クラッシュギアNitro

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クラッシュギアNitro
ジャンル ホビーアニメ
アニメ
原作 矢立肇
監督 アミノテツロー
シリーズ構成 山口亮太
脚本 山口亮太、吉田伸
むとうやすゆき木村暢
岡田麿里、樋口達人
黒川倫玄、かずいさかえ
キャラクターデザイン 夏月洸(オリジナル)
近藤高光(アニメーション)
メカニックデザイン 今石進、斎藤まさかつ
音楽 根岸貴幸
アニメーション制作 サンライズ
製作 メ〜テレ東急エージェンシー
サンライズ
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 2003年2月2日 - 2004年1月25日
話数 全50話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

クラッシュギアNitro』(クラッシュギアにとろ)は、バンダイから発売されたバトル玩具『クラッシュギア』をモチーフとしたサンライズ制作のテレビアニメ名古屋テレビ放送テレビ朝日系列2003年2月2日から2004年1月25日まで放送された。全50話。

あらすじ[編集]

第一回世界大会から数十年たった未来の話。クラッシュギアは今や子供たちだけでなく、老若男女全体に広まり、揉め事があればそれで決着を付けるまでに普及した。ギアをまったく持っていない真羽勝は謎のマスクマンに伝説のギア「ガルダフェニックス」を託されたことにより奇想天外な物語が始まる。

前作『激闘!クラッシュギアTURBO』の設定上の続編にあたるが、TURBOキャラクターは一切登場しない。前作のようなシリアスさはなく、低年齢向きの内容になっている。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

