ぼくたちのリメイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぼくたちのリメイク
ジャンル タイムトラベル、創作活動
小説
著者 木緒なち
イラスト えれっと
出版社 KADOKAWA
レーベル MF文庫J
刊行期間 2017年3月25日 -
巻数 既刊7巻(本編6巻、スピンオフ1巻)
漫画
原作・原案など 木緒なち、えれっと
作画 閃凡人
出版社 未定
掲載サイト 水曜日のシリウス
発表期間 2018年11月23日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル
ポータル 文学

ぼくたちのリメイク』は、木緒なちによる日本ライトノベル。イラストはえれっとが担当。KADOKAWAMF文庫Jより刊行。『このライトノベルがすごい!』2018年版では文庫部門6位、2019年版では同7位。

2018年7月には『月刊少年シリウス』のwebコミック「水曜日のシリウス」内でのコミカライズが決定し[1]、同年11月23日から連載開始。作画は閃凡人が担当。

あらすじ[編集]

2016年、28歳の橋場恭也はディレクターとして勤めていたゲーム会社が倒産してしまう。ニコニコ動画で同い年の成功したクリエイターたちを見ながら、あのとき合格していた、そのクリエイターたちと同じ芸大に入学していたらと言うことを思いながら実家に帰省する。

帰ってきた実家で過ごしていると、何故か自分も周りも2006年に戻っていることに気づく。そこで「何かを変えるため」に今度は芸大に進むことを決める。

1巻
売れないゲームメーカーに勤める橋場恭也は、計画性の無い社長に振り回されがなら、ディレクターとして、その尻拭いに追われる日々を送っていた。しかし、ある日、社長が失踪、会社も借金の担保として差し押さえられてしまい、無職となってしまう。自らと同世代のクリエイター川越京一、秋島シノ、N@NA達が躍動する姿を見て、彼らに憧れを抱きつつも、失意の内に実家に帰省すると、昔合格した芸大の合格通知が見つかる。すると、自分の周囲が2006年にタイムスリップして、自らも18歳になっている事に気付く。そして、彼は自らの人生をリメイクすべく、当時は諦めた芸大進学を決意するのだった。そこで出会った、大学寮きたやま荘の住人、鹿苑寺貫之、志野亜貴、小暮奈々子や才能溢れる河瀬川英子、個性的な火川元気郎らと共に、忙しくも充実した大学生活を送る。そんな中、大学の課題で作品を作る事になった恭也たちは、寮の同居人同士でチームきたやまを結成する。
2巻
チームきたやまに河瀬川英子が合流し、課題制作を共に行う事に。違反スレスレで上級生から撮影機材を借り、撮影していたがそのことを先輩の登美丘罫子に聞かれてしまうが、「貸し」ということで見逃してもらう。その作品の上映会での評価は上々だったが、周囲からは役者のナナコが作品の足を引っ張ったと言われてしまい、ナナコは自信を無くしてしまう。一方で、学祭の時期が近づく中、罫子が恭也の下を訪ねる。彼女はOGで有名同人ゲームを制作するサークルの代表を務めていて、恭也に製作として手伝いをして欲しいと言う。
3巻
きたやま荘の住人にして、同回生の貫之の学費を稼ぐ為に、チームきたやまで同人ゲームを作る事になるが、各々が納得行くものが作れず、次第にみんなの関係性が変わって行く。
4巻
貫之は大学を去り、恭也は貫之こそが、憧れていたライターの川越京一だと知る。自らの行動で未来を変えてしまったかもしれないという激しい後悔と得体の知れない恐怖が彼を襲う中、突然、彼は11年後の2018年へと飛ぶ。そこでの恭也はシノアキと結婚して、一児を授かり、ゲーム会社の開発ディレクターとして働いていた。存在しないはずの幸せな世界を得た恭也だが、本来なら存在するはずの川越京一=鹿苑寺貫之が居ない事に気付く。調べると、彼は作家ではなく実家の病院に就職していたのだった。それどころか、秋島シノ=志野亜貴やN@NA=小暮奈々子までもが、それぞれの道を閉ざしていた。自分のリメイクが原因で未来を変えてしまった事を悔む彼は、今度は未来を変えない為に、そして本来の未来を取り戻す為に、安息の生活を捨て、再び2006年の世界へと戻るのだった。
5巻
みんなが出会ってから一年が経ち、恭也らは二回生に進級する。そんな中、恭也はスランプに陥ったシノアキの創作意欲を高める為に、後輩の斎川美乃梨に目を付ける。彼女こそがシノアキを復活させる鍵であると確信した恭也は、彼女に接近しようとするが、拒絶されてしまう。なんとか彼女の誤解は解けるも、彼女曰く自分に付きまとう二回生がいるらしく、恭也らが協力して事件を解決する事に。一方で恭也は九路田という同回生と知り合う。同じ制作担当として意気投合する二人だったが、美乃梨の事件を調査する内に彼の持つ闇に触れていく。そんな中、二回目の課題制作が課せられるが、シノアキは未だスランプから脱出切れていなかった。
6巻
大学を去った貫之をもう一度戻すために、恭也とナナコは彼の実家がある川越に向かう事に。一度は貫之に面会することができるが、彼の決意は固く、恭也たちの提案を断る。諦められない二人は喫茶店で偶然出会った川越観光協会の会長と名乗る男性と共に貫之の育った川越を観光することになる。観光していく中で貫之の過去を知る。


