名古屋テレビ制作日曜朝7時枠のアニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本項目では、名古屋テレビ(メ〜テレ)を制作局として、テレビ朝日系列(ANNフルネット24局で毎週日曜7:00 - 7:30(JST)に放送されているアニメ枠について解説する。

概要[編集]

1998年4月、それまで土曜夕方[1]に放送されていた『Bビーダマン爆外伝』が本時間帯に移動、以来20年近くにわたってアニメ枠として定着している。2007年3月から2011年1月までは「ニチアサキッズタイム」の第1枠としても位置づけられていた。

番組の放送期間は、当初は直後の時間帯に放送される「スーパー戦隊シリーズ」などと同様に、原則として2月上旬開始の約1年間に設定されていたが、『バトルスピリッツ』シリーズが開始した2008年以降は一部の例外を除き、9月もしくは10月開始の約1年間へと移行した。

放送作品は全般的に男児向け作品で占められているが、『ニャニがニャンだー ニャンダーかめん』や『かいけつゾロリ』シリーズ、『ヘボット!』とファミリー・幼児向け作品が放送されることもある。また『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』は既発売のOVAからの再編集という経緯もあり、結果的に「ニチアサキッズタイム」確立以降のこの時間帯としては珍しく男児・幼児・ファミリー向けとは性格の異なるティーンエイジャー以上の男性向け作品となった。

2017年10月より、日曜5:50 - 8:30にニュース・情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日・メ~テレ・朝日放送共同制作)が放送開始するのに伴い[2][3]、発表時点での現行作品であった『ヘボット!』も9月中での終了が併せてアナウンスされているが、これに伴う「メ~テレ(名古屋テレビ)制作アニメ枠」の動向に関しては、現時点での公式な発表はなされていない。

作品リスト[編集]

特記のないものを除き、いずれもサンライズがアニメーション制作を担当。便宜上、勇者シリーズ終了後の土曜夕方の時間帯に放送された作品も含む。

# 作品名 放送期間 話数 備考
1 Bビーダマン爆外伝 1998年2月7日 - 1999年1月31日 全48話 マッドハウス制作
1998年3月28日まで土曜17:00 - 17:30にて放送。
2 Bビーダマン爆外伝V 1999年2月7日 - 2000年1月30日 全50話 ※マッドハウス制作
3 ニャニがニャンだー ニャンダーかめん 2000年2月6日 - 2001年9月30日 全83話
4 激闘!クラッシュギアTURBO 2001年10月7日 - 2003年1月26日 全68話 同番組より、エンディングのスタッフクレジットに編成及び番組宣伝担当者名の表記を開始。
5 クラッシュギアNitro 2003年2月2日 - 2004年1月25日 全50話
6 かいけつゾロリ 2004年2月1日 - 2005年2月6日 全52話 アンバーフィルムワークス亜細亜堂制作
7 まじめにふまじめ かいけつゾロリ 2005年2月13日 - 2007年1月28日 全97話 ※サンライズ・亜細亜堂制作
8 古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベンチャー 2007年2月4日 - 2008年1月27日 全49話 同番組よりハイビジョン制作へ移行(アナログ放送では4:3のサイドカット)。
提供クレジットでの言い回しも「この番組は…」から「○○××(アニメの作品名)は…」に変更された。
また第47話「大恐竜出現!」で名古屋テレビ制作全国ネットアニメ放送通算1,500回を突破。
9 古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベンチャー
翼竜伝説
2008年2月3日 - 8月31日 全30話 第11話「三蔵VSマブザウルス」で本枠通算500回を突破。
前作を含めると全79話。
10 バトルスピリッツ 少年突破バシン 2008年9月7日 - 2009年9月6日 全50話 東映アニメーション制作協力
同番組よりバトルスピリッツシリーズ。
11 バトルスピリッツ 少年激覇ダン 2009年9月13日 - 2010年9月5日 全50話 同番組より16:9のレターボックス放送に移行。
12 バトルスピリッツ ブレイヴ 2010年9月12日 - 2011年9月11日 全50話 同番組よりデータ放送を開始。
13 バトルスピリッツ 覇王(ヒーローズ) 2011年9月18日 - 2012年9月2日 全50話 同番組の2012年放送分(第16話)より、
『まじめにふまじめ かいけつゾロリ』以来5年ぶりに制作クレジットが社名ロゴ表示となった。
14 バトルスピリッツ ソードアイズ 2012年9月9日 - 2013年9月8日 全50話
15 最強銀河 究極ゼロ 〜バトルスピリッツ〜 2013年9月22日 - 2014年9月21日 全49話 放送開始前週の2013年9月15日には、事前特番『究極ゼロだ!直前SP ごちそう冒険ツアーズ!』を放送。
本枠におけるシリーズ最終作[4]
16 トライブクルクル 2014年9月28日 - 2015年10月4日 全50話 2015年4月よりサンライズから子会社のバンダイナムコピクチャーズに制作移管。
亜細亜堂制作協力。
17 ブレイブビーツ 2015年10月11日 - 2016年3月27日 全22話 バンダイナムコピクチャーズ制作、亜細亜堂制作協力。
18 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 2016年4月3日 - 9月11日 全22話 制作クレジットは活字表記で、広告代理店が参加していなかった。
19 ヘボット! 2016年9月18日 - 2017年9月24日(予定) 全50話(予定) バンダイナムコピクチャーズ・HEYBOT! PROJECT制作

