ブシロードグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブシロードグループ
日本の企業グループ
Bushiroad Logo.svg
中核企業 株式会社ブシロード
連結子会社数 12社[1]
代表者 木谷高明
関連会社の多くが本社を構える住友中野坂上ビル

ブシロードグループは、株式会社ブシロードを中心とした企業グループである。2022年7月現在のグループ会社数はブシロードを含め13社(及びブシロード持分適用関連会社3社)となっている[1]

概要[編集]

グループ全体(持分法適用関連会社含む)で展開している事業は、カードゲーム事業を筆頭に、アニメ製作出資、スマートフォンゲーム配信・運営、広告代理店、書籍、音響・インターネットラジオ、映像(実写・アニメ)、映画配給[注 1]、キャラクターグッズ、プライズ、音楽、声優マネージメント、プロレス、ミュージカル、フィットネスクラブなど、エンターテイメントジャンルを中心に多岐に渡る。

このグループ構成から、メディアミックス展開の多くを自前で賄うことが可能となっており、『IPディベロッパー』と称している。特に探偵オペラ ミルキィホームズシリーズBanG Dream!D4DJなどにおいては、原案・企画から、コミカライズ・主演声優のマネジメント・関連ライブイベントの企画主催・音楽制作・コンシューマゲーム企画販売・スマートフォンゲーム企画配信・カードゲーム企画販売・グッズ企画販売・実写テレビ番組制作・ラジオ番組制作・劇場版配給に至るまで広範囲を半独占的に行っている(ただし上記の一部は、ポニーキャニオンなどグループ外の大手企業などと共同名義で制作しているものもある)。特にD4DJについては、アニメ版について製作委員会方式を取らずに単独製作とし、世界展開の一部までも自前で行っている。

2019年のグループ全体におけるIPの売り上げトップ3は、BanG Dream!プロジェクト、新日本プロレス(≠新日本プロレスリング株式会社)、カードファイト!! ヴァンガードであり、各40億円を超えている。これらのIPのうち、いずれかで100億円にするのが目標となっている[2][3]

2021年時点のIP売上トップ3(40億円超)は、BanG Dream!、ヴァイスシュヴァルツ、カードファイト!! ヴァンガードとなっている。以降、新日本プロレス、D4DJ、ラブライブ!(他社IP)、アサルトリリィ(他社IP)、戦姫絶唱シンフォギア(他社IP)が続く[4]

略歴[編集]

2007年5月18日株式会社ブロッコリー創業者で元社長の木谷高明が、カードゲームを開発・販売する目的で株式会社ブシロードを設立。

2009年3月6日にスピンアウトカンパニーとして、初のグループ企業である株式会社響(初代。現・株式会社ブシロードメディア)を設立。インターネットラジオ事業及びタレントマネージメント事業に参入する。

2010年11月には、初の海外法人となるシンガポール現地法人Bushiroad South East Asia Pte., Ltd.(現・Bushiroad International Pte. Ltd. )を設立、シンガポール国内のみならず、ブシロードの海外事業全般を統括する役割を担っている。更に2014年8月からは木谷が駐在して直接指揮を行っており、ブシロードグループにとって重要なグローバル拠点となっている。

2011年12月27日、木谷の資産管理会社にして、株式会社ブシロードの株式を100%保有していた有限会社ナカ企画が、株式会社ブシロードグループパブリッシング(以下、ブシロードGP)に商号を変更、名実ともに同社を純粋持株会社とし、株式会社ブシロードを中核事業会社とする体制となった。

