灼眼のシャナ (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
灼眼のシャナ > 灼眼のシャナ (アニメ)
灼眼のシャナ
ジャンル ファンタジー、現代学園異能[1]
少年向けアニメバトルアクション
アニメ:灼眼のシャナ
原作 高橋弥七郎
監督 渡部高志
シリーズ構成 小林靖子
キャラクターデザイン 大塚舞
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 『灼眼のシャナ』製作委員会
放送局 日本の旗 放送局参照
台湾の旗 Animax Taiwan
香港の旗 Animax Hong Kong
大韓民国の旗 Animax Korea
放送期間 2005年10月5日 - 2006年3月22日
話数 全24話
アニメ:灼眼のシャナII(Second)
原作 高橋弥七郎
監督 渡部高志
シリーズ構成 小林靖子
キャラクターデザイン 大塚舞
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 『灼眼のシャナII』製作委員会
毎日放送
放送局 日本の旗 放送局参照
台湾の旗 Animax Taiwan
放送期間 2007年10月4日 - 2008年3月27日
話数 全24話
アニメ:灼眼のシャナIII-FINAL-
原作 高橋弥七郎
監督 渡部高志
シリーズ構成 小林靖子
キャラクターデザイン 大塚舞
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 『灼眼のシャナF』製作委員会
放送局 日本の旗 放送局参照
放送期間 2011年10月7日 - 2012年3月23日
話数 全24話
OVA
OVA:灼眼のシャナ
SP「恋と温泉の校外学習!」
原作 高橋弥七郎
監督 渡部高志
シリーズ構成 白根秀樹
キャラクターデザイン 大塚舞
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 『灼眼のシャナ』製作委員会
発売日 2006年12月8日
OVA:灼眼のシャナS
原作 高橋弥七郎
監督 渡部高志
シリーズ構成 小林靖子
キャラクターデザイン 大塚舞
アニメーション制作 J.CSTAFF
製作 『灼眼のシャナS』製作委員会
発表期間 2009年10月23日 - 2010年9月29日
話数 全4話
映画
映画:灼眼のシャナ
監督 渡部高志
制作 J.C.STAFF
封切日 2007年4月21日
上映時間 約90分
その他 [DVD]2007年9月21日発売
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

灼眼のシャナ』(しゃくがんのシャナ)は、高橋弥七郎のライトノベル『灼眼のシャナ』を原作とした日本アニメ作品。

テレビアニメシリーズとしては『灼眼のシャナ』を始めとして、続編『灼眼のシャナII(Second)』『灼眼のシャナIII-FINAL-』の他、劇場版やOVA、番外編が制作されている。

展開概要[編集]

アニメの制作において、原作小説は不変の教典というよりも、ifのアイディアを違うメディアで表現するためのもっとも大切なバイブルとして存在しているとのことで[2]、アニメでは原作にない設定や展開、キャラクターが登場している(関連各項目を参照)。また、アニメプロデューサーを務めていた川瀬浩平はアニメ化で最も大切にすべきこととして、“原作の「空気」「雰囲気」を如何に表現するのかということである。”と述べた上で、“キャラクターの作画が似ていることやストーリーを原作通り進めることは、その一要素でしかない”としている[2]

第1期テレビアニメ
第1期シリーズ『灼眼のシャナ』は、2005年10月から2006年3月までUHFアニメ形態(後述と併せて参照)で全24話放送され、後に全8巻のDVDソフトとして発売された。また、テレビ放送とほぼ同時期からインターネットによるストリーミング配信も行われた。
ストーリーは、原作I巻からVII巻をベースとしてアレンジされたアニメオリジナルで、VIII巻とIX巻エピソードのアレンジも極一部加えられた。なお、企画段階では原作I巻をベースにした全12話というパターンも検討されていた。
OVA(特別編)
キャスト・製作スタッフは、ほぼテレビシリーズと同じ。1話収録で、2006年12月8日に発売。
テレビアニメ(第1期)第13話直後の時期に行われた課外授業、緒方真竹田中栄太への想いを暴走させる姿を描くオリジナルストーリー。その為、作中においては“徒”らとの戦闘は描かれず、シャナ悠二は専ら脇役である。その扱いはエンディングにも表れており、シャナではなく緒方真竹がテレビアニメ版とほぼ同じ構図で描かれている。
劇場版
後述の劇場版を参照。
第2期テレビアニメ
灼眼のシャナII(Second)』として、MBS製作・TBS系列東名阪各局で2007年10月から2008年3月まで全24話が放送された。なお、「II」は「セカンド」と読む。
第1期ストーリー終了後、2学期になり数日経過した時点から始まる。前期に引き続き原作の本編、外伝をなぞりつつ、アニメオリジナルの比重が大きい。
2007年6月3日に開催されたイベント『RONDO ROBE 2007』にて、第2期テレビアニメの大まかな概要が初めて発表され、同年10月1日には公式サイトが放送開始に先立ってリニューアルされた。
OVA(Sシリーズ)
2009年6月10日、『電撃文庫MAGAZINE』2009年7月号にてアニメに関する新展開が告知された。その後、同年10月23日にOVA『灼眼のシャナS』が発売されることが発表された、全4巻。本編ではないが4巻共通してシャナが登場する外伝のアニメ化である。最終巻のラストシーンにおいて第3期の一部分が収録されている。
第3期テレビアニメ
灼眼のシャナIII-FINAL-』として2011年10月から2012年3月まで放送された。全24話。第1期、2期に比べてアニメオリジナルの要素は薄く、ほぼ原作終盤通りのストーリーが展開される。[3]また、今期から主題歌制作が、ジェネオン・ユニバーサルからワーナー・ホーム・ビデオ(ワーナー エンターテイメント ジャパン)に変更された。

