バンダイビジュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バンダイビジュアル / エモーション
BANDAI VISUAL / EMOTION
Bandai Visual logo.svg
親会社株式会社バンダイナムコフィルムワークス
設立1983年8月23日
販売元株式会社バンダイナムコフィルムワークス
ジャンルアニメ特撮映画
日本の旗 日本
本社所在地東京都品川区 品川シーサイドパークタワー[1]
公式サイトhttps://v-storage.bnarts.jp

バンダイビジュアル: BANDAI VISUAL)およびエモーション: EMOTION)は、株式会社バンダイナムコフィルムワークスの映像レーベル。

また、バンダイビジュアル株式会社: BANDAI VISUAL CO., LTD.)は、2018年3月まで上記の事業を展開していた企業。

概要[編集]

ガンダムシリーズ』や『ウルトラシリーズ』などのアニメ特撮が多いことで知られるが、実写作品でも北野武押井守監督作品を発売。

1983年に世界初のOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)である『ダロス』を発売した。

1990年頃には高田馬場のB-CLUBショップに併設された映画館エモーションシアターの運営も行っていた。

2006年5月1日にランティスを子会社化した。

バンダイナムコグループの戦略ビジネスユニットのひとつ「映像音楽コンテンツSBU(戦略ビジネスユニット)」の主幹会社であったが、2010年4月のグループ再編「バンダイナムコグループ リスタートプラン」(同年2月発表)により、「ゲームコンテンツSBU」(主幹会社:バンダイナムコゲームス)と統合した「コンテンツSBU」(主幹会社:バンダイナムコゲームス)に属する一事業会社に格下げされたが、2015年度より「映像音楽プロデュースSBU」として主幹会社に復帰した。

2018年4月1日にランティスを吸収合併し、株式会社バンダイナムコアーツに商号変更した。「バンダイビジュアル」「エモーション」はレーベルの名称として、シンボルロゴと共に継承された[2]

2022年4月1日にバンダイナムコアーツの映像事業部門とサンライズバンダイナムコライツマーケティングが合併・統合してバンダイナムコフィルムワークスが発足され、「バンダイビジュアル」「エモーション」は引き続きブランド継承されることになっている[3]

同時に、旧バンダイビジュアルの法人格(バンダイナムコアーツ本体)は、バンダイナムコミュージックライブへ移行したため、「バンダイビジュアル」の法人格とブランドが分離されることになった。

沿革[編集]

  • 1982年 - バンダイにエモーション ビデオ課設立。
  • 1983年 - 株式会社エィ・イー企画(AE企画、Account Exective Planing)設立。バンダイの映像ソフト販売代理店になる。映像ソフトは11月21日から発売。
  • 1984年 - バンダイ エモーション ビデオ課がネットワーク フロンティア事業部として分社化。
  • 1987年 - バンダイがウォルト・ディズニー・カンパニーと映像ソフト販売契約を結ぶ(1989年に契約終了)。
  • 1988年 - ネットワーク フロンティア事業部をバンダイが吸収し、バンダイ メディア事業部が発足。機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のために、ガンダムはEMOTIONレーベルのマスコットになった。[要出典]
  • 1989年 - AE企画がバンダイビジュアル販売株式会社と社名を変更。
  • 1991年 - バンダイビジュアル販売がバンダイビジュアル株式会社: BANDAI VISUAL CO., LTD.)と社名を変更。
  • 1992年 - バンダイ メディア事業部の映像ソフト事業をバンダイビジュアルに統合、これにより企画・製作・発売・販売が一体化する。
  • 1998年 - 公式サイトを開設。
  • 2003年 - 東京証券取引所第二部上場。エモーションミュージックを子会社化。
  • 2005年 - アメリカに現地法人を設立。これ以前は北米向けバンダイビジュアル発売の作品は同じく現地法人のバンダイエンタテインメントより発売されていた。
  • 2006年
    • 2月1日 - 東京証券取引所第一部上場。
    • 2月6日 - ランティスと業務提携を行なうと発表。
    • 3月1日 - エモーションミュージックの商号をエモーションに変更、荻窪スタジオ運営業務及び出版系事業を同社に譲渡。
    • 5月1日 - ランティスを連結子会社化。
  • 2007年
  • 2008年
    • 2月15日 - 株式上場廃止。
    • 2月21日 - 株式交換によりバンダイナムコホールディングスの完全子会社となる。
    • 12月8日 - 本社を東京都品川区東品川4-12-4 品川シーサイドパークタワー(22階、23階)に移転。
  • 2009年
  • 2010年
    • 4月1日 - サンライズとの共同出資によりバンダイナムコライブクリエイティブを設立[5]
    • 10月1日『YOMBAN』を『Webコミックゲッキン』としてリニューアル
    • 10月29日 - 新コミックスレーベルとして「エモーションコミックス」を2010年12月10日より創刊することを発表[6]
  • 2011年4月1日 - エモーションを吸収合併。
  • 2012年9月3日 -『Webコミックゲッキン』更新終了
  • 2013年4月1日 - ランティスの株式を追加取得し、完全子会社化[7]
  • 2014年11月4日 - 本社を東京都渋谷区恵比寿一丁目18番14号に移転[8]
  • 2017年9月1日 - アクタスの株式を全取得し子会社化[9]
  • 2018年4月1日 - 当社を存続会社としてランティスを吸収合併し、株式会社バンダイナムコアーツ: BANDAI NAMCO Arts Inc.)に商号変更。ロゴもバンダイナムコグループ共通デザインに変更[10][11][12]
  • 2022年