スピンオフ「ぼくたちのリメイク ver,β」[編集]

本編一巻で、主人公橋場恭也が10年前に戻ることがなかった世界でもう一度奮闘する話。本編通り、勤めていたゲーム会社が倒産している。また、登場人物や背景は本編で語られている通りである。

あらすじ[編集]

橋場恭也(はしば きょうや)は勤めていたゲーム会社が倒産し、大学時代の友人、早川の家に居候しながら就活を続けていた。恭也は能力的には問題ないが、職歴がネックとなり、就活で連戦連敗を重ねる。居候してから3週間が経過したある日、早川から自らの勤める広告会社に来ないかと誘いを受ける。条件的にも給料的にも恭也にとってはこれ以上ない話で、当に渡りに船だったが、自分のやりたいことであるエンタメ業界への未練を捨てきれず、居候の期限である1ヶ月までの残り1週間だけ待って欲しいと切り出す。期限まで残り6日となったある日の帰り道、駅へ向かう途中に渡る橋の上で、一人、無言のまま景色の一点のみをただ見つめる女性に気が付く。悪い予感のした恭也はその女性を放っておけず、声を掛けようとした所、女性が靴を脱ぎ始めたのを見て、投身自殺だと確信した恭也は脇目も振らずにその女性の元へ駆け出して飛びついたが、彼女は自殺しようとした訳では無く、恭也の勘違いで、2人は話をするために一先ず、ファストフード店へ。彼女の名前は河瀬川(かせがわ)といい、ゲーム業界で働いているのだという。そして、彼女の提案で、恭也は彼女が今担当している企画の愚痴を聞くことに。その話の改善点に気付いた恭也は彼女に自身が前職で築き上げた知識を活かして、助言をし、彼女に感謝される。その2日後、期限が残り4日と迫る中、恭也の携帯電話の下に1件の着信が届く。その電話の主は先日、会った河瀬川で、彼女は業界大手のサクシードソフトの第2開発部部長であり、面接を受けて欲しいという趣旨の内容だった。後日、面接を受けに向かうも、彼が案内されたのは、地下の物置小屋や電気室が並ぶ中で見逃してしまいそうな第13開発部というプレートが掛けられた部屋だった。そこは社内では”処刑部屋”と蔑められる、庶務雑用を行う、所謂窓際部署だった。恭也は頼りなさそうな部長の堀井一久(ほりい かずひさ)、常に楽することを考えている茶髪の主任で副部長的ポジションの宮本寛司(みやもと かんじ)、経理出身で仕事へのやる気がなく、定時出社、定時退社がポリシーの小島三友(こじま みゆ)、熱意はあるが、ドジな桜井理都子(さくらい りつこ)らの面々と共に働くことになる。そんな中、桜井がゲーム作りをしたいと思っていること、表向きはどの開発部も企画を提出することができること、そしてその桜井が企画案を一人考えていることを知り、恭也は自分たちもゲームを作ろうと決意する。手始めに業務内容の効率化を図り、ゲーム開発のための時間確保を行い、毎週金曜日は定例で企画会議を行うと宣言する。恭也はこのことを河瀬川に相談しようと声をかけると河瀬川から、週末に2人で出かけないかと誘われる。そして当日、恭也はなぜか河瀬川から買い物に付き合ってほしいとお願いされ、河瀬川の服を恭也が選ぶことになる。その後昼食を取りながら、個人的な会話をする2人。河瀬川は映画が好きで、その道に進みたかったが才能が無く諦めたのだと恭也に語り、「恭也みたいな同級生がいれば、色々変わったかもしれない」と笑うのだった。その帰り、駅中の通路で河瀬川の手掛けるサクシードソフトの次回作の広告を見つける。そこに描かれたイラストに魅了される恭也はその作者が秋島シノだと気付き、それと同時に自分と河瀬川との距離を自覚し、自分たちも頑張ろうと心に誓う。しかし、宮本を初めとする他のメンバーはゲーム作りに消極的で、こんな窓際部署にゲームなんて作れすはずがないと最初から諦めムードが漂っていた。それでも恭也と桜井は以前に却下された案の中から、恭也が面白いと感じたものを基に新たな企画案を考えだし、恭也と桜井は初めてとなる定例の企画会議で自分たちの企画を開発部のメンバーにプレゼンする。