真羽 勝(まっは まさる)
- 中山依里子
使用ギア:ガルダフェニックスマッハジャスティス/マッハジャスティスSマッハヴィクトリー
本作の主人公。こだま小学校に通う小学5年生。クラッシュギアを心から愛し、誰よりもファイトを楽しもうとする無邪気な少年。明るく大雑把な性格で、楽しいファイトが出来ればそれでいいと言う変り者。「ズババーン」や「シュビビーン」と言った擬態語を感覚的に口ずさむ癖がある。ギアの鼓動や魂を感じる事が出来る。
阿久沢 由宇(あくさわ ゆう)
声 - 野島裕史
使用ギア:キングシュバルツ/キングシュバルツNキングカイザー
勝のライバル。14歳。冷静沈着な性格で、カウントを取りながら理詰めでファイトをする。裕福な家庭に育ちながら、共働きである両親には愛情を抱くような事はなく、私生活は寂しい物になっている。ギアファイトのさらなる可能性を求めてZET学園四天王となり、藤原金一朗と行動を共にするようになる。一時は覆面ファイター「クラッシュナイト」として活躍し、ZET時代はKN(カーン)を名乗っていた。
沖田 英俊(おきた ひでとし)
声 - 飯田利信
使用ギア:ウイングラプター / ウイングラプターX
勝の友人でありライバル。おっちょこちょいな性格がファイトにも反映されており、好不調が激しいのが問題ではあるが、ファイターとしてのポテンシャルは非常に高い。なつみに一方的に惚れているが相手にされていない。通称「ヒデ」、自称は「ヒデ様」。自分を慕っている二人の子分がいる。また、たまにレオンが話す変な言葉を唯一理解できる人物でもある。
国府田 猛(こうだ たけし)
声 - 藤本隆行
使用ギア:アイアンウルフ / W(ワイルド)アイアンウルフ
勝のライバルの一人で、最もギアに愛された男。佐奈間ラボをクビになった後は流れ者ファイターとして行動する。自分からファイトを挑むというよりは、いわゆる巻き込まれ型の人間で、世界大会もそれとは知らずに参加を続けていた。阿久沢に勝った数少ないうちの一人でもある。彼のギア「W(ワイルド)アイアンウルフ」は自らの意思で動き場合よっては形状をも変化させる。名前はドラえもんの登場人物ジャイアンの本名から。ただし「ごうだ」ではなく「こうだ」。
前田 なつみ(まえだ なつみ)
声 - 高橋美佳子
勝のクラスメイトでクラス委員長。こだま小ギアクラブのマネージャー兼監督(自称)でもある。世間知らずな勝に代わって、黙々と新聞を読んだりと一行の中では情報になぜか強い。非常に行動的な性格で考えるよりも足を動かすタイプである。自転車に乗れなかったが国府田との特訓により乗れるようになった。
T.B(ティービー:スティーヴィー・エスプレンドロッソ)
声 - 浅川悠
勝の友人。心優しい少年で、ギアを傷つけるファイトを嫌いZET学園から脱走した。顔立ちの整った美少年であるため、女生徒から羨望の眼差しを受けるが本人に自覚はない。「ギア イズ ビューティフル」が口癖。フランス語で数字(アン、ドゥ)を口ずさみながら人差し指をメトロノームのように動かしてリズミカルにファイトをする。
Z.D(ゼディ:ヴィゼディー・エスプレンドロッソ)
声 - 坪井智浩
TBの兄。弟をZET学園に連れ戻す事が目的だったが、彼の思いに打たれ学園を抜け、以後は正統派ファイターとして戦う。
藤原 銀二郎(ふじはら ぎんにろう)
声 - 辻親八
ギアショップ・シルバーマックスの店主。昔気質の頑固者で、自らが認めたファイターのメンテしかしないと言うこだわりを持つ。時には覆面ファイター「クラッシュ・キッド」として登場し、ギアに対して純真な子供たちにアドバイスを投げかける事もある。
真羽 誠(まっは まこと)
声 - 高木礼子
勝の弟。ギアファイトを観戦していくうちに、自らもファイターに憧れるようになる。
真羽 舞(まっは まい)
声 - 根谷美智子
勝の母親。デザイナーの仕事と家事を両立させて暮らしている。
真羽 正義(まっは まさよし)
声 - 島田敏
勝の父親。現在は別居中である。
佐奈間 三平(さなま さんぺい)
声 - 服巻浩司
佐奈間ラボを興した現主任。意外と調子のいい性格。
フィールド屋
声 - 矢部雅史
いつでもどこでもどんな時でも、ギアファイトのフィールドを提供すべく駆けつける。それゆえ、駆けつける際に体育館の屋根を壊したり(下にいる大勢の生徒たちが瓦礫の下敷きになるのを省みていない。)、非常識な行動が多い。以前、経営していた運送会社は倒産してしまったという暗い過去を持ちながら、それにめげる事なく頑張っている。
斉藤 ハジメ(さいとう ハジメ)
声 - 松岡美佳
食いしん坊なヒデの子分。
近藤 ハジメ(こんどう ハジメ)
声 - 立野香菜子
猿顔のヒデの子分。船木先生と声が一緒である事はTBがさりげなく作中で突っ込んでいる。
船木先生(ふなきせんせい)
声 - 立野香菜子
勝たちのクラスの担任の先生。マイペースだが生徒からも信頼されている優しい性格。クラッシュギアが大好きな彼氏(武藤)がいる。ギアクラブの顧問にもなっており、生徒からプレゼントされたギアも持っている。
レオン
声 - 愛河里花子
伝説のギアファイターと呼ばれる少年。公式、アンダーグラウンドに関わらず姿を現しては圧倒的な強さで相手を打ち破っている。由宇や勝の素質を見抜き、ニトロを伝授。後に好敵手として激戦を繰り広げるようになる。天性の感覚に身を委ねたアクロバティックな動きをギアにも反映させ、相手の想像を超えた大胆な攻撃を得意とする。ファイト中の興奮が最高潮に達すると流暢な現地語を喋りながら、陽気なダンスを踊る。

ZET[編集]

