新幹線800系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新幹線800系電車
800系電車(0番台)
800系電車(0番台)
基本情報
運用者 九州旅客鉄道
製造所 日立製作所
製造年 2003年 2005年 2009年 - 2010年
製造数 54両
主要諸元
編成 6両編成(全車電動車
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 60Hz
架空電車線方式
最高運転速度 260 km/h
起動加速度 2.51 km/h/s[2]
編成定員 392名(U001 - U006編成)
384名(U007 - U009編成)[2]
(全席普通席)
編成長 154.7 m[1]
全長 27,350 mm(先頭車)
25,000 mm(中間車)
全幅 3,380 mm[2]
車体高 3,650 mm[2]
車体材質 アルミニウム合金
台車 軸梁支持方式
WDT205K[1]
主電動機 かご形三相誘導電動機MT500K (275kW) [1]
駆動方式 WN駆動方式
編成出力 275kW×4基×6両=6,600kW
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ抑速ブレーキ
保安装置 KS-ATCATC-1
備考 台車は川崎重工業
Wikipedia laurier W.png
第45回(2005年
ローレル賞受賞車両

カテゴリ / テンプレート

テンプレートを表示

800系は、九州旅客鉄道(JR九州)に在籍する新幹線電車である。九州新幹線の初代車両として2004年平成16年)に登場した。

概要[編集]

JR九州は同社初となる新幹線車両を製作するにあたり、東海旅客鉄道(JR東海)および西日本旅客鉄道(JR西日本)から車両技術や車両保守などの技術供与を受けた。このことによって開発時間の短縮とコストの低減を図っている。基本的な構造は700系と変わらないが、先頭形状や内装表面、座席、機器配置などは変更されている。

日立製作所(ただし台車川崎重工業製)により2004年3月の開業を前に6両編成5本30両(編成番号・U001 - U005)が導入されたが、新幹線車両の全般検査サイクルが約2年であり、それを控えて予備編成を用意する必要性が生じたことから、2005年(平成17年)夏にさらに1本 (U006) が増備された。九州新幹線全線開業に向けて、デザイン等のマイナーチェンジを行った新800系3編成(U007 - U009)が投入され、従来からの6編成と合わせて9編成となり[3]、2009年より運転を開始した[4]

エクステリアおよびインテリアデザインは水戸岡鋭治とドーンデザイン研究所が、車内放送の音楽は向谷実が手がけた。

2005年に鉄道友の会ローレル賞・日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞を受賞した。

構造[編集]

700系を基本に開発・製造されているため、モータ制御等の制御装置についてはほぼ700系と共通である。ただし、35‰(パーミル)の急勾配での起動に対応するため、全車両電動車 (M) とするとともに、起動時引張力を増加させる事ができるようにしている[5]。その結果主電動機の定格出力は700系と変わらないものの、起動加速度は2.5km/h/s[注 1]に強化されている。営業最高速度は、500系や700系より遅い260km/hである。

車両外観[編集]

先頭車両

空力的な理由から「カモノハシ」のようなものとなった700系の先頭形状は採用せず、シャープな形状である。これは700系の先頭形状のコンペで提出されながら不採用となり、その案を設計した日立製作所で保存されていたものに少しアレンジを加えて復活させたものである[6]。CFDや風洞実験により、260km/h対応として設計された[7]。先頭形状を700系のままにせず新たに設計し直したのは、JR九州側、特に当時の社長石原進の意向による[8]。また、JR九州側からの制約は、最前部のノーズポイントを上げることと[9]、運転席前面ガラスの角度をある程度つけることであった[9]

新800系と呼ばれる U007 - U009編成はヘッドライトの形状が変更され、そのカバーガラスも曲面的でやや膨らんだ形のものとなった。

出入口付近に設置してある行先表示器は3色LED式を採用する。

車体[編集]

700系と同じく、中空押出型材を用いたアルミダブルスキン構造となっている。700系と平行して800系を製造することによって製造コストの抑制が図られている[10]。ただし、重量が大きい主変圧器搭載のMp車にパンタグラフが搭載されていることから、各車の輪重バランスを均一化するためにMp車の屋根は軽量なシングルスキン構造となっている[8]