桜井の考えた企画案は概ね好評だったが、宮本から「一度却下された案は受け入れない」という会社の暗黙の方針を告げられ、企画は白紙に戻り、桜井はもう一度作り直すと決意を新たにするのだった。その夜、企画が通らなかった悔しさから、恭也と桜井の2人は飲みに行き、その帰り道で酔い潰れた桜井を介抱するために立ち寄った公園で一服する会社員たちが自分たち第13開発部の統廃合の噂を話しているのを耳にする。橋場は思い切って、部員の面々を喫茶店に呼び出し、例の噂話を部内のメンバーに打ち明けて、企画が通れば挽回できると奮起を促そうとするが、それを知った宮本や小島はもう転職をするといい出し、宮本は桜井に「企画ごっこはお終いだ」と言い放つ。それを聞いた恭也は黙っていられずに堪らず「本気で仕事に取り組んだこととか、ないんですか!」と言い返すと、普段は無気力な宮本が珍しく店内に響く程の大声で反応するのだった。そして宮本が「本気なんて、一瞬で覆される」という言葉を残して、そのまま店を出ると、小島も「そんなことをするぐらいなら自分のために行動したほうが良い」と同じように席を外した。店内に残された恭也、桜井、部長の3人、そこで意外にも部長が「部のことを考えないといけない」と前向きな姿勢を見せる。その日の夜、恭也は早川に統廃合の話を相談する。すると、早川は「うちの会社に来ないか」と再度オファーをする。しかし、恭也は「もう少し足掻いてみるよ」とその話を断り、問題解決の糸口を早川と共に探す。そこで、社内が役員ら保守派と社長の息子にして、常務取締役である茉平康(まつひら こう)の率いる急進派の2つに分かれており、実績を出している常務に取り入れば、残れるかもしれないと思いつく。後日、恭也は加瀬川を呼び出して、統廃合の件を相談し、”あること”をお願いをする。このままでは終われない恭也と桜井、そして部長を加えた3人は打開策を考えていた。その中で部長がモデルガンをペットボトルに撃ち始める。何をやっているのかわからない2人を尻目に、部長は「昔は2人と銃やゲームの話を良くしたものだ」と、宮本と小島の2人の過去について話し始める。宮本は元々、ゲーム原作の漫画が面白くないとその改革を志して入社し、他の開発部でそのクオリティアップに貢献した有望な社員だった。その功績が認められ、すぐさま昇格、部下からも信頼され、順風満帆な生活を送っていた。しかし、彼に自分の地位が脅かされると疎ましく思っていた彼の上司の策略によって、宮本は主力の企画から外され、部下もいない部署に転属になる事実上の左遷に遭う。また、小島も元々はプログラマーで、会社の経理ソフトのプログラミングを作り上げ、作業効率に多大な貢献をした。しかし、彼女によって経理ソフトの裏取引をしていた彼の上司は立場を失い、彼女は社内で干されてしまった。そうして心に傷を負った2人を誘い、堀井が作ったのが、今の第13開発部だった。「会社は群れで動く生き物だから、はみ出たらどんなに優秀でも行き場を失う」のだと言う部長の言葉に恭也は胸が締め付けられる思いになり、2人のためにも絶対に企画を成功させなければと思い直す。そんな中、モデルガンでペットボトルの的を撃っていた部長が何気に発した「数を打たなきゃ、当たらないな」という言葉と桜井が書き溜めた企画書から、恭也は秘策を思いつく。そして、次の金曜日、定例で企画会議で恭也は宮本に先日の喫茶店でのことを謝罪するとともに、新たに企画した新案を見せる。取り敢えず話だけでも聞いてほしいという恭也に対し、小島も「面白そう」と椅子に腰を下ろす。桜井の考えた新案を面白いと感じた宮本だが、「俺は頑張ったお前たちに何もしてやれない」と自分から席を立とうとする。それに続いて小島も「役に立てそうにない」と部屋を出ていこうとする。そんな2人に恭也は逃げずに協力して欲しい」と部長から聞いた過去を話し始め、改めて力を借して欲しいと2人に問う。