近鉄1400系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
共通事項
基本情報
製造所 近畿車輛
主要諸元
電気方式 直流1,500V
車体長 20,720[1][2] mm
車体幅 2,740[1][2] mm
全高 4,150[1][2] mm
車体高 4,055[1][2] mm
駆動方式 WNドライブ[1]
制御装置 界磁チョッパ制御
制動装置 電磁直通ブレーキ
形式:HSC-R[1]
保安装置 近鉄型ATS
テンプレートを表示

近鉄1400系電車(きんてつ1400けいでんしゃ)とは、近畿日本鉄道(近鉄)の保有する一般車両(通勤形電車)の一系列である。

本項では1200系電車(2代)及び1201系電車2050系電車6600系電車についても記述する。

概要[編集]

1970年代後半当時、近鉄においても省エネルギーに優れた一般車を投入する計画が登場し、1978年から1980年にかけて界磁位相制御を採用した8800系電機子チョッパ制御ステンレス車体を採用した3000系奈良線京都線に試験投入した[1][2][3]。しかし、従来車の車体・機器設計と制動方式を応用した8800系と、新設計車体や新技術に電気指令式ブレーキを採用した3000系では運用面・製造コストに大きな差があり[1][2]、製造コストを低く抑えつつ高速運転に適し、車体設計や機器面で大阪線名古屋線、奈良線と共用可能な一般車の開発が進められた[1]1981年2月に後述の1400系1401Fを界磁チョッパ制御車の試作車として大阪線に投入し、試験結果は良好であったため界磁チョッパ制御車を全線に展開すべく、さらに増備が進められた[1][2]。それが1200系・2050系であり、その南大阪線吉野線仕様車である6600系に続いている[1][2][3]

1400系[編集]

近鉄1400系
近鉄1400系1407F
近鉄1400系1407F
主要諸元
編成 4両編成(Tc - M - M - Tc)
軌間 1,435 mm
最高運転速度 110 km/h
全長 82,880 mm
台車 KD-88・KD-88A[1][2]
主電動機 直流複巻電動機MB-3270-A[1][2]
主電動機出力 160kW[1][2]
歯車比 4.72[1]
編成出力 1,280kW
制御装置 三菱電機FCM-214-15MRDH[2]
テンプレートを表示

1981年2月に登場した4両編成の界磁チョッパ制御車両で、4編成16両が製造された[1][2][3]大阪上本町寄りからク1500形(奇数・Tc1)-モ1400形(奇数・M1)-モ1400形(偶数・M2)-ク1500形(偶数・Tc2)で4両編成を組成する[3][4]。電算記号はFC (0番台) [2]

主要機器・性能[編集]

1C8M制御の三菱電機製界磁チョッパ制御装置と回生ブレーキおよび抑速ブレーキ併用電磁直通ブレーキを採用[1][2][3][4]主電動機は直流複巻整流子電動機のMB-3270-Aを装備し、出力は160kW[1][2]。歯車比は4.72である。台車は両抱き踏面ブレーキ式のKD-88形を採用[1][2]。パンタグラフは下枠交差型をモ1400形奇数車に2基搭載[1]。1401Fでは電動発電機圧縮機共にク1500形奇数車に設置されていたが、1403F以降はク1500形偶数車に圧縮機を設置した[1]。性能面では、最高速度110km/hを確保している。

車体デザイン[編集]

車体は断面形状を大きく変更され、肩部のRを小さくして切妻に近い断面となり、軽量化が図られた[1][2]。前面も従来車とは大幅に変更して、窓上部の前照灯の周りにはステンレスの飾り板が付けられ、通過標識灯尾灯も新型のものに変更されている[1][2]。1405F以降は製作当初から側面に方向幕を設置した[3]

車内インテリア[編集]

車内は新仕様の化粧板を採用し、座席はロングシートである[4]1984年製造の1407Fではク1508にトイレを装備して製造された[1][3][4]

改造[編集]

2000年から2003年にかけて車体更新が行われ、1407Fでは各車両車内連結側の車椅子スペース整備[4]、トイレの洋式化・処理方式の真空式化・窓の封鎖も行われている。後年、全編成に車体連結部の転落防止幌設置も行われた[4]

配置[編集]

2018年4月現在、1401F - 1405Fが高安検車区[5]、1407Fが富吉検車区に配置されている[5]。なお、1998年4月時点では全編成が高安検車区に配置されていた[3]