MU(ムウ)
声 - 高橋広樹
使用ギア:メガユニバース
ZET学園の生徒会長で四天王のリーダー。実力は高く、ヒデやJCに圧勝している。また、バトルロイヤルにも精通している。基本的に冷静な性格だが、時折感情的な面を見せることがある。
QT(キューティ)
声 - 夏樹リオ
使用ギア:クイーンサンダー
ZET学園の生徒副会長で四天王の紅一点。MUがZETを去った後、生徒会長に就任した。和風の衣装を好んでいる。
JC(ジェイク)
声 - 矢部雅史
使用ギア:ジャガーコマンドー
MUへの復讐を果たすためにZET学園へ入る。後、四天王となる。国府田とのファイトを経て、本当に大切なことに気付き、ストリートファイトの世界に戻る。
藤原金一郎
声 - 石井康嗣
銀次郎の兄。クラッシュギアに人類のさらなる可能性を見出し、ギアの究極の進化を追い求めるようになる。クラッシュギアに対しては誰よりも厳格であろうとする。ZETの会長、ワールドチャンピオンシップの運営本部長などの肩書きを持つ。かつては日本を代表するファイターであった。

世界大会のライバル達[編集]

マルコ・ロッジオ
声 - 石川英郎
妹と共に旅の劇団に拾われた孤児。ギアファイトの腕を磨き、前大会にも7位にランクインしている実力者。ギアファイターとしてのさらなる活躍を望み、熱心にファイトに取り組んでいる。熱烈な女性ファンが応援団を作るほどの美男子でもある。
アロラ・シャンディ(ミーナ)
声 - ゆかな
二重人格の少女。気弱なミーナは、強い自分を求めるようになり鏡に向かって日ごと自問自答を繰り返すうちにアロラが生まれた。アロラはミーナとは正反対の豪快な性格で優れたギアファイターとしても活躍、昨年の世界大会も3位に入賞をするなどの実績を残している。ある事件をきっかけにZDと知り合い、以降仲間として打ち解ける。吃驚すると人格が入れ替わる癖がある。
ノーフェイス・マクドナルド
声 - 私市淳
正体不明の覆面ファイター。青黒いコートに身を包み、顔面を包帯で覆っている。前大会でレオンとのファイト中にニトロに溶け行方をくらまし、現在は消息不明。
タジリ・タヂリ
声 - 渋谷茂
昨年度ワールドチャンピオンシップの覇者にして、3年連続ディフェンディングチャンピオンという、最強のファイター。

クラッシュギア[編集]

物語の冒頭で登場した幾つかのギアを除いては、IODと呼ばれるギアを急回転させる新機構が搭載されている(IODが後部に装着されているのでリアウェポンは装備していない)。さらにメインキャラクター達のギアは中盤以降、より強力なフロントウェポンとホイールを換装する事でマイナーチェンジを施している。