塗装[編集]

白地に金色とコーポレートカラーである赤色のラインが入る。そして、屋根は赤色塗装であるが、これはパンタグラフの摺り板の粉で生じる汚れを目立ちにくくするために設定されたものである。車体には、100系以降の東海道・山陽新幹線の車両に用いられていた白3号 (N9.2) ではなく、より明るい (N9.5) を採用しており、水戸岡は『たぶん一番白い列車』と述べている[11]

各車両の客用ドア横には赤色の大きな文字で号車番号が表記されているが、これは新八代駅で「リレーつばめ」から乗り換える際に、短い時間で乗車車両を探し出せるように配慮されたものである。なお787系電車においても「リレーつばめ」対応改修工事実施時に同じ配慮がなされ、金色の同字体を採用している。

完成当初は全車両側面の号車表示部分に、当時のJR九州社長石原進の揮毫による「つばめ」と列車名が書かれていたが、全線開業後に本系列は「さくら」の一部でも使用されることとなり、乗客の混乱を防止するため、列車名を消去した上に2011年1月から3月にかけて、先頭車の運転側の800系のイメージとするロゴマークと車体全体のつばめのイメージとするロゴデザインに変更された[12][13][14]

主要機器[編集]

電源・制御機器[編集]

架線からの単相交流25kVを主変圧器で降圧した上で、主変換装置で単相交流から直流に変換後、さらに三相交流へと変換して主電動機を駆動する。

Mc+Mp+M2ユニットを採用し、Mc車(821形・822形)には主変換装置1基・空気圧縮機が、Mp車(826形)には主変圧器(WTM206K)・集電装置が、M2車(827形)には主変換装置2基が搭載される。

主変換装置(WPC200K)は、IGBT素子を利用した3レベルPWMコンバータ+3レベルPWMインバータで構成されている。主電動機4基を並列接続して回路を構成し、1C4M制御を採用する。

主電動機(MT500K)は、連続定格出力275kWを有するかご形三相誘導電動機であり、1両あたり4基搭載する。

台車・ブレーキ装置[編集]

台車は直進安定性に優れた走行特性を示す軸梁式の軸箱支持機構を備えたアンチヨーダンパ付きのボルスタレス台車のWDT205Kを装着する。駆動方式はWNドライブである。乗り心地向上のため、全車両にセミアクティブサスペンションが搭載されている。

ブレーキ装置については、700系と同様に回生ブレーキを装備するほか、緊急制動時の滑走対策のために先頭車の台車にセラジェットも装備されている。また、急勾配対策として抑速ブレーキの機能が追加されている。

定速装置が装備されているが、営業運行中は使用しない[15]

集電装置[編集]

騒音・軽量化対策としては、700系のような大型の碍子カバーやパンタグラフカバーは装備せずに、東日本旅客鉄道(JR東日本)が開発しE2系1000番台で採用された低騒音碍子付きのシングルアーム式パンタグラフ(PS207K形[8])を装備している。この結果、700系に採用されているシングルアームパンタグラフ(TPS301形・パンタカバーなどを含む)と比較して約650kgの軽量化に成功している[8]

内装・設備[編集]

3号車座席

全車両普通車のモノクラス編成であり、座席は横に4席並び、2列+2列配置となっている。日本の「和」を基本コンセプトとする独自の意匠が施されている。木材にはすべて不燃処置が施されている。

奇数号車の博多寄りには便所・洗面所が設置されているが、便所はサクラ材の手すりで温かさを、洗面所には八代イグサ縄のれんで伝統の技を演出した。1, 5号車には、車椅子スペースバリアフリー対応トイレが設けられている。

2号車には公衆電話が、4号車には自動販売機が設置されている。

U001 - U006編成(0番台)[編集]

