近鉄5820系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近鉄5820系電車
河内花園駅付近を走行する5820系
河内花園駅付近を走行する5820系
基本情報
運用者 近畿日本鉄道
製造所 近畿車輛
製造年 2000年 - 2003年
製造数 7編成42両
運用範囲 近畿日本鉄道難波線大阪線奈良線京都線橿原線天理線山田線鳥羽線
(阪神電気鉄道)本線阪神なんば線
主要諸元
編成 6両編成(3M3T)
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1500V
最高運転速度 奈良線・京都線:105 km/h
大阪線:110 km/h
阪神線:106 km/h
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成長 124,320 mm
全長 20,720 mm [1][2]
全幅 2,800 mm [1]
全高 4,150 mm [1]
車体高 4,110 mm [1]
車体材質 アルミニウム合金 [1][2]
台車 積層ゴムブッシュ片側軸箱支持式ボルスタレス台車 [1][2][3]
Tc車:KD-311A [1]
M車:KD-311 [1]
主電動機 三相交流かご式誘導電動機
型式:MB-5085A[1][3]
主電動機出力 185 kW [1][3]
駆動方式 WNドライブ
歯車比 6.31 (16:101) [3]
編成出力 2,220 kW
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御
制御装置 三菱製:MAP-194-15VD86 [1][3]
日立製:VFI-HD-1420A [1][3]
制動装置 電気指令式空気ブレーキ (KEBS-21) [1]
回生・抑速保安ブレーキ付)
保安装置 近鉄型ATS、阪神型ATS(奈良線所属車のみ)、列車選別装置列車無線装置
備考 電算記号:DH(奈良・京都線)
DF(大阪線)
Wikipedia laurier W.png
第41回(2001年
ローレル賞受賞車両

カテゴリ / テンプレート

テンプレートを表示

近鉄5820系電車(きんてつ5820けいでんしゃ)は、近畿日本鉄道(近鉄)の保有する電車(通勤用の一般車両)。5800系L/Cカーデュアルシート採用車)をベースに車体、走行機器を見直したシリーズ21の一車両[1][2][4][3][5]

概要[編集]

IGBT素子VVVFインバータ制御を採用し、「人にやさしい」をテーマに座席の仕切り棒や高さの異なる吊り革を用意したシリーズ21の第2弾となる車両[1][2]。奈良線用は2000年[1][2]、大阪線用は2002年に登場し[1][2]2003年までに6両編成7本 (42両) が製造された[1][2][4][5]

走行機器・性能[編集]

シリーズ21では系列ごとにVVVFインバータ装置のメーカーは決まっておらず、同じ系列で三菱電機製と日立製作所製が混在しており[1][3]、5820系では5825Fと5852Fが日立製インバータを、それ以外の編成では三菱製インバータを搭載している[1]

制動装置は現在一般的な電気指令式ブレーキだが、電磁直通ブレーキである従来車との連結を考慮してブレーキ読替装置が搭載されている[2][3]主電動機は三菱電機製MB-5085A形(185kW×4)を採用し[1][3]、歯車比は6.31へと再び大きくなった[3]。SIVは三菱電機製NC-WAT140[3]、空気圧縮機はHS-20を搭載[3]。性能面では最高速度105km/hおよび110km/hを確保している[2]

台車は3220系同様に全軸片押し踏面ブレーキ式のボルスタレス台車で[1][2][3]、電動車(M)はKD-311形、制御車(Tc)・付属車(T)はKD-311A形を装着する[1][3]。また、大阪線所属車のサ5550形およびモ5450形の貫通路部分には入換用の簡易運転台と前照灯が設けられ、大阪側2両と宇治山田側4両で分割可能な構成としている[* 1]

集電装置はM車に1基ずつ搭載され[2][4][3]、2017年4月時点では5822F・5823F・5852Fが下枠交差形を装備する他は、シングルアーム式を装備する[6]

車体[編集]

車体塗装は3220系に準じて車体上部をアースブラウン、車体下部をクリスタルホワイトに、そしてサンフラワーイエロー帯に配色されている[1][2]。側面窓ガラスは車端部を除き、固定式となり、5800系などにあった中央の縦桟はなくなっている[1][2]。5800系と異なり、L/Cカーをイメージしたグラフィックロゴのカラーシールは先頭車前面のみ貼られ、運転席後部戸袋部とデュアルシートを設置した窓下には貼られていない[2][4]

編成[編集]

 
← 神戸三宮・大阪難波・京都
近鉄奈良・天理・橿原神宮前 →
西大寺検車区
所属
Tc1
ク5720形
M1
モ5820形
M2
モ5620形
T
サ5520形
M3
モ5420形
Tc2
ク5320形
 
← 大阪上本町・京都(貸切)
宇治山田・鳥羽 →
高安検車区
所属
Tc2
ク5350形
M3
モ5450形
T
サ5550形
M2
モ5650形
M1
モ5850形
Tc1
ク5750形


配置と運用線区[編集]

奈良・京都線用[編集]

近鉄5820系電車(奈良線用)

2017年4月現在、西大寺検車区に6両編成5本 (5821F - 5825F) を配置している[6]。電算記号はDH[1]

5800系および9820系1026系1026F - 1029Fと共通運用で、奈良線および阪神線直通列車を中心に運用されている[1]。基本的には京都線・橿原線・天理線も含めた一体的な広域運用をしているため京都線系統での運用もある。

大阪線用[編集]

近鉄5820系電車(大阪線用)

2017年4月現在、高安検車区に6両編成2本 (5851F・5852F) を配置している[6]。電算記号はDF[1]