運用
  • 高安検車区 1401F - 1405F
主に大阪上本町駅 - 青山町駅間で快速急行から普通列車まで単独4両編成及び他車併結の6両 - 10両編成で幅広く運用されているが、ダイヤ混乱時には青山町駅以東でも運用される。
  • 富吉検車区 1407F
2610系2800系改造L/Cカー5800系5812F1200系1211F・1212Fと共通運用で、他形式の2両編成車と併結した6両編成で近鉄名古屋駅 - 鳥羽駅間の急行を中心に運用されている。
2017年度までは大阪線で使用されており[6]、は2610系(ロングシート車)および2800系2817Fと共通運用で、上記の高安検車区所属編成による運用の他に快速急行や急行鳥羽線鳥羽駅に乗り入れていた。2610系と異なり、鮮魚列車の代走には起用された実績はない。

アートライナー[編集]

1201系[編集]

近鉄1201系電車
1201系1201F
1201系1201F
主要諸元
編成 2両編成(Tc - Mc)
軌間 1,435 mm
最高運転速度 110 km/h
自重 Mc:39.5 t (新造時)
Tc:36.0 t (新造時) [1]
全長 41,440 mm
台車 Mc車:KD-88[2]
Tc車:KD-88A/KD-78A[1][2]
主電動機 三菱電機MB-3277-AC[1][2]
主電動機出力 160kW[1][2]
歯車比 4.72[1]
編成出力 640kW
制御装置 三菱電機FCM-214-15MRDH[2]
テンプレートを表示

1982年に登場した2両編成の界磁チョッパ車[1][2][3]1200系1201F - 1210Fとして落成し、当時2両編成で名古屋線系統のローカル運用に多用されていた2250系の代替を兼ねて1983年までに10編成20両が登場した[1][2][3][* 1]名古屋寄りからク1301形 (Tc) - モ1201形 (Mc) で2両編成を組成する[1][2][3]。電算記号はRC (0番台) [2]。2018年4月現在の配置は明星検車区[5]

車体[編集]

車体と車内設備は1400系に準じているが、1205F以降は製作当初から側面に方向幕を設置した[3]。1983年製造の1207F以降は車内内装材のデザインが変更されている。

主要機器[編集]

1C4M制御の三菱電機製界磁チョッパ制御装置を採用、回生ブレーキ併用電磁直通ブレーキと抑速回生ブレーキを備え[1][2]、主電動機は1400系のMB-3270Aを1C4M用に仕様変更したMB-3277ACを搭載する[1][2]。集電装置はMc車に2基搭載された[1][2][3]。台車は1400系と同一設計のKD-88であるが、1982年製の1202F - 1206Fのク1300形には廃車となった2250系のKD-78A形台車が流用されている[1][2]

改造[編集]

車体更新

2000年から2003年にかけて1400系と同様の車体更新が行われ[2]、車体連結部の転落防止幌設置、1209F・1210Fは車内連結側に車椅子スペースが整備された。

ワンマン対応改造

車体更新と並行してワンマン運転対応改造が行われ[2]、客室内運転席側の座席を撤去の上、新たに運賃箱と運賃表示器を設置した。なお、ワンマン表示については編成によって方向幕の「ワンマン普通○○」表示と電光式ワンマン表示器が混在している。これらワンマン対応編成は1201系に正式系列名を変更している[2][4][* 2]

運用[編集]

登場時から名古屋線を中心に運用されており[1]、快速急行・急行の増結編成として大阪線でも運用されていた。ワンマン対応改造後の数年間は名古屋線白塚駅山田線宮町駅 - 志摩線賢島駅間の運用が多かったが、ワンマン対応編成が増備[* 3]された2008年ダイヤ変更以降は、名古屋線の準急・普通列車(車掌乗務)、急行の増結車運用も増加している[2]

1200系[編集]

近鉄1200系電車
1200系1211F
1200系1211F
主要諸元
編成 4両編成(Tc - M - T - Mc)
軌間 1,435 mm
最高運転速度 110 km/h
自重 Mc車:39.5 t
T車:36.0 t [1]
編成長 82,880
台車 T車・Mc車:KD-88A・KD-88[1][2]
Tc車・M車:KD-66C・KD-66F
主電動機 MB-3277-AC(モ1200形) [1][2]
MB-3110-A(モ2450形)
主電動機出力 160kW(モ1200形)[1][2]
155kW(モ2450形)
歯車比 モ1200形:4.72[1]
モ2450形:4.61
編成出力 1,260kW
制御装置 三菱電機FCM-214-15MRDH [2]
テンプレートを表示

製造までの経緯[編集]

1984年に製造された1200系最終増備車の1211F・1212Fはサ1380形 (T) - モ1200 (Mc) で登場し[1][2][3]、在来型の2410系・2430系の冷房化と同時に同系と組成されたため、編成中で車体断面や前後の正面形状が大きく異なり、長距離運用を考慮してサ1380形にトイレ(和式の貯蔵タンク式)を設けている[1][2][3]

基本編成の1201F - 1210Fがワンマン改造により1201系に改称されているため、現在はこの4両のみが正式形式を1200系と称する[2][4]。近鉄名古屋・大阪上本町寄りから、ク2590形 (Tc)  - モ2450形 (M)  - サ1380形 (T)  - モ1200形 (Mc) で4両編成を組成する[1][2][3]。電算記号はFC92・FC93[2]。2018年4月現在の配置は富吉検車区[5]