キャスト[編集]

登場キャラクターおよび担当声優については以下の項目をそれぞれ参照。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

第1期
オープニングテーマ
緋色の空」(第1話 - 第16話)
作詞・歌 - 川田まみ/作曲 - 中沢伴行/編曲 - 中沢伴行、尾崎武士
being」(第17話 - 第24話)
作詞・作曲・歌 - KOTOKO/編曲 - 高瀬一矢
エンディングテーマ
夜明け生まれ来る少女」(第1話 - 第14話)
作詞・歌 - 高橋洋子/作曲・編曲 - 大森俊之
紅の静寂」(第15話 - 第23話)
作詞・歌 - 石田燿子/作曲・編曲 - 村上正芳
挿入歌「緋色の空」(第24話)
OVA(特別編)
第1期の前半主題歌と同じ。
オープニングテーマ「緋色の空」
作詞・歌 - 川田まみ/作曲 - 中沢伴行/編曲 - 中沢伴行、尾崎武士
エンディングテーマ「夜明け生まれ来る少女」
作詞・歌 - 高橋洋子/作曲・編曲 - 大森俊之
第2期
※アニメ放送開始前のプロモーション映像では、第1期のオープニングテーマ「緋色の空」がBGMとして使われていた。
オープニングテーマ
JOINT」(第1話 - 第15話)
作詞・歌 - 川田まみ/作曲 - 中沢伴行/編曲 - 中沢伴行、尾崎武士
BLAZE」(第16話 - 第24話)
作詞・歌 - KOTOKO/作曲・編曲 - 高瀬一矢
エンディングテーマ
triangle」(第1話 - 第15話)
作詞・歌 - 川田まみ/作曲・編曲 - 高瀬一矢
Sociometry」(第16話 - 第23話)
作詞・歌 - KOTOKO/作曲・編曲 - C.G mix
sense」(第24話)
作詞・歌 - 川田まみ/作曲 - 中沢伴行/編曲 - 中沢伴行、尾崎武士
挿入歌「JOINT」(第21話)
OVA『灼眼のシャナS』
オープニングテーマ「Prophecy
作詞・歌 - 川田まみ/作曲・編曲 - 中沢伴行、尾崎武士
エンディングテーマ「All in good time
作詞・歌 - 川田まみ/作曲・編曲 - 中沢伴行、尾崎武士
挿入歌「portamento」(第4話)
作詞・歌 - 川田まみ/作曲 - 中沢伴行/編曲 - 中沢伴行、尾崎武士
第3期
オープニングテーマ
Light My Fire」(第1話 - 第12話)
作詞・作曲・編曲 - ryo(supercell)/歌 - KOTOKO
Serment」(第14話、第16話 - 第22話)
作詞・歌 - 川田まみ/作曲 - 中沢伴行/編曲 - 中沢伴行、尾崎武士
第13・15・23・24話はOPがないため未使用。
エンディングテーマ
I'll believe」(第1話 - 第13話)
作詞 - 黒崎真音/Rap詞 - motsu/作曲・編曲 - 八木沼悟志/歌 - ALTIMA
ONE」(第14話、第16話 - 第23話)
作詞 - 黒崎真音/Rap詞 - motsu/作曲・編曲 - 八木沼悟志/歌 - ALTIMA
「光芒」(第24話)
作詞・歌 - 川田まみ/作曲・編曲 - 尾崎武士、中沢伴行
挿入歌
u/n」(第15話)
作詞・歌 - 川田まみ/作曲・編曲 - 尾崎武士、中沢伴行
実際にはED曲扱い。
赤い涙」(第19話)
作詞・歌 - 川田まみ/作曲・編曲 - 中沢伴行
「緋色の空」(第24話)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日 原作
第1期『灼眼のシャナ』
1 全ての終わり、一つの始まり 小林靖子 渡部高志 秋田谷典昭
上田繁
宮田奈保美 大塚舞 2005年
10月5日
I巻
2 灯る炎 杉原由紀 栗井重紀 10月12日 I・II巻
3 トーチとフレイムヘイズ 上田繁 河野真貴、谷川政輝
川上鴨彦、大塚舞
藤井昌宏 10月19日
4 惑いのフレイムヘイズ 中村守 立仙裕俊 三井寿 大塚舞 10月26日
5 それぞれの想い 佐藤勝一 福田道生 清水一伸 岡野幸男、井本由紀
冷水由紀絵
藤井昌宏 11月2日
6 交錯・発動・対決 白根秀樹 渡部高志 高島大輔 宮田奈保美、尾崎正幸
冷水由紀絵、井本由紀
大塚舞 11月9日
7 二人のフレイムヘイズ 小林靖子 池端隆史 上田繁 谷川政輝、小川浩司
冷水由紀絵、井本由紀
藤井昌宏 11月16日
