ヒピラくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒピラくん』は、大友克洋木村真二による日本絵本作品。2001年1月から2002年3月まで絵本雑誌『別冊すてきな奥さん ね〜ね〜』(主婦と生活社)で連載された。

2009年12月21日から25日までNHK-BS2BS冬休みアニメ特選2009枠にてテレビアニメが放送された。

ストーリー[編集]

吸血鬼の町サルタに住むヒピラくんは、友達の妖精ソウルくんと一緒に今日も冒険を繰り広げる。

登場人物[編集]

ヒピラ
- 小林由美子
本作品の主人公。吸血鬼
ソウルくん
声 - 大原さやか
人間のタマシイからしぼり出されたヒトダマ妖精。
チョーロウ
声 - 島田敏
サルタの長老。
ゲオルゲ
声 - 鈴木千尋
デルチャ
声 - 芝原チヤコ
エレナ
声 - 藤村歩
ヒピラの学校の友達。
マレーナ先生
声 - 横尾まり
ロゼ
声 - 折笠富美子
カエル王子
声 - 高木渉
ゾンビ
声 - 吉本元喜
ゴブリン
声 - 藤村歩
バキューム
声 - 上田燿司
サンド
声 - 伊藤健太郎
ダート
ロック
声 - 吉本元喜
サラ
声 - 小島幸子
サラのママ
声 - 芝原チヤコ
ヤニス
声 - 大原さやか

書籍情報[編集]

原作(絵本)

テレビアニメ[編集]

2009年12月21日より2009年12月25日までNHK-BS2BS冬休みアニメ特選2009枠にて放送された。2010年10月28日からはCS放送「アニマックス」でも放送開始。

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. ヒピラくん登場の巻 
  2. ソウルくん誕生の巻 
  3. コケコッコーの巻 
  4. 野バラの精の巻 
  5. カエル王子の巻 
  6. 学校はたのしいの巻 
  7. サルタ最後の日?の巻 
  8. あたらしい友だちの巻 
  9. 地底世界の巻 
  10. ウィッチ・スケッチの巻
  11. 恐怖!ムンカー館の巻
  12. 赤い部屋の秘密の巻

とびだすアニメ!! ヒピラくん(3D版アニメ)[編集]

パナソニック3Dビエラのデモ映像として、ダイジェスト映像が3D(ステレオ3D)化された。これをきっかけとして、2011年6月14日には、バンダイビジュアル初のBlu-ray Disc 3D商品として、1話・2話・3話・10話の3D版が収録されたものが発売された。製品内には3D化を行ったスタッフは表記されていないが、後にキュー・テックにより2D-3D変換された事が明らかにされた。

この同作品は2011年10月、「国際3Dアワード2011 Lumiere Japan」において、テレビ部門:アニメーションとして受賞[1]を果たしている。更に、I3DS (International 3D Society) 2012 3D CREATIVE ARTS AWARDSにて、「Special Jury Awards (特別審査委員賞)」を受賞した。

脚注[編集]

  1. ^ 「国際3Dアワード2011 Lumiere Japan」として12作品を表彰”. 「第1回 国際3Dアワード2011 Lumiere Japan」 表彰作品. 国際3D協会 日本部会 (2011年10月20日). 2011年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]