号車ごとの内装[16]
号車 木の色 織物色
1・4 桜色 緑青
2・6 柿渋色 瑠璃
3・5 楠色 古代漆

妻面にクスノキ座席西陣織のモケット、日よけに木製のブラインドを採用。座席の基部も木製とされた。座席は京都府京田辺市住江工業製である。号車によって腰掛木材と表皮材料の色の組み合わせが異なっている。

後に増備される1000,2000番台(通称:新800系)の5号車に採用された多目的室は、既存の800系への設置改造も行われる[17]

出入り台の壁は柿渋色、客用ドアは古代漆色という伝統色、手すりや握り棒は熊本産のサクラ材が使用されている。

デッキと客室を仕切るドア上部に設置されている車内案内表示器には車両案内、停車駅案内、ニュース(西日本新聞ニュース)が表示される。後に車内後方座席からの視認性向上を目的として、新800系(U007 - U009編成)同様、車内中央の天井部にも車内案内表示器が設置された。

U007 - U009編成(1000,2000番台)[編集]

1000番台のU007編成

2009年夏から登場した新800系(U007 - U009編成)は、乗り心地改良のため、従来よりも座面を35mm深く、着席時の背もたれの角度が7度から8度に変更されている[18]。新たに荷台下面と窓枠下の小テーブル(かまち)も木製となったほか、電話室の暖簾に久留米絣が採用されている[19]

号車によって腰掛木材と表皮材料の色の組み合わせが異なっている。

号車ごとの内装[19]
号車 座席織物 妻壁(前) 妻壁(後)
1 赤の唐松模様の西陣織 クス博多織
2 ワインレッドの革張り 金箔と柄入り金箔 ハードメープル
3 カーマインツイード 金箔とハードメープル
4 アイビー柄のゴブラン織 金箔とハードメープル
5 オレンジ系のツイード ハードメープル 金箔と柄入り金箔
6 赤のアイビー柄の西陣織 クスと博多織

すべての腰掛から車内案内表示器の視認性を高めるため、背板の高さを25mm、腰掛座面を15mm、合わせて床面から40mm低くし、さらに車内の天井にも車内案内表示器が設置されている。後に既存編成(U001 - U006編成)でも同様に車内の天井部に車内案内表示器が設置された。

形式および車種[編集]

本系列に属する各形式名とその車種は以下の通り。

電動車3両を1ユニット (Mc+Mp+M2) とする構成で700系の4両1ユニットから1ユニットあたりの車両数は1両減らされている。そのため、運転室後部に機器室を設置しそこに減らした車両分の機器を搭載している。このため500系と同様に運転室後部の客用ドアは設置されていない。

開業初期から所属している編成(U001 - U006編成)は0番台を、2009年以降に増備される編成のうち、U007, U009編成は1000番台を[20]、U008編成は2000番台を名乗る[20]。検測機能を搭載できることから区別されている(#検測機能を参照)。車体番号のハイフン以下一桁の数字は0番台からの連番である。例えば、U007編成821形の場合は、821-1007となる。

821形(821-6) 822形(822-106)
821形(821-6)
822形(822-106)
821形 (Mwc)
普通席を備える制御電動車。U編成1号車として使用。鹿児島中央向き運転台、便所、洗面所、車椅子対応設備を備え、主変換装置、静止形変換装置、電動空気圧縮機などを搭載する。定員46名。
822形 (Mc)
普通席を備える制御電動車。U編成6号車として使用。博多向き運転台、電話室を備え、主変換装置、補助電源装置、電動空気圧縮機などを搭載する。定員56名。
826形0番台(826-6) 826形100番台(826-106)
826形0番台(826-6)
826形100番台(826-106)
826形 (Mp, Mpw)
普通席を備える中間電動車。
0, 1000, 2000番台 (Mp)
U編成2号車として使用。電話室を備え、主変圧器、静止形変換装置、補助電動空気圧縮機、集電装置などを搭載する。定員80名。
100番台 (Mpw)
U編成5号車として使用。便所、洗面所、車椅子対応設備を備え、主変圧器、補助電動空気圧縮機、集電装置などを搭載する。2009年以降、1100, 2100番台車両と同様の多目的室、車販準備室の設置工事が行われた。その際16・17ACD席と14・15B席を撤去したため、定員66 → 58名と減少する。
1100, 2100番台 (Mpw)
U編成5号車として使用。便所、洗面所、車椅子対応設備、多目的室、車販準備室を備え、主変圧器、補助電動空気圧縮機、集電装置などを搭載する。定員58名。
827形0番台(827-6) 827形100番台(827-106)
827形0番台(827-6)
827形100番台(827-106)
827形 (M2, M2w)
普通席を備える中間電動車。
0, 1000, 2000番台 (M2w)
U編成3号車として使用。便所、洗面所を備え、主変換装置2台などを搭載する。定員72名。
100, 1100, 2100番台 (M2)
U編成4号車として使用。乗務員室、自動販売機を備え、主変換装置2台などを搭載する。定員72名。


