東九州新幹線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東九州新幹線(ひがしきゅうしゅうしんかんせん)は、福岡県福岡市から東九州大分県大分市附近、宮崎県宮崎市附近を経由して、鹿児島県鹿児島市に至る新幹線の基本計画路線である。

概要[編集]

1973年11月15日の「昭和48年運輸省告示第466号」によって、建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画に追加された。

山陽新幹線との共用区間を除く延長が約390kmとされており[1]、福岡市からの一部区間では既存の山陽新幹線の線路を共用することが想定されている。また、約390kmという延長は、日豊本線(小倉駅 - 鹿児島駅間)の総延長467.2 kmを2割近く下回り、在来線に比してルートの短縮が図られている。途中の大分市附近では、同じく基本計画路線である四国新幹線及び九州横断新幹線との接続が予定されている。

基本計画が決定されたのは高度経済成長期であったが、その後のオイルショックや国鉄の経営悪化などの状況変化のため、工事のために必要な調査さえ行われておらず、着工には至っていない。

福岡県、大分県、宮崎県、鹿児島県、北九州市の4県1市で構成する東九州新幹線鉄道整備促進期成会[2]や、九州経済連合会等で組織する東九州軸推進機構[3]は、国に対して整備計画線への格上げの要望を行っている。また、2012年秋には九州地方知事会も整備計画線への格上げを求める特別決議を採択している[4]

2015年6月29日、大分県が東九州新幹線の調査費として809万円を、2015年度一般会計の7月補正予算案に盛り込んだと発表した[5]

整備についての検討[編集]

需要[編集]

鉄道ジャーナリストの梅原淳の試算によると、「福岡-大分間の特急電車利用者は1万1千人/日にのぼる。これは、北陸新幹線が建設されている首都圏-富山・石川間の5千人/日を上回り、関西圏-福井・富山・石川間の1万4千人/日に匹敵する。また、交通機関別に見ると、現在の福岡-大分の鉄道利用者は7.8%に過ぎず、新幹線の開通によって他の交通機関からの振り替え需要も期待される」とされている[6]

一方、大分県、宮崎県の人口は都道府県別で33位、37位と下位にとどまる。また、大分駅の1日あたりの平均乗車人員は16,982人で九州内で4位であるものの、宮崎駅は4,715人で30位以内にも入っていない。これらのことから需要に疑問を示す報道もある。

効果[編集]

東九州新幹線の着工のめどが立たない間、在来線である日豊本線の高速化が進められており、路線改良や振り子式車両である883系885系の投入等によって、博多駅 - 大分駅間の所要時間は20分ほど短縮されて、約2時間となっている。

大分県は2016年1月18日に、東九州新幹線が全線開通し、日豊本線と同じルートを、北陸新幹線の平均時速と同じ180kmで走行すると想定した場合の主要駅間の所要時間を試算し、短縮効果を示した[7][8]

また、東九州新幹線鉄道建設促進期成会も2016年3月23日に、新幹線の運行に適したルート(380km)を、九州新幹線、北陸新幹線と同じ平均速度(表定速度)210kmで走行すると想定した場合の主要駅間の所要時間の調査結果を公表した[9][10][11][12]

主要駅間の所要時間
在来線 大分県試算 期成会試算
新幹線(推計) 短縮効果 新幹線(推計) 短縮効果
大分 - 小倉 1時間23分 - - 31分 52分
- 博多 2時間5分 1時間 1時間5分 47分 1時間18分
- 宮崎 3時間9分 1時間9分 2時間 48分 2時間21分
- 鹿児島中央 5時間18分 1時間51分 3時間27分 1時間17分 4時間1分
宮崎 - 小倉 4時間32分 1時間53分 2時間39分 1時間19分 3時間13分
- 博多 5時間14分 2時間9分 3時間5分 - -
- 鹿児島中央 2時間9分 - - 29分 1時間40分

計画沿線の交通インフラ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]