マッハジャスティス / マッハジャスティスS(ソニック)⇒マッハヴィクトリー
勝の愛機。ガルダフェニックスの鼓動と魂を受け継ぎ、クレイモデルから誕生したギア。後に改良したマッハジャスティスSでニトロに開眼、風の流れを掴み大空を翔る必殺技「ウインディーソニック」で幾多の相手を倒している。その活躍ぶりはたちまち評判となって、佐奈間ラボからは量産機が作られた程である。マッハヴィクトリーは、大破したマッハジャスティスの鼓動から勝の想像力が掻き立てられ瞬く間に完成した新型ギア。製作には藤原銀二郎が携わっている。新必殺技の「ヴィクトリーソニック」でフィールドに新たな風を呼ぶ。
キングシュバルツ / キングシュバルツN(ネオ)⇒キングカイザー
佐奈間ラボで研究を積み重ね由宇自らが完成させた。ネーミングは両親から募り、父がキング、母はシュバルツが良いと言ったので、複合してキングシュバルツと命名した。全てにおいて高い性能と優れたギアバランスを保っていたが、勝とのファイトに敗北した事でさらなる強化を求めるようになる。そしてキングシュバルツNの完成でニトロを使った必殺技「シュバルツラビーネ」を習得、驚異的性能を発揮していたが協力者の藤原金一朗の理想には及ばなかった。
そしてニトロの新たな境地を求めた由宇達は、全てのギアのデータを結集させた究極のギア「キングカイザー」を完成させる。凄まじい潜在能力を秘めた新型機はマシンコントロールに長けた由宇ですら扱いきれず、氷のニトロが暴走する事も度々あった。必殺技「シュバルツグレイシャー」は巨大な氷柱を発生させ、有無を言わさず相手を凍りづけにする。ホイールが6つあるように見えるが、前方の二つはローラーとなっている。
ウイングラプター / ウイングラプターX(エックス)
ヒデの愛機。元は佐奈間ラボから盗みだされた機体だが、佐奈間が機体登録を抹消したため持ち主不在のままヒデのギアとして定着した。嵐のニトロを操り、高速ダッシュで巻き起こした竜巻と共に相手へ突進する「飛翔回転撃」という必殺技を使う。
アイアンウルフ / W(ワイルド)アイアンウルフ
佐奈間ラボで開発された国府田の愛機。川の水面を石切りする姿にヒントを得て、ニトロに目覚める。必殺技はIODWユニットの特性を活かして狼のように俊敏に動き回り、相手に襲いかかる「ワイルドバイト」。
サンダーブレイカー / S(スーパー)サンダーブレイカー
優れた美しさを見せるTBの愛機。バッテリーの電力を放出し、電撃の網で相手を縛り上げる「ライトニングスパーク」という必殺技を使う。この必殺技は、後に雷のニトロに目覚めた事で威力が上昇している。TBの家に代々保管されていたフロントウェポンを装着する事でSサンダーブレイカーへと強化された。ボディに傷をつけられるとTBの性格が激変し途端に爆発的な攻勢に移る事もあったが、ギアファイトにおけるTBの価値観に変化が見られた事で落ち着きを見せた。
ゼロデルタ / M(マイティ)ゼロデルタ
ZDの愛機。三角形状に移動する特殊なニトロを操る。「ゼロエクスプロージョン」とそこから派生した必殺技を使う。
「ゼロエクスプロージョン・三角・デルタウォール」三角形を描くように高速移動し、相手をその描いた三角形に閉じ込め、三角柱を形成し相手ギアの動きを止める。そしてMゼロデルタ(ゼロデルタも使用可能)が三角柱を離脱、そのまま立体の三角形を形成したMゼロデルタが閉じ込めた相手ギアに回転しながら突っ込む。ちなみにZDはこの技を使用する時、両手を合わせて三角を作る。
「三角棒」空中で三角を描いたMゼロデルタが三角柱を形成、三角柱を伸ばし、三角柱の頂点を相手にぶつける。劇中では空中に飛ばされた時の迎撃技として使用。
「ゼロエクスプロージョン・デュアル」おそらくMゼロデルタ最強の技。ZDが「デュアル!」と叫び、両手で三角を二つ作ると、Mゼロデルタの周りに一瞬六亡星のようなものが現れ、三角を描いていたMゼロデルタが頂点を軸に高速回転、円錐状になったMゼロデルタが相手に突っ込む。
ヘビースパイク / ヘビースパイクF(フォース)
レオンの愛機。大地のニトロを操る。真の強敵が現れるとフロントウェポンを換装し、実力を見せる。必殺技は「デザートハリケーン」、「デザートハリケーンフォース」。
メガユニバース
MUの愛機。ゼロデルタと同型だが、IODはWユニットであり、機動性もパワーもこちらのほうが高い。フロントウェポンは“メガアッパー”。必殺技はギア全体を回転させて相手を踏み潰して破壊する「メガドライバー」。高速移動しながら相手とぶつかることで摩擦を作り、そのフリクションゾーン内で発生する摩擦熱で対戦機を燃やすことも可能。
ジャガーコマンド
JCの愛機。アイアンウルフのボディ、キングシュバルツのフロントウェポン、ウイングラプターのホイールと佐奈間ラボ製ギアの集合体。必殺技は炎を爪のように纏って逆回転させながら相手に突っ込む「バーニングクロー」。
クイーンサンダー
ZET学園四天王の紅一点、QTの愛機。T.Bのサンダーブレイカーと同型機だが、IODはWユニットになっているため、機動性はこちらのほうが高い。ライトニングスパークを使うこともできる。必殺技は高速移動することで残像を発生させ、相手の攻撃を避けながら相手を破壊する「風花流転の舞」。
シャークルーザー / H(ハンマー)シャークルーザー
マルコ・ロッジオの愛機。「ダイビング・スプラッシュ」や「サーフィンU・F・A」などの多彩な必殺技を使いこなす。
コブラージャ
アロラ・シャンディの愛機。
アステカリバー
ノーフェイス・マクドナルドの愛機。
バッファローダー
ブロンコ・ブロンゾンの愛機。
グレートパイレーツ
タジリ・タヂリの愛機。
ガルダフェニックス
前作『クラッシュギアTURBO』の主人公である真理野コウヤが使用していたギア。銀二郎のショップに保管されていたが、後に勝の最初の愛機となる。
ストームライダー
ウイングラプターを持つ以前のヒデの愛機。ヒデの子分である斉藤と近藤も所持している。後者の2機は、IODユニットを取り付ける事により、ストームライダーZ(ゼット)になった。