8 麗しのゴブレット 川口敬一郎 秋田谷典昭 川上暢彦、新井伸浩
川島勝、尾崎正幸
大塚舞 11月23日
9 恋と欲望のプールサイド 白根秀樹 池端隆史 高田耕一 杉本功金子ひらく
小川浩司
藤井昌宏 11月30日 オリジナル
10 絡まる想い 小林靖子 葛谷直行 立仙裕俊 三井寿 大塚舞 12月7日 II巻
11 悠二とシャナとキス 佐藤勝一 福田道生 雄谷将仁 井本由紀、冷水由紀絵 藤井昌宏 12月14日 III・IV巻
12 ゆりかごに花は咲いて 白根秀樹 中村守 山名隆史 宮田奈保美、尾崎正幸 大塚舞 12月21日
13 校舎裏の宣戦布告 米たにヨシトモ 上田繁 谷川政輝、川島勝
新井伸浩
藤井昌宏 2006年
1月4日
14 偉大なる者 佐藤勝一 渡部高志 高島大輔 杉本功、川上暢彦
住本悦子
大塚舞 1月11日 V巻
15 炎の生まれた日 中村憲由 石川敏浩 中島美子、武本大介
中野彰子、Kim Dae Hoon
藤井昌宏
大塚舞
1月18日
16 炎髪灼眼の討ち手 橘秀樹 池端隆史 井本由紀、冷水由紀絵 大塚舞 1月25日
17 新たなる序章 小林靖子 池端隆史 住本悦子、宮田奈保美
小川浩司
藤井昌宏 2月1日 VI・VII巻
18 砕ける願い 福田道生 秋田谷典昭 川島勝、新井伸浩 大塚舞 2月8日
19 戦いの中で 渡部高志 上田繁 川上暢彦、谷川政輝
宮田奈保美、新井伸浩
藤井昌宏 2月15日
20 非情のヴィルヘルミナ 白根秀樹 高島大輔 井本由紀、冷水由紀絵 大塚舞 2月22日 VIII・IX巻の一部
21 遠ざかる想い 小林靖子 上田繁 川島勝、新井伸浩
中島美子、武本大介
中野彰子
藤井昌宏 3月1日
22 揺らぐ炎 中村守 高島大輔 宮田奈保美、住本悦子 大塚舞 3月8日 オリジナル
23 星黎殿の戦い 渡部高志 上田繁 新井伸浩、川島勝
尾崎正幸
藤井昌宏 3月15日
24 紅蓮の想い 上田繁
池端隆史
井本由紀、冷水由紀絵
杉本功、川上暢彦
新井伸浩、川島勝
藤井昌宏
大塚舞 3月22日
OVA『灼眼のシャナ』
SP 恋と温泉の校外学習! 白根秀樹 池端隆史 住本悦子、川上暢彦 大塚舞 2006年
12月8日
オリジナル
第2期『灼眼のシャナII(Second)』
1 再びの刻 小林靖子 渡部高志 高島大輔 都築祐佳子、大塚舞 大塚舞 2007年
10月4日
ゲーム
2 全ての序章 上田繁 井本由紀、鷲田敏弥 10月11日
3 疑惑の転校生 上田繁
高島大輔
尾崎正幸、中山由美
宮田奈保美
10月18日 オリジナル
4 憂いの少女たち 犬飼和彦 高田耕一 三家本康美 宇都木勇、小宮山由美子 10月25日
5 家族の食卓 白根秀樹 丸山由太 井本由紀、加藤万由子 11月1日
6 試練の前夜 水上清資 福田道生 岸川寛良 三木俊明 藤井昌宏 11月8日
7 池速人、栄光の日 白根秀樹 渡部高志 大関雅幸 河井淳 大塚舞 11月15日
8 過去への扉 犬飼和彦 高島大輔 滝山真哲、中山由美 藤井昌宏 11月22日 XI巻・S巻
9 哀しみのマイルストーン 水上清資 上田繁 井本由紀、新井伸浩
鷲田敏弥
大塚舞 11月29日
10 帰ってきた男 小林靖子 藤原良二 石川敏浩 宇都木勇、竹内啓 藤井昌宏 12月6日 IX巻・XI巻
11 約束の二人 水上清資 岸川寛良 梶浦伸一郎、金紀杜 大塚舞 12月13日 XI巻
12 清秋祭始まる 犬飼和彦 福田道生 丸山由太 尾崎正幸、加藤万由子 藤井昌宏 12月20日
13 収束、そして兆し 小林靖子 渡部高志 高島大輔 井本由紀、新井伸浩
小宮山由美子
大塚舞 2008年
1月10日
XII巻
14 永遠の恋人 水上清資 二瓶勇一 大関雅幸 河井淳、岡野幸男 藤井昌宏 1月17日
15 覚醒 犬飼和彦 渡部高志 上田繁 神谷智大、鷲田敏弥
矢向宏志、太田雅三
加藤万由子、Seo lung-Duk
大塚舞 1月24日 XIII巻
16 つきせぬ想い 池端隆史
鈴木行
池端隆史
春光旭
井本由紀、三浦洋祐
石川慎亮、尾崎正幸
大塚舞
井本由紀
1月31日
17 それぞれの道 水上清資 岸川寛良 飯飼一幸、後藤孝宏
金紀杜
藤井昌宏 2月7日 XIV巻
18 錯綜の悠二 小林靖子 渡部高志 神保昌登 新井伸浩、佐野隆雄 大塚舞 2月14日
19 言えなかったこと 白根秀樹 丸山由太 小宮山由美子
加藤万由子、梶谷光春
藤井昌宏 2月21日
