小杉太一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小杉太一郎
生誕 1927年6月6日
出身地 日本の旗 日本 宮城県石巻市
死没 (1976-08-09) 1976年8月9日(49歳没)
学歴 東京音楽学校作曲科中退
職業 作曲家

小杉 太一郎(こすぎ たいちろう、1927年6月6日 - 1976年8月9日)は、日本作曲家宮城県石巻市出身。

父親は俳優映画監督小杉勇。同じ伊福部門下の作曲家山内正は義兄(妻の兄)にあたる。

来歴・人物[編集]

当初は獣医師を志望し、東京府立第十五中学を経て麻布獣医専門学校(現 麻布大学)に進んだが、1949年東京音楽学校作曲科に入学。池内友次郎対位法和声学を、伊福部昭作曲管弦楽法を学ぶ。

1952年、「六つの管楽器の為のコンチェルト」で第21回毎日音楽コンクール室内楽作曲部門第1位入賞を果たす。

東京音楽学校との方針の違いから辞任した伊福部を追って中退、多くの門下生と共に伊福部のアシスタントを務める。その後独立、1955年映画血槍富士』の音楽を手掛けて以降、映像作品に楽曲を提供した。

1959年には、母校(東京都立青山高等学校)の校歌を作曲している。

1976年8月9日、膵臓癌のため逝去。49歳没。

作品[編集]

映画[編集]

純音楽[編集]

  • 「六つの管楽器の為のコンチェルト」(1952年)
  • 弦楽三重奏の為の二つのレジェンド」(1952年)
  • 「交響楽」(1953年)
  • 舞踏曲「トルソー」(1955年)
  • バレエ音楽「戦国時代」(1966年)
  • バレエ音楽「鷲と少女」(1971年)
  • カンタータ「大いなる故郷石巻」(1973年、作詞・石島恒夫)
  • 箏曲「双輪」(1975年)

その他、数種のバレエ音楽吹奏楽曲などがある。

テレビ[編集]

ゲーム[編集]

  • サイボーグ009 (1993年7月30日) - メガCD用ソフトメインテーマと主題歌のみ担当

関連項目[編集]

外部リンク[編集]