「悪いな」と宮本部屋を退出するが、小島の協力を取り付けることに成功する。時同じくして、茉平常務と河瀬川は会話をしていた。そこで、河瀬川は恭也から頼まれていた”あること”を常務に相談する。”あること”とは第13開発部の企画プレゼンの場を設けることだった。常務はその件を快く引き受ける。企画会議を重ねて、いよいよプレゼン当日の朝を迎える。いつもよりも余裕を持って出社すると、そこには既に宮本を除く第13開発部メンバー全員が集合していた。サクシードソフト本社ビル22階、会場である会議室の雰囲気に緊張する面々、重役が会議室に入室し始め、常務の茉平の入室を最後に会議が始まる。準備の甲斐もあって、無事に役員の質疑応答を乗り切ったかと思いきや、最後に常務が素晴らしい案だと褒め始めた。その意図を計りかねていると、続けて「なぜこうした案が、他の部署から提案されなかったのか」と役員達の非難を始める。そのことを皮切りに、穏やかだったムードが感情的な応酬に変わってしまい、最終的にはこの企画を他の部署で引き受けるというとんでもない話にまで発展してしまう。このままではいけないと恭也が口を開こうとした瞬間、他の誰かから「それじゃあ、何も変わらないでしょ!」という叫びが聞こえる。その声の主は桜井だった。その発言に会場は静まり返る。そこで恭也はこれまで、この会社に勤めて感じたことを話し始める。しかし、役員達は恭也の発言に激怒し、部長の堀井に矛先を向ける。いつもは頼りない部長だが、この時は態度を豹変させて、役員達に反論する。元凶である常務は反省するべきは重役達の態度だとして、役員達の発言を一蹴する。その場を仕切り直すように、常務はこの企画はただ面白いだけで実績がないと告げる。痛い点を付かれ、万事休すかとメンバー誰もが思った時、会議室に大きな声が響く。そこには協力に応じなかった宮本の姿があった。そして彼は1枚のSDカードをパソコンに挿し、プレゼンを始める。パネルには、彼がこれまで手掛けてきた漫画家や有名ライトノベル作家の名前が、書かれていた。彼は諦めてなどいなく、その作家達の協力を取り付けていたのだった。常務の反応を伺うと彼は納得したかのように頷きながら「この企画は預かりにする」といい、そのまま静かに会議室を退出した。プレゼンが成功に終わり、第13開発部のメンバー達は輪になって喜びを分かち合う。恭也は安堵感を覚え、この場をセッティングしてくれた河瀬川にお礼を言おうと彼女の方に目を向けると、この女は、物憂しげに部屋を退出してしまった。サクシードソフト本社地下1階、雑居ビルの様な部屋には第13開発部というプレートが掛けられ、いつものようにクレームの電話対応に追われる恭也らの姿があった。しかし、これまでとは違い、そこには活気が満ちあふれていた。彼らはプレゼンを成功させ、開発部として新規に事業を動かしている。そんな中、恭也の下に内線が届く。それは河瀬川からで、昼休みが26階に来て欲しいとのことだった。その階数を聞いて、恭也は嫌な予感がした。26階は常務室だったからだ。ひとまず、人と合う予定があったので、貴重品をとって部屋をでる。指定された店に入るとそこには既に待ち人がいた。彼が約束していた人物は居候していた友人の早川だった。彼は恭也にどうしても伝えたいことがあって連絡したのだという。早川が以前に一緒に仕事したゲーム会社の広報担当とつい先日会った時に茉平常務について聞いてみると、「その話はもうしないでくれ」と青ざめた顔をして拒否されたのだという。その他にも常務の関わった案件には妙なことがあるといい、恭也に「常務には気を付けろよ」と忠告するのだった。会社に戻ると、丁度昼休みの終わりを告げるチャイムがなった。約束の通り、指定された26階に向かうと、そこには河瀬川が待ち構えていた。そして、ゲームが好きという気持ちを忘れないでとつげ、恭也を中に通す。そこで恭也は常務から第2開発部副部長への昇進と、先日の企画の白紙化を告げられる。