主要レーベル[編集]

オープニングロゴについては後述

現行レーベル[編集]

BANDAI VISUAL(バンダイビジュアル)
2002年の現行ロゴ発足と同時に変更された。ロゴは初期はCGアニメ、2011年以降は、CGIアニメ版と赤い楕円形の無いCGI版の2パターンに分類される。
EMOTION(エモーション)
1983年の設立時から続くロングセラーレーベル。1982年からバンダイが運営していたアンテナショップの屋号に由来し、初出は『ルパン三世・宮崎駿スペシャル』。2012年以降はBDとDVDの統一レーベルとなる。ロゴはイースター島モアイ像がモチーフ(渡辺繁を参照)。1997年11月21日には創立15周年記念スローガンとして「感動、冒険!EMOTION」が、2022年11月21日には創立40周年記念スローガンとして「たくさんの感動と、これからも EMOTION 40th ANNIVERSARY」がそれぞれ用いられた。一部のアニメ作品では製作部分で「エモーション」とクレジットされることがある。
Kiramune(キラミューン)
ランティスとの共同プロデュースによる男性声優のレコードレーベル。

販売受託[編集]

Lantis(ランティス)
2009年4月 - 2018年3月、2022年4月 - 。バンダイナムコミュージックライブのメイン音楽レーベル。バンダイナムコアーツへの合併により制作から販売まで一元化された後、バンダイナムコフィルムワークスとバンダイナムコミュージックライブへの再編により、再び受託。

過去のレーベル[編集]

BANDAI(バンダイ)
1992年の統合から2002年の現行ロゴの発足まで使用されたレーベル。ロゴはクレイアニメだったが、「てれびっこ」などおもちゃに付属するビデオでは静止画のみだった。
主に『クレヨンしんちゃん』などのシンエイ動画制作のアニメ作品に使われた。
2002年にBANDAI VISUALに移行。
BANDAI HOME VIDEO(バンダイ ホームビデオ)
1984年から2002年の現行ロゴの発足まで使用。主に実写映画作品。「バンダイ スーパービデオセレクション」、「ママがえらんだビデオシリーズ」にも使われた。
BANDAI VIDEO NETWORK(バンダイ・ビデオ・ネットワーク)
1987年から1989年まで使用。DHV Japan, Ltd.の発足前に使われた、ディズニー作品タッチストーン・ピクチャーズ作品統一レーベルの呼称。
C.MOON(シームーン)
AE企画時代から発売していた、OVA作品の統一レーベルの呼称。C.MOONの「C」はクレッセント(三日月)を指す。頭文字も三日月を意識している。
HALF MOON(ハーフムーン)
AE企画時代から発売していた、R指定(15歳未満は視聴不可)作品、ならびに成人向けOVA作品の統一レーベルの呼称。
Midnight(ミッドナイト)
ネットワークTOP10事業部から発売していた、洋画作品の統一レーベルの呼称。
EMOTION DIGITAL SOFTWARE(エモーション デジタルソフトウェア)
主にゲームソフト向けレーベル。
ばっちしV/ばっちしVα(アルファ)
子供向けアニメ・特撮の紹介ビデオなどに付けられた。BANDAI、BANDAI VISUAL、BANDAI HOME VIDEOと併用。
HONNEAMISE(オネアミス)
王立宇宙軍 オネアミスの翼』の公開20周年を記念し、2007年から2012年まで使われたBDの国内外統一レーベル(アメリカ合衆国などではこれ以前よりこのレーベルが使われていた[14])。名称およびロゴは舞台の「オネアミス王国」に由来。初出はBDとDVDの2枚組で発売されている作品が多く、そのためかDVDにはEMOTIONではなくオネアミスのロゴが使われていた。2012年にEMOTIONに吸収。