20 茜色の死闘 犬飼和彦 米たにヨシトモ 池端隆史 井本由紀、川上鴨彦 大塚舞 2月28日
21 合わさる力 水上清資 高島大輔 吉田隆彦、石川慎亮
鷲田敏弥
藤井昌宏 3月6日
22 クリスマス・イヴ[注 2] 白根秀樹 福田道生 大関雅幸 河井淳、清水勝祐 大塚舞 3月13日
23 危難の胎動 小林靖子 渡部高志 神保昌登
橋本敏一
梶谷光春、尾崎正幸
川上鴨彦、吉田隆彦
加藤万由子、のりみそのみ
藤井昌宏 3月20日 オリジナル
24 守るべきもの 長井龍雪
高島大輔
池端隆史
大塚舞、都築祐佳子
井本由紀、神谷智大
新井伸浩、梶谷光春
冷水由紀絵、杉本功
のりみそのみ、橘秀樹
藤井昌宏
大塚舞 3月27日
OVA『灼眼のシャナS』
1 リシャッフル 白根秀樹 渡部高志 神保昌登 井本由紀、赤尾良太郎
のりみそのみ
大塚舞 2009年
10月23日
紅蓮(ぐれん)
2 ドミサイル 千葉崇洋、沼田誠也 2010年
2月26日
SII巻
3 オーバーチュア 前編 小林靖子 井嶋けい子、早川加寿子
加藤万由子、さのえり
小川浩司、大塚舞
6月25日 0巻
4 オーバーチュア 後編 長谷川亨雄、出野喜則
野田めぐみ、大島美和
高原修司、石之博和
のりみそのみ
9月29日
第3期『灼眼のシャナIII-FINAL-』
1 失われた存在 小林靖子 渡部高志 池端隆史 亀谷響子、井本由紀 大塚舞 2011年
10月7日
XVI巻
2 来たるべきもの 水上清資 田中雄一 神保昌登 柴田志郎、小松原聖 10月14日
3 旅立つために 砂山蔵澄 堀之内元 飛田剛 服部憲知、阿部弘樹 井本由紀 10月21日
4 再会と、邂逅と ヤスカワショウゴ 渡部高志 湖山禎崇 菅井翔、細越裕治 大塚舞 10月28日
5 囚われのフレイムヘイズ[注 3] 白根秀樹 鈴木洋平 伊藤香織、上田みねこ
高澤美佳
井本由紀 11月4日 XVII巻
6 掌のなかに ヤスカワショウゴ 池端隆史
鈴木洋平
渡部高志
池端隆史 亀谷響子、石井ゆみこ 大塚舞 11月11日
7 神門 白根秀樹 米たにヨシトモ 小野田雄亮 関口雅浩 井本由紀 11月18日
8 開戦 砂山蔵澄 神保昌登 小松原聖、柴田志郎 大塚舞 11月25日
9 星黎殿へ 小林靖子 堀之内元
渡部高志
橋本敏一 津幡佳明、佐野隆雄
菅井翔、西村広
木下ゆうき
井本由紀 12月2日 XVIII巻
10 交差点 室井康雄 飛田剛 服部憲知、阿部弘樹 大塚舞 12月9日
11 聞こえる、想い ヤスカワショウゴ 十文字糾 筆木筆子 細越裕治、徳田賢朗 井本由紀 12月16日 XIX巻
12 誓いの言葉 白根秀樹 米たにヨシトモ 石田暢 亀谷響子、小松原聖
伊藤香織
大塚舞 12月23日
13 狭間へと、狭間から 砂山蔵澄 福田道生
渡部高志
池端隆史 石井ゆみこ、本村晃一
宮川智恵子、菅井翔
赤尾良太郎、大木良一
井本由紀
井本由紀 2012年
1月6日
14 大命宣布 水上清資 渡部高志
米たにヨシトモ
堀之内元
小野田雄亮 関口雅浩、服部憲知 1月13日 XX巻
15 雨中の敗走 鈴木洋平 小松原聖、錦見楽
津幡佳明、下川寿士
1月20日
16 再び、戦いへ 小林靖子 橋本敏一
米たにヨシトモ
鈴木洋平
橋本敏一 柴田志朗、上田みねこ
小松原聖
大塚舞 1月27日 XXI巻
17 誰が為に 白根秀樹 高田耕一
渡部高志
平田豊 佐々木睦美 井本由紀 2月3日
18 闘争の渦 ヤスカワショウゴ 二瓶勇一
米たにヨシトモ
神保昌登 亀谷響子、伊藤香織
松井誠
大塚舞 2月10日
19 彩飄が呼ぶもの 砂山蔵澄 福田道生 筆木筆子 佐藤浩一、細越裕治 井本由紀 2月17日 XXI・XXII巻
20 世界の卵 ヤスカワショウゴ 西田正義 山口頼房 野田めぐみ、山吉一幸
斉藤良成、高橋賢
竹森由加、出野喜則
草刈大介、宇佐美皓一
大塚舞 2月24日 XXII巻
21 一つの理 白根秀樹 渡部高志
堀之内元
橋本敏一 津幡佳明、本村晃一
下川寿士
井本由紀 3月2日
22 異邦人の夢 砂山蔵澄 米たにヨシトモ 神保昌登 小松原聖、亀谷響子
錦見楽
大塚舞 3月9日
23 神の夢 小林靖子 鈴木洋平 佐々木睦美、伊藤香織
服部憲知、菅井翔
西村広、井本由紀
井本由紀 3月16日
24 涯てより開く 渡部高志 湖山禎崇
筆木筆子
小松原聖、佐藤浩一
津幡佳明、亀谷響子
大塚舞
大塚舞 3月23日