800系 U編成 編成表
 
← 鹿児島中央
博多 →
新製日 設備改造日
ATC改造日
列車無線改造日
編成名削除 備考
号車 1 2 3 4 5 6
形式 821形
(MwC)
826形
(Mp)
827形
(M2w)
827形
(M2)
826形
(Mpw)
822形
(MC)
編成 U001 1 1 1 101 101 101 2003年8月30日[21] 2010年3月31日[22]
U002 2 2 2 102 102 102 2003年9月16日[21] 2009年11月2日[22]
U003 3 3 3 103 103 103 2003年10月6日[21] 2010年9月28日[14]
U004 4 4 4 104 104 104 2003年12月11日[21] 2010年1月16日[22]
U005 5 5 5 105 105 105 2003年12月28日[21] 2010年7月27日[23] 2016年4月14日熊本地震の影響により回送列車の走行中に脱線
U006 6 6 6 106 106 106 2005年7月18日[21] 2010年5月30日[23]
U007 1007 1007 1007 1107 1107 1107 2009年8月22日[21] 新造時から対応済み
U008 2008 2008 2008 2108 2108 2108 2010年3月19日[14]
U009 1009 1009 1009 1109 1109 1109 2010年11月24日[14]
※全車日立製作所

運用[編集]

九州新幹線内の「さくら」「つばめ」で運用されている[24]

九州新幹線部分開業時[編集]

2004年3月13日九州新幹線新八代駅 - 鹿児島中央駅間開業と同時に「つばめ」の愛称で運用を開始した。

787系「リレーつばめ」との並び
(2010年6月26日 新八代駅)

当時、新八代駅発着の全列車は鹿児島本線特急「リレーつばめ」と接続を行っており、同列車とは相互で同一ホーム上で接続を行っていた。

2009年8月22日の「つばめ42号」より、新800系(1000番台・U007編成)の運用が開始された[25][26]

九州新幹線全線開業に伴う運用[編集]

九州新幹線全線開業後、800系は九州新幹線内折り返し列車に限定して運用されている。2011年1月以降、列車電話の事業者をソフトバンクテレコムから山陽新幹線と同じNTTコミュニケーションズに順次変更している。

2012年3月17日現在[編集]

  • さくら[27]
    • 博多駅 - 鹿児島中央駅間:9本
    • 博多駅 - 熊本駅間:14本すべて
  • つばめ[27]
    • 博多駅 - 鹿児島中央駅間:5本
    • 博多駅 - 熊本駅間:45本
    • 博多駅 - 筑後船小屋駅間:2本
    • 川内駅 - 鹿児島中央駅間:下り1本

山陽新幹線への乗り入れ[編集]

JR西日本の管轄である山陽新幹線との直通列車にはN700系7000・8000番台が運用されており、800系は使用されていない。当初は新下関駅発着の「さくら」に使用する計画があったが見送られた[28]

構造上は山陽新幹線への乗り入れも可能であり、2011年1月には乗り入れ対応のため山陽新幹線で試運転を行っている[29][30]

検測機能[編集]

U007,U009編成(1000番台)には軌道の検測を可能とする装置を、U008編成(2000番台)には電力、信号、通信の検測を可能とする装置が搭載可能である[20]。U001編成は線路および架線検測機能を持っており、車両番号の末尾に「K」の文字が加えられていたが、前述の編成増備に伴いその任を解かれ、2010年3月31日付けで車番変更(車両番号から「K」が除かれる)が行われた[22]

