使用できた[1]

1961年から1966年にかけて3両編成9本27両、ク1590形5両 (3次製造分) の計32両が製造され[1][2]、その後の大阪線用3両編成の新製車は2430系に移行した[* 3]

主要機器[編集]

駆動方式はWNドライブであるが、電動機三菱電機製125kWモーターのMB-3020Dを装備する[1]。これは先行して落成した10100系名古屋線1600系と同一で、歯車比は5.47としている。制御装置は1C8M制御の三菱製単位スイッチ式抵抗制御でモ1480形(奇)に搭載した[1][2]台車近畿車輛製シュリーレン式金属バネを装着するが、新造品であるKD-36CやKD-56A、10100系から流用したKD-30C・KD-30Bを装着する車両が混在している。集電装置はMc車に1台搭載した(1487Fから2台装備に変更、既存車も同様に増設[1])。ブレーキ(制動)方式は発電および抑速併用電磁直通ブレーキである[2]。空気圧縮機と電動発電機はMc車に搭載する[1]。また、125kWモーターの2M1T編成という構成は後年も特急車の機器を流用した2470系2680系2000系1000系1010系(2000系、1000系、1010系は132kWに増強)に受け継がれ、制御装置などは20100系にも共通で採用された。

改造[編集]

トイレ付きであるク1581 - ク1583の3両は1966年に名古屋線急行用に転用され、1600系に編入し、形式をク1780形に変更した[1]。のちには運転台を撤去してサ1780形となった。また、この時期に塗装は製造時のベージュに青帯からマルーンレッド1色に改められた。

1969年にはATSの設置工事を行い、運転台の形状を近鉄共通仕様に変更した。また、ク1588・1589の2両は電動発電機を装備してク1596・1597に改番されている。

1982年から冷房装置(集約分散式4台)の取り付けと車体更新工事を行い、方向幕を装備し、3両固定編成化された。3両固定編成化時には、ク1580、1590形のほかに、ク2580形(2470系=後述)、ク2590形(2410系)との連結も行われた一方で、ク1590形のク1592 - ク1595の4両が運転台を撤去して2代目サ1550形サ1553 - サ1556となり、2430系のうち、3両編成であった2433F - 2436Fの中間に連結されるようになった。ク1590形で残った車両も電動発電機を撤去しているが、改番は行われていない。また、車齢は高かったものの、1989年に1483F・1485Fが車体更新と冷房改造を施工している。

1986年からは車体塗装をマルーンレッド1色からシルキーホワイトを追加した2色塗装に順次改めた。3両1編成は後述する鮮魚列車専用車に改造された。

廃車[編集]

1988年に1487F・1489Fの6両が冷房化されずに廃車、ク1581 - ク1583を改造したサ1780形も同様に1989年に廃車となった。それ以外は1997年から1999年にかけて全車両が廃車となった。

1481系(鮮魚列車)[編集]

1481系 2代目鮮魚列車

1480系のうち3両を1989年に鮮魚列車専用車に改造したものである[3]。従来の車両が老朽化したために代替として選ばれたもので、編成はモ1482 - モ1481 - ク1591の3両編成で、形式も変更となった[3]

鮮魚列車は伊勢方面から大阪魚介類を運ぶ行商人のために運転されている列車で、魚の臭いなどのために専用車が充てられている[3]。改造種車は非冷房だったため、冷房化改造(集約分散式3台)を行ったほか[3]、長距離を走るためク1591には便所(和式)を設置した[3]。車内は網棚などの改造も行ったが座席はロングシートのままである。塗装は、マルーンレッドを基調として窓下に白の2本線を入れたデザインとして一般の車両と区別した[3]。なお、方向幕はなく行先板(急行列車と同じデザイン。停車駅は一部異なるが種別上も急行の扱い)を掲示して運行した[3]。検査代走は2610系などで行われた。2001年に2680系2683Fに代替されて廃車となった。

2470系[編集]

近鉄2470系電車
近鉄2470系(久居駅にて)
近鉄2470系(久居駅にて)
主要諸元
編成定員 530名 [1]
車両定員 Tc車・Mc車:170名
M車:190名 [1]
車体幅 2,709 (ク2583のみ2,740mm) [1] mm
車体高 Tc車:4,037mm
M車:4,037mm
Mc車:4,150 [1] mm
台車 Tc車:KD-30C[1]
Tc車 (ク2583のみ):KD-60A[1]
M車:KD-51G[1]
Mc車:KD-51G[1]
主電動機 MB-3020DE [1]
制御装置 ABFM-178-15MDHA [1]
テンプレートを表示

1966年に登場[2]。1480系の増備タイプであるが、車両番号が不足することから系列が変わったものである[1]。また、窓配置の変更や機器流用などの変更点もある。

