サイボーグ009 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サイボーグ009 > サイボーグ009 (アニメ)
サイボーグ009
ジャンル SFアニメ
映画:サイボーグ009
監督 芹川有吾
制作 東映動画
封切日 1966年7月21日
上映時間 64分
映画:サイボーグ009 怪獣戦争
監督 芹川有吾
制作 東映動画
封切日 1967年3月19日
上映時間 60分
アニメ:サイボーグ009
原作 石ノ森章太郎
キャラクターデザイン 木村圭市郎
音楽 小杉太一郎
アニメーション制作 東映動画
放送局 NET系列
放送期間 1968年4月5日 - 9月27日
話数 全26話
その他 モノクロ
アニメ:サイボーグ009
原作 石ノ森章太郎
監督 高橋良輔
キャラクターデザイン 芦田豊雄
メカニックデザイン サブマリン
音楽 すぎやまこういち
アニメーション制作 日本サンライズ
製作 テレビ朝日、東映
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 1979年3月6日 - 1980年3月25日
話数 全50話
映画:サイボーグ009 超銀河伝説
監督 明比正行
制作 東映動画
封切日 1980年12月20日
上映時間 130分
アニメ:サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER
原作 石ノ森章太郎
監督 川越淳
シリーズ構成 大西信介
キャラクターデザイン 紺野直幸
メカニックデザイン 紺野直幸
音楽 小室哲哉
アニメーション制作 ジャパンヴィステック
製作 テレビ東京、ジャパンヴィステック
放送局 テレビ東京系列
放送期間 2001年10月14日 - 2002年10月13日
話数 全51話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

本項では、石ノ森章太郎のSF漫画『サイボーグ009』を原作としたアニメ作品全般について解説する。

大半の作品は原典通り『サイボーグ009』(サイボーグ ゼロゼロナイン)という題名だが、21世紀以降は原典を大幅にアレンジしている作品も多く、それらの作品は題名が変更されている。ただし「009」の部分は不変である。

制作略史[編集]

テレビアニメ・20世紀に公開された劇場版アニメ

テレビアニメシリーズは、1968年に第1作目、1979年 - 1980年に第2作目、2001年 - 2002年に第3作目が放送された。さらに「サイボーグ009」と題された劇場版アニメーション作品が1966年・1967年・1980年に公開されている。

21世紀に劇場で公開されたアニメ版

2010年、原作を翻案した3D短編アニメ『009』が限定公開(詳細は#3Dアニメの節を参照)。

2012年、劇場用3Dアニメーション作品『009 RE:CYBORG』が公開された。

2015年、テレビシリーズ第3作目からは約13年ぶりとなる新作映像作品『サイボーグ009vsデビルマン』がイベント劇場公開。(詳細は#2015年の節を参照)

2016年、フル3DCGアニメーション作品『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』(サイボーグ ゼロゼロナイン コール オブ ジャスティス)がイベント公開。

1966年 - 1968年[編集]

先行して劇場版2作が作られ、その後テレビシリーズが始まった。

企画経緯[編集]

当時、東映のアニメ映画は文芸性の高い長編が製作されていたが、プロデューサーの旗野義文がテレビアニメの手法による中編映画を企てた。東映動画が創立以来年に1本から2本公開してきた名作ものを原作とする長編のフルアニメーション作品をA作。このA作に対して長編フルアニメとテレビアニメの中間的位置付けとして、海外輸出を意識した3コマ撮りの中編で日本国内向け作品をB作とするものである。テレビシリーズの『レインボー戦隊ロビン』のスタッフを投入して製作されたB作の第一弾が『サイボーグ009』だった[1][2]。本作が選定されたのは『西遊記』などを演出した東映動画の白川大作と石ノ森との縁による[注 1]

演出は映画2作とテレビシリーズともに芹川有吾が担当。音楽は小杉太一郎が担当し、映画用の曲はテレビにも使用された(テレビシリーズ用に新曲も作成されている)。これらの楽曲は、以後の複数の東映動画作品に流用されている(『タイガーマスク』、『マジンガーZ』など)。映画『怪獣戦争』の主題歌(第1作では挿入歌として使用)は、テレビシリーズでも継承された。その際、メンバーの名乗りが曲の前に入れられたが、このアフレコでは、009役の田中雪弥(現:森功至)が中々タイミングを合わせることができずNGを連発した、と述懐している。

テレビシリーズは終了直後の1968年11月10日から1969年2月16日まで、日曜 18:25 - 18:55に再放送された(約4か月放送なので全話再放送されていない)のを皮切りに、1970年代前半まではNET夕方の再放送枠や、夏休み朝の特別編成『夏休みまんが大会』でしばしば再放送されたものの、同年代後半からは地上波では再放送されていない。一方の劇場版は地上波・衛星放送・CS放送で幾度となく放送、特に1976年では、NETの土曜20時枠の「正式枠名無し単発枠」で、7月3日に第1作、8月14日に第2作をそれぞれ放送、どちらも直前の土曜19:30では(一部地域を除き)、本作と同じ石ノ森原作の集団ヒーロー特撮『秘密戦隊ゴレンジャー』が放送されたため、連続して集団ヒーロー物が見られた事になった。また劇場版1作目は、2008年3月にBS2の特別番組「とことん!! 石ノ森章太郎」において番組の一環としてOAされたが、放送禁止用語が連呼されたことで多くの修正が入った。

アニメ化にあたって以下のような変更が加えられた。テレビシリーズではキャラクターデザインが変更され、髪形や表情が原作に近づけられている。ただし原作の石森はこのアニメ版のキャラクターが自分の絵柄と違うことに不満を抱いており、脚本の辻真先は直にクレームを聞かされたという[4]

  • 009は脱走犯からレーサーへ。
  • 009は混血の栗毛を黒髪へ。
  • 009は前髪を垂らすのをやめ、両目が見えるように(テレビシリーズでは原作寄りに修正)。
  • コスチュームを009のみ主役として際だたせるため赤から白へ[5]。003のみピンク、他のメンバーは紫。
  • マフラー使用は009のみ。色も赤へ。003は青いバンダナ風のマフラーを使用。
  • 加速装置の設定をオミット。そのため009はじめ原作では加速装置を装備するサイボーグが、単に走行や跳躍能力が常人より優れているという描写になっている。
  • 007のキャラクターが、主な視聴者である子供を反映してか大人から子供に変更[5]

特に007の設定変更は、原作者の石ノ森はやや不満だったが子供たちからは好評で、当時のキャラクター人気投票で1位を獲得し、変身能力は持ち合わせてはいない007が主人公である短編の「サイボーグちゃん」が描かれた。原作漫画でも、007は「永久変身」として、子供の姿が基本になったことがある。