登場人物[編集]

橋場 恭也(はしば きょうや)
本作の主人公。大学の寮である、きたやま荘の住人。初登場時の2016年では28歳で、2006年に戻り18歳となり、当時諦めた芸大への進学を決める。美術研究サークルに所属する。4巻では、12年後の2018年へとタイムトリップし、株式会社アトラクションポイントの開発部ディレクターとして、本来なら掴まえなかった生活を送る事になる。その世界では、シノアキと結婚して、娘の真貴を持つ、一児の父親でもある。しかし、本来の未来を取り戻すべく、別れを告げ、再び2006年の世界へ戻る。
志野 亜貴(しの あき)
きたやま荘の住人。小柄にも関わらず、胸が大きい。通称シノアキ。おっとりしていて、お母さん気質がある。絵を描く事が好き。恭也と同じく。美術研究サークルに所属する。偶然、恭也が彼女の部屋に入った時、彼女の描いた絵を見て、シノアキが恭也の憧れたイラストレーター、秋島シノだと気付く。恭也に少なからず好意を抱いている。2018年の世界では、恭也と結婚して、一児の母となるが、絵を描く事は辞めていた。
小暮 奈々子(こぐれ ななこ)
きたやま荘の住人。通称ナナコ。外見はギャル寄りだが、少し素朴。役者志望として振舞っているが、本当は歌手になりたいと思っているものの、自分の才能を信じきれずにいた。恭也と同じバイト先。バイト帰りに恭也をカラオケに誘い、恭也はその際にナナコが自らが憧れたクリエイターの一人であるN@NAであると気付く。2018年の世界では、ニコニコの配信を辞めていた。
鹿苑寺 貫之(ろくおんじ つらゆき)
きたやま荘の住人。見た目は不真面目だが、シナリオの授業では才能の片鱗を見せる。三巻で許嫁が居ることが判明。実家は川越で病院を複数経営しており、彼も医者になる事を強いられ、私立大医学部に合格したものの、実質勘当同然で家を飛び出して、芸大に入学してきた。その為、バイトを複数掛け持ちして、学費捻出していたが、体にガタが来て、学業に支障をきたす様になる。恭也の提案で同人ゲームを製作して、学費を稼ぐ事になるが、その事で自分は恭也には敵わないと、自らの才能に見切りをつけて、大学を去る。その時、恭也に自身がデビューしたら使おうと思っていたペンネームを伝え、その事で恭也は貫之が自らの憧れたクリエイターの一人である川越京一だと気付く。
河瀬川 英子 (かわせがわ えいこ)
恭也たちの同回生。思った事ははっきりと言う性格。ものづくりに対する熱意と才能はピカイチで、しばしば恭也の相談相手となる。2018年の世界では、恭也の同僚となり、企画開発のリーダーとして働く。
火川 元気郎
恭也の友人。忍者サークルに所属。美少女ゲームを嗜んでいる。

既刊一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]