京阪6000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京阪6000系電車
リニューアル前の6000系6008F新塗色(京阪本線 土居駅)
リニューアル前の6000系6008F新塗色
京阪本線 土居駅
基本情報
運用者 京阪電気鉄道
製造所 川崎重工業
製造年 1983年 - 1993年
製造数 115両(在籍112両)
運用開始 1983年3月17日
主要諸元
編成 8両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1500V架線給電
最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 2.5 km/h/s
編成定員 1140人
車両定員 座席50・立席90 (先頭車)
座席56・立席94 (中間車)
自重 32.5 t (先頭車)
32.0 t (6100・6150形)
24.0 t (6600形)
22.0 t (6500・6750・6550形)
編成重量 219 t
全長 18,700 mm
全幅 2,720 mm
全高 パンタ付き車 4,185 mm
その他車両 4,086 mm
主電動機 複巻整流子電動機
形式:TDK8135-A
主電動機出力 155 kW
駆動方式 中空軸平行カルダン駆動方式
形式:KD331/1-A-M
歯車比 79:14 (5.64)
編成出力 155kW×16 = 2,480 kW
制御方式 界磁位相制御
制動装置 回生ブレーキ併用全電気指令式ブレーキHRD-1R (6011編成まで)
回生ブレーキ優先全電気指令式ブレーキHRDA-1 (6012編成以降)
保安装置 K-ATS(出町柳駅 - 淀駅間)
京阪型速度照査ATS
備考
Wikipedia laurier W.png
第24回(1984年
ローレル賞受賞車両

カテゴリ / テンプレート

テンプレートを表示

京阪6000系電車(けいはん6000けいでんしゃ)は、1983年昭和58年)に登場した京阪電気鉄道通勤形電車。112両が在籍し、現在の京阪電鉄で最大両数の系列である。

投入の経緯[編集]

架線電圧1500V昇圧前の1983年(昭和58年)に、昇圧に対応できない旧系列車両を置き換える目的で導入された。省エネルギー、快適性の向上も目指して設計されている[1]

6001F(4両編成)が1983年3月2日に竣工し、同月17日に運行が開始された[2]。当初は600Vで使用するために4両編成5本20両が支線でも運転されていた。

1983年12月4日の1500V昇圧と同時に4両編成5本は中間車3両を組み込み7両化されたほか、新造の7両編成6本も同時に運用を開始した。

1986年(昭和61年)10月、京都地下線(三条駅 - 東福寺駅間)工事の試運転車両搬入に伴う車両不足に対応して、6012編成が4両編成で導入された。この編成より、ブレーキ回生ブレーキ併用の全電気指令式ブレーキHRD-1Rから回生ブレーキ優先全電気指令式ブレーキHRDA-1に変更された。以後の京阪線の新造車はすべてHRDA-1になる。

1987年(昭和62年)5月24日の三条駅 - 東福寺駅間地下化工事完成と、樟葉駅以東(以北)の急行停車駅[3]プラットホームが8両編成対応に延伸されたのに伴い、同年6月1日のダイヤ改正から全線通して運転される急行の8両編成運用が可能となったことから、これに合わせて1両を増結した8両編成が3編成組成された。

1989年に製造された[2]6014編成の京都方3両はVVVFインバータ制御方式の長期試験車となった(残りの4両は界磁位相制御方式のまま)。その結果は同年に製造開始した7000系にも反映された。

1993年、6014FのVVVFインバータ制御試験車の3両は、車両番号変更のうえ7000系に編入された[2]。その代替に6000系として3両が7000系の車体をベースに界磁位相制御方式の機器を載せる形で製造されて、編成内の制御方式が統一された。そのため、2代目にあたる6014号車を含めた京都方3両は、前面形状と窓枠の形状が他の本系列と異なり、7000系と同一規格になっている。

以上のように増備を続けて8両編成14本112両の総数となった。2600系0番台の老朽廃車が進んで同系の両数が減少したことで、本系列が京阪電鉄で最大両数となった。

車体・機器[編集]