ただし、他の検査専用車両のように検査機器を常時設置しているわけではなく、検査実施時のみ機器を搭載して検測を行う。外観上の違いはパンタグラフ付近に計測用のカメラと投光器が装着されている点で、それ以外には他編成との違いはない。この架線計測装置には明電舎の「カテナリーアイ」を使用している、これは、車両の屋根上に小型カメラ2台とラインセンサを搭載して走行中にトロリー線を約3cm間隔で検測する装置であり、従来の計測装置と比べて[注 2]大幅な省スペース化が図られている。

ATC仕様変更[編集]

山陽新幹線との直通運転を行うN700系7000・8000番台が東海道新幹線仕様のデジタルATCを搭載するため地上設備の仕様変更を行い、また、車上設備の変更も行われた[31]。変更の対象になったのは既存の6編成と2009年夏に投入された1編成[31]。地上設備(新八代 - 鹿児島中央)と車上設備に計10億円をかけて改修を行った[31]

仕様変更に伴い、2009年6月13日から同年12月末にかけて土日を中心に、営業時間外に800系を使用しての試験が行われた。同年9月までは 120km/h 以下、同年10月からは260 km/h での試験が行われた[31]

ラッピングトレイン[編集]

本形式はラッピングトレインの対象車両としても使われている。

2004年12月16日から2005年3月31日の間「日韓友好年2005」を記念し、パク・ヨンハをデザインしたラッピングトレイン(U004編成)が運行された。

2009年7月18日から8月31日の間、JR九州の企画「ポケモンスタンプラリー2009夏」[32]にあわせ、ポケモンラッピングトレイン(U004編成)が運行された。

2011年9月12日から10月16日の間、福岡ソフトバンクホークスの選手と応援隊長の白戸次郎(お父さん犬)がラッピングされたホークス応援ラッピング新幹線(U004編成)が運行された[33][34]

2014年12月20日から2015年3月1日の間、JR九州の企画「妖怪ウォッチ×JR九州 熊本駅を妖怪ジャック!!」[35]や、映画「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」公開に併せ、妖怪ウォッチラッピングトレイン(U008編成)が運行された。

2015年7月15日から8月31日の間、U007編成にDREAMS COME TRUEのラッピングを施した「SPECIALドリカム新幹線」が運行された[36]。また同年12月5日・6日の「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015」九州公演(福岡ヤフオク!ドーム)にあわせ、10月3日から12月6日には「SPECIALドリカム新幹線『WONDERLAND号』」が運行された[37]

2016年7月15日から9月30日の間、「元気に!九州プロジェクト」の一環として、U001編成[注 3]が九州各県のキャラクター[注 4]をデザインしたラッピングを施して運行された[38]