備考[編集]

  • ANNに加盟しているクロスネット局福井放送テレビ宮崎)では他系列を優先ネットとしている関係で、福井放送は『恐竜キング』のシリーズの遅れネットを行うまで、しばらく本枠のネットからは外れており、同シリーズ終了後に再度撤退。テレビ宮崎は現在もネットしていない。それぞれ系列外局への番組販売も行われていない。なお、系列外(ANN非加盟)局での放送は、『かいけつゾロリ』シリーズを山梨放送日本テレビ系列、第2期も途中まで放送)、チューリップテレビTBS系列、第1期のみ)と山陰中央テレビフジテレビ系列、第1期のみ)が放送した後は途絶えている。
  • 山形テレビ静岡朝日テレビは、日曜8時台前半にてローカル番組を放送していた2009年4月改編まで『ニチアサキッズ合体スペシャル』の対象から外れていたため、当該企画の放送日には企画要素を省いた通常版をこの2局に裏送りしていた。
  • 毎年6月第3週は「全米オープンゴルフ」中継、7月第2週は「全米女子オープンゴルフ」中継、11月第1週は「全日本大学駅伝」中継(2013年以降[5])のため、年末年始は特別編成のためそれぞれ休止となった。ただしゴルフ中継の場合、開催地の時差によっては本枠が休止されない場合もあった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日放送のみ金曜夕方。
  2. ^ 東山紀之 テレ朝で日曜朝の顔、10月開始情報番組キャスターに”. スポニチ (2017年7月3日). 2017年7月3日閲覧。
  3. ^ 東山紀之、10月からキャスター初挑戦 テレ朝・日曜朝に生番組新設 オリコン(2017年7月3日)2017年7月3日閲覧。
  4. ^ 同シリーズの後続作品に当たる『バトルスピリッツ 烈火魂』以降は、制作・放送局がテレビ東京TXN)へと移行。
  5. ^ 2012年までは8:00からの放送開始だったため、通常通り放送されていた。
名古屋テレビ → メ〜テレテレビ朝日 日曜7:00 - 7:30
前番組 番組名 次番組
オリジナルコンサート
(1987年4月5日 - 1998年3月29日)
※同番組までテレビ朝日制作
名古屋テレビ制作日曜朝7時枠のアニメ
(1998年4月5日 - 2017年9月24日〈予定〉)
※本枠のみ名古屋テレビ → メ〜テレ単独制作
※2007年3月 - 2011年1月まで
ニチアサキッズタイム」第1枠
サンデーLIVE!!
(2017年10月1日 - )
※5:50 - 8:30
※同番組よりテレビ朝日・メ〜テレ・朝日放送共同制作