主要機器[編集]

主電動機や台車、制御装置、歯車比、集電装置と補機類の配置は1201F - 1210Fと同一である[1][2]。1C4M(モーター4台制御)編成であるため、回生ブレーキの有無を除けば、編成を組む2430系モ2450形と性能・運用面での不均衡はない。

運用[編集]

大阪線時代

登場時は高安検車区に配属され、上本町駅(現・大阪上本町駅) - 青山町駅間の普通列車を中心に、乙特急より停車駅が少ない臨時列車高速・伊勢志摩号」に使用されることもあった[1][3]2002年に富吉検車区に転属している[2]

名古屋線転属後

名古屋線転属後は、2610系・2800系改造L/Cカー及び5800系5812F、1400系1407Fと共通運用で、他形式2両編成車と併結した6両編成で近鉄名古屋駅 - 鳥羽駅間の急行を中心に運用されており[2]、繁忙期には団体貸切列車として志摩線などの定期運用が無い線区にも入線する事がある[2]。特に、2009年以降は志摩線活性化の一環として、「ペンギン列車」[7]、「サイクルトレイン」[8]といった臨時・団体列車で志摩線へ乗り入れる機会が多くなっている。

改造[編集]

2003年から2004年2月にかけて1400系1407Fと同内容の車体更新が行われたが[2]、トイレは従来の和式で存置され、窓の封鎖と室内改修に留まっている。

2050系[編集]

近鉄2050系電車
近鉄2050系2051Fアートライナー
近鉄2050系2051Fアートライナー
主要諸元
編成 3両編成(Tc - M - Mc)
軌間 1,435 mm
最高運転速度 110 km/h
自重 Mc・M車:38.5 t (新造時)
Tc車:34.0 t (新造時) [1]
台車 KD-88・KD-88A[1][2]
主電動機 三菱電機MB-3270-A[1][2]
主電動機出力 160kW[1][2]
歯車比 4.72[1]
編成出力 1,280kW
制御装置 三菱電機FCM-214-15MRDH[2]
テンプレートを表示

1983年に登場した3両編成の界磁チョッパ制御車両[2][4]。大阪・名古屋寄りからク2150形 (Tc) - モ2050形(奇数・M)- モ2050形(偶数・Mc2)で3両編成を組成する[1][2][3]。2編成6両が製造された[1][2][3]。電算記号はRC (RC51・52) [2]

車体・主要機器[編集]

1200系とは異なりM - Mcでユニットを組成し、主電動機と制御装置、台車、歯車比、ブレーキ方式は1400系と同一である[1][2][3]。車体と車内設備は1200系1207F以降に準じた新しい車内内装材デザインを採用した。全編成製作当初から側面に方向幕を設置している[3]

運用[編集]

登場時は1480系2430系などの冷房化、車体更新工事の関係で大阪線上本町駅 - 青山町駅間を中心に運用されていたが[1][2][3]1990年 - 1991年に富吉検車区に転属し[2][3][4]2012年3月20日付で明星検車区へ所属変更された[2][9]

2018年4月現在は明星検車区に配置され[5]、主に名古屋線の準急・普通列車を中心に運用されている[2]

改造[編集]

2002年に1200系と同様の車体更新が行われた[2]

アートライナー[編集]

  • 2051F:名泗コンサルタント(2005年9月 - 2008年10月)→ 名泗コンサルタント[2](2008年11月 - 2012年9月)
  • 2053F:名泗コンサルタント(2005年7月 - 2009年2月)

6600系[編集]

近鉄6600系電車
近鉄6600系6602F(布忍駅付近にて)
近鉄6600系6602F(布忍駅付近にて)
主要諸元
編成 2両編成(Tc - Mc)
軌間 1,067 mm
最高運転速度 100 km/h
全長 41,440 mm
台車 KD-90・KD-90A[1][2]
主電動機 三菱電機MB-3287AC[1][2]
主電動機出力 150kW[1][2]
歯車比 6.20 (93:15) [1]
編成出力 600kW
制御装置 日立製作所製MMC-HTR-10E[1][2]
テンプレートを表示

1983年に登場した2両編成の界磁チョッパ制御車で[2][10]、南大阪線系統(道明寺線御所線単独運用)最後の釣掛車6411形および経年を迎えた6800系の置き換え目的で4編成8両が製作された[1][3]阿部野橋寄りからク6700形 (Tc) - モ6600形 (Mc) で2両編成を組成する[1][2][3]。電算記号はFT[2]。2018年4月1日現在は配置検車区は古市検車区[5]

車体・主要機器[編集]

