北陸・中京新幹線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

北陸・中京新幹線(ほくりく・ちゅうきょうしんかんせん)は、福井県敦賀市から愛知県名古屋市を結ぶ計画の高速鉄道路線(新幹線)の基本計画路線である。

概要[編集]

北陸・中京新幹線は、全国新幹線鉄道整備法第四条第一項の規定による『建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画』(昭和48年告示第466号)により告示された新幹線の基本計画路線である[1]1972年7月3日に基本計画が決定した北陸新幹線東京都 - 大阪市長野市富山市経由)の敦賀市以西のルートは琵琶湖東岸を通って米原駅付近で東海道新幹線に合流するルートが有力であった[2]が、1973年11月13日に決定された整備計画では小浜市付近が主な経由地に加えられたため、北陸新幹線と中京地方を連絡する当路線が基本計画に盛り込まれた。基本計画の告示以降、着工に向けた具体的な動きは行われていない。

整備を目指す動き[編集]

2017年6月に、北陸・中京新幹線の整備を検討するよう福井県が提案したことが報じられた[3]

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土交通省告示・通達データベースシステム
  2. ^ 鉄道ジャーナル1988年12月号『「整備新幹線」の経緯を顧みる』(種村直樹)には、全幹法制定前の国(新全国総合開発計画構想)、国鉄自民党国鉄基本問題調査会、鉄道公団による新幹線建設計画の構想図が掲載されているが、すべて琵琶湖東岸を通るルートで描かれている。
  3. ^ “「北陸・中京新幹線」戸惑いの声 福井県「将来の備え必要」と強調”. 福井新聞. (2017年6月15日). http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/205599 2017年12月30日閲覧。 

関連項目[編集]