超力ロボ ガラット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超力ロボ ガラット』(ちょうりきロボ ガラット)は、テレビ朝日系列で放送された名古屋テレビ製作・日本サンライズ制作のロボットアニメ。全25話。製作局の名古屋テレビでは1984年10月6日から1985年4月6日まで、毎週土曜日17:00 - 17:30(JST)に放送[1]

概要[編集]

1984年9月まで他系列局で放送されていたリアルロボットアニメ『銀河漂流バイファム』のスタッフが、これに続くロボットアニメの第2弾という形で制作した作品である。バイファムのリアルロボット路線から心機一転、ギャグをメインとしたライト感覚な路線への転換を図るも、視聴者からの人気は今一つだった。後半はてこ入れのため、宇宙シンジケートに代わる敵としてドリアル星人を登場させ、本編に関わらないモブと断言していたどすこい姉妹に設定上の意味を与え、ポップなギャグ路線を半ば放棄する形(お約束として「基本的に死者は出ない」を破った)になったが、視聴率は回復出来ず、当時の視聴者からは「早すぎたギャグロボットアニメ」と評価されている。

当時、製作局の名古屋テレビでは、同土曜17時台で本作と『重戦機エルガイム』が2本続けて放送されていた。名古屋テレビとサンライズが制作に関与したロボットアニメが1時間枠の中で続けて放送されたのは、後にも先にもこの時期だけである。

なお、主役の声を担当した中川勝彦とヒロインの声を担当した鷹森淑乃の2人は、共に本作が声優デビュー作となった。また、スタジオライブ芦田豊雄月刊OUT誌上他で、本格的なギャグアニメの製作に企画から関わったのは本作が初めてで感覚が掴めなかったと告白しているが、本作が『魔神英雄伝ワタル』シリーズや『魔動王グランゾート』といった、後に彼の代表作ともなるギャグアニメの製作をこなして行くきっかけともなった。

ストーリー[編集]

地上から戦争が無くなり、一切の兵器の所有が禁じられた未来。地球の地上げをもくろむ悪の宇宙人、宇宙不動産(宇宙シンジケートの一部門)のドーサンが地球に侵略してきた。破壊の限りを尽くすアーモロボイド(巨大ロボット)の前に警察は無力だった。そこへ颯爽と現れた謎のロボット。このロボットは圧倒的な強さで侵略者を蹴散らしていく。

ガラットを操るのは正義の宇宙人であり、彼らに連絡を取って助けを求められるのはキウイ博士ただひとり……、というのはキウイ博士が警察を騙すためについた嘘で、実はガラットはマイケル少年の通学乗用ロボット・ジャンブーを(強引に)改造したものだった。博士は、マイケルには兵器の所有がバレると罰せられると言いくるめて正体を隠すように命じ、一方、宇宙人との仲介役を装うことで警察から金をせしめようと企んでいたのだった。かくしてジャンブーとマイケル、パティーグ(ガラット2号)を駆る少女パティ、カミーグ(ガラット3号)と青年カミルは地球の平和を守るため、そして(本人たちは知らないが)キウイ博士を儲けさせるため、悪の宇宙人たちと今日も戦うのだった。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

マイケル・マーシュ
- 中川勝彦
熱血少年。13歳。ジャンブーの所有者。キウイ博士によってジャンブーを勝手に改造され、口車へ乗せられてガラットのパイロットにされる。家は父親が会社勤めをしている普通の中流階級。ガラット変身時はゴーグルで顔を隠し、ツナギ風のプロテクトスーツに身を包む。
パティ・パンプキン
声 - 鷹森淑乃
マイケルのガールフレンド。13歳。パティーグの所有者。活発な性格。ジャンブー・ガラットの活躍を見てパティーグをひっぱり出し、キウイ博士に頼み込んで改造してもらい戦いに参加する。両親が共働き(スーパーマーケット経営)で放任主義のため自由奔放に育った。ガラット変身時はバイザーで顔を隠し、チューブトップ&ボトムのヘソ出しコスチュームに身を包む。
カミル・カシミールJr.
声 - 鈴置洋孝
元大富豪の青年。17歳。キウイ博士のために全財産を失い没落する。美形だが言動は三枚目で、よくギャグ顔になる。彼が所有するカミーグは、その詫び代わりに博士から巻き上げたものである。ガラットの秘密を知り、カミーグをガラットに改造するよう博士に強要する。設定作業段階では「ボーイ」という名前を与えられていた。ガラット変身時はアイマスクで顔を隠し、怪傑ゾロ風のコスチュームに身を包む。

