国鉄クモヤ93形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クモヤ93形は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した架線試験車電車)である。

概要[編集]

走行しながら架線状態(高さ・偏位パンタグラフとの接触状況等)の測定を行う事業用車であるが、高速試験車としての性格も持つ。1958年昭和33年)4月に、モハ51078を豊川分工場で改造し、モヤ4700形(4700)として落成、田町電車区に配置された。

車歴[編集]

車両番号 工程 施工日 施工工場 備考
モハ40010 新製 1932年 汽車製造  
モハ51078 改造 1944年 運輸通信省吹田工機部[注釈 1] 42系電動車と台車振替
運転台化の戦時改造
モヤ4700 改造 1958年6月 豊川分工場[注釈 2] 事業用車化改造
クモヤ93000 改番 1959年6月   車両形式称号規程改正による
廃車 1980年
3月26日
田町電車区  


外観[編集]

改造に際しては、台枠のみを流用して車体・台車・電装品も新製されたため種車の面影は全くない。

車体は屋根が全長にわたって平らな低屋根構造とされ、80系電車2次車などに見られた中央に「鼻筋」を通した半流線型の非貫通2枚窓(いわゆる「湘南型」)をもつ両運転台構造を採用した。前照灯は高速走行に備えて上部中央に250W1灯のほか、左右の窓下にそれぞれ250W1灯ずつを配した3灯式とした[注釈 3]。車体はぶどう色2号で塗装されていたが、車体の上下にはクリーム1号の帯が巻かれ、さらに前面には同じ色の「ヒゲ(双曲線状の帯)」が塗装されて高速運転時の警戒色の役目を果たしていた。

パンタグラフは前後に2基が搭載され、車両中央付近の屋根には架線観測用ドーム[注釈 4]が上方へ張出しているほか、ドームの両脇に検測時にパンタグラフのすり板部分を照らす投光器が設置された。また、パンタグラフは2基とも交流2万ボルトにも対応した交直両用型であり、交流車両に牽引されれば交流電化区間での調査を行うことができた。

台車は、川崎車輛試作した軸梁式のOK-4(国鉄形式DT29)[注釈 5]を装着した。

主電動機は、試作品の1時間定格出力が158kWと強力なMT901(国鉄形式)を4基搭載。歯車比は30:52 = 1:1.735と高速度運転に適する仕様としたが、駆動装置は従来どおりの吊り掛け式を採用している。

試験での高速運転に備え、高速時にはブレーキ率を高め、低速時には通常のブレーキ率に戻すブレーキ率自動制御装置が装備され、高速運転中にブレーキをかけた際に制動距離を抑える工夫がされている。

車内は前位から暗室・整理室・寝室倉庫・観測室・測定室・電源室で、測定室には各種測定機器が装備された。

高速度試験[編集]

以下の記録を樹立している。

165km/h
1959年12月4日 東海道本線金谷 - 藤枝間上り線
167km/h
1960年2月10日 東北本線岡本 - 宇都宮間上り線
175km/h
1960年11月21日 東海道本線島田 - 藤枝間新幹線試験第3線新設工事区間
KuMoYa93 175kmph Monument.jpg
狭軌鉄道世界最高速度記録達成であったため、本車の車体側面に記念のチャンピオンプレートが取り付けられた。その記録達成の付近であるとして、その付近に後年開業した六合駅にも記念碑が立てられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現・JR西日本吹田総合車両所
  2. ^ かつての豊川海軍工廠。後に日本車輌製造に払い下げられ、同社の豊川製作所となった。
  3. ^ 前照灯を片側に2灯以上搭載した国鉄車両は本形式が最初である。
  4. ^ 架線観測用ドームの本来と異なる使用方法として、1958年6月に151系「こだま形電車」開発に関連する「東海道本線全線で高運転台からの信号見通し実情調査」がある。この際は、ドームから調査を行うためにパンタグラフ等の屋根上機器を撤去したことにより、自走できないためモユニ81形の牽引による走行となった。
  5. ^ 台車本体に貼付された銘板はOK-IVとローマ数字標記 。

参考文献[編集]

関連項目[編集]