劇場版(第1・2作)[編集]

  • サイボーグ009
  • サイボーグ009 怪獣戦争
    • 1967年3月19日公開
    • カラー作品 60分
    • 製作 - 大川博
    • 企画 - 関政次郎、平沢明、旗野義文
    • 脚本 - 飯島敬、芹川有吾、白川大作
    • 演出 - 芹川有吾
    • 音楽 - 小杉太一郎
    • 色彩設計 - 西山英子
    • 撮影 - 池田重好
    • 編集 - 千蔵豊
    • 録音 - 小西進
    • 音響効果 - 大平紀義
    • 制作進行 - 堤四四三
    • 演出助手 - 宮崎一哉

声の出演[編集]

第1・2作共通
第1作のみ
第2作のみ

主題歌[編集]

サイボーグ009
作詞 - 漆原昌久 / 作曲・編曲 - 小杉太一郎 / 歌 - 東京マイスタージンガー
オープニング映像は第1・2作とも同じ(サイボーグチームのシルエット)だが、スタッフや声優のクレジットテロップは第1作では画面一杯なのに対し、第2作では画面の隅にクレジットされている。なお双方とも声優テロップには「配役」がクレジットされているが、東映アニメ映画で配役がクレジットされたのは、第1作が史上初。
「サイボーグ009のうた」
作詞 - 石森章太郎 / 作曲 - 増田豊利 / 歌 - キングブラザーズ
という曲も存在するが、そちらは原作漫画のイメージソングである。

同時上映[編集]

第1作
第2作

テレビシリーズ(第1作)[編集]

シリーズに共通した明確な敵はおらず、009を中心にして事件に挑む。主な舞台は日本で、日本に在住している009、001、003、006(張々湖飯店を経営)、007(張々湖飯店の従業員)とギルモア博士がレギュラー(セミレギュラー)となっている。他のサイボーグは外国(主に生国)に住んでおり、状況に応じて登場するので、全員が揃うことは少ない(第3話「南極の対決」、第14話「呪われた砂漠」、第24話「非情な挑戦者」、最終回「平和の戦士は死なず」の4回。なお「南極~」は、最初に製作されたエピソード)。

ブラックゴーストの設定は排除されているが、スカールがモチーフの敵が2度登場する(第13話「悪魔城の秘密」のドクロ、第17話「幽霊同盟」のゴースト。脚本は伊上勝によるものだが、両者が同一人物かどうかは不明)他、サイボーグマンに似たデザインの戦闘員も登場する(第3話「南極の対決」、第19話「恐怖の原潜シースネイク号」。ともに芹川有吾が関わっている)。また、芹川によると、最終回に出てくる「マスコット人形」は、劇場版2作に登場したブラックゴーストの観念的な姿だという。3班編制に制作されており、脚本も辻真先、伊上勝、小沢洋の3名で[6]、オリジナルエピソードも加えられた。 原作の『009』のエピソードをアニメ化したものの他、オリジナル脚本と、『009』以外の石森作品をモチーフにしたものの、と、主に3パターンある(個々については#放送リストを参照)。オリジナル脚本でも、前述のように原作を部分的に活用したものも存在する。

10本の脚本を担当し、事実上のメインライターであった辻真先によると、当初テレビ局が予定していた番組が諸事情により制作中止になり、急遽依頼された作品だったという。そのため、劇場版の実績があり、原作も存在する本作が、準備期間が掛からないという理由で採用されることとなった[7]。基本設定やキャラデザイン、声優の多くは劇場版を引き継いだものとなっている。テレビ局側は、穴埋め用の作品なので、人気が出ても出なくても半年で終了、その代わり打ち切りはしないという条件を提示した。そのため、制作期間が短いことを除けば、ほとんど制約を受けることなく、当時のテレビアニメとしては考えられないほど自由な環境で作ることが出来たという。

中でも脚本の辻真先と演出の芹川有吾のコンビによる第16話「太平洋の亡霊」と第2話「Xの挑戦」は、ビデオが普及していない1970年代後半のファンの自主上映会でよく上映されるエピソードだった[8][9][10]辻によると[要出典]、本シリーズのテーマは「反戦」である[5]

放送終了後に再び劇場版制作の話が持ち上がったものの、実現しなかった[11]

声の出演[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「サイボーグ009」
作詞 - 漆原昌久 / 作曲・編曲 - 小杉太一郎 / 歌 - 東京マイスタージンガー
レコード用音源では冒頭のメンバーの名乗りも劇場版キャストのまま変更されなかったが、テレビ用にはテレビ版キャストが新たに吹き込んだ。また、前奏と歌詞がテレビサイズでは短縮された。
エンディングテーマ「戦いおわって」
作詞 - 石森章太郎 / 作曲・編曲 - 小杉太一郎 / 歌 - ボーカル・ショップ

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 原作
第1話 1968年
4月5日
恐怖の怪人島 伊上勝 芹川有吾 若林哲弘 009「怪物島編」
第2話 4月12日 Xの挑戦 辻真先 田宮武 木村圭市郎 -
第3話 4月19日 南極の対決 芹川有吾 009「オーロラ作戦編」
第4話 4月26日 宇宙魔人 伊上勝 勝間田具治 国保誠 -
第5話 5月3日 あゝクビクロ 勝田稔男 小沢洋 009「クビクロ」
第6話 5月10日 ガラリア王救出作戦 辻真先 藪下泰次
田中亮三
若林哲弘 -
第7話 5月17日 消えたスクール・バス 佐藤純弥 田宮武 窪詔之 -
第8話 5月24日 金色の眼の少女 小沢洋 新田義方 国保誠 『金色の目の少女』より
第9話 5月31日 悪魔は夜歩く 辻真先 勝間田具治 木村圭市郎 怪人同盟』より
第10話 6月7日 地底の黄金宮殿 伊上勝 宮崎一哉 小泉謙三 -
第11話 6月14日 黄金のライオン 高久進 永樹凡人 009「黄金のライオン編」
第12話 6月21日 天かける巨人 辻真先 芹川有吾 国保誠 -
第13話 6月28日 悪魔城の秘密 伊上勝 宮崎一哉 木村圭市郎 一部を009「地底帝国ヨミ編」より
第14話 7月5日 呪われた砂漠 勝間田具治 009「中東編」
第15話 7月12日 悲劇の獣人 辻真先 芹川有吾 国保誠 009「移民編」
第16話 7月19日 太平洋の亡霊 勝田稔男 小泉謙三 -
第17話 7月26日 幽霊同盟 伊上勝 田宮武 窪詔之 一部を009「地底帝国ヨミ編」等より
第18話 8月2日 わが父は悪魔の使徒 小沢洋 宮崎一哉 村田耕一 -
第19話 8月9日 恐怖の原潜シースネイク号 芹川有吾 新田義方 木村圭市郎 -
第20話 8月16日 果てしなき逃亡 小沢洋 勝間田具治 窪詔之 -
第21話 8月23日 幻の騎馬軍団 高久進 宮崎一哉 -
第22話 8月30日 復讐鬼 辻真先 永樹凡人 小泉謙三 -
第23話 9月6日 復讐鬼(後編) 岡崎稔 一部を009「暗殺者編」より
第24話 9月13日 非情な挑戦者 安藤豊弘 田宮武 高橋信也 -
第25話 9月20日 よみがえれ!不死鳥(フェニックス) 芹川有吾 高見義雄 窪詔之 -
第26話 9月27日 平和の戦士は死なず 辻真先 芹川有吾 国保誠 一部を009「地底帝国ヨミ編」より