キウイ博士[編集]

キウイ・グレコビッチ
声 - 龍田直樹
いわゆるマッド・サイエンティスト。いつでもどこでも騒がしい変人。常に研究資金難に喘いでおり、宇宙人の侵略を利用してひと儲けしようと企む。「シルバー」という馬型ロボットに乗って高速で飛び回る。設定作業段階では「Dr.エジソング」という名前だった。サラダーユからは時代院咲子の父と誤解されている。
時代院 咲子(じだいいん・さくこ)
声 - 滝沢久美子
中盤から登場するキウイ博士のおしかけ助手で、マイケルが駆るガラットに恋している。ガラットの正体は知らない。名前の通りファッションセンスや考え方が古風(時代錯誤)な大和撫子風美女。メガネがないと誰が誰だか識別できない極度の近眼である。サラダーユを始め、宇宙シンジケートの面々に一目惚れされ、後に対ドリアル星人のための同盟締結のきっかけともなる。

宇宙シンジケート[編集]

グラッシュ
声 - 笹岡繁蔵
宇宙規模の巨大マフィア、宇宙シンジケートを一代で築き上げたボス。強面の偉丈夫だが部下思いの所もある。後に本拠地へ侵攻して来たドリアル星人と戦って戦死。
ドーサン
宇宙シンジケート配下の宇宙不動産社長。ガンダムそっくりな携帯武装を持ったアーモロボイド「ビョルボス」を操る。序盤の中ボス的キャラだったが失敗を重ねた為、後にシンジケートを首になって誘拐犯にまで落ちぶれる。
サラダ-ユ
声 - 三ツ矢雄二
肩から薬缶を下げたスーツ姿のとっちゃん坊や。宇宙シンジケートのNo2。地球で時代院咲子に一目惚れする。グラッシュの死後はシンジケート二代目ボスを襲名。
ゴマラーユ
声 - 緒方賢一
サラダーユの弟(義兄弟?)で厳つい顔にも関わらず、チョコパフェが好物。ドリアル星人と戦って戦死。
TNT
声 - 竹村拓
サラダーユの部下。組織を邪魔するガラット撃破に送り込まれた刺客だが、マスタースレイブ式に操縦するアーモロボイドに搭乗していた為(本人曰く「疲れるメカ」)、ガラット登場前に体力を使い果たしてしまった。
ナインシュタイン博士
声 - 笹岡繁蔵
キウイ博士の旧友。

その他[編集]

どすこい姉妹
声 - 榊原良子
顔面から大きくはみ出したたらこ唇とおさげ髪がトレードマークの双子の姉妹で、幻の「石炭アメ」を探して旅をしている。いきなり画面に登場し前後の話とは無関係に「は~どすこいどすこい!」と言う。前半はストーリーと全く無関係に独自の世界を展開するが、実は…。後に魔神英雄伝ワタルにもモブとして一度だけ登場した。
州知事
声 - 富田耕生
キゥイ博士に言葉巧みに騙されて、ガラットの仲介料を払わされている州知事。アーモロボイドが来襲すると電話で「ガラットの出動」をキゥイ博士に要請するのがパターン。
キラーリッジ
声 - 古田信幸
警察長官。警官隊を指揮して前線に赴くこともある。爆発に巻き込まれても、黒こげとなり頭がアフロになるだけで死なない。
警官隊
地球では、ほぼ毎回、モブとして団体で登場。早口で「うてー、うてー」と叫びつつ、手にパラライザーピストル(神経麻痺銃)を装備してアーモロボイドに立ち向かうが、相手は生身ではないので当然、歯が立たない。爆風に吹き飛ばされても死なない。
トド
声 - 加藤治
マイケルの同級生。ガキ大将。ラッコとコアラを引き連れたトリオとして登場するシーンが多い。
ラッコ
声 - 田口昂
マイケルの同級生。トドの子分格。
コアラ
声 -
マイケルの同級生。同じくトドの子分格。
海賊キッド
声 - 速水奨
宇宙海賊。マリアンを誘拐したがそれが縁で相思相愛になる。
マリアン
声 - 高田由美
何処かの星の姫君。キッドに惚れている。海賊キッド、後にドーサンに誘拐されたこともある。
ドリアル軍司令官ハッヘラ
声 - 富山敬
物語後半に登場。「ドがつくほどリアルな」ドリアル星人の軍を率いて地球侵略を企み、宇宙シンジケートを壊滅させてブラッド星に前線基地を築く。
モアイ君
声 -
モアイ像のような頭をした通行人。どすこい姉妹と同じく、いきなり画面に登場して空を指さし「あ、あれはなんだ?」と言うだけのモブキャラ。
ナレーター
声 - キートン山田