従来の車両設計にとらわれず、次世代の車両を目指し製造された。アルミ大型押出型材をはじめて採用し、一段下降方式のユニット窓で側面をすっきりとまとめた。車端側・扉間ともに2枚ずつとした窓配置の関係で、従来の3扉車に比べて車端部が長く、扉間は逆にやや短くなった。正面は他編成との併結をしないため非貫通とされ、前面窓を2分割するサイズの外開き非常扉[4]を取り付けた大胆で斬新な設計となった。また前照灯も窓ガラスの内側、行先表示器列車種別表示器の一角に配備するデザインとなった。

現在の京阪電鉄車両の基本寸法(京津線石山坂本線鋼索線を除く)である連結面間隔500mm、車体長18,200mm、また一般車において、停車駅にてドアが開く際のみに行われる自動案内放送装置および戸閉め予告ブザー音は、本系列が京阪で初めて採用した。

制御装置は2600系以来実績を重ねてきた複巻電動機+界磁位相制御で、主電動機はTDK-8135A(端子電圧375V、定格電流460A、分巻界磁電流65A、出力155kW、定格回転数1,580rpm)、主制御器はACRF-H8155-785A(直列15段、並列8段、弱め界磁無段階)である。最高時速は110(設計上は120)km/h、起動加速度は2.5km/h/sである(最高時速および加速度は後継車もほぼ同様である)。

内装[編集]

壁の化粧板を従来の薄緑色から茶色系のものに一新し、後継車や京阪線2400系および大津線600形[5]以降の更新車に多大な影響を与えた。

その後、検査入場の際、一部編成のカーテン7200系以降と5000系で使われている灰色タイプのものに交換されており、2008年1月現在、6001・6002・6003・6004・6005・6007・6008・6011・6014編成で交換されている。

編成[編集]

2016年11月現在は全編成が8両編成である。6500と6750には簡易運転台があり、密着自動連結器を装備しているため、車庫内で切り離しが可能である。他の車両間は棒連結器である。

全編成、当初は4両編成または7両編成で登場しており、1987年以降順次8両化していった。第1編成 - 第5編成と第12編成は元来は4両編成であり、4両→7両→8両と増結されていった。第1編成 - 第5編成は昇圧前に登場したもので、全電動車の4両編成で暫定的に600V仕様で支線や各停運用していたものである。1500V昇圧後にT車3両を増結して7両化した。6012編成は、2M2T編成で登場しており、電動車ユニット間にT車を挟む組成であった。なお、8両化増結用車の連結位置は、第1編成 - 第11編成が京都方から5両目(6750形)、第12編成 - 第14編成が6両目(6550形)である。

2003年秋のダイヤ改正後、7両編成が一時的に不足したため、6001編成から付随車を1両抜き取って暫定的に7両組成としたことがあったが、半年程度で8両編成に復帰した[6]

2008年10月19日の中之島線開業に伴うダイヤ改正では、第1編成と第2編成が、2013年3月のダイヤ改正では第4編成が8両運用の減少と7両運用の増加に伴い中間車両1両(6551・6552・6554)を減車した7両組成となった[7][6]。その後、2015年2月から5月までに7200系と9000系の一部の編成の7両化に伴い第2編成→第1編成→第4編成の順に再度8両化された。これにより約6年7か月ぶりに全編成が8両編成となったが、同年8月より第3編成が6553を減車した7両編成となった[8]ほか、2016年3月19日のダイヤ改定で第4編成も再び6554を外して7両編成化された。同年11月から12月までに7202Fと9004Fを7両編成化したことに伴い、6003F→6004Fの順に8両編成に戻され、再び全編成が8両編成となった。この場合は外された6550形は京阪部内では休車とは扱わずに「半端車」となる。

車種構成の関係で、8両編成の場合T車(中間付随車)が4両連なる形になる(初代6014Fを除く)。同じ関西私鉄の阪急電鉄にも多く見られる編成形態であるが、京阪においては本系列から確立された。

形式[編集]

6000形
京阪本線香里園駅にて)

6000形(0番台)[編集]