視聴率

  • 平均視聴率 17.3%
  • 最高視聴率 20.7%(第3話)[シリーズ最高視聴率]

数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区。

1979年 - 1980年[編集]

テレビシリーズが1年間放送された後、劇場版が作られた。

テレビシリーズ(第2作)[編集]

メインライターは酒井あきよしで18本を担当している。辻真先も第1話を書いている。スタッフとして、アニメーターの金田伊功(OP)、作画監督の芦田豊雄、演出の高橋良輔(ペンネーム・山口和十八を使用)らが参加した。

本編は「宇宙樹編」、「戦士の休暇編」、「ネオ・ブラック・ゴースト編」からなった。石ノ森の提示によりエッダ(北欧神話)編をベースにした宇宙樹編は、監督の高橋の手に余るという理由で9話で終了した[12]。「ミュートスサイボーグ編」のアニメ化の構想もあり、石森がラフデザインを描き下し、脚本も3話分の第1稿が完成していたが、実現しなかった[13]。ここでヘレンの代わりとして考案されたアルテミスのデザインは、2001年版のアニメで使われた[14]

宇宙海賊キャプテンハーロック』の終了後に本作が放送された。本編開始前に、前夜祭と称して、スタジオに石ノ森や声優、一般のファンやキャロライン洋子南州太郎ほかの芸能人を集めた前宣伝の番組『サイボーグ009前夜祭 アニメでフィーバー!』が2週にわたって放映された。

第1作で変更されたコスチューム・009の髪の色・007の年齢設定も、原作に準ずるものになっている。ただ加速装置については009のみが装備する特殊能力となり、002は装備しない。ただしネオ・ブラック・ゴーストのサイボーグの中には、加速装置が装着されていると思わしき描かれ方がされた場面もある。

放送データ[編集]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

主題歌の作曲は『宇宙海賊キャプテンハーロック』に引き続き平尾昌晃が担当した。オープニングテーマ(OP)とエンディングテーマ(ED)の初出音盤は1979年3月に発売されたシングル(SCS-467)。

今回のアニメ化は、1975年に復活した原作漫画の流れと、1977年からのアニメブームの流れを受ける大作として期待され、そのOPを誰が歌うのかも注目された。しかし、当初は「アニメソング歌手としてのイメージが固まっていない人物」とのみ発表。後に成田賢だと明かされた。成田の歌手デビューはグループ・サウンズ時代に遡るが、アニメ・特撮ソングでは本作がデビュー作である。

なお、当時の日本のテレビアニメ・特撮作品は、OPの題名に番組名(またはその一部)が含まれるものが主流だったが、本作では題名のみならず歌詞にも「009」は含まれず、かろうじて「サイボーグ戦士」という歌詞があるのみである。OPの題名は「誰がために」(「がために」と読む)という、子供にとってはあまり馴染みがない文語的表現で、高年齢層向けであることをアピールした。

ED「いつの日か」は、OPのコーラスも担当したこおろぎ'73が歌唱。彼らはそれまでグループとしてのイメージが強かったが、Aパートはソロ歌唱になっている。

主題歌の編曲およびBGMの作曲・編曲は、前年公開の劇場版『科学忍者隊ガッチャマン』のBGMで実績を挙げていたすぎやまこういちが担当し、同作に続く組曲仕立てのLP「交響組曲 サイボーグ009」(CQ-7018)として、1979年5月に発売。なお、「組曲」には平尾作曲によるOPをモチーフにした曲も含まれていたが、すぎやま自身は「平尾君のメロディーを生かしきれなかった」と述懐している[15]

BGMの録音は合計3回にわたって行われた。「交響組曲 サイボーグ009」は第1回録音分にあたる。第2回・第3回録音分の曲はあまり使われなかったが、これについて、選曲の村田好次は「組曲が素晴らしいものだったため」と語っている。

1980年3月に発売された主題歌・挿入歌LP(CS-7174)には、OPとEDを含む全10曲が収録された。そのうち1曲は、スキャット入りのインストゥルメンタル曲だった。挿入歌の編曲はすべて、武市昌久が担当。また、成田賢が一部の挿入歌を作詞・作曲した。

これらのレコードおよびCDは全て日本コロムビアから発売。

主題歌
オープニングテーマ「誰がために
作詞 - 石森章太郎 / 作曲 - 平尾昌晃 / 編曲 - すぎやまこういち / 歌 - 成田賢こおろぎ'73
エンディングテーマ「いつの日か」
作詞 - 八手三郎 / 作曲 - 平尾昌晃 / 編曲 - すぎやまこういち / 歌 - こおろぎ'73
挿入歌・イメージソング
「九つの命」
作詞 - 八手三郎 / 作曲 - 平尾昌晃 / 編曲 - 武市昌久 / 歌 - 成田賢
「ジェットストリーム・ララバイ」
作詞 - 石森章太郎 / 作曲 - 平尾昌晃 / 編曲 - 武市昌久 / 歌 - こおろぎ'73
「やさしさは勇気 強さは愛」
作詞 - 石森章太郎 / 作詞補 - 保富康午 / 作曲 - 平尾昌晃 / 編曲 - 武市昌久 / 歌 - 成田賢
「愛の星 フランソワーズ」
作詞 - 保富康午 / 作曲 - 平尾昌晃 / 編曲 - 武市昌久 / 歌 - かおりくみこ
「母は大地」
作詞 - 石森章太郎、成田賢 / 作曲 - 成田賢 / 編曲 - 武市昌久 / 歌 - 成田賢
「われら戦士 〜戦いのテーマ」
作詞 - 保富康午 / 作曲 - 平尾昌晃 / 編曲 - 武市昌久 / 歌 - こおろぎ'73、ザ・チャープス
「漂泊(さすらい)のテーマ」(スキャット曲)
作曲 - 平尾昌晃 / 編曲 - 武市昌久 / スキャット - 佐々木襄
「闘いは終った」
作詞 - 八手三郎 / 作曲 - 平尾昌晃 / 編曲 - 武市昌久 / 歌 - 成田賢、こおろぎ'73