登場メカ[編集]

超力ロボガラット[編集]

ジャンブー、パティーグ、カミーグの3体が存在。ジャンブーとパティーグはキウイ博士が製作したAI内蔵型乗用ロボットである(カミーグは乗用ロボットではない)。2体ともに頭の後ろの座席に人間を乗せ、二足歩行で移動することができる。足の裏に内蔵された車輪である程度高速移動することも可能だが、制限速度遵守のため通常の移動速度は人間と大差なく、ずんぐりしたデザインとも相俟ってお世辞にも格好良いとは言えない。AIを搭載せずに高速で移動する非人型通学用ロボットが主流の中で、このタイプはかなり旧式のようである。

基本形態[編集]

ジャンブー
声 - 緒方賢一
マイケルの通学用ロボット兼お目付け役。身長140cm。まじめで頑固な性格。ボディは白、赤、青のトリコロールカラー。
パティーグ
声 - 原えりこ
パティの通学用ロボット。元は経営補助ロボットで、ジャンブーの活躍を見たパティはガラットになるために、元々使用していた非人間型通学メカからわざわざ旧式のパティーグへ乗り換えている。身長127cm。ボディは赤、白、と薄桃色のトリコロールカラー。
カミーグ
声 - 鈴置洋孝
カミルの執事・雑用ロボット。身長115cm。カミーグは乗用ではないために座席は存在せず、カミルはカミーグの頭部に肩車するような格好で乗っていた。カミルのことを「大将」と呼ぶ。ボディは白と緑のツートンカラー。

クルット(中間形態)[編集]

3体がキウイ博士の発明品「膨張超合金」を使用して強引に改造され、巨大化・変形機能を追加された姿。中間形態の「クルット」は、各乗用ロボットがそのまま巨大化したものである。乗用ロボット時と形は変わらないが、正体はバレない。ただし、一部パーツの曲面ディテールは変形機能の都合上、若干多面体化するものもある。一応コクピットはあるが、ロボットの意識はあり、自律行動も可能。性格は、巨大化前と比べて荒っぽくなる。しかし、あまり強くはない。

ジャンブー・クルット
「気張りポーズ!みなぎる〜!」の掛け声とともに巨大化しジャンブー・クルットになる。クルット時は全高6.1m。武器は「バンザイ剣」
ジャンブーの改造は、膨張超合金製の改造部品によって施された。その部品は、ランナーの枠に繋がれたどう見てもプラモデルのパーツであり、キウイ博士はレーザーニッパーと接着剤を使って作業を行った。
パティーグ・クルット
クルット時は全高5.5m、「ほとばしポーズ!」または「ほとばしりますワ!」の掛け声で巨大化しパティーグ・クルットに。武器は「やったねトンカチ」で、一人称が「わらわ」になる。
カミーグ・クルット
「いきりポーズ!」または「いきりたつ〜!」の掛け声で巨大化しカミーグ・クルットに、クルット時は全高5.3m。武器は「きりふだスティック」