京都方先頭車となる制御電動車。2両目の6100形とユニットを組む。主制御器・パンタグラフを2基搭載する。

初代6014号車はVVVF試作車として製造され、パンタグラフは1基であった。1993年に初代6014は7000系に編入されて7004となり、代わって7000系スタイルの2代目6014号が新造された。2代目6014は他車と同様に2パンタであるが、前面が垂直で側窓段差が少ないので他車とは形状が異なる。6001 - 6011が前期形車体、6012・6013・初代6014が後期形車体、2代目6014が7000系形車体である。

女性専用車両が設定される平日朝の特急運用についた際は当形式が女性専用車両になる。

6100形(0番台)[編集]

京都方から2両目となる車両。京都方先頭車の6000形とユニットを組む中間電動車で、補助電源装置や空気圧縮機を搭載する。パンタグラフは搭載されていない。

VVVF試作車だった時の6014編成に連結されていた初代6114は京都方から3両目に連結されており、また6100形で唯一パンタグラフを搭載していた。2代目6114は車体は7000系タイプだが、機器類は他の6100形と同様であり、パンタグラフはなく、京都方から2両目に連結されている。

6101 - 6111が前期形、6112・6113・初代6114は後期形、2代目6114が7000系形車体である。

6600形[編集]

京都方から3両目に連結される付随車で、空気圧縮機などの補助機器を搭載している。他の付随車に比べて床下機器が多い。VVVF試作車の編成に組み込まれていた初代6614は、京都方から2両目(6014と6114の間)に連結されていた。

初代6614は前後の電動車とともに7000系に編入され、代わって製造された2代目6614は6014同様の7000系形車体である。

6500形(0番台)[編集]

京都方から4両目に連結される付随車で、大阪方に簡易運転台を有する。6501 - 6511が前期形、6512 - 6514は後期形車体である。

6700形[編集]

付随車で、京都方に簡易運転台を有する。8両編成では京都方から5両目に連結される。前期形編成 (6001F - 6011F) では当初は組み込まれず、8両化時に追加新造した。後期形(6012F・6013F・6014F)では7両組成時から当形式が連結されていた。

製造順は 6751 - 6753 → 6763 → 6762 → 6764 → 6754 - 6758 → 6759 - 6761である。6754 - 6761が7000系車体、他の車両は後期形車体で、前期形車体の車両はない。組成位置の関係上、車両番号は50番台車 (51 - 64) のみである。

6500形(50番台)[編集]

付随車。8両編成では京都方から6両目に連結される。正式には6500形に含まれているが、組成位置だけではなく簡易運転台の有無で機能が異なるため、本稿では50番台と区別する。4両目の6500形とは異なり、6550番台車には簡易運転台はない。その他の機器配置は共通である。

前期形では7両組成時に新造され、最後の3編成では8両化用の増結車として新造されている。6551 - 6561が前期形、6562 - 6564は7000系車体で、後期形は存在しない。

なお、第1編成・第2編成の6551・6552のみKW-50B形台車を装着している。これは事故で6000系先頭車の台車が破損した時に6551・6552の台車の台車にモーターを装備して先頭車に取り付けていち早く復帰させるため。なお現在までKW-50B台車が先頭車の補修に利用されたことはない。7000系車体の3両は8000系特急車から外されたFS-517C台車を装着している(8000系はFS-517Dへ取替え)。

6100形(50番台)[編集]

大阪方から2両目に連結される中間電動車。正式には6100形だが、機器構成が全く異なるため、本稿では便宜上別形式として記述している。

主制御器とパンタグラフ2基を搭載しており、機器配置上は京都方先頭車の6000形を中間車にしたタイプである。6151 - 6161が前期形、6162 - 6164が後期形である。

6000形(50番台)[編集]

6000形50番台
京阪本線西三荘駅

大阪方先頭車となる制御電動車。正式には6000形だが、機器構成が全く異なるため、便宜上京都方先頭車と区分して記述。補助電源装置、空気圧縮機を搭載しており、パンタグラフはない。すなわち、機器配置上は京都方から2両目の6100形と共通である。 6051 - 6061が前期形、6062 - 6064が後期形車体である。