放送形態[編集]

2005年(1期)
地上波放送は、UHFアニメ形態での放送(以下参照)。
海外では、アニマックス台湾香港韓国など各現地チャンネルで放送。なお、台湾香港では「灼眼の夏娜」と番組ロゴに平仮名の「の」を使用(漢文では「灼眼的夏娜」と表記される)。[要出典]
2007年(2期)
MBSが第2期の製作に参加する事が決定したことに伴い[注 4]、放送局がTBS系列に統一された。このように、UHFアニメの続編がキー局系列深夜アニメに変更される事例は初めて(その逆の例は過去に幾つか見られた)。
第20話から、次番組『マクロスF』の放送予告のため、次回予告の時間が縮小されていた。
2010年(1・2期連続放送)
2010年10月よりテレビシリーズ3期の放送を見据えて、第1・2期の放送及びインターネット配信を実施。
放送局は再放送のMBS、TOKYO MX(1期は都内地上波初放送)、および旧作初放送のAT-Xで、ネット配信はニコニコチャンネル(公開後1週間は無料)[要出典][4]
2011年(3期)
近畿・中京圏は引き続きMBS・CBCでの放送であるが、MBSは製作には非関与であり、関東圏は再び南関東独立局ネットに変更されている(テレ玉を除く)。なお、当シリーズ初となるBS局・BS11でもネット。

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
第1期
神奈川県 tvk 2005年10月5日 - 2006年3月22日 水曜 24:45 - 25:15 独立UHF局
埼玉県 テレ玉 水曜 25:30 - 26:00
千葉県 チバテレビ 水曜 26:00 - 26:30
近畿広域圏 毎日放送 2005年10月8日 - 2006年3月25日 土曜 27:25 - 27:55 TBS系列 2010年に再放送あり
愛知県 テレビ愛知 2005年10月10日 - 2006年3月27日 月曜 27:58 - 28:28 テレビ東京系列
日本全域 BIGLOBEストリーム 2005年10月11日 - 2006年3月27日 月曜 更新 ネット配信 1週間限定無料配信
アニマックス 2006年1月15日 - 7月2日 日曜 24:00 - 24:30 CS放送 リピートあり
東京都 TOKYO MX 2010年10月11日 - 2011年3月29日 月曜 27:00 - 27:30 独立UHF局
第2期
近畿広域圏 毎日放送 2007年10月4日 - 2008年3月27日 木曜 25:25 - 25:55 TBS系列 製作局
2011年に再放送あり
中京広域圏 中部日本放送 木曜 26:25 - 26:55
関東広域圏 東京放送 2007年10月5日 - 2008年3月28日 金曜 25:55 - 26:25
日本全域 バンダイチャンネル 2007年10月10日 - 2008年4月2日 水曜 更新 ネット配信 1週間限定無料配信
アニマックス 2007年11月8日 - 2008年4月24日 木曜 22:30 - 23:00 CS放送 リピートあり
東京都 TOKYO MX 2011年4月12日 - 2011年9月20日 月曜 27:00 - 27:30 独立UHF局 事実上の再放送
第3期
東京都 TOKYO MX 2011年10月7日 - 2012年3月23日 金曜 25:30 - 26:00 独立局
千葉県 チバテレビ 2011年10月8日 - 2012年3月24日 土曜 25:00 - 25:30
神奈川県 tvk 土曜 25:30 - 26:00
近畿広域圏 毎日放送 土曜 25:58 - 26:28 TBS系列 アニメシャワー』第1部
中京広域圏 中部日本放送 2011年10月12日 - 2012年3月28日 水曜 26:30 - 27:00
日本全域 AT-X 2011年10月13日 - 2012年3月29日 木曜 11:00 - 11:30 CS放送 リピート放送あり
ニコニコチャンネル 木曜 24:30 更新 ネット配信 1週間限定無料配信
BS11 2011年10月14日 - 2012年3月30日 金曜 24:30 - 25:00 BS放送 ANIME+』枠

劇場版[編集]