クルット形態およびガラット形態時のコックピット・システムには、「コスミック・スタビライザー・システム」なるものが採用されている。ボディ中央部に球形の空間が存在し、その内部にコックピット・ブロックが浮いた状態で内蔵されている。浮く原理は不明。これにより、ロボットがどのような体勢の時でもパイロットは常に平衡を維持し、さらに外部から受けた衝撃がパイロットに伝わるのを緩和するアブゾーバーとしての役割も果たす。これは3体共通である。

ガラット[編集]

ロボットアニメの主役メカのような「格好良い」姿になる「ガラット」は、クルット形態から「ひっくり返って」変形したものである。この際に、各パイロットがコクピット内で所定の動作とともに「チェンジング・ガラット!!」(カミルのみ「チェンジング・ヒーロー!!」)と叫び、それに呼応して各ロボがそれぞれ「やらいでか〜!!」と叫ぶ。ガラットに変形する際、各パイロットはコスチュームがヒーローっぽく変化する(姿はキャラクターの項参照)。その衣装はメカごとに固定されているらしく、巨大化したジャンブーに搭乗したパティーグも、ガラット変形時にはマイケル同様のツナギ風プロテクターに身を包んでいた。

この形態への変形後はロボットの意識は封印され、パイロットの操作のみによって動作する。そのため、ジャンブーたちはガラット形態になった時の記憶は無い(AIを改造すればガラット形態時の記憶を失うことはないが、今まで蓄積された記憶全部を消去しなければならないため、マイケルやパティとの思い出を大切にしたいジャンプーとパティーグはAIの改造を断っている)。ジャンブーとパティーグは腕が脚に、脚が腕になる。カミーグのみパターンが異なり、腕は両形態で共通で、脚は背中に折り畳まれていた脚が伸び、元の脚は入れ違いに背中に畳まれてバックパックとなる。

物語後半、宇宙から帰還する際に超空間を通り抜けた副作用として巨大化に時間制限が生じるようになり、巨大化が解除されるとパイロットは放り出されるようになる。そのため、カミルの正体がバレてしまうことになる。その後、ガラット形態への変形に時間制限があることに気づいたキウイ博士により、コックピット内に「特殊装備」と称したタイマーが取り付けられたが、実はただの砂時計だった。

ジャンブー・ガラット
クルットからに上下逆転(後転)してジャンブー・ガラットに変形。ガラット時は全高9.8m。変形武器「ガラット・アームド・バリアンティ」を使用。ガラットディバイザー(ビーム剣)、ガラットブラスター(熱線銃)、ガラットジャベリン(槍)に多段変形する。
ガラット3体のデザインは大河原邦男の手によるものであるが、放送が急遽決まった作品であるために作り込む時間が無く、ガラット形態時の顔に関しては企画スタッフに丸投げしてしまっている[2]。そのためか、ジャンブー・ガラットはトライダーG7ダイオージャ等の歴代サンライズスーパーロボットに酷似している。
パティーグ・ガラット
上下逆転(側転)でパティーグ・ガラットに変形。ガラット時は全高9.0m。変形武器「パティーグ・アームド・バリアンティ」を使用。パティーグスライサー(ビーム剣)、パティーグショット(ビーム銃)、パティーグボーガン(矢状のエネルギーを発射するクロスボウ)に多段変形する。
パティーグ・ガラットの顔はアイアン・ギアーを彷彿させるデザインなため、「アイアンギアーの妹」とも揶揄されることがある。決定稿では女性型ロボットらしいスマートさを備えたデザインであるが、設定作業の段階ではカミーグ・ガラット並みに男性的なフォルムのデザインも存在しており、当時のアニメ誌にもラフデザインが掲載されていた。
カミーグ・ガラット
脚部とバックパックとが入れ替わることでカミーグ・ガラットに変形。ガラット時は全高8.8m。変形武器「カミーグ・アームド・バリアンティ」を使用。AパーツとBパーツで構成され、Aパーツはシャフト & チェーン(なぎなたと鎖分銅)、ライフル(長射程ビーム銃)に多段変形する。また、AパーツにBパーツ(弾倉)を合体させてバズソーカノン(バズーカ)になる。なおシャフト&チェーンのチェーン部分とライフルは本編未使用。
カミーグ・ガラットの顔はバイファムを彷彿とさせるデザインに仕上がっているが、全体的な雰囲気から「ガンキャノンの弟」と揶揄されることもある。