過去の販売委託音楽レーベル[編集]

製作・販売作品[編集]

初パッケージリリースされた作品を挙げる。

アニメ・特撮[編集]

映画・テレビ番組[編集]

株主優待等[編集]

バンダイナムコホールディングスの完全子会社化に伴い、2008年度以降は廃止。

オープニングロゴ[編集]

BANDAI HOME VIDEO→BANDAI→BANDAI VISUAL[編集]

  • 初代(1984年 - 2002年)はBANDAI HOME VIDEO時代のロゴで、アニメーションで黒い画面で黄色の光が出て「BANDAI」の文字が出てその周辺に金色の光が出て四角の枠を構成してそのごしたに「BANDAI ENTERTAIMENT GROUP」の文字が出て「BANDAI」ロゴが赤色になる。
  • 2代目(1992年 - 2002年)はBANDAI時代のロゴで、クレイアニメで神殿が出てその上にぜんまいばねが付き、ぜんまいばねがくるくる回るとドアが開いてセットがたくさん出て中央に白い箱と2匹ののキャラクターが登場して箱が回るとラッパを加えたのキャラクターや怪獣のキャラクターそしてロボットのキャラクターが出てきてそして箱が小さくなり、その後箱が上がり「BANDAI」ロゴになる。
  • 3代目(2002年 - 2011年)はBANDAI VISUAL時代のロゴで、CGアニメで緑、紫、橙色の球を回したピエロのキャラクターが現れ、その後たくさんのキャラクターが現れ、その後ラッパや鍵盤に囲まれた「BANDAI VISUAL」ロゴが現れピエロのキャラクターが通り過ぎると「BANDAI VISUAL」ロゴがフェードされ白バックで表示される。
  • 4代目(2011年 - )はBANDAI VISUAL時代のロゴで、2パターンがある。アニメーション作品では白画面で右下からロボットのキャラクターが来て、その後多数の動物や乗り物(戦車、キリンなど)が現れロボットが上を指すとロボット以外が全員逃避し「BANDAI VISUAL」の手書きロゴに引っかかる。ロボットが抜け落ちたところに再び動物や乗り物が集合しロボットが欠陥した「U」をくっつけると上から薬玉が出てきて割れ、最後は「BANDAI VISUAL」ロゴが入ったカーテンが閉まる。邦画・洋画作品では無地の背景で後方から現れた「BANDAI VISUAL」のロゴ文字が中央部分に合わさる。

EMOTION[編集]