専門用語[編集]

クラッシュギア
四輪駆動型のバトルマシン。コロッセオのチャリオットをモチーフに制作された。
クラッシュギアの誕生と普及
前作『激闘!クラッシュギアTURBO』と、微弱だが関連性を持つため、ここでは2作を交えて紹介する。まず、クラッシュギアはギアゴッドと呼ばれる人物が人々の心の交流を補う代用品として生み出された。同時期にギアファイトを正しく運営する協会組織GFAが設立され、ルールや大会などが着々と整えられていく。誕生から10年後には新機構のVTシャーシやリアウェポンの搭載などにより、ギアファイトの熱は一気に加速。俗に言われる第一次クラッシュギアブームが起こり、同年に行われた第二回世界大会も最高の盛り上がりを見せた。(激闘!クラッシュギアTURBOの物語)
その後も様々な規模の大会が各地で行われ、クラッシュギアは拡大と普及を続け幅広い層の人間がファイトを日常的に嗜むようになる。これを受けてフィールド屋などの新たなサービスも行われた。
物語の直前には佐奈間ラボがIODを開発。従来のファイトとはかけ離れた変則的な動きを可能とする技術によって、ギアファイトの新たな境地が切り開かれた。(第二次クラッシュギアブーム)
ジャマー
リングの外周を走行し続ける障害物。ZETのフィールドカーに標準装備されており、後に行われたワールドチャンピオンシップでも使用された。ギアよりも巨大でパワーもあるため、迂闊に近づいてはリングアウトしてしまう危険がある。相手をギアとジャマーで挟み撃ちにする戦法がファイター達に好んで使われた。
ニトロ
ギアの鼓動を感じ取り、魂を一体化させる事で発動する奥技。常識に捉われない型破れな動きで相手を翻弄する事ができる。時としてリング全体にまで及ぶ爆発的なエネルギーを発揮し、ニトロなくして世界は握れないとまで言われるほどの凄まじい力を秘めている。ニトロを発動したファイターはギアと感覚や痛覚までも共有するようになる。
ニトロの制御が効かなくなり、力が無尽蔵に解放される事を「ニトロの暴走」と呼ぶ。ファイターの生命をも脅かす危険な状態となってしまう。また、ニトロを使用する事でギアとの一体化が進み、突然姿を消してしまう事象を「ニトロに溶ける」と言う。ニトロに溶けたファイターは、他のファイター達の熱いニトロによって再び呼び戻される事がある。
ワールドチャンピオンシップ
毎年開催されるギアファイターの頂点を決める世界規模の大会。選抜された100人の選手が自分以外の99人と戦い、最終的に最も勝率の高い選手が優勝となる。試合は全てシングルマッチとなっている。前作におけるGFAの存在は確認できず、開催時期も4年ごとから1年ごとに変更されている事からTURBOとの関連性は感じられない。
ZET
クラッシュギア世界の制覇を目論む過激派ファイター達が属する組織。彼ら専用のフィールド屋が存在する。実は藤原金一郎により拾われた孤児や優秀なファイター達が集まる学園であるが、力のない者は容赦なく蹴落とされる厳しい縦社会となっている。生徒は皆、ギアの頭文字を取った二文字のコードネームのような形で呼ばれる(TBの場合は、Thunder breakerからTBとなる)。頂点には四天王と呼ばれる腕利きのファイター4人がおり、彼らはいずれもニトロの使い手である。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「風のつばさ」
作詞 - さいとういんこ / 作曲 - 前田克樹 / 編曲 - 滝沢淑行 / 歌 - loop
エンディングテーマ「VOICE」
作詞 - anemone / 作曲 - 坂下正俊 / 編曲 - 滝沢淑行 / 歌 - 中里真美

