新幹線1000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新幹線1000形電車
新幹線1000形電車A編成(イラスト)
新幹線1000形電車A編成(イラスト)
主要諸元
編成 2・4両(全電動車編成)
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 60Hz
最高運転速度 256キロ
編成長 49.5 m(A編成)
99.5 m(B編成)
全長 24,750 mm(先頭車)
25,000 mm(中間車)
全幅 3,380 mm
車体高 3,950 mm
台車 DT9002,DT9003,DT9008(A編成)
DT9001,DT9004,DT9005,DT9006(B編成)
主電動機 直流直巻電動機
MT912(A編成),MT911(B編成)
主電動機出力 170kW
駆動方式 WN平行カルダン駆動方式
歯車比 2.17
編成出力 170kW×8=1,360kW(A編成)
170kW×16=2,720kW(B編成)
制御装置 低圧タップ制御
制動装置 発電ブレーキ併用電磁直通ブレーキ
保安装置 ATC-1型
テンプレートを表示

新幹線1000形電車(しんかんせん1000がたでんしゃ)は1962年昭和37年)、東海道新幹線の開業を控え、試験目的の試作車として製造された新幹線車両(電車)である。

いわゆる「鴨宮モデル線」で、256km/hを記録した速度試験をはじめとする各種の試験に供された。

2両編成と4両編成の2編成が造られ、2両編成(A編成)は1001・1002号、4両編成(B編成)が1003・1004・1005・1006号で組成されていた。当初は12両製作する予定であったというが、予算緊縮の要請を受けて2編成、6両に半減されたものという。

1編成でなく2編成となったのは、すれ違い試験を行う必要からである[1]。その後C編成(0系量産先行車。1011 - 1016)が製造されて3編成となっている(後にC編成が加わって3編成となった際に、そのC編成もA編成とB編成とを連結した6両編成同士でのすれ違い試験や、A編成+B編成+C編成での合計12両での負荷試験を実施した記録がある[2])。

A編成とB編成はともにC編成→営業車両(0系)に類似している点もあるが、比較のため[3]に曲面窓とされた先頭車両など、細かく見ると相違点は多い[4]

構造[編集]

以下の説明ではC編成→0系の説明については特記を除き省略している。

力行制御には低圧タップ式を採用し、連続定格出力170kWのMT911形又はMT912形電動機を駆動。ブレーキシステムは発電ブレーキ電磁直通空気ブレーキを併設し、50km/hを境にそれ以上では発電ブレーキ、それ以下では電磁直通空気ブレーキを使用していた。

車体は全車両鋼鉄製で、先頭部は風洞実験の成果を基に設計された流線形状であった。ドアは外つり式のプラグドアを採用。ボンネット前端は半透明乳白色のアクリル製で蛍光灯が設置された「光前頭」で、夜になると遠くからでも確認できた。横の前照灯は1灯式のシールドビームであったため、2灯式の0系と比べると小さかった。

0系との目立った相違点の一つに、ボンネット側面中央の列車番号表示用の小窓がある(0系では割愛された)。列車番号表示用であるが、試験運転であり列車番号の無かった当形式の運用としては、もっぱら編成番号が表示されており、「大阪-東京」や「夢の超特急」という表示が埋め込まれている写真も見られる。

屋根上の今や新幹線車輛の特徴ともなっている「静電アンテナ」は、後の営業車両では全て前縁に後退角を持たせたスピード感のあるスタイルとなっているが、当形式では、簡素な逆L字形のものであった。また1006を除く先頭車3両の運転台窓が曲面であることも0系との相違点である。

連結面には内の他、外幌も付けられ、外観的には編成が一体に見えるようになっていた(鉄道車輌一般において、外幌は一定の有効性は認められているものの、運用上および保守上の煩雑さ等から、試験車輛等では採用されても営業運転では排除される傾向があるが、日本の新幹線においても高速化と、騒音のより一層の低下が求められた後年まで採用は見送られた)。

塗色は、当初赤系統のものも計画されていたが、青系統のものが採用された。0系新幹線と同色の青20号のブルー(いわゆる新幹線ブルー)と、クリーム10号のアイボリーホワイトの2色が使用されているが、A編成では白い車体の上下の各帯と排障器(スカート)を青く塗装した。B編成では、配色が窓周りとスカートに青を塗装したものになっていた。C編成→0系ではB編成の塗装を修正したものが採用された。

車体は全長25m、車体幅3.38m、車体高さ3.95mであった。

車体下部のスカートはC編成→0系より長くなっていたが、C編成→0系のような頑丈なものではなかった。

仕様[編集]

奥)B編成・1003 手前)A編成・1001
マイクロエース製模型)
1006 運転席見取図
リニア・鉄道館に展示されている新幹線1000形電車A編成の模型
京都鉄道博物館に展示されている新幹線1000形A編成の模型。