各話リスト[編集]

第12話で009が、『誕生編』のプロローグ部分を回想している。

話数 放送日 サブタイトル 脚本 ストーリーボード 演出 作画監督
宇宙樹編
第1話 1979年
3月6日
よみがえった神々 辻真先 小田経堂 広川和之 芦田豊雄
第2話 3月13日 氷にねむる巨人 酒井あきよし 山口和十八 滝沢敏文
第3話 3月20日 凱旋門の鬼 辻真先 西牧秀夫 三浦将則
第4話 3月27日 誇りに燃えよアフリカの星 遠藤克己 広川和之
第5話 4月3日 巨人よ眠れ伝説の中に 山口和十八 滝沢敏文
第6話 4月10日 女神の涙なんかほしくない 酒井あきよし 布川ゆうじ 三浦将則 上村栄司
第7話 4月17日 神々の罠 丘克美 広川和之 芦田豊雄
第8話 4月24日 愛に響けバイオリン 滝沢敏文 アニメアール
第9話 5月1日 宇宙樹の村が呼んでいる 井上和夫 三浦将則 酒井明雄
戦士の休息編
第10話 1979年
5月8日
大西部に散った友情 酒井あきよし 山口和十八 広川和之 奥井一郎
第11話 5月15日 よみがえった幻の総統 吉川惣司 丘克美 滝沢敏文
第12話 5月22日 闘うマシーンにはさせない! 辻真先 遠藤克己 三浦将則 芦田豊雄
第13話 5月29日 姿なき暗殺者 吉田喜昭 井上和夫 広川和之 井上和夫
第14話 6月5日 イルカにのった少年 吉川惣司 八尋旭 滝沢敏文 芦田豊雄
第15話 6月12日 恐怖の異常植物 吉田喜昭 井上和夫 三浦将則 アニメアール
第16話 6月26日 ウエストサイドの決闘 酒井あきよし 生頼昭憲 広川和之 上村栄司
第17話 7月3日 阻止せよ! Xの悲劇 吉田喜昭 八尋旭 滝沢敏文 酒井明雄
第18話 7月10日 我が心の吸血鬼 酒井あきよし 丘克美 広川和之 芦田豊雄
第19話 7月17日 人食いメルヘンランド 辻真先 吉田浩 三浦将則 山下征二
第20話 7月24日 裏切りの砂漠 酒井あきよし 遠藤克己 滝沢敏文 芦田豊雄
第21話 7月31日 永遠に眠れ 恐竜ディノニクス 桜井正明 吉田浩 井上和夫
ネオ・ブラック・ゴースト編
第22話 1979年
8月7日
ネオ・ブラックゴーストの挑戦 吉田喜昭 八尋旭 三浦将則 小林慶輝
第23話 8月14日 死闘! V2作戦 山崎晴哉 吉田浩 広川和之 芦田豊雄
第24話 8月28日 世界平和会議を守れ! 新田義方 滝沢敏文 植田栄司
第25話 9月4日 優しきぼくらの父 ギルモア 酒井あきよし 生頼昭憲 広川和之 山下征二
第26話 9月11日 追え! 熱砂の武器ルート 加藤有芳 丘克美 三浦将則 酒井明雄
第27話 9月25日 美しく生きよ! 愛しき王女 安藤豊弘 さかいあきお 吉田浩 芦田豊雄
第28話 10月2日 サイボーグ帝国をたたけ! 吉田喜昭 八尋旭 滝沢敏文 井上和夫
第29話 10月9日 走れ! オスカー、平和を胸に! 桜井正明 吉田浩 三浦将則 小林慶輝
第30話 10月16日 ジョー! 父さんを追え! 酒井あきよし 遠藤克己 広川和之 芦田豊雄
第31話 10月30日 必殺キック! 決死の暗殺サッカー 山崎晴哉 吉田浩 滝沢敏文 上村栄司
第32話 11月6日 豪華客船フェアリー号の罠 辻真先 八尋旭 三浦将則 山下征二
第33話 11月20日 一人ぼっちの少年 加藤有芳 遠藤克己 鈴木行 芦田豊雄
第34話 11月27日 あした鳴れ 愛の鐘 安藤豊弘 丘克美 広川和之 井上和夫
第35話 12月4日 悲しき友情のケルン 吉田喜昭 生頼昭憲 滝沢敏文 芦田豊雄
第36話 12月11日 カジノ攻防戦! イカサマには替え玉を 山崎晴哉 八尋旭 三浦将則
第37話 12月18日 大森林からの脱出 酒井あきよし 遠藤克己 鈴木行 上村栄司
第38話 12月25日 百獣の王ライオン 野性の雄叫び 桜井正明 吉田浩 広川和之 酒井明雄
第39話 1980年
1月8日
大根役者に乾杯! 辻真先 滝沢敏文 芦田豊雄
第40話 1月15日 スピードに命を賭けた男 桜井正明 野田作樹 三浦将則 井上和夫
第41話 1月22日 悲しみは海の彼方に 安藤豊弘 吉田浩 鈴木行
第42話 1月29日 イワン、父を求めて! 酒井あきよし 遠藤克己 石崎すすむ 飯野皓
第43話 2月5日 あばけ! 三兄弟の秘密 辻真先 山口和十八 滝沢敏文 嶺松時文
第44話 2月12日 ネオ・ブラック・ゴーストの尻尾をつかめ! 酒井あきよし 吉田浩 三浦将則 上村栄司
第45話 2月19日 東洋のイエス(前編) 吉田喜昭 遠藤克己 鈴木行 芦田豊雄
第46話 2月26日 東洋のイエス(後編) 桜井正明 吉田浩 石崎すすむ 井上忠一
第47話 3月4日 四つ子の謎(前編) 酒井あきよし 滝沢敏文 嶺松時文
第48話 3月11日 四つ子の謎(後編) 望月敬一郎 三浦将則 飯野皓
第49話 3月18日 倒せ! 恐怖のシャングリラ計画 遠藤克己 滝沢敏文 上村栄司
第50話 3月25日 ネオ・ブラック・ゴーストの最期 吉田浩 石崎すすむ 芦田豊雄

放送局[編集]