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 聞け!ギアの鼓動を! 山口亮太 倉敷由紀也 小原正和
小野学
高木茂樹
高橋晃 2003年
2月2日
2 ヒデの逆襲! 吉田伸 ワタナベシンイチ 久行宏和
高橋真一
2月9日
3 覚醒!マッハジャスティス 山口亮太 菱川直樹 佐々木健想 木下ゆうき 2月16日
4 謎の少年TB むとうやすゆき 西村純二 高木茂樹 高橋晃 2月23日
5 ジュリエットを探せ! 木村暢 小原正和 久行宏和 3月2日
6 追え!キングシュバルツ 吉田伸 菱田正和 菱田正和
工藤寛顕
高橋晃 3月9日
7 留守番パニック! むとうやすゆき ワタナベシンイチ 久行宏和 3月16日
8 特訓!I・O・D 木村暢 高木茂樹 佐久間信一 3月23日
9 ギアファイト禁止令 岡田麿里 西村純二 ワタナベシンイチ 下井草伊井乃弼 3月30日
10 嵐のギアクラブ 山口亮太 菱川直樹 小原正和 高橋晃 4月6日
11 白熱!ギア甲子園 木村暢 西村純二 池端隆史 久行宏和 4月13日
12 決戦!由宇vs勝 菱田正和 菱田正和
工藤寛顕
高橋晃 4月20日
13 動き出した影 樋口達人 高木茂樹 しんぼたくろう。
高橋真一
4月27日
14 ZETの刺客 山口亮太 ワタナベシンイチ 高橋晃 5月4日
15 恐怖のジャマーフィールド! 吉田伸 西村純二 高木茂樹 なかじまちゅうじ 5月11日
16 国府田がんばる! むとうやすゆき 小原正和 高橋晃 5月18日
17 奪われたサンダーブレイカー 岡田麿里 菱川直樹 しんぼたくろう。
高橋真一
5月25日
18 幻のギアファイター むとうやすゆき 菱田正和 高橋晃 6月1日
19 潜入者は誰だ!? 岡田麿里 高木茂樹 鈴木勤 6月8日
20 ZET四天王襲来! 木村暢 倉敷由紀也 小原正和 高橋晃 6月22日
21 突入!ZET学園 山口亮太 ワタナベシンイチ しんぼたくろう。
高橋真一
6月29日
22 ニトロ激突!KN対勝 吉田伸 小原正和 高橋晃 7月6日
23 TBの決意 樋口達人 菱川直樹 なかじまちゅうじ 7月13日
24 ウルフ対ジャガー 黒川倫玄 ワタナベシンイチ 高橋晃 7月20日
25 勝の復活!! 山口亮太 西村純二 高木茂樹 しんぼたくろう。
高橋真一
7月27日
26 世界大会開幕! 樋口達人 ワタナベシンイチ 高橋晃 8月3日
27 熱戦!ギアトライアスロン 木村暢 高木茂樹 なかじまちゅうじ 8月10日
28 ヒデは守り神!? むとうやすゆき 小原正和 高橋晃 8月17日
29 古城の亡霊 吉田伸 菱川直樹 高木茂樹 鈴木勤 8月24日
30 海の上のギアファイター 岡田麿里 高木茂樹 菱川直樹 高橋晃 8月31日
31 進化!ヘビースパイクF(フォース) ワタナベシンイチ しんぼたくろう。
高橋真一
9月7日
32 新たなる黒の王 木村暢 菱田正和 菱田正和
工藤寛顕
高橋晃 9月14日
33 入魂!マッハヴィクトリー むとうやすゆき 西村純二 高木茂樹 なかじまちゅうじ 9月21日
34 ギアファイター・誠! 山口亮太
黒川倫玄
小原正和 高橋晃 9月28日
35 森の用心棒 吉田伸 菱川直樹 しんぼたくろう。
高橋真一
10月5日
36 地底からの挑戦 かずいさかえ
山口亮太
ワタナベシンイチ 高橋晃 10月12日
37 ふたりのアロラ? 木村暢 西村純二 小原正和 なかじまちゅうじ 10月19日
38 なつみ、涙の猛特訓 むとうやすゆき ワタナベシンイチ 高橋晃 10月26日
39 世界大会のゆくえ 樋口達人 工藤寛顕 しんぼたくろう。
高橋真一
11月9日
40 マルコの真実 岡田麿里 高木茂樹 高橋晃 11月16日
41 狼の孤独 菱川直樹 なかじまちゅうじ 11月23日
42 運命の兄弟対決 木村暢 小原正和 高橋晃 11月30日
43 キングカイザーの宿命 山口亮太 ワタナベシンイチ しんぼたくろう。
高橋真一
12月7日
44 ゼロの境地 木村暢 高木茂樹 高橋晃 12月14日
45 さよならTB 吉田伸 菱川直樹 なかじまちゅうじ 12月21日
46 ヒデ、最後の戦い むとうやすゆき ワタナベシンイチ 高橋晃 12月28日
47 頂上決戦!由宇対勝 樋口達人 高木茂樹 しんぼたくろう。
高橋真一
2004年
1月4日
48 ギア・バトルロイヤル 岡田麿里 菱川直樹 高橋晃 1月11日
49 3強激突!最後の決戦!!! 山口亮太 ワタナベシンイチ なかじまちゅうじ 1月18日
50 風(ニトロ)の彼方へ 倉敷由紀也 工藤寛顕
小野学
高橋晃 1月25日