車体や車内設備は1200系(1201系)の1207F以降に準じており、車内化粧板はサンドウェーブ柄、天井化粧板にこもれび柄を採用した[1][3]。台車はMc車にKD-90形、Tc車にKD-90A形を採用[1][2]。主電動機は150kWの角形複巻電動機MB-3287形を装備したため、M台車の車輪径を910mmと大きくしている[1][2][10]。歯車比は6.20 (93:15) となっている[1]。MG、CPはTc車に集中設置[10]。制御装置は日立製作所製で、GTO素子を使用したMMC-HTR-10Eを搭載[1][2]。集電装置はPT-48形をMc車に2基設置[1][10]。本系列が投入された南大阪線や吉野線は、大阪線や奈良線ほどの長距離連続勾配区間が少ないために1200系・9000系とは異なり、抑速制動は搭載しておらず[1][3][10]、パターンは力行と停止用回生制動のみである[1]

改造[編集]

2001年から2003年にかけて全編成に2050系と同様の車体更新工事が施工され[10]、6602F以降は車内連結側の車椅子スペース整備や車体連結部の転落防止幌設置が行われた[10]。また、車体更新時に設置されなかった6601Fにも後に転落防止幌が設置された[10]

運用[編集]

登場から現在まで、本系列や他形式併結の4両 - 8両編成で幅広く運用されている[10]。南大阪線系統全域で運用されているが、ワンマン対応改造は行われておらず、道明寺線では運用されていない。

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 1200・1300番台の形式番号をもつ車両は過去に元・大阪電気軌道の1200形・1300形、現在の1000系の中で4両のみ冷房搭載車として製造された1200系があり、現存する車両は3代目ということになる。
  2. ^ この形式変更でク1300形は形式消滅した。
  3. ^ 2006年から2008年にかけて1253系1437系9000系の一部編成に追加改造を施した。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs ネコ・パブリッシング 復刻版 私鉄の車両13 近畿日本鉄道Ⅱ (通勤車他) p.10 - p.21・p.88・p.89・p.108・p.109・p.154 - p.159・p.164 - p.177・p.182 - p.191 ISBN 4-87366-296-6
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw JTBキャンブックス『近鉄電車 大軌デボ1形から「しまかぜ」「青の交響曲」まで100年余りの電車のすべて』 p.85・p.86・p.118・p.119・p.172・p.173・p.198・p.199・p.227 - p.237 (著者 三好好三、編者 福田静二、出版・発行所 JTBパブリッシング 2016年)ISBN 978-4-533-11435-9 C2065
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa カラーブックス「日本の私鉄 近鉄2」(著者・編者 諸河久・山辺誠、出版・発行 保育社 1998年) p.38・p.45 - p.48・p.68・p.142 - p.147 ISBN 4-586-50905-8 C0165
  4. ^ a b c d e f g h i j 『近畿日本鉄道完全データ』 p.56・p56写真 (発行 メディアックス 2012年) ISBN 9784862013934
  5. ^ a b c d e f 鉄道ファン』2018年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2018 車両配置表」
  6. ^ 鉄道ファン』2017年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2017 車両配置表」
  7. ^ 近鉄志摩線で「ペンギン列車」運転 交友社『鉄道ファン』railf.jp 2009年12月20日
  8. ^ 近鉄名古屋線・志摩線で「サイクルトレイン」運転 交友社『鉄道ファン』railf.jp 2011年04月03日
  9. ^ 『鉄道ファン』2012年8月号 交友社「大手私鉄車両ファイル2012 車両配置表&車両データバンク」
  10. ^ a b c d e f g h i 『近畿日本鉄道完全データ』 p.64 (発行 メディアックス 2012年) ISBN 9784862013934

参考文献[編集]

  • ネコ・パブリッシング 復刻版 私鉄の車両13 近畿日本鉄道Ⅱ (通勤車他) p.10 - p.21・p.88・p.89・p.108・p.109・p.154 - p.159・p.164 - p.177・p.182 - p.191 ISBN 4-87366-296-6 C0065
  • カラーブックス「日本の私鉄 近鉄2」(著者・編者 諸河久・山辺誠、出版・発行 保育社 1998年) p.38・p.45 - p.48・p.68・p.142 - p.147 ISBN 4-586-50905-8 C0165
  • JTBキャンブックス『近鉄電車 大軌デボ1形から「しまかぜ」「青の交響曲」まで100年余りの電車のすべて』 p.85・p.86・p.118・p.119・p.172・p.173・p.198・p.199・p.227 - p.237 (著者 三好好三、編者 福田静二、出版・発行所 JTBパブリッシング 2016年)ISBN 978-4-533-11435-9 C2065
  • 『近畿日本鉄道完全データ』 p.56・p.64・p56写真 (発行 メディアックス 2012年) ISBN 9784862013934

関連項目[編集]

外部リンク[編集]