近鉄400系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近鉄400系電車(きんてつ400けいでんしゃ)とは、近畿日本鉄道が過去に保有していた通勤形電車の一系列である。

なお、本項では本系列と関連性の深い近鉄600系電車 (初代)についても記述する。

概要[編集]

1969年に実施された奈良橿原京都各線の架線電圧昇圧工事では、在来車に対する昇圧改造工事あるいは新車への置き換えが必要となった。だが、翌年の大阪万博開催を控え、この昇圧工事以外にも難波線開業など、様々な設備投資を行い巨額の資金を必要としていた当時の近鉄においては、この昇圧工事で必要となる車両の全てを一気に新造して揃えることは予算上不可能であり、また橿原線の車両限界拡大工事の遅れ[1]から、15m級小断面車体を備える吊り掛け駆動の旧型車の一部についても従来の車体を流用の上で昇圧工事を実施する必要が生じた。

そこで、それらの15m級小断面車体を備える在来車のうち、経年が浅く状態の良い物を抽出し、昇圧対応車とする工事が実施された。この際、運用上の要請から本線系統[2]で使用される4両編成と、支線区用[3]の2両編成の2グループに分けられたが、電装品の仕様が異なっていた[4]ことから形式も区分され、前車はモ600形-モ650形-ク500形+ク550形の4形式[5]による600系、後車はモ400形-ク300形の2形式による400系と称されることとなった。

種車[編集]

大阪電気軌道(大軌)時代から使用されていた初代モ400形・モ660形[6]、奈良・橿原・京都各線の主力車・初代600系(モ600形・ク500形・サ550形)、あるいは奈良電気鉄道(奈良電)からの編入車両モ455形・ク355形モ670形・初代ク570形初代ク590形ク595形を改造の上で利用した[7]

このため、種車の構造や窓配置がそのまま継承されており、2扉と3扉、半鋼製リベット組み立て車体とノーシル・ノーヘッダータイプの平滑な全金属製車体が同一形式で混在するという状況であり、この昇圧工事が員数合わせのための苦肉の策であることを物語っていた。

主要機器[編集]

台車は従来のものが流用されており、住友金属工業KS-66L、KS-33Lなど、いずれもボールドウィン系の釣り合い梁式台車となっていた[8]

主電動機も在来品を改造の上で流用しており、大半は旧600系に由来する三菱電機MB-213AF[9]を装架した。

これに対し、制御器は従来の三菱電機HLF[10]東洋電機製造TDK-ES155A[11]がいずれも昇圧に対応できないため、三菱電機AB制御器[12]を新製して編成の組み替えを含む大改造工事を実施し、昇圧に対応した。

ブレーキはA動作弁使用のA自動空気ブレーキが昇圧後も引き続き使用された。

運用[編集]

400系では1974年春頃は大和西大寺駅-西田原本駅(実質は新王寺駅までの運用であった)の普通運用が入出庫の関係も含みで上下2本ずつ設定され、2+2連の運用もあった。橿原線普通の補完として上りは結構乗車率が高い運用もあったが、下り2本はあまりの加減速度の悪さに、後から来る列車の運用を阻害する事例(特に夕方の下り)が続発し、この対策として次の1974年9月のダイヤ変更からは回送運転に変更して、設定は消滅した。

600系は23編成・400系は11編成が改造されたが、大型車の投入や橿原線の車両限界拡大工事により、409-309編成(以下409編成)を除き1977年までに廃車された。残った409編成は820系などと混用された関係で、運用上生駒線に主に使われていた(逆に先行して廃車となった編成と409編成との連結4連運転は見られなかった)。大和西大寺駅では出庫時の送り込みの運用がよく見られた。

409編成について[編集]

ク309 + モ409 生駒線王寺駅 1976年8月

400系・600系はほとんどが戦前から戦後すぐの時期にかけて製造された車両であったが、409編成のみは他車と比べて製造年が新しいため、他車が全廃された後もしばらく使用されていた[13]

409編成については奈良電気鉄道デハボ1300形電車を参照されたい。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1973年完成。このため工事完成の目処が立った1972年以降、600系の機器流用による920系の新造や、本系列の淘汰が段階的に実施された。
  2. ^ 主に橿原・天理線各停運用と京都線急行に用いられ、生駒越えを含む奈良線運用には充当されなかった。
  3. ^ 生駒線田原本線で運用された。
  4. ^ 4両編成は2両の電動車をMM'ユニット構成として機器を各車に集約分散搭載する1C8M制御、2両編成は1両の電動車で主要機能が完結する1C4M制御で、制御器の構成が異なっていた。
  5. ^ ク550形を外した3両編成でも運用可能なように組成されていた。
  6. ^ 参宮急行デニ2000形の名古屋線(当時は軌間1067mm)専用化改造で余剰となった走行機器にモ600形と同じ車体を組み合わせて1941年に新造。
  7. ^ 400系はモ403・404・409・ク301 - 309が奈良電系の車両、600系は全車大軌・近鉄系の車両である。
  8. ^ ただし、18000系特急車新造の際に電装解除されたク500形521(旧モ623)→ク504は木造車を鋼体化改造したモ460形モ461用として1963年に試作された近畿車輛KD-40エリゴばね式台車へ換装されていた。
  9. ^ 端子電圧600V時定格出力112kW、定格回転数755rpm。昇圧後は端子電圧750V時定格出力140kW。
  10. ^ 旧モ400・600形などに搭載。
  11. ^ 奈良電引継ぎ車に搭載。
  12. ^ 600系用はAB-195-15H(1C8M制御)、400系用はAB-194-15H(1C4M制御)でそれぞれ異なった制御器を搭載するが、制御段数は直列11段、並列10段、弱め界磁制御と発電ブレーキは搭載しない点で共通しており、相互の総括制御が当然に可能となっている。
  13. ^ 減価償却の期間の問題から残存した可能性が藤井信夫によって指摘されている。『車両発達史シリーズ8』、p.122

参考文献[編集]

  • 鉄道史資料保存会『近鉄旧型電車形式図集』、鉄道史資料保存会、1979年
  • 『鉄道ピクトリアル No.430 1984年4月臨時増刊号』、電気車研究会、1984年
  • 『鉄道ピクトリアル No.569 1992年12月臨時増刊号』、電気車研究会、1992年
  • 『鉄道ピクトリアル No.726 2003年1月号』、電気車研究会、2003年
  • 『鉄道ピクトリアル No.727 2003年1月臨時増刊号』、電気車研究会、2003年
  • 『車両研究 1960年代の鉄道車両 鉄道ピクトリアル 2003年12月臨時増刊』、電気車研究会、2003年
  • 藤井信夫『車両発達史シリーズ8 近畿日本鉄道 一般車 第1巻』、関西鉄道研究会、2008年

関連項目[編集]