池端隆史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池端 隆史(いけはた たかし、1958年2月10日 - )は、日本アニメーション監督・演出家

来歴[編集]

1981年東京アニメーションフィルム(現:アニメフィルム)に入社、撮影を担当。スタジオぎゃろっぷ(現:ぎゃろっぷ)、アウベック、高橋プロダクションを経てフリーランスに。アウベック時代の『タイガーシャークス』(合作作品)で初演出、2002年のOVAHappy World!』で初監督を務める。2004年には『光と水のダフネ』監督と『げんしけん』監督、『げんしけん』のインターネットラジオうらけん』ではラジオパーソナリティも務めている。その後、2007年に『ぽてまよ』、2009年には『大正野球娘。』の監督を務めている。

人物[編集]

池端たかし名義で『クレヨンしんちゃん』、『ジャングルはいつもハレのちグゥ』などのシンエイ動画作品で演出も担当している。永く『クレヨンしんちゃん』の演出に携わっていたため原恵一水島努と親交が深い。『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』に登場するチャコの声優を原恵一が探していた際、『∀ガンダム』の演出をやっていた関係で、原が惹かれたと言う小林愛の声が入ったテープを渡したという逸話がある。また水島努がシンエイ動画を出てフリーになった際には『光と水のダフネ』、『げんしけん』、『くじびきアンバランス』など自身の監督作品のスタッフとして起用している。

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場映画[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]