2016年6月30日から「GO!GO!!キスマイクマモトオオイタ」の一環として、U008編成にKis-My-Ft2のラッピングを施した「キスマイ新幹線」が運行されている[39]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 700系は2.0km/h/sである。
  2. ^ 従来の装置は、車両の半分を占めるほどの大きさであった。
  3. ^ N700系8000番台R7編成も同年7月9日から実施。
  4. ^ 向かって左からエコトン・壺侍・がんばくん・らんばちゃん・めじろんくまモンぐりぶーみやざき犬(ひぃくん・むぅちゃん・かぁくん)。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『鉄道のテクノロジーVol.1 新幹線』 三栄書房、2009年、126頁。ISBN 9784779605345
  2. ^ a b c d 『鉄道ファン2009年10月号』 交友社、2009年、77頁。
  3. ^ 懐かしくて新しいインターナショナルな新800系の誕生Archived 2008年12月20日, at the Wayback Machine. JR九州ニュースリリース 2008年12月17日
  4. ^ 九州新幹線に「新800系」=世界初の金箔の壁など[リンク切れ]」(2008年12月17日 時事ドットコム)
  5. ^ http://www.jsme.or.jp/dmc/Newsletter/No34/shinkansen.pdf
  6. ^ 『鉄道のテクノロジーVol.1 新幹線』 三栄書房、2009年、pp.99 - 100。ISBN 9784779605345
  7. ^ 車両設計力と最新の情報制御技術を駆使し,九州新幹線車両(800系)と指令システム"SIRIUS"を開発日立評論2005年1月号、日立製作所
  8. ^ a b c d 『鉄道のテクノロジーVol.1 新幹線』 三栄書房、2009年、99頁。ISBN 9784779605345
  9. ^ a b 『鉄道のテクノロジーVol.1 新幹線』 三栄書房、2009年、100頁。ISBN 9784779605345
  10. ^ 『鉄道のテクノロジーVol.1 新幹線』 三栄書房、2009年、98頁。ISBN 9784779605345
  11. ^ 水戸岡鋭治 『水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン』 交通新聞社、2009年、pp. 127-128。
  12. ^ 新幹線800系、「つばめ」の文字消えることに - 朝日新聞 2010年11月6日
  13. ^ 800系のデザイン変更について - 九州旅客鉄道ニュースリリース 2010年12月17日付
  14. ^ a b c d 『JR電車編成表 2011夏』 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2011年、206頁。ISBN 9784330212111
  15. ^ レールファン音楽館、TrainSimulator九州新幹線開発者による
  16. ^ 『鉄道ジャーナル 2003年11月号』 交友社、2003年、10頁。
  17. ^ 急患搬送に九州新幹線を JR、多目的室の活用検討 Archived 2010年4月20日, at the Wayback Machine. asahi.com 2010年4月17日。
  18. ^ 編集長敬白: 800系1000番代新幹線デビュー。
  19. ^ a b 『鉄道ジャーナル2009年3月号』 鉄道ジャーナル社、2009年、132頁。
  20. ^ a b c 『鉄道ファン2009年10月号』 交友社、2009年、76頁。
  21. ^ a b c d e f g 『JR電車編成表 2010冬』 交通新聞社、2009年、221頁。ISBN 9784330116099
  22. ^ a b c d 『鉄道ファン2010年7月号付録「車両のデータバンク」』 交友社、2010年、45頁。
  23. ^ a b 『JR電車編成表 2011冬』 交通新聞社、2010年、226頁。ISBN 9784330184104
  24. ^ JTBパブリッシング『JTB時刻表』2011年3月号
  25. ^ 新幹線車両「新800系」完成 (PDF) [リンク切れ](JR九州プレスリリース)
  26. ^ 新800系,8月22日に営業運転を開始 (railf.jp)
  27. ^ a b 『JR時刻表 2012年2月号』 交通新聞社。
  28. ^ 「鉄道ファン」2012年7月号p.48。
  29. ^ 【JR西+JR九】800系山陽新幹線へ試験入線
  30. ^ 800系U009編成が山陽新幹線で試運転 - 鉄道ファン railf.jp 2011年1月29日
  31. ^ a b c d 交通新聞 - 2009年6月10日付1面 「九州新幹線ATC仕様変更へ」
  32. ^ ポケモンスタンプラリー2009夏 Archived 2009年7月15日, at the Wayback Machine.
  33. ^ キャンペーン | 燃えるんダ!終盤戦特設サイト(福岡ソフトバンクホークス)
  34. ^ 九州新幹線800系にホークス応援ラッピング編成登場(railf.jp(交友社))
  35. ^ 妖怪ウォッチ×JR九州 熊本駅を妖怪ジャック!!
  36. ^ 九州新幹線800系に「SPECIALドリカム新幹線」ラッピング(railf.jp(交友社))
  37. ^ DREAMS COME TRUE × KYUSHU SHINKANSEN「SPECIALドリカム新幹線『WONDERLAND号』」運行!
  38. ^ 九州各県のキャラクターが登場「元気に!九州」ラッピング新幹線運行中!
  39. ^ 883系「キスマイ★ソニック」運転開始(railf.jp(交友社))

外部リンク[編集]