アーモロボイド[編集]

宇宙人達はガラットを含む巨大ロボットを「アーモロボイド」と呼称する。劇中に登場するのは主に宇宙シンジケートの機体だが、宇宙海賊や軍、民間人も使っている。機能や形態は様々である。

マキジャック
宇宙不動産が使用したアーモロボイド。量産型の雑魚メカである。上下が刃になっているツインスピアを装備。
カナジャック、カナジャック改
マキジャックの姉妹機。やはり量産型。戦闘用ではあるが、手が解体用の鉄球や破砕クローになっており建設重機兼用である。カナジャック改は整地用のローラーを引いている派生機。
ガンナード
ティラノザウルスを模した恐竜型アーモロボイド。口から火を吐き、なぜか「あんぎゃあ!」(CV:速水奨)と叫ぶ。胸に複座式コクピットを持つが、これがない無人タイプもある(ラッカ星で登場)。
ビョルボス
ドーサン専用機。宇宙船に変形する大型アーモロボイド。胸部からガンダムが携帯していたビームライフルとガンダムシールドを取り出せる。劇中には2機登場したが、内1機はドリアル星人に破壊された。
ドリアル星人のアーモロボイド
単眼の軍事用量産機。大楯とビーム砲を構え、重装歩兵の様に横一列に並んだ集団戦闘が得意。しかし単機でも充分強く、その大楯は大抵の攻撃を防いでしまう。ドリアル星人の尖兵として大量に登場した。

他(リストは不完全なので、追記をお願いします)。

その他[編集]

シルバー
声 - 小野健一
キウィ博士の乗用メカ。二脚もあるが、普通はホバー駆動で移動していた。意志を持っており、博士に対する突っ込み役でもあった。
複葉機
「実家から持ってきた」と称する、時代院咲子の愛機。文字通り時代物。咲子ぱこれで戦場へ乱入し「ガラット様~」と連呼して、戦闘に割り込むこともしばしば。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Welcome! ガラット - ガラットのテーマ」
作詞 - 麻生圭子 / 作曲・編曲 - 笹路正徳 / 歌 - 村田有美
エンディングテーマ「不思議なトワイライト - パティのLOVE SONG」
作詞 - 麻生圭子 / 作曲・編曲 - 笹路正徳 / 歌 - 村田有美

各話リスト[編集]