5800系との共通運用とされ、運転距離や種別を問わず主に6両編成以上で運転する運用に就くが、ラッシュ時は他形式併結の8・10両編成運用もある。基本的には大阪線大阪上本町駅 - 鳥羽線五十鈴川駅間での限定運用であるが、混乱時には鳥羽線鳥羽駅に入線することがあるほか[* 2]、検査代走は4両編成ロングシート車の2610系2800系2817F1400系1407Fに2両編成車を併結した6両編成で行う。

共通事項[編集]

座席運用については、クロスシート運用とロングシート運用が混在しており、京都線・橿原線・天理線では全列車がロングシートで運用される。

車内インテリア[編集]

デュアルシートは5800系同様、扉間に2人掛け3列のクロスシートまたは6人掛けのロングシートとなるよう配置されているが、車内全体の配色は他のシリーズ21車両に合わせて仕様変更されている[2][4]。シートモケットの色は赤系統に変更されており、ヘッドレストの色も車体色に合わせたアースブラウンとしている[2][4]。また車端部の固定ロングシートは9020系などと同一とされたが1人掛け優先座席「らくらくコーナー」はデュアルシート部分には用意されず、車端部のロングシート部分のみに用意されている。化粧板とつり革、仕切り壁は5800系と同一仕様であるが[4]、床敷物は5800系よりも明るく仕上げられている。全体的にグレートーンでまとめられた内装と、赤系の座席や大型の固定窓と相まってより質の高い開放感と高級感の漂う車内空間となっている[2]。この他、車内案内表示器を出入り口上部に正面を向いて左右交互になるように設置している[2]

大阪線所属のク5750形およびサ5550形を連結した編成には車椅子対応の洋式トイレが設置されている[1][2][4][5][* 3]。従来のトイレ装備車とは異なりトイレ前の区画は車椅子コーナーとし、座席を設置していない。

アートライナー[編集]

改造[編集]

阪神線相互直通対応改造

奈良線所属車については、2006年から2007年にかけて阪神直通運転対応工事(阪神用のATS列車選別装置の設置)およびク5320形に貫通幌受台座と先頭連結部への注意喚起スピーカー取付工事が行われた[1][2][4][5]

その他

2009年3月に奈良線所属車の[* 4][2]2012年に大阪線所属車のL/Cマークが撤去されている。

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 高安車庫内の洗車線の有効長が4両分しか対応していないため。
  2. ^ 名古屋線の定期運用に充当された実績はないが、イベント展示で名古屋線の塩浜駅まで、乗務員訓練で白塚駅まで乗り入れたのを始め、試運転や回送列車などで名古屋線への入線実績が複数ある。
  3. ^ この形態のトイレを装備する一般車両は現在のところ大阪線の2編成のみで、後に車体更新を受けたトイレ付きの一般車両には設置されていないが、和式トイレと同一寸法のままで洋式トイレに改造された車両は存在する。
  4. ^ 前述する阪神直通運転対応工事に伴い、それを示す蝶々をモチーフにしたステッカーが先頭車前面(従来のシールは貼り替えられている)と運転席後部戸袋部に貼り付けられた。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad JTBキャンブックス『近鉄電車 大軌デボ1形から「しまかぜ」「青の交響曲」まで100年余りの電車のすべて』 p.92 - p.94・p.127・p.200・p.227 - p.237 (著者 三好好三、編者 福田静二、出版・発行所 JTBパブリッシング 2016年)ISBN 978-4-533-11435-9 C2065
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 『私鉄車両年鑑2012 大手15社 営業用車両完全網羅』(発行 イカロス出版 2012年)p.28 ISBN 978-4-86320-549-9
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 日本の私鉄「近畿日本鉄道」(著者・編者 広岡友紀、出版・発行 毎日新聞社 2012年)p.106 - p.109 ISBN 978-4-620-32003-8
  4. ^ a b c d e f g h i 『近畿日本鉄道完全データ』 (発行 メディアックス 2012年)p.52・p.53・p.52写真1 - 5 ISBN 9784862013934
  5. ^ a b c d 『近鉄時刻表 2009年3月20日ダイヤ変更号 』「The Densha 30 」p.46・p.47(著者・編者 近畿日本鉄道、出版・発行 同左)
  6. ^ a b c 鉄道ファン』2017年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2017 車両配置表」

参考文献[編集]

  • JTBキャンブックス『近鉄電車 大軌デボ1形から「しまかぜ」「青の交響曲」まで100年余りの電車のすべて』 p.92 - p.94・p.127・p.200・p.227 - p.237 (著者 三好好三、編者 福田静二、出版・発行所 JTBパブリッシング 2016年)ISBN 978-4-533-11435-9 C2065
  • 『私鉄車両年鑑2012 大手15社 営業用車両完全網羅』(発行 イカロス出版 2012年)p.28 ISBN 978-4-86320-549-9
  • 『近畿日本鉄道完全データ』 (発行 メディアックス 2012年)p.52・p.53・ ISBN 9784862013934
  • 日本の私鉄「近畿日本鉄道」(著者・編者 広岡友紀、出版・発行 毎日新聞社 2012年)p.106 - p.109 ISBN 978-4-620-32003-8
  • 『近畿日本鉄道のひみつ』 p.114・p.115(発行者 小林成彦、編者・発行所 PHP研究所 2013年)ISBN 978-4-569-81142-0
  • 『近鉄時刻表 2009年3月20日ダイヤ変更号 』「The Densha 30 」p.46・p.47(著者・編者 近畿日本鉄道、出版・発行 同左)

関連項目[編集]

他社のデュアルシート車両

外部リンク[編集]