※放送時間は1980年3月終了時点のもの、系列は放送当時のものとする[16]

放送地域 放送局 系列 放送時間 備考
関東広域圏 テレビ朝日 テレビ朝日系列 火曜 19:00 - 19:30 制作局
北海道 北海道テレビ
宮城県 東日本放送
静岡県 静岡けんみんテレビ 現:静岡朝日テレビ
1979年6月までは日本テレビ系列とのクロスネット。
第16話までは火曜 18:00 - 18:30に時差ネット。
中京広域圏 名古屋テレビ
近畿広域圏 朝日放送
広島県 広島ホームテレビ
岡山県香川県 瀬戸内海放送
福岡県 九州朝日放送
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
火曜 17:30 - 18:00
岩手県 テレビ岩手 水曜 17:10 - 17:40
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 木曜 17:00 - 17:30
山形県 山形テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
日曜 8:30 - 9:00
福島県 福島中央テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
水曜 18:00 - 18:30
山梨県 テレビ山梨 TBS系列 木曜 17:20 - 17:50
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
月曜 17:20 - 17:50
長野県 長野放送 フジテレビ系列 木曜 17:30 - 18:00
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 月-金曜 17:30 - 18:00 キー局本放送終了後、遅れで連日放送
石川県 石川テレビ フジテレビ系列 月曜 19:00 - 19:30
島根県鳥取県 山陰放送 TBS系列 日曜 10:00 - 10:30
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
火曜 17:30 - 18:00
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列 火曜 17:25 - 17:55
長崎県 長崎放送 TBS系列 水曜 17:20 - 17:50
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
水曜 16:55 - 17:25
宮崎県 宮崎放送 TBS系列
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
月曜 17:45 - 18:15
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列 木曜 17:30 - 18:00

アニマックスで、リマスター版で再放送されており、字幕放送も実施。009が黄色字幕、それ以外の人物は白色で表記。

劇場版(第3作)[編集]

テレビ版は日本サンライズ制作だったが、劇場版は東映動画が制作した。

キャッチコピーは「あらゆる宇宙、あらゆる愛を越えて いまスターゲートのかなたへ…」。

当初は『銀河鉄道999』のりんたろうが監督だったが、脚本作りがうまくいかなかったことから途中で降板し[17]、監督は明比正行、キャラクターデザインと作画監督は山口泰弘という東映動画系のスタッフで固めた。脚本も中西隆三と、テレビ版にタッチしていないスタッフを起用した。

当初の石森の構想では舞台は太陽系内に限定していたが、東映側の要望で宇宙を駆け回る話になり[18]、さらに脚本協力にSF映画『スター・ウォーズ』のスタッフという触れ込みでジェフ・シーガルを起用。新聞広告には、「宇宙戦艦ヤマト銀河鉄道999に続く壮大なスケールの娯楽超大作」と、当時ヒットしていた宇宙を舞台にしたSFアニメを意識したキャッチコピーが打たれていた。

前述のように、従来の008のマンガ的に黒人をデフォルメしたキャラクターデザインがアメリカ輸出の際に人種問題になるとのシーガルからの指摘から、この劇場版で石森が新たにキャラクターデザインを描き下ろした。黒人俳優シドニー・ポワチエにちなんでポワチエ風008の通称がついたこのデザインは、以後のアニメで踏襲されている[19]

公開前から明かされていた004の壮烈な戦死が話題となったが[20]、004が復活する結末は不評だったと言われ、のちのテレビ放映時には復活部分がカットされた[21]

  • サイボーグ009 超銀河伝説

声の出演[編集]

映画公開に伴いファンによる投票を参考にしてキャストが決まった[22]ため、1979年版の担当者が大半であるが、001やギルモア博士に関しては1968年版の担当者になっている。1968年版の003役の鈴木、1979年版の001役の千々松、008役の戸谷も、端役で出演している。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「10億光年の愛」
作詞 - 山上路夫 / 作曲 - 森田公一 / 編曲 - 小六禮次郎 / 歌 - 町田義人

挿入歌[編集]

「さらばとは言わない」
作詞 - 山上路夫 / 作曲 - 森田公一 / 編曲 - 小六禮次郎 / 歌・演奏 - 町田義人
「愛はまぼろし」
作詞 - 山上路夫 / 作曲 - 森田公一 / 編曲 - あかのたちお / 歌 - 山本百合子

イメージソング[編集]

「この星の上で」
作詞 - 山上路夫 / 作曲 - 浜圭介 / 編曲 - あかのたちお / 歌 - 山本百合子

同時上映[編集]

2001年 - 2002年[編集]

1年間にわたってテレビ東京にて『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』のタイトルでテレビシリーズが放送された。後年のパチンコパチスロは、本シリーズを元にしている。また、放送当時の『別冊コロコロコミック』にてまつばらともふみによるギャグ漫画『SDギャグバトル・サイボーグ009〜ゼロゼロ学園危機一髪!』も連載された。

テレビシリーズ(第3作)[編集]

アニメーション制作はジャパンヴィステック。キャラクターデザインは、『人造人間キカイダー THE ANIMATION』で石森キャラクターをものにした紺野直幸が担当。シリーズ構成には大西信介、監督に川越淳という布陣で、原作漫画に忠実という方針で制作に臨んだ[14]。ただし、008=ピュンマのキャラクターデザインは、原作ではなく『超銀河伝説』のデザインを踏襲したものとなっている。avexが出資者となり、音楽を小室哲哉が担当し、さらにサポートに前作で音楽を担当したすぎやまこういちの弟子とも言うべき松尾早人が起用され、主題歌はglobe(後期EDはFayray)が歌ったことも話題を呼んだ。

原作の第1期『誕生編』から第2期『地底帝国ヨミ編』、および同時期の主要な短編を含む流れを初めてアニメ化した[14]。原作発表時(1964-1966年)と放送時(2001-2002年)では東西ドイツ統合など世界情勢が異なるため、004までは過去に改造された初期型のサイボーグとされている。改造に際し様々な問題が発生したため、完全な改造技術が確立するまで一旦冷凍睡眠させられていた設定に。005以降の設定についても、原作のニュアンスを生かす形で時代に即した変更が行われている。

映像ソフトは、レンタル専用のVHS版が販売専用のDVD版に先行してリリースを開始した(後にDVD版もレンタル開始)。製作現場の事情で放送時に作画が崩れていた箇所は、映像ソフトでは原則として修正されている。ただし、一部のエピソードはVHS版では修正が間に合わず、DVD版でようやく修正されたものもある。第19話と第21話は本来の予定とは逆の順番で放送され、VHS版でもそのままになっているが、DVD版では本来予定されていた順番に戻され、それに合わせて予告編のナレーションも変更されている。