A編成[編集]

  • 1001…大阪方の制御電動車。車体製造は汽車製造。定員56人。運転台窓に曲面ガラスを使用。台車は両板ばね式軸箱支持のDT9002形,DT9008形。
  • 1002…東京方の制御電動車。車体製造は日本車輌製造。定員80人。運転台窓に曲面ガラスを使用。台車はシュリーレンタイプ円筒案内(SIG)式軸箱支持(SIG式)のDT9003形。

B編成[編集]

  • 1003…大阪方の制御電動車。車体製造は日立製作所。定員70人。運転台窓に曲面ガラスを使用。台車は平行リンク式軸箱支持のDT9006形。
  • 1004…中間電動車。車体製造は日立製作所。定員70人。同社が提案したX鋼体を採用したため窓が6角形になっていた。台車は両板ばね式軸箱支持2種類(ミンデン式とIS式)と平行リンク式軸箱支持1種類(住友リンク式)が装着可能なDT9004形。
  • 1005…中間電動車。車体製造は川崎車輛。定員80人。台車は軸ばり式軸箱支持のDT9005形。
  • 1006…東京方の制御電動車。車体製造は近畿車輛。定員80人。運転台窓に平面ガラスを使用。台車は円筒案内式軸箱支持のDT9001形。

C編成[編集]

  • 1011…大阪方の制御電動車。後の22-1。車体製造は6両全車日本車輌製造。後のN1編成に全車組み込まれている。
  • 1012…中間電動車。後の26-1。
  • 1013…中間電動車。ビュフェ設備を有する。後の35-2。
  • 1014…中間電動車。1等車として落成。後の16-1。
  • 1015…中間電動車。後の25-2。
  • 1016…東京方の制御電動車。後の22-1。

運用実績[編集]

1962年6月より鴨宮基地を研究拠点としてモデル線でシステム全体の試験を開始。同7月に110km/h,9月に160km/h,10月31日にクモヤ93000のもつスピードレコードを越える200km/hと徐々に走行速度を上げていった。そして1963年(昭和38年)3月30日に速度向上試験が行われ、B編成が当時電車方式として世界最高速度の256km/hを記録した。これを記念し、B編成に記念プレートがつけられた。また、6月8日にA編成とB編成で併結運転を行った。

その後[編集]

新幹線941形電車

モデル線での運用開始の2か月後の1962年8月、A編成は観測ドームなどを設置し、架線試験車に改造された。

さらに、1964年(昭和39年)8月10日にA編成が941形救援車廃車まで救援車としての出番はなかった)に、B編成が同年7月22日に922形電気試験車に改造された。1975年(昭和50年)8月15日に大量の0系1,2次車解体のため、浜松工場に新設された新幹線車両の車体解体設備の試運転材料となり、A・B両編成とも廃車解体された。

現在、1000形試作電車に取り付けられていたPS9009形パンタグラフ鉄道博物館にある。 [1]

その他[編集]

  • 2005年(平成17年)3月23日に、日本郵政公社からこの車両がデザインされた特殊切手が発売された。[2]
  • 新幹線が開業する前からメディアで紹介されていた車両のため、開業前後に出版された歴史漫画などにはこの車両が新幹線として紹介されている。実物は廃車・解体されたが、これら書籍の一部は改訂・増刷を重ね今でも入手可能なものもある。また、作画の際の参考資料に本形式の写真を使用したのか、文芸漫画作品等でも本形式の特徴(ボンネット側面中央の列車番号表示用の小窓、単純な逆L字形の静電アンテナ)が見られることがある。
    • アニメ『エイトマン』のオープニングに現れる車両にも、列車番号の小窓が確認できる(塗り分けはB編成である)。
    • 各種の模型化があるほか、プラレールには下回りを赤の塗色とした本形式のモデルがあった。
  • 前述のように当車輛は全て現存しない。2014年に放送されたテレビドラマ妻たちの新幹線』には本形式が登場しているが、博多総合車両所で保存されていた0系車輛(22-1047)を改造して似せたものを撮影したものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新幹線をつくった男 島秀雄物語』 高橋団吉、小学館、2000年、p.218。ISBN 9784093410311
  2. ^ 【日本の高速鉄道 その誕生と歴史】第11回「新幹線試験用車両」 - 乗りものニュース。2014年9月8日発信、2018年6月17日閲覧。
  3. ^ 後年の試験車両でも、300Xなど、試験目的で両端を違う形状にすることは多い。
  4. ^ しかし、C編成→0系登場以前には、ほとんどの鉄道愛好者の中では相違点を意識して撮影されてはいないため、それを確認できる写真等は多くはない傾向にある。