分類[編集]

製造時期によって、前期形・後期形・7000系車体形の3種類の車体が存在する。なお、本系列は全編成、製造時に4両編成または7両編成で登場し、後に8両化したため、同じタイプの車体で統一された編成は存在していない。

前期形(1次車)[編集]

1983年12月の1500V昇圧に際して廃車となった600系・1300系・1700系の置き換え用に製造された車両であり、77両(第1編成 - 第11編成、当時は7両編成)が該当する。1983年3月までに製造され暫定的に600V電圧仕様とされた20両とその後に製造された当初から1500V電圧仕様の57両とに分けられる。

台車は電動車が円筒案内式のKW-50、付随車がSUミンデンのFS-517形を採用している。6551・6552はKW-50を付随車用にしたKW-50Bを使用している。これは事故で先頭車の台車が破損したときにKW-50Bにモーターを装備して先頭車を1日も早く復帰させるためである。後の車体と比較して側窓が車体より奥まっており、窓枠の段差が大きい。

クーラーは、2600系の2621F・2622Fでの実用試験を元に、新造時に「三菱CU-197(10500キロカロリー)」クーラー3基を搭載したが、運用中に能力不足が分かり、容量アップのため2度交換され、現在は後期形(東芝RPU-3043)と同じ能力の「東芝RPU-3048(13000キロカロリー)」を搭載している。2度目の交換のときにはクーラーキセも交換されている。なお、最初の交換で取り外されたCU-197クーラー231基のうち、180基が1900系45両の冷房改造に、残り51基が1000系のクーラーの更新と容量アップに転用されている。また、2度目の交換で取り外された東芝RPU-3042(11500キロカロリー)クーラーは、大津線80形の冷房改造、600形・700形の新造時に再使用されている。

当初600V仕様であった車両:20両(第1編成 - 第5編成の電動車)

1983年3月に竣工して、同月17日より順次運用開始した。昇圧当日までの間の留置スペースが77両分確保できなかったことと乗務員習熟の必要から暫定的に600V電圧仕様として、昇圧前から営業運転を開始した。昇圧までの間、全車電動車の4両編成で運用され、1両4個のモーターのうち2個のみを使用し、回生ブレーキは無効状態とされた。1500V昇圧時に本来の回路[9]に戻されるとともに、付随車3両を組み込み7両編成とされた。

当初から1500V仕様であった車両:57両(第6編成 - 第11編成の42両と、第1編成 - 第5編成の付随車15両)

1983年4月から9月にかけて寝屋川車両工場に搬入され、同年12月4日の1500V昇圧と同時に運用が開始された。1次車の本来の仕様を持つ車両である。1500V電圧仕様ではあるが、架線電圧600Vでも時速60キロ程度で走行が可能なようにされていた。これは、メーカーから寝屋川車庫に搬入された後、留置のため淀車庫に自走回送するためであった。

後期形(2 - 6次車)[編集]

第12編成から、マイナーチェンジを受けた後期形となった。大きな相違点としては、ブレーキがHRD-1Rから省エネ効果の高いHRDA-1に変更、電動車の台車が軸梁式のKW66に変更、クーラーの容量がアップしキセの形状が変更され、側面ガラスが熱線吸収ガラスに変更された。5 - 6次車では側面方向幕の窓支持方式の変更[10]も行われた。

2次車:4両(第12編成の6012・6612・6512・6062)

1986年10月30日に竣工して、同年11月28日より運用開始した。京都地下線の試運転用に2600系4両を地下に封じ込めたことによる車両不足分の補填である。当時の交野線の変電所容量の関係[11]で、中間2両が付随車のために両方の先頭車からの制御回路やモーターへの引き通し線が付随車の床下に通っていた。

3次車:3両(第1 - 3編成8両化用の6751 - 6753)

1987年4月22 - 28日に竣工して、同年6月1日より運用開始した。

4次車:7両(第13編成)