  • サブタイトルの頭文字は、五十音順になっている。
話数 放送日
(テレビ朝日)
サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
第1話 1984年
10月5日
悪がはびこりゃガラット参上! 星山博之 横山裕一郎 関田修 芦田豊雄
第2話 10月12日 犬が吠えれば怪獣(メカ)があんぎゃー! 伊東恒久 網野哲郎 渡辺浩
第3話 10月19日 美しきライバル、カミル登場!! 平野靖士 義野利幸 三浦将則 松下浩美
第4話 10月26日 笑顔で誕生! わたしはパティーグ!! 遠藤明吾 富沢雄三 殿勝秀樹 富沢雄三
第5話 11月2日 おっと危ない! 晴れ、時々粗大ゴミ 星山博之 藤原良二 関田修 村中博美
第6話 11月9日 海賊キッド、キッスはだめよ! 伊東恒久 網野哲郎 佐々門信芳
第7話 11月16日 気分はもう大泥棒ジャンブーを捜せ!! 遠藤明吾 義野利幸 浜津守 渡辺浩
第8話 11月23日 空前絶後、天から卵が降ってくる? 平野靖士 網野哲郎 松下浩美
第9話 11月30日 激戦!! 障害レースは殺しの合図 並木敏 どん茂 根岸弘 石黒めぐむ
第10話 12月7日 古代へのロマン? 博士の異常な欲望 小山高男 貞光紳也 殿勝秀樹 冨沢雄三
第11話 12月14日 さすらいのヒーロー 宇宙編I 星山博之 関田修 佐々門信芳
第12話 12月21日 死闘、恐竜牧場の決闘 宇宙編II 伊東恒久 網野哲郎 浜津守 村中博美
第13話 1985年
1月11日
スタントマンは危険な香り 宇宙編III 遠藤明吾 義野利幸 石崎すすむ 伊東誠
第14話 1月18日 正義の使者は賞金稼ぎ? 宇宙編IV 呉田重穂 篠幸裕 松下浩美
第15話 1月25日 そんでもって、やっとこさ帰って来た三人 星山博之 網野哲郎 根岸弘 石黒めぐむ
第16話 2月1日 たいしたタマげた念力ボーズ!? 平野美枝 義野利幸 関田修 富沢雄三
第17話 2月8日 小さな悩み、ジャンブー踊れば記憶がガチョ〜ン!? 伊東恒久 石崎すすむ 大貫健一
第18話 2月15日 ツンツンしよう! 博士のオシリ 小山高男 殿勝秀樹 佐々門信芳
第19話 2月22日 出会いはドキドキ!! 美女軍団は雲の上? 遠藤明吾 網野哲郎 篠幸裕 村中博美
第20話 3月1日 どーすりゃ会えるの? 愛しのガラット様 星山博之 遠藤克己 関田修 松下浩美
第21話 3月8日 なんてこったい! マリアンさらって、ドーサンぐったり 伊東恒久 網野哲郎 伊東誠
第22話 3月15日 ニャンとびっくり! どすこい姉妹のヒ・ミ・ツ 星山博之 石崎すすむ 冨沢雄三
第23話 3月22日 ぬかるなマイケル、ガラットの危機 篠幸裕 佐々門信芳
第24話 3月29日 ネバーギブアップ、逆襲の花火大作戦! 平野靖士 網野哲郎 殿勝秀樹 村中博美
第25話 4月5日 のどちんこ、からして叫べ どすこいパワー! 星山博之
伊東恒久
遠藤克己
網野哲郎
芦田豊雄 松下浩美

放送局[編集]

プラモデル・玩具・フィギュア[編集]

放映当時、バンダイから主役メカ3体のプラモデル及び超合金玩具が発売された。

プラモデルはノンスケールで400円ながらクルットからガラットへの変形が可能。立体物が少ないこともあって、オークション等にて高値で取引されている。

超合金は超合金らしいがっしりとした作りと良好なプロポーションだったが、発売時期が物語終盤かつ打ち切りが決まった後での発売だったせいか、生産数は少ない。こうしたいくつかの不幸が重なった結果、発売後数十年たった現在は非常に入手困難なコレクターズアイテムとなっている。

マニア垂涎の的となった超合金発売から28年後の2013年8月、メガハウスのヴァリアブルアクション・Hi-SPECシリーズからジャンブー・ガラットが発売された。プラモデルや超合金と同様、クルットからガラットへの変形が可能。 以後、このシリーズでパティーグやカミーグが続くものと期待されているが、2015年7月現在発売されていない。

脚注[編集]

  1. ^ キー局のテレビ朝日では名古屋テレビよりも1日早く放送されていた。そのため、サンライズの公式サイトでは1984年10月5日から1985年4月5日までと表記されている。
  2. ^ 角川書店『ニュータイプ 100%コレクション 34 スーパーロボットジェネレーション』P137に掲載されたインタビュー記事より。「ガラットの顔は変形前は見えないのでどうでもよかった」とある。

参考文献[編集]

  • ニュータイプ 100%コレクション 34 スーパーロボットジェネレーション SUNRISE 1977〜1987(1999年、角川書店)

外部リンク[編集]

名古屋テレビ 土曜17時台前半
前番組 番組名 次番組
超力ロボ ガラット
(1984年10月6日 - 1985年4月6日)
お笑いワンマンショー
(日曜23:25枠から移動)
テレビ朝日 金曜17時台前半
前番組 番組名 次番組
愛してナイト
(再放送)
超力ロボ ガラット
(1984年10月5日 - 1985年4月5日)
TV瓦版
(金曜17時後半枠から移動)