石ノ森章太郎の遺稿である『Conclusion God's War』は最後の3話で序章部分が語られるが、放送時は第47話と第48話の間に当初の予定にはなかった総集編が追加されたため、『Conclusion God's War』は2話に短縮された[注 4]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • ゼネラルプロデューサー - 長澤隆之
  • 監督 - 川越淳
  • 企画 - 大橋研一、好木俊治、岩田圭介(テレビ東京)
  • 音楽 - 小室哲哉(サポート - 多田彰文松尾早人
  • スーパーバイザー - 小野寺章
  • プロデューサー - 井上光晴、岩田牧子(テレビ東京)
  • シリーズ構成 - 大西信介
  • キャラクター&メカニックデザイン - 紺野直幸
  • 美術監督 - 竹田悠介
  • 美術設定 - 加藤浩、平澤晃弘
  • 色彩設計 - 原田幸子
  • 撮影監督 - 大前亮介
  • 編集 - 田熊純
  • 音響監督 - 岩浪美和
  • 音楽制作 - avex mode
  • エンディングイラスト - 紺野直幸(第1話 - 第47話)、石ノ森章太郎(『Conclusion God's War』)
  • 製作協力 - avex mode、博報堂
  • 製作・著作 - テレビ東京、ジャパンヴィステック

主題歌[編集]

globeが歌ったものは、フルサイズとは別に「009 version」と称する本作用のバージョンが作られている。いずれもフルサイズより短いが、それでも3分を超えるため、実際にはさらに編集で短くしたテレビサイズが使われている。

オープニングテーマ「What's the justice?」(第2話 - 第47話)
作詞 - KEIKO & MARC / 作曲・編曲 - Tetsuya Komuro / 歌 - globe
第1話ではエンディングに使用。
009 versionは、オリジナル版にはない歌詞が追加されている。
冒頭部分のカウント(1.2.〜009)はテレビ第1作のオマージュとなっている。
オープニング映像は放送時は中期になってから変更されたが、DVDでは第4話から変更されている。
エンディングテーマ1「genesis of next」(第2話 - 第26話)
作詞 - Tetsuya Komuro & MARC / 作曲・編曲 - Tetsuya Komuro / 歌 - globe
フルサイズと009 versionでは歌詞の一部が異なる(そのためか、009 versionは作詞者がMARCのみになっている)。エンディング映像は放送時は第1話のものをそのまま使用していたが、DVDでは新規に作成されたものに変更されている。
エンディングテーマ2「STARTING FROM HERE」(第27話 - 第38話)
作詞 - KEIKO & MARC / 作曲・編曲 - Tetsuya Komuro / 歌 - globe
こちらもフルサイズと009 versionでは歌詞の一部が異なる。globeのアルバム『Lights2』が初出で、シングルは発売されていない。
エンディングテーマ3「I do」(第39話 - 第48話)
作詞・作曲・歌 - Fayray
touch me,kiss me」にカップリング曲として収録。
エンディングテーマ4「I do(special edition)」(『Conclusion God's War』)
作詞・作曲・歌 - Fayray
テレビサイズしか発表されておらず、フルサイズが存在するかどうかは不明。
各話リスト[編集]
  • 話数は最終決定版であるDVD版のもの。放送時及びVHS版では第19話と第21話が逆になっている。
  • 2001年12月30日・2002年4月14日は特番のため、休止。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督
バトルアライブ篇
第1話 2001年
10月14日
誕生 大西信介 - 川越淳 紺野直幸
第2話 10月21日 脱出 小林孝嗣 木下ゆうき
大森英敏
第3話 10月28日 閃光の暗殺者 増田貴彦 寺東克己 井之川慎太郎 田中穣
第4話 11月4日 死闘の果てに 古怒田健志 今掛勇 下司泰弘 石川晋吾
第5話 11月11日 鋼鉄の涙 増田貴彦 おおそどくす 安田賢司 三浦和也
第6話 11月18日 消えた博士を追え! 福嶋幸典 江口摩吏介 日巻裕二 石川晋吾
第7話 11月25日 見えない敵を撃て 大西信介 - 井之川慎太郎 丸山泰英
東出太
第8話 12月2日 トモダチ
第9話 12月9日 深海の悪魔 増田貴彦 阿蒜晃嗣 高田晴仁
第10話 12月16日 オーロラ作戦 福嶋幸典 田村一彦
坂田純一
浅見松雄 石川晋吾
第11話 12月23日 幻影の聖夜(イブ) 大西信介 阿部司 阿部司
安田賢司
田中穣
第12話 2002年
1月6日
なぞの無人島 根元歳三 小林孝嗣 藤本義孝 桜井木の実
第13話 1月13日 倫敦(ロンドン)の霧 小林靖子
寺東克己
寺東克己 小林孝嗣 三浦和也
第14話 1月20日 再会の地で 福嶋幸典 江口摩吏介 浅見松雄 石川晋吾
第15話 1月27日 さらば友よ - 鈴木利正 丸山泰英
第16話 2月3日 突入 増田貴彦 寺東克己 下司泰弘 高田晴仁
橋本誠一
中田栄治
第17話 2月10日 決戦 根元歳三 安田賢司 田中穣
第18話 2月17日 張々湖飯店奮闘記 大西信介 竹内一義 江上潔 向山祐治
中澤勇一
第19話 3月10日 英雄(ヒーロー)の条件 福嶋幸典 - 安田賢司 三浦和也
第20話 3月3日 まぼろしの犬 米村正二 矢野博之 依田正彦
第21話 2月24日 悪の化石 - 川野丈二 作画監督協力・加藤清司郎
第22話 3月17日 神々の来襲(ミュートス編) 小林靖子 おおそ独犬 下司泰弘 茂木信二郎
中澤勇一
大森英敏
高田晴仁
第23話 3月24日 そびえたつ神話(ミュートス編) 寺東克己 あおきえい
遠藤広隆
岡崎洋美
康彦英二
第24話 3月31日 アルテミス(ミュートス編) - 冨永タクオ 冨永タクオ
米山浩平
第25話 4月7日 ミュートス、終章(ミュートス編) 川越淳 紺野直幸
第26話 4月21日 ギルモアノート 杉ノ嶋光介 下司泰弘
第27話 4月28日 小さな来訪者 大西信介 殿勝秀樹 岡嶋国敏 田中穣
第2章 地上より永遠に
第28話 2002年
5月5日
闘いの未来(あした) 大西信介 高田淳 五十嵐達也 吉田徹
中澤勇一
第29話 5月12日 青いけもの 福嶋幸典 篠原俊哉 江上潔 石川晋吾
第30話 5月19日 未来都市(コンピュートピア) 米村正二 寺東克己 亀垣一 本橋秀之
第31話 5月26日 怪物島(モンスターアイランド) 尾石達也 岡嶋国敏 三浦和也
第32話 6月2日 機々械々 江古田豊 - 芦田豊雄
第33話 6月9日 結晶時間 小林靖子 寺東克己 下司泰弘 高田晴仁
第34話 6月16日 ファラオウィルス 福嶋幸典 - 安田賢司 田中穣
第35話 6月23日 風の都 大西信介 阿部司 山内東生雄 茂木信二郎
第36話 6月30日 凍る大地 増田貴彦 沖田雅夫 石踊宏 渋谷一彦
第37話 7月7日 星祭の夜 金春智子 - 寺東克己 紺野直幸
第38話 7月14日 黒い幽霊団(ブラックゴースト) 大西信介 おおそ独犬 下司泰弘 大森英敏
中澤勇一
第39話 7月21日 ミュータント戦士編1
新たなる刺客
- 海老沢幸男 倉田綾子
第40話 7月28日 ミュータント戦士編2
シンクロワープ -同調跳躍-
石踊宏 阿部雅司 向山祐治
第41話 8月4日 ミュータント戦士編3
悪夢の未来
- 安田賢司 田中穣
第42話 8月11日 ミュータント戦士編4
明日へ…
寺東克己 海老沢幸男 倉田綾子
吉田大輔
第43話 8月18日 地下帝国「ヨミ」編1
異変
小林靖子 - 冨永タクオ 大森英敏
第44話 8月25日 地下帝国「ヨミ」編2
バン・ボグート
西森章 平田豊 三浦和也
第45話 9月1日 地下帝国「ヨミ」編3
さよなら、ドルフィン
政木伸一 石踊宏 渋谷一彦
第46話 9月8日 地下帝国「ヨミ」編4
地底へ!
- 尾石達也 田中穣
第47話 9月15日 地下帝国「ヨミ」編5
魔神、発動
おおそ独犬 下司泰弘 大森英敏
石川晋吾
総集編 9月22日 地下帝国「ヨミ」編特別編
黄泉の群像
※映像ソフト未収録
-
第48話 9月29日 地下帝国「ヨミ」編6
地上(ここ)より永遠(とわ)に
- 紺野直幸
完結編〜Conclusion God's War〜序章〜
第49話 2002年
10月6日
第一幕・女神の陰謀(はかりごと) 小野寺丈
大西信介
寺東克己 江島泰男 栗原保雄
第50話 10月13日 第二幕・光の羽音(はねおと) 西森章 石倉賢一 長森佳容
第51話 未放送 終幕・宇宙(かみ)の産声 - 安田賢司 田中穣