1988年3月17日に竣工して、同月19日に運用開始した。1800系(2代目)7両を置き換えた。

5次車:3両(第12編成の6112・6762・6162)

1989年3月13日に竣工して、同月15日に運用開始した。

6次車:7両(初代第14編成)

1989年2月1日に竣工して、同年3月1日に運用開始した。1800系(2代目)7両の廃車(全廃)にあわせて投入された。京都方の4両はVVVF試作車ユニットであり、VVVF電動車の台車はKW77であった。

7000系タイプ車体(7次車以降)[編集]

7000系と先頭部などが同形状の2代目6014号車
寝屋川市駅にて)

1989年鴨東線開業後に増備された14両は7000系と同形態の車体を採用している。側窓が車体との段差が少なく、窓枠が細いタイプに変更されている。また、先頭部の形状も7000系同様に垂直になっているのが特徴である。

7次車:5両(第4 - 8編成8両化用の6754 - 6758)

1989年9月14 - 19日に竣工して、同月26日のダイヤ改正より運用開始した。

8次車:3両(第9 - 11編成8両化用の6759 - 6761)

1991年5月に竣工して、同月31日より運用開始した。ラッシュ時の輸送力強化による増備車両である。

9次車:3両(第12 - 14編成8両化用の6562 - 6564)

1992年9月に竣工して、1993年1月29日[12]より運用開始した。8000系から振り替えられたFS-517C台車を装着する。

10次車:3両(2代目第14編成の6014・6114・6614)

1993年12月13日に竣工して、同月14日より運用開始した。VVVF試作車ユニットのうち初代の6014・6114・6614の3両は系列内の制御装置統一のため、7004編成建造時に7000系に編入された。この3両に代わって投入された2代目の6014・6114・6614も7000系車体を採用した。6014は先頭車唯一の7000系車体となっている。なお、6014・6114の台車はKW66である。

ラッピングトレイン[編集]

おジャ魔女どれみドッカ〜ン!ピュアピュアドリーム号

沿線でのイベント、ひらかたパークでのイベントに併せてラッピングトレインとなっている。

  • 6009F EXPO90国際花と緑の博覧会に協賛して『みず号』塗装(1989年3月30日 - 1990年9月27日)
  • 6002F 「くずはタワーシティー号」(2001年5月17日 - 2002年7月11日)
  • 6013F 「くずはタワーシティー号」(2001年5月8日 - 2002年8月11日)
  • 6011F 「第90回菊人形『Genjiロマンス2001号』」(2001年10月24日 - 2001年11月25日)
  • 6003F 「アンパンマン列車」(2002年3月23日 - 2002年7月6日)
  • 6012F 「おジャ魔女どれみドッカ〜ン!ピュアピュアドリーム号」(2002年9月21日 - 2002年12月8日)
  • 6005F 「世界水フォーラム(中間の4両のみ)」(2003年3月3日 - 2003年3月23日)
  • 6007F 「とっとこハム太郎号」(2003年3月8日 - 2003年7月6日)

新塗色化[編集]

2008年5月から2011年11月にかけて新塗色への変更を実施した。

2008年8月6日に新塗色1本目となる6008Fが登場し、8月9日から営業運転を開始した。2本目となる6006F(2009年5月13日)では、新塗色への変更と同時に、新デザインの座席モケットへの張り替えが実施され、その後他の系列へも波及した。

  • 2009年6月18日 - 6009F(新塗色3本目)
  • 2009年8月19日 - 6010F(新塗色4本目)
  • 2009年11月24日 - 6001F(新塗色5本目・ただし6551号車だけは「半端車」のため見送り、2013年9月に新塗装化)
  • 2009年12月14日 - 6011F(新塗色6本目)
  • 2010年3月31日 - 6014F(新塗色7本目)
  • 2010年5月26日 - 6013F
  • 2010年6月11日 - 6002F
  • 2010年7月22日 - 6003F
  • 2011年1月25日 - 6012F
  • 2011年4月18日 - 6004F
  • 2011年7月7日 - 6005F
  • 2011年11月1日 - 6007F