編成はモ2470形(偶、Mc)-モ2470形(奇、M)-ク2580形(Tc)の3両編成である[1][2]。当初はク2580形は切り離せるようになっていた。ただし、1968年製造のモ2470形は2両ずつなのに対し、ク2581形・ク2582形は先立つ1966年に製造され、ク2583形は1968年に製造された[2]。これは、ク1580形の3両をク1780形に改造したことに伴う補充分である[1][2]。合計7両が製造され、以後の3両編成の増備は2430系に移行した[* 3]

車体は、両先頭車は1480系や1600系の設計を踏襲するが、中間車のモ2470形(奇)がモ1480形(奇)と異なって前後が非対称になり、側面窓は一方が2連窓となった。これに伴って座席配置も変更されている。この中間車の窓配置は以後の抵抗制御車両はもとより、車体デザインが変更された1400系・2050系・1200系サ1380形8810系・9200系までの界磁チョッパ制御車両にも引き継がれ、1986年に車体設計を大きく変更したVVVF制御車両が登場するまでの約20年にわたる近鉄一般車両の中間車の車体設計基礎を確立した。

主要機器[編集]

駆動方式はWNドライブで主電動機は三菱電機製125kWモーターを装備するが、これは10400系が出力向上改造をした際の発生品を流用したもので[1][2]、電動車の台車も同系が使っていたものの枕バネを空気バネから金属バネに交換したKD-51Gを装着する[1]。制御車は初期の2両は10100系から流用したKD-30Cである一方でク2583の台車は2400系と同一の新造品であるKD-60Aが用意された。制御装置は1480系と同一の新造品で、戦前以来続く大阪線車両の単位スイッチ式制御装置は、本系列が最後となった。ブレーキ(制動)方式はHSC-D型(発電制動・抑速制動付き)である[2]

改造[編集]

1979年に冷房化改造と固定編成化が行われた。1985年と1986年に分けて、方向幕の取り付けや車体更新工事も行われている。

廃車[編集]

2002年までに全車両が除籍・廃車解体され、現存しない。なお、2001年に廃車された2472Fは、末期に1480系との組み換えで2410系Tc車(ク2591形)を組み込んだ[* 4]

運用[編集]

1480系・2470系共に片側4扉車体で高出力主電動機を用いた高加速・高速運転性能を遺憾なく発揮して大阪線全線で運用され[1]、河内国分以西の平坦区間では、ク1590形・ク2580形を増結した2M2T編成でも運用された[* 5]。大阪線の最小編成両数が4両編成となった90年代以降は3両編成の運転が多い名古屋線系統の普通列車でも運用された。なお、1600系の増結用に転用されたク1581 - ク1583→ク1781 - ク1783は2600系・2610系と共に名古屋線急行に重用された。それ以外の基本仕様車は鮮魚専用車両に転用された編成を除き、追加のトイレ設置改造は行なわれなかったため、長距離急行に充当される場合は原則として3両編成車でトイレを備えた2680系と併結して運用された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この区間をほぼ専属で使用されたこれらの形式は「区間車」と称された。
  2. ^ 本系列よりも先行して落成した6800系や1600系は全車両が2両編成ないしは増結用の制御車(1600系のみ)・制御電動車として製造されたために当初から中間車として製造された車両は存在しない。
  3. ^ a b 本系列に準拠した機器構成や3両編成を基本とした編成形態などを勘案すれば、廃車発生品の流用ではあるが類似した主電動機を搭載した抵抗制御車である2680系2000系も本系列の冷房装置搭載仕様とした増備型に該当する。
  4. ^ ク2591も同時に廃車されている。
  5. ^ 1480系や2470系の場合、MT比が2:1以上でなければ青山越えの運用には入ることができないため、4両編成に組成した場合は、当時配置されていたいわゆる「大阪線区間車」(河内国分以西の大阪線近郊区間のみで運用される車両)の運用に入るようにしていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as ネコ・パブリッシング 復刻版 私鉄の車両13 近畿日本鉄道Ⅱ (通勤車他) p.36・p.166・p.167 ISBN 4-87366-296-6
  2. ^ a b c d e f g h i j カラーブックス「日本の私鉄 近鉄2」p.55(著者・編者 諸河久・山辺誠、出版・発行 保育社 1998年) ISBN 4586509058
  3. ^ a b c d e f g カラーブックス「日本の私鉄 近鉄2」p.44(著者・編者 諸河久・山辺誠、出版・発行 保育社 1998年) ISBN 4586509058

参考文献[編集]

  • カラーブックス「日本の私鉄 近鉄2」p.44・p.55(著者・編者 諸河久・山辺誠、出版・発行 保育社 1998年) ISBN 4586509058
  • ネコ・パブリッシング 復刻版 私鉄の車両13 近畿日本鉄道Ⅱ (通勤車他) p.36・p.166・p.167 (著者:飯島厳・藤井信夫・井上広和 編集者:名取紀之 発行人:笹本健次 発行所:ネコ・パブリッシング 2002年)ISBN 4-87366-296-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]