2010年 - 2016年[編集]

『009』[編集]

2010年10月5日から同年10月9日まで千葉メッセで開催された『CEATEC JAPAN 2010』のパナソニックブースで上映された、短編3Dアニメ。スタッフは以下のとおり。

009 RE:CYBORG[編集]

2012年10月27日に劇場公開された、神山健治監督によるフル3DCGIアニメーション映画。

サイボーグ009VSデビルマン[編集]

サイボーグ009VSデビルマン』の題名で、2015年10月17日より「イベント上映」という形式で2週間限定公開。

CYBORG009 CALL OF JUSTICE[編集]

CYBORG009 CALL OF JUSTICE
監督 神山健治(総監督)
柿本広大
脚本 神山健治、檜垣亮
砂山蔵澄、土城温美
原作 石ノ森章太郎
音楽 池頼広
主題歌 MONKEY MAJIKA.I. am Human
編集 三浦亜矢子
製作会社 石森プロProduction I.G
配給 東宝映像事業部
公開 第1章:2016年11月25日
第2章:2016年12月2日
第3章:2016年12月9日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

CYBORG009 CALL OF JUSTICE』(サイボーグゼロゼロナイン コール オブ ジャスティス)は、「サイボーグ009」の映像化50周年を記念して制作されたフル3DCGアニメーション。2016年11月25日より、全3章が2週間限定で順次上映された[23]。2017年初春からNetflixで独占配信される予定[24]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 総監督 - 神山健治
  • 監督 - 柿本広大
  • キャラクターデザイン - 齋藤将嗣
  • 脚本 - 神山健治、檜垣亮、砂山蔵澄、土城温美
  • メカニックデザイン - 田嶋秀樹、神宮司訓之竹内敦志
  • プロップデザイン - 伊津野妙子
  • コンセプトアート - 白石誠
  • CGスーパーバイザー - 三上康博
  • CGディレクター - 鈴木健介、西口智哉
  • キャラクターモデリングスーパーバイザー - 宮嶋克佳
  • セット・プロップモデリングスーパーバイザー - 小高忠男
  • エフェクトスーパーバイザー - 吉澤大志
  • ライティング&コンポジットスーパーバイザー - 唐澤収
  • モーショングラフィックスーパーバイザー - 関根聡一郎
  • 編集 - 三浦亜矢子
  • 音響監督 - 岩浪美和
  • 音楽 - 池頼広
  • 企画 - 石川光久、根林芳充
  • プロデューサー - 森下勝司、早川昂志、桜井圭記
  • アニメーションプロデューサー - 小林雅士
  • アニメーション制作 - SIGNAL.MDOLM Digital, Inc.
  • 製作 - 石森プロProduction I.G
  • 配給 - 東宝映像事業部

主題歌[編集]

オープニングテーマ「A.I. am Human
歌 - MONKEY MAJIK[27]
エンディングテーマ「Is this love?」
歌 - MONKEY MAJIK

漫画[編集]

コミッククリアにて2016年12月9日からWeb漫画配信。スタッフは以下の通り。

  • 作画:木村明広
  • 脚本:神山健治、檜垣亮、砂山蔵澄、土城温美

映像ソフト化[編集]