  • 初代(1983年 - 1997年)は「BANDAI PRESENTS」(BANDAIの文字はロゴ)と出た後に、紫色と橙色の線が入った光景に左から2つの光が飛び出してきて向こうで衝突すると、青い線で描かれたモアイとEMOTIONのロゴが登場。向かいざまに後ろから本物のEMOTIONが合わさると同時にモアイと橙の光が浮かびがり、ロゴの周囲が青色となる。
  • 2代目(1997年 - 2002年)は「BANDAI VISUAL(改行)PRESENTS」の表示の後、イースター島を模した風景が流れ、モアイを囲む白い雲が無数の白い鳥に変わる。やがて昼から夕方へと移り変わり、モアイの後ろに橙の光が上ると背景が青色となり、銀色のモアイの下にEMOTIONロゴが合わさる。
  • 3代目(2002年 - 2012年)は「BANDAI VISUAL(改行)PRESENTS」の表示から眩い光が現れ、光の中からEMOTIONのロゴが登場。ロゴの背景は黒となっている。
  • 4代目(2012年 - )は初代のCGIアレンジ版。前半部の背景は光の帯となっており、中盤から紫色と橙色の線による背景となる。初代と同様に2つの光が衝突すると、モアイとEMOTIONの文字が手前から現れ、それらが合体する前後に橙の光がせり上がり、最後に周囲が青色となる。BGMも初代のアレンジとなっている。冒頭の「BANDAI VISUAL PRESENTS」は一行での表示となったが、2018年4月以降は削除されている。

HONNEAMISE[編集]

青・黄・赤の回転する光が中央部分に合わさると白背景になり、「HONNEAMISE」→「Presented by BANDAI VISUAL」の順でロゴ文字が表示される。

C.MOON[編集]

青い光がフラッシュすると同時に三日月と「C.MOON」のロゴが浮かびがり、中央部分に合わさるとフラッシュしながら白背景に変わる。

HALF MOON[編集]

青と白の複合した背景に半月と「HALF MOON Video」のロゴが出てくるシンプル映像。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ (開示事項の経過)完全子会社間の吸収分割と吸収合併による組織再編のお知らせ (PDF)”. バンダイナムコホールディングス (2022年2月8日). 2022年4月1日閲覧。
  2. ^ ただし、吸収合併したランティスと異なり、バンダイナムコアーツ発足後に発売された映像ソフトのCMでは、従来「バンダイビジュアル」表記されていた部分が「バンダイナムコアーツ」表記になった。
  3. ^ a b 「サンライズ」社名変更。バンダイナムコの映像・音楽事業が統合,AV Watch,2022年2月8日
  4. ^ a b c d e f g 第34期 決算公告 (PDF)”. バンダイビジュアル株式会社 (2017年6月12日). 2017年12月8日閲覧。
  5. ^ バンダイナムコグループ ライブ事業進出 4月に新会社”. アニメ!アニメ!ビズ (2010年2月3日). 2014年1月31日閲覧。
  6. ^ 新コミックスレーベル「エモーションコミックス」創刊12月10日より毎月4アイテムを刊行第1弾は「マジンカイザーSKLヴァーサス」「CANAANスフィル」「英雄伝説 空の軌跡」「リリィ・トゥリガー」の4タイトル|株式会社角川グループパブリッシングのニュースリリース”. 2012年10月26日閲覧。
  7. ^ 第30期 決算公告 (PDF)”. バンダイビジュアル (2013年6月14日). 2014年1月31日閲覧。
  8. ^ 企業情報 沿革”. バンダイビジュアル. 2014年11月15日閲覧。
  9. ^ バンダイビジュアル、ガルパン制作のアニメ制作会社「アクタス」を買収 アクタスの企画力で優良IPの創出目指す、ねとらぼ、2017年9月4日
  10. ^ 子会社の組織再編について バンダイナムコホールディングス 2018年2月9日
  11. ^ バンダイナムコグループ中期計画(2018年4月~2021年3月) CHANGE for the NEXT 挑戦・成長・進化 バンダイナムコホールディングス 2018年2月9日
  12. ^ バンナムHD、子会社再編を実施 ナムコがバンダイナムコアミューズメントに社名変更 バンダイビジュアルとランティス合併 BANDAI SPIRITSを設立、Social Game Info、2018年2月9日
  13. ^ "「EMOTION」レーベル40周年記念企画「EMOTION 40th Anniversary Program」がスタート!40周年記念ロゴ・ビジュアル・ムービー公開!記念サイトオープン!". 注目記事|V-STORAGE (ビー・ストレージ) 【公式】. 株式会社バンダイナムコフィルムワークス. 2022年11月21日. 2022年11月22日閲覧
  14. ^ バンダイビジュアルの米国子会社がBEIと統合---世界で高付加価値ソフトを提供する「オネアミス」を強化|impress AV Watch”. 2021年3月13日閲覧。

外部リンク[編集]