原作I巻のストーリーを再構成し、テレビアニメ版とは違う形でシャナと悠二の出会い、そして“狩人”フリアグネ、マリアンヌらとの戦いを描く。なお、キャストおよび製作スタッフは、ほぼテレビシリーズと同じ。

劇場公開前に公開直前スペシャルと一般公開終了後に劇場未使用シーンが追加された、ディレクターズカット版DVDが発売された。また、第2期テレビアニメの先行プロモーション映像を収録した特典ディスクが付属した。

2007年4月21日より、『キノの旅』や『いぬかみっ!』との3本立て同時上映イベント『電撃文庫ムービーフェスティバル』の1作として公開。一般上映は同年8月31日に終了したが、同年10月13日には『角川アニメフェスティバル』の1作としてTOHOシネマズ六本木ヒルズにて特別上映された。さらに、同年11月24日11月25日には『電撃15年祭』の一環『電撃文庫ムービーフェスティバル』としてシネプレックス幕張にて特別上映された。

公開会場では公開3作の記念文庫・電撃劇場文庫が販売され、本作からは『灼眼のシャナM』が限定販売された。

劇場版キャラクター
以下は劇場版に登場するキャラおよび担当声優。
スタッフ
主題歌「天壌を翔る者たち
作詞 - KOTOKO / 作曲・編曲 - 高瀬一矢 / 歌 - I've special unit Love Planet Five(KOTOKO、川田まみ、島みやえい子MELL詩月カオリ
挿入歌「赤い涙
作詞・歌 - 川田まみ / 作曲・編曲 - 中沢伴行

『しゃくがんのシャナたん』シリーズ[編集]

一部のキャラクターをちびキャラ化して繰り広げる公式パロディ作品(番外編を元にアニメ版のDVD特典から派生したシリーズ)。

シャナたんヘカテーたんについては、灼眼のシャナの登場人物も参照。

主な内容は本編の各シーンをパロディ化したものだが、シリーズを重ねるにつれて、出演声優や他作品(ライトノベル、アニメ、テレビドラマなど)に関するネタ、アドリブ等々が含まれるようになった。

『しゃくがんのシャナたん』 シリーズ
タイトル 収録
しゃくがんのシャナたん アニメ『灼眼のシャナ』DVD 第1巻 予約特典「灼眼のシャナ DVDまがじん1 -メロンパンはカリもふがいちばん!-」
しゃくがんのシャナたん りたーんず アニメ『灼眼のシャナ』DVD 第5巻 予約特典「灼眼のシャナ DVDまがじん2 -カリもふこそがメロンパン!!-」
頂のヘカテーたん 電撃文庫公式解読本「アニメ『灼眼のシャナ』ノ全テ」
初回限定版付属DVD「『灼眼のシャナ』DVDまがじんα 〜メロンパンよ、カリもふを抱け!〜」
灼眼のシャナたん -劇場公開直前編- OVA『灼眼のシャナSP』収録「劇場版『灼眼のシャナ』公開直前スペシャル!」
バンジョウのカルメルさん 劇場版上映の際に公開
灼眼のシャナたん@劇場版Ver DVD『劇場版 灼眼のシャナ -ディレクターズカット-』初回限定版特典「映像特典Disc」
しゃくがんのシャナたん びぎんず アニメ『灼眼のシャナII(Second)』DVD 第1巻 初回限定版特典「灼眼のシャナII スペシャルディスクI」
しゃくがんのシャナたん&吉田 -近衛史菜の逆襲- アニメ『灼眼のシャナII(Second)』DVD 第5巻 初回限定版特典「灼眼のシャナII スペシャルディスクII」
灼眼のシャナたん リベンジ 電撃文庫公式解読本「アニメ『灼眼のシャナII』ノ全テ」
初回限定版付属DVD「『灼眼のシャナ』DVDまがじんβ 〜すべてはメロンパンと共に〜」
灼眼のシャナたんG[注 5] OVA『灼眼のシャナS』第I巻(Blu-rayおよびDVD特典)
灼眼のシャナたん2dos OVA『灼眼のシャナS』第II巻(Blu-rayおよびDVD特典)
灼眼のシャナたん3tri- OVA『灼眼のシャナS』第III巻(Blu-rayおよびDVD特典)
灼眼のシャナたんFRONTIER OVA『灼眼のシャナS』第IV巻(Blu-rayおよびDVD特典)
灼眼のシャナたん ふぁいなるですとらくしょん 『灼眼のシャナIII-FINAL-』第2巻 初回限定版特典
灼眼のシャナたん ふぁいなるですとらくしょん2 『灼眼のシャナIII-FINAL-』第6巻 初回限定版特典

他に、上記のシリーズと同系統のパロディとして漫画『灼眼のシャナ』の作画担当である笹倉綾人による「漫画版@灼眼のしゃなたん」(漫画版灼眼のシャナ2・4巻収録)『漫画版@頂のへかてーたん』(アニメ灼眼のシャナの全テ収録)などの4コマ漫画もある。