と新塗色化され、6000系編成の一般車の原色(旧塗装)編成は休車の6551号車を除き消滅した[13]。その6551号車も、6001Fが2013年8月から9月にかけて全般検査を終えて試運転時には新塗装の6551を含む8両で運行され、営業運転時には7両編成に戻されたが、2015年3月より8両編成化されている(2013年の試運転後も僅かな間ではあるが、一時的に6551を組んで8両編成で運用されていたことがある)[14]。また、6008Fの座席更新も2012年春に実施された。

リニューアル[編集]

2013年度より当系列のリニューアルが開始されている。内容は、内装の更新、車内案内装置の設置、車椅子スペースの設置、制御機器の改修、車体の塗装の全剥離の上での再塗装などである[15][16]。全編成の施工完了は2021年度を予定している。第一陣として2014年9月5日、6011Fがリニューアルされ営業運転に復帰した[17][18]

外観
  • 行先表示器のフルカラーLED化。
  • 側面の窓枠の黒色化。
  • 前灯、識別灯のLED化。
  • 車両ドアの足元のオレンジ帯の塗装。
機器類
  • 制御装置や主電動機などは従来通りの界磁位相制御のままであるが、補助電源装置がMGからIGBT-SIVに交換された。
内装
  • 13000系に準じた内装に更新(戸閉予告ブザーを7200系以降のものに更新のうえで、13000系2次車以降と同じドアチャイムを搭載)。ただしドア窓は単板ガラスのままである。
  • 車内灯はLED化されているが、従来通りカバーが付いている。
  • 化粧板については天井部分は交換されていない。
その他
  • 3000・8000系と同じ自動放送装置の設置。
    • 快速急行以上の種別に運用される時は自動放送となる。

なお、未更新車の一部にも座席の張替や前照灯のLED化が施工されている。

運用[編集]

2003年9月ダイヤ改正前は急行から普通列車が主な運用の場であった。2003年9月以降は昼間に関しては普通(淀屋橋駅 - 萱島駅間)と準急、急行(淀屋橋駅 - 枚方市駅間)のみに限定運用されていたために京都口には特急運用以外で入ることはなかった。また、当時は限定運用を組んでおり、予備車も存在していなかった9000系の検査時には特定の便の代走に就くことがあり、この時期には午後以降の時間帯にも上下とも2時間に1本の割合で本系列または7200系による特急の運用が見られた。

2006年ダイヤ改正以後、中之島線開業までは土曜・日曜の朝間夕方は特急・急行による15分ヘッドダイヤに変更されたため、土休日に関しては本系列で運用される京阪間直通急行も一部設定されていた。また昼間は淀屋橋駅 - 枚方市駅間の急行(準急)を中心に運用されていた。

2008年ダイヤ改正以降は中之島線にも乗り入れを行い、一部の快速急行や通勤快急にも使用されている。またラッシュ時・夜間の特急にも充当されている。8両編成は2016年3月19日のダイヤ改正以降、昼間時間帯は原則として中之島駅 - 萱島駅・枚方市駅間の普通の運用または淀屋橋駅 - 出町柳駅間の快速急行(土休日ダイヤ)に就いているが、8000系や3000系(2代)が検査など運用上の都合により、昼間時の特急に代走運用されることがある。なお、過去には平日を中心に昼間時の枚方市折返し特急(2008年10月19日のダイヤ改定より2011年5月28日のダイヤ改定まで)にも運用されていた(8両編成のみ)。

組成表[編集]

