空中幼彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

空中 幼彩(くうちゅう ようさい)は、日本のゲームの原画家イラストレーターである。

来歴[編集]

30歳ごろまで清掃員として過ごし、一念発起してイラストを独学で学び、『Kanon』のトレーディングカードゲームのイラストでデビューを果たす[1]。CAGEより2002年に発売された『しっぽのきもち』で原画家デビュー。

絵柄は渡辺明夫(ぽよよん♥ろっく)の影響を強く受けており[1]、逆に『魔界天使ジブリール』シリーズでは渡辺がオープニングムービー作画を手掛けている。ペンネームが示す様に幼い女の子を描く事を得意としているが、『ジブリール』以降は巨乳系のキャラクターを描く事が多くなっている。コミックXOの表紙を描いており、最終号の表紙も担当した。

作品[編集]

イラスト[編集]

原画[編集]

以上全てフロントウイング製作のアダルトゲーム

  • ISLAND(フロントウイング、非18禁)[2]

同人活動[編集]

ぱぐぱぐまぐぅという名の同人サークルを主宰している。

出典[編集]

  1. ^ a b 『ガールズ・アヴェニュー Vol.1』、54頁、学研パブリッシング、2010年、ISBN 978-4054045071
  2. ^ ISLAND”. Frontwing. 2016年2月2日閲覧。
  3. ^ カード/常設「米連SR『ミシェア・シルキース』」。

外部リンク[編集]