コーポレートカラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コーポレートカラー (Corporate Color) とは企業や団体等の組織を象徴するをいう。シンボルカラー (Symbol Color) と同義で扱うことがある。組織が対外的に意図するイメージやコンセプトを提示することが多く、図案にコーポレートカラーを用いることがある。CI(コーポレート・アイデンティティ)の一環としてロゴマーク、社名等の看板、製品パッケージ、広告、ウェブサイトのデザイン、車両の塗装などをその色で統一することが多い。本稿では日本の企業のコーポレートカラーについて述べる。

なお、コーポレートカラーは企業の社章・団体の団体章・学校の校章に使用されている色と一致していることが多いが、必ずしもそうであるとは限らない。また、まれにではあるが、カラー(色)を比喩的に捉え、「コーポレートカラー」の語をコーポレーション(Corporation)の"カラー"として、すなわち、企業や組織の社風や企業の雰囲気を指す言葉として用いる用法もある。

日本で代表的なものとしては、JRグループ各社、三菱グループ(赤)、日産自動車(赤・白・青)、3大メガバンク日本航空(赤)・全日本空輸(トリトンブルー)などがある。

また、学校のコーポレートカラーを「スクールカラー」と呼ぶことが多い。東京大学の「淡青」、明治大学駒澤大学の「紫紺」などがよく知られている。

関連項目[編集]