備考 座席張替 前照灯LED化 リニューアル
1号車
6000
(Mc)
2号車
6100
(M')
3号車
6600
(T)
4号車
6500
(T)
5号車
6700
(T)
6号車
6500
(T)
7号車
6100
(M)
8号車
6000
(M'c)
6001 6101 6601 6501 6751 6551 6151 6051
6002 6102 6602 6502 6752 6552 6152 6052
6003 6103 6603 6503 6753 6553 6153 6053
6004 6104 6604 6504 6754 6554 6154 6054
6005 6105 6605 6505 6755 6555 6155 6055
6006 6106 6606 6506 6756 6556 6156 6056
6007 6107 6607 6507 6757 6557 6157 6057 更新済み
2015年3月9日出場
6008 6108 6608 6508 6758 6558 6158 6058 更新済み
2015年12月18日出場
6009 6109 6609 6509 6759 6559 6159 6059 更新済み
2016年9月1日出場
6010 6110 6610 6510 6760 6560 6160 6060 一部車両
6011 6111 6611 6511 6761 6561 6161 6061 更新済み
2014年8月8日出場
6012 6112 6612 6512 6762 6562 6162 6062
6013 6113 6613 6513 6763 6563 6163 6063
6014 6114 6614 6514 6764 6564 6164 6064

受賞[編集]

外観、技術、内装等の面において従来の京阪通勤車の概念を覆したことで、鉄道関係者などから「もはや、車体色だけが京阪電車であることをかろうじて物語っている」とさえ言われたほどのインパクトを与えた。1984年鉄道友の会より京阪車両史上初のローレル賞を受賞している。当時、車両担当の役員だった宮下稔(後に社長)は、設計に際して「3000系特急車の時には果たせなかったので、今度の6000系新造車ではぜひブルーリボン賞か、ローレル賞を取りたい」と当時の社長の青木精太郎に意欲を示し、それを実現させることになった[19]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 青野邦明『私鉄の車両15 京阪電気鉄道』、保育社、1986年、16 - 17頁
  2. ^ a b c 「京阪電気鉄道 現有車両車歴表」、『鉄道ピクトリアル2009年8月臨時増刊号』第822巻、電気車研究会、2009年、284 - 285頁
  3. ^ 京都競馬場開場日のみ、当時一部臨時停車していた淀駅も含む
  4. ^ この大型非常扉は10000系までの特急専用車を除く車両で採用され続けた。
  5. ^ 名目上は新造車だが、実質吊り掛け駆動車のカルダン駆動兼冷房改造化
  6. ^ a b 福島温也「京阪電気鉄道 現有車両プロフィール 2009」、『鉄道ピクトリアル2009年8月臨時増刊号』第822巻、電気車研究会、2009年、255頁
  7. ^ ただし、第1編成は2013年10月の一時期、第2編成は2009年4月から2011年3月と2013年8月から2014年7月の間は暫定的に8両編成となっていた。また、第11編成も2013年8月からリニューアル入場した10月までの間、暫定的に6561を抜き取った7両編成で運用されていた。
  8. ^ 2016年1月から3月の間は車両調整の関係で8両編成で運用されていた。
  9. ^ 当初から1500V仕様の車両と同じ
  10. ^ 前期形は金枠支持なのに対し、後期形は枠なし
  11. ^ 交野線全線の複線化時に変電所容量が上がったため、現在はこの問題は解決している。
  12. ^ 6563号車のみ1993年2月23日
  13. ^ 塗装変更記事は、『関西の鉄道』№60 102頁「京阪だより」より出典
  14. ^ 月刊「とれいん」2013年11月号145頁より
  15. ^ 平成25年度 鉄道設備投資計画 鉄道設備投資計画について〜 安全性、利便性向上などに総額約73億円を投資 〜 (PDF) 京阪公式プレスリリース、2013年6月28日、同29日閲覧。
  16. ^ 平成26年度 鉄道設備投資計画について「安全性の向上」「サービスの改善」を2本の柱に、約80億円を投資 (PDF) 京阪公式プレスリリース、2014年6月26日、同30日閲覧。
  17. ^ 京阪6000系リニューアル車の営業運転始まる Response 2014年9月7日、同10月2日閲覧。
  18. ^ 京阪電気鉄道6000系をリニューアル! 13000系ベースのインテリアデザインに マイナビニュース 2014年9月5日、同10月2日閲覧。
  19. ^ 京阪電気鉄道総務部(編集・発行)『青木精太郎さんの思い出』P.159 - 160(宮下の執筆)。青木からは「軽くたしなめられた」という。