漫画版[編集]

クラッシュギアN
作画:松本久志 講談社ボンボンコミックス 全3巻
前作「激闘!クラッシュギアTURBO」に引き続き2003年の2月号から2004年の3月号までコミックボンボンにて連載された作品。
アニメのコミカライズでありながらヒロインのなつみを始めとする一部の重要キャラが一切登場せず、中盤からはオリジナルキャラの登場も目立つなど、前作以上にオリジナル要素の強い作品となった。このような事態になった事に関して、作者は単行本第2巻に収録されているおまけ漫画の中で「実際のアニメを見ていなかった」という事を打ち明けている。反対に、アニメの方ではこの漫画版から逆輸入したとみられる部分も存在する。
  1. 2003年9月 ISBN 4-06-323987-X
  2. 2003年12月 ISBN 4-06-323993-4
  3. 2004年3月 ISBN 4-06-323996-9

余談[編集]

  • 演出のワタナベシンイチは、ギアファイター「ナベシン」として度々登場している。
  • 前作のキャラクターがモブシーンに描かれている事が稀にある。
  • 絵コンテの倉敷由紀也は、監督を務めたアミノテツローの変名で「くらしきゆきや」→「クラッシュギア」とのこと。
  • 本作品の映像ソフトは、VHSビデオでのセル及びレンタルのみで、DVD等でのリリースはされていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

メ〜テレ制作・テレビ朝日系列 日曜7:00 - 7:30枠
前番組 番組名 次番組
激闘!クラッシュギアTURBO
(2001年10月7日 - 2003年1月26日)
クラッシュギアNitro
(2003年2月2日 - 2004年1月25日)
かいけつゾロリ
(2004年2月1日 - 2005年2月6日)