また、同じ電撃文庫原作・J.C.STAFF製作の『とある魔術の禁書目録』でもアニメ版のDVD特典として収録された「とある魔術の禁書目録たん」は本シリーズと同じようなものとなっている。当の「とある魔術の禁書目録たん」において、登場キャラクターが「こういうのどっかで見たことある」、「出版社と制作会社が同じだから」という会話(解説)をし、モノマネに乗じて「詳細は『灼眼○シャナ』DVDを…」という注釈が入れられている。その後、発表された「灼眼のシャナたん りべんじ」では、逆に「とある魔術の禁書目録たん」のキャラクターが登場し、シャナたんと言い争いをする場面がある。さらにりべんじの後に発表された「とある魔術の禁書目録たん3」では同作登場のキャラであるアニェーゼがちびキャラ化し本作を髣髴とさせる発言[注 6]を行っている。

『フリアグネ&マリアンヌのなぜなにシャナ!なんでも質問箱!』[編集]

フリアグネ&マリアンヌによる用語解説コーナー。小説第0巻「灼眼のシャナ狩人のフリアグネなんでも質問箱」が元となり、DVDの映像特典のほか「DVDまがじん」や「アニメ『灼眼のシャナ』ノ全テ」にも収録、OVA版マリアンヌのJ.C.STAFF探訪ではマリアンヌ人形が出演している。途中、教授やドミノらが、乱入してくる場面がある。

なお、先述した『とある魔術の禁書目録』のパロディ作品「とある魔術のいんでっくすたん」にて、このコーナーが引用された。解説には本作出演声優も参加。

収録巻 項目
なぜなにシャナ!なんでも質問箱!
第1期第1巻 (フレイムヘイズ)
第1期第2巻 (トーチ/宝具)
第1期第3巻 封絶と自在法編
第1期第4巻 燐子と神器編
第1期第5巻 愛と目的編
第1期第6巻 調律師編
第1期第7巻 仮装舞踏会編
第1期第8巻 存在の泉と顕現編
なぜなにシャナ!なんでも質問箱!SP
DVDまがじん1 (天壌の劫火)
DVDまがじん2 すぺしゃる
DVDまがじんα 重箱の隅編
なぜなにシャナ!特別編
OVA SP マリアンヌのJ.C.STAFF探訪
なぜなにシャナ!なんでも質問箱!
第2期第1巻 第1回「メア」編
第2期第2巻 第2回「戒禁」編
第2期第3巻 第3回「アウトロー」編
第2期第4巻 第4回「銀」編
第2期第5巻 第5回「"彩飄"フィレス」「風の転輪」
第2期第6巻 第6回『ヒラルダ』
第2期第7巻 第7回『“壊刃”サブラク』
第2期第8巻 第8回『敖の立像』

CD[編集]

ドラマCDは灼眼のシャナ#ドラマCDを参照のこと。

主題歌CD[編集]

緋色の空』(川田まみ)
2005年11月5日発売。「緋色の空」を収録。
夜明け生まれ来る少女』(高橋洋子)
2005年10月26日発売。「夜明け生まれ来る少女」を収録。
being』(KOTOKO)
2006年3月23日発売。「being」を収録。
紅の静寂』(石田耀子)
2006年2月8日発売。「紅の静寂」を収録。
天壌を翔る者たち』(Love Planet Five)
2007年4月4日発売。「天壌を翔る者たち」を収録。
赤い涙/Beehive』(川田まみ)
2007年5月9日発売。「赤い涙」を収録。
JOINT』(川田まみ)
2007年10月31日発売。「JOINT」「triangle」を収録。
BLAZE』(KOTOKO)
2008年3月12日発売。「BLAZE」「Sociometry」を収録。
SAVIA』(川田まみ)
2008年3月26日発売。「sense」「portamento」を収録。
Prophecy』(川田まみ)
2009年11月18日発売。「Prophecy」を収録。
LINKAGE』(川田まみ)
2010年3月24日発売。「All in good time」を収録。
Light My Fire』(KOTOKO)
2011年11月16日発売。「Light My Fire」を収録。
I'll believe』(ALTIMA)
2011年12月7日発売。「I'll believe」を収録。
Serment』(川田まみ)
2012年2月1日発売。「Serment」「u/n」を収録。
ONE』(ALTIMA)
2012年2月29日発売。「ONE」を収録。

サウンドトラック[編集]

『灼眼のシャナ オリジナルサウンドトラック』
2006年1月25日発売。
『劇場版 灼眼のシャナ オリジナルサウンドトラック』
2007年9月21日発売。
『灼眼のシャナII オリジナルサウンドトラック』
2008年1月25日発売。

DVD / Blu-ray[編集]

当初のDVD発売元は東芝エンタテインメントであったが、2007年6月1日に同社がショウゲートと商号変更したのに伴い、第1期テレビアニメおよびOVA特別編は「東芝エンタテインメント」と表記され、劇場版以降の作品については「ショウゲート」と表記が異なる。販売元はいずれもジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン(旧称:ジェネオンエンタテインメント)である。

2011年7月からBD-BOXが順次発売。「しゃくがんのシャナたん」をはじめとするDVD版の映像特典も多数収録されているが、声優関連映像、オーディオコメンタリーは割愛されている。