  • 劇場版
  • 1968年版
    • 2009年7月21日に「サイボーグ009 1968 DVD-COLLECTION」が東映ビデオより発売、DVD5枚組で全26話を収録。
  • 1979年版
    • 2004年1月21日5月21日にかけてDVDが東映ビデオより発売、全5巻の各2枚組で各巻10話収録。
    • 2009年7月21日に「サイボーグ009 1979 DVD-COLLECTION Vol.1」が東映ビデオより発売、DVD5枚組で第1話から第25話までを収録。
    • 2009年9月21日に「サイボーグ009 1979 DVD-COLLECTION Vol.2」が東映ビデオより発売、DVD5枚組で第26話から第50話までを収録。
    • 2015年9月9日に、「サイボーグ009 1979 Blu-ray COLLECTION Vol.1」が東映ビデオより発売。収録話数はDVD-COLLECTION Vol.1と同じ。
    • 2015年11月11日に、「サイボーグ009 1979 Blu-ray COLLECTION Vol.2」が東映ビデオより発売。収録話数はDVD-COLLECTION Vol.2と同じ。
  • 2001年版
    • 「バトルアライブ」(全9巻、第1話から第27話まで)、「第2章 地上より永遠に」(全7巻、第28話から第48話まで)、「Conclusion God's War〜序章〜」(全1巻、第49話から第51話まで)の合計17巻がavex modeより発売。バトルアライブは初回版と通常版でジャケットのデザインが異なり、初回版には非売品のアクションフィギュア(一般販売されたものの色違い)が同梱された。
  • オムニバス
    • 2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」に1968年版と1979年版の第1話が収録されている。
    • 2009年5月発売の「サイボーグ009 1stエピソードコレクション」に1968年版・1979年版・2001年版の第1話が収録されている。ペイ・パー・ビュー方式で各シリーズの一部エピソードや劇場版第1作の視聴が可能。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『西遊記』の制作に石ノ森が参加した際に、東映動画入りを希望する石ノ森に対して白川が「将来売れたら作品をアニメ化する」という言葉で漫画家を続行するよう説得した経緯があった[3]
  2. ^ 1作目のクレジットでは、誤って008と表記されている。
  3. ^ 1作目のクレジットでは、誤って005と表記されている。
  4. ^ 映像ソフトでは本来の予定だった全3話になっている。

出典[編集]

  1. ^ 『東映アニメーション50年史 1956-2006 〜走りだす夢の先に〜』東映アニメーション、2006年、p.34。
  2. ^ 東映長編研究 第14回 白川大作インタビュー(6) 『風のフジ丸』と「東映まんがまつり」の始まり WEBアニメスタイル
  3. ^ 東映長編研究 第10回 白川大作インタビュー (2) 手塚治虫と『西遊記』 - WEBアニメスタイル
  4. ^ 辻真先『ぼくたちのアニメ史』岩波ジュニア新書、2008年、p.83
  5. ^ a b c 「ヒーローファイル サイボーグ009」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』 Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、pp.34 - 45。ISBN 978-4-05-610166-9
  6. ^ 辻真先『ぼくたちのアニメ史』岩波ジュニア新書、2008年、p.92
  7. ^ 辻真先『ぼくたちのアニメ史』岩波ジュニア新書、2008年、p.82
  8. ^ 辻真先『TVアニメ青春記』実業之日本社)、p.186
  9. ^ 小黒祐一郎「「編集長のコラム」第20回「平和の戦士は死なず」 WEBアニメスタイル
  10. ^ 五味洋子「アニメーションの思い出がたり その7 夏休みのお楽しみ WEBアニメスタイル 2007年5月11日。
  11. ^ 辻真先『TVアニメ青春記』実業之日本社、p.189
  12. ^ 「高橋良輔ロングインタビュー」『ドキュメント・ボトムズ 高橋良輔アニメの世界』霜月たかなか編著、三一書房、2000年、p.27
  13. ^ 「ネオブラックゴーストのあとはミュートス・サイボーグ編を企画していた」『アニメージュ』1980年5月号、pp.34-35。なお、2015年発売のBlu-ray COLLECTION Vol.2封入特典として、この記事などを収録した復刻ブックレットや放送後に発行した設定資料集の復刻版が同梱。
  14. ^ a b c 小黒祐一郎「編集長のコラム 第19回「『あ、流れ星』への長い道のり」」 WEBアニメスタイル
  15. ^ LP「交響組曲 サイボーグ009」の解説書に掲載された対談より。この対談は復刻CD版「交響組曲 サイボーグ009」の付属ブックレットにも転載されている。ちなみに、OP・EDはLP版「交響組曲 サイボーグ009」には収録されなかったが、復刻CD版には収録された。
  16. ^ 「全国放映リスト」、『アニメージュ』1980年4月号、徳間書店、 64 - 65頁。
  17. ^ スタジオ雄構成・編集『PLUS MADHOUSE 04 りんたろう』キネマ旬報社、2009年、pp.74-75
  18. ^ 『アニメージュ』1980年10月号、p.70。
  19. ^ 『アニメージュ』1980年9月号、p.11.
  20. ^ 『アニメージュ』1980年10月号、pp.69-70、
  21. ^ 小黒祐一郎アニメ様365日 第46回『サイボーグ009 超銀河伝説』」 WEBアニメスタイル 2009年1月16日
  22. ^ 『アニメージュ』1980年9月号、p.13。
  23. ^ a b c d e f g h i j “神山健治が総監督務める3DCG「サイボーグ009」、声優に河本啓佑や種田梨沙”. 映画ナタリー. (2016年8月18日). http://natalie.mu/eiga/news/198560 2016年8月18日閲覧。 
  24. ^ 3DCG版「サイボーグ009」、17年初春からNetflixで独占配信スタート!映画.com(2016年12月15日), 2016年12月15日閲覧
  25. ^ 3DCGアニメ「サイボーグ009」牧野由依、キーパーソンのカタリーナ役で出演”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年11月1日). 2016年11月2日閲覧。
  26. ^ 新作「009」に3代目ジョーの井上和彦も出演!河本啓佑の「加速装置」を絶賛”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年11月1日). 2016年11月2日閲覧。
  27. ^ “MONKEY MAJIK、石ノ森章太郎は「宮城の誇り」 新作『CYBORG009』主題歌”. ORICON STYLE. (2016年9月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2078535/full/ 2016年9月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NET系列 金曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
大魔王シャザーン
(1968年1月12日 - 1968年3月29日)
月曜19:30枠へ移動
サイボーグ009 (第1シリーズ)
(1968年4月5日 - 1968年9月27日)
河童の三平 妖怪大作戦
(1968年10月4日 - 1969年3月28日)
テレビ朝日系列 火曜19:30枠
宇宙海賊キャプテンハーロック
(1978年3月14日 - 1979年2月13日)
サイボーグ009 (第2シリーズ)
(1979年3月6日 - 1980年3月25日)
人気アニメ大行進
(1980年4月15日 - 1980年7月1日)
※19:00 - 20:00
テレビ東京系列 日曜18:30枠
ウッディー・ウッドペッカー
(2001年7月1日 - 2001年10月7日)
サイボーグ009 (第3シリーズ)
(2001年10月14日 - 2002年10月13日)
世の中ガブッと!
(2002年10月20日 - 2004年12月26日)