巻数・タイトル 収録話 発売日 規格品番
DVD通常版 DVD初回版 BD通常版 BD初回版
第1期『灼眼のシャナ』
〜Prelude to Shana〜 2005年9月16日 GNBA-7159
I 第1話 - 第3話 2006年1月25日 GNBA-7160
II 第4話 - 第6話 2006年2月24日 GNBA-7162 GNBA-7161
III 第7話 - 第9話 2006年3月24日 GNBA-7163
IV 第10話 - 第12話 2006年4月28日 GNBA-7164
V 第13話 - 第15話 2006年5月25日 GNBA-7165
VI 第16話 - 第18話 2006年6月23日 GNBA-7166 GNBA-7169
VII 第19話 - 第21話 2006年7月28日 GNBA-7167
VIII 第22話 - 第24話 2006年8月25日 GNBA-7168
Blu-ray BOX 第1話 - 第24話 2011年6月22日 GNXA-7061
OVA『灼眼のシャナ』
SP「恋と温泉の校外学習!」 2006年12月8日 GNBA-7351 GNBA-7350
劇場版『灼眼のシャナ』
公開直前スペシャル! 2007年4月4日 GNBA-7179
ディレクターズカット 劇場版 2007年9月21日 GNBA-7353 GNBA-7352 GNXA-7063
第2期『灼眼のシャナII(Second)』
I 第1話 - 第3話 2008年1月25日 GNBA-7551 GNBA-7550
II 第4話 - 第6話 2008年2月22日 GNBA-7552
III 第7話 - 第9話 2008年3月21日 GNBA-7553
IV 第10話 - 第12話 2008年4月25日 GNBA-7554
V 第13話 - 第15話 2008年5月23日 GNBA-7555 GNBA-7560
VI 第16話 - 第18話 2008年6月25日 GNBA-7556
VII 第19話 - 第21話 2008年7月25日 GNBA-7557
VIII 第22話 - 第24話 2008年8月29日 GNBA-7558 GNBA-7559
Blu-ray BOX 第1話 - 第24話 2011年9月22日 GNXA-7062
OVA灼眼のシャナS
I 〜リシャッフル〜 2009年10月23日 GNBA-1511 GNXA-1151
II 〜ドミサイル〜 2010年2月26日 GNBA-1512 GNXA-1152
III 〜オーバーチュア 前編〜 2010年6月25日 GNBA-1513 GNXA-1153
IV 〜オーバーチュア 後編〜 2010年9月29日 GNBA-1514 GNXA-1154
Blu-ray BOX I - IV 2014年8月27日 GNXA-1155
第3期『灼眼のシャナIII-FINAL-』
I 第1話 - 第3話 2011年12月22日 GNBA-1971 GNBA-1961 GNXA-1441 GNXA-1431
II 第4話 - 第6話 2012年1月27日 GNBA-1972 GNBA-1962 GNXA-1442 GNXA-1432
III 第7話 - 第9話 2012年2月29日 GNBA-1973 GNBA-1963 GNXA-1443 GNXA-1433
IV 第10話 - 第12話 2012年3月28日 GNBA-1974 GNBA-1964 GNXA-1444 GNXA-1434
V 第13話 - 第15話 2012年4月27日 GNBA-1975 GNBA-1965 GNXA-1445 GNXA-1435
VI 第16話 - 第18話 2012年5月30日 GNBA-1976 GNBA-1966 GNXA-1446 GNXA-1436
VII 第19話 - 第21話 2012年6月27日 GNBA-1977 GNBA-1967 GNXA-1447 GNXA-1437
VIII 第22話 - 第24話 2012年7月27日 GNBA-1978 GNBA-1968 GNXA-1448 GNXA-1438
Blu-ray BOX 第1話 - 第24話 2014年8月27日 GNXA-1439

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2011年にジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンからワーナー エンターテイメント ジャパンに移籍。
  2. ^ 次回予告では「クリスマス・イブ」となっていた。
  3. ^ この回ではヴィルヘルミナの声優が本来のキャストと異なり、誤って「川澄綾子」と表記された。
  4. ^ 第2期開始と共にMBS独自のアニメ公式サイトも開設されたが、現在は閉鎖されている。
  5. ^ 発売以前の発表では「真・しゃくがんのシャナたん(仮)」と表記された[5]
  6. ^ アニェーゼの声を演じているのがシャナ役の釘宮であるため。

出典[編集]

  1. ^ 前島賢 『セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史』 ソフトバンククリエイティブ2010年、228頁。ISBN 978-4-7973-5716-5
  2. ^ a b 公式サイト[要文献特定詳細情報]
  3. ^ 古崎康成. “灼眼のシャナIII”. テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2013年8月8日閲覧。
  4. ^ 2010.10月より『灼眼のシャナ』が再放送 サーチナ 2010年9月4日、2014年7月6日閲覧。
  5. ^ 「アニメDVDガイド」、『ヤンヤンcandy Vol.2』、徳間書店2009年、 105頁、 ISBN 978-4-19-720283-62009年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]

毎日放送 金曜1:25枠(木曜深夜)
前番組 番組名 次番組
DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
(ここまでTBS系列10局ネット)
灼眼のシャナII(Second)
マクロスF
(再びTBS系列10局ネット)