2012年1月31日、ブシロードGPが新日本プロレスリング株式会社を買収、また同年7月には同社と共同でブシロードクラブを設立しレスリング選手の育成を行っている。

同社5月、アメリカ合衆国現地法人Bushiroad USA Inc.を設立。

同社10月1日、株式会社響ミュージック(現・株式会社ブシロードミュージック)を設立、音楽事業に参入。

2013年6月1日、広告代理店事業本格展開に伴い、株式会社響を株式会社ブシロードメディアに商号変更。

同年、ブシロードGPを株式会社ブシロードが吸収合併、株式会社ブシロードが事業持株会社となる。

2014年10月、ドイツ現地法人Bushiroad Europe GmbHを設立。

2016年5月、株式会社アルカードを買収し、株式会社ブシロードクリエイティブとして、グループ入り。

同年8月、キックボクシング興行を立ち上げるため、株式会社キックスロードを設立。

同年9月29日、株式会社響(2代目。現・株式会社ブシロードムーブ)を設立、グループ10社体制となる。

2017年10月20日、代表の木谷が、株式会社ブシロードの社長及び代表権を返上、株式会社ブシロード取締役デジタルコンテンツ部本部長・広報宣伝部部長 兼 株式会社ブシロードミュージック代表取締役社長に就任(株主総会での承認)[5]。ブシロードの新しい代表は、橋本義賢。

2019年7月、株式会社KADOKAWA株式会社キネマシトラスの間でアニメーション制作に関する包括的業務提携を締結。

同年10月、株式会社ソプラティコの株式の一部を取得し、同子会社株式会社劇団飛行船と資本業務提携。

同年12月、スターダム興行権を買収し、株式会社キックスロードを株式会社ブシロードファイトに商号変更。また、株式会社キネマシトラスを持分法適用関連会社化。

2020年2月、株式会社響を株式会社ブシロードムーブに商号変更の上、同社に株式会社ブシロードメディアの広告代理店事業を承継。また、株式会社ソプラティコの全株式を取得し、同社及び株式会社劇団飛行船を完全子会社化。

同年4月、株式会社ブシロードミュージックより、音楽著作権管理事業を会社分割し、株式会社ブシロードミュージック・パブリッシングを設立、同時に新社の株式を株式会社ブシロードミュージックから株式会社ブシロードへ移管。

同年6月19日、株式会社ブシロードの代表取締役社長の橋本はそのままに、木谷が新たに代表取締役会長へ就任[6]

同年9月1日、株式会社ソーシャルインフォの全株式を取得し、連結子会社化[7]

2021年4月1日付で、株式会社フロントウイングラボの発行済株式50.625%を取得し、連結子会社化[8]

主要グループ企業と担当部門[編集]

株式会社ブシロード 戦略と事業体系図及び株式会社ブシロード グループ会社を元に作成。独立記事が無い企業についてはここに事業の概要も記載する(記事がある企業はリンク先を参照)。 2022年8月12日発表、中期経営計画に基づき最新化[9]

日本のグループ企業は、多くが本社事務所を住友中野坂上ビルに置いている。

エンターテイメント事業[編集]

株式会社ブシロード[編集]

(グループ中核・事業持株会社
  • TCG(トレーディングカードゲーム)ユニット
  • デジタルコンテンツユニット
    • スマートフォンアプリゲームブランド「ブシモ」など
  • IPの企画・開発・プロデュース

株式会社ブシロードクリエイティブ[編集]

株式会社ブシロードクリエイティブ
Bushiroad Creative
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
164-0011
東京都中野区中央1-38-1
住友中野坂上ビル1階
設立 2015年2月27日(株式会社アルカード)
業種 サービス業
事業内容 グッズの企画・製造・販売
代表者 代表取締役社長 成田耕祐(株式会社ブシロード 執行役員 MD、営業担当)
資本金 4,900万円
純利益 ▲2335万4000円
(2021年06月30日時点)[10]
総資産 6億6593万5000円
(2021年06月30日時点)[10]
主要株主 株式会社ブシロード
外部リンク https://bushiroad-creative.com/
テンプレートを表示
  • MD(マーチャンダイジング)ユニット
    • MD事業(グッズの企画、開発、発売)
      • ECサイト「Bushiroad Online Store」(2021年8月5日開設)
      • カプセルトイ
        渡辺直美コレクションフィギュア」「コレジャナイ寿司」など、カプセルトイ自動販売機向けグッズ。現在は「TAMA-KYU(たまきゅう)」ブランドで展開。
      • キャラクターグッズ
        「ラバQ」など
      • グッズ販売イベントの企画、運営
      • (廃業)Vtuberプロダクション「いろどり芸能郵便社」
    • 出版編集事業
      • 書籍の編集出版
略歴
  • 2015年2月27日にブシロード商品専門の卸売業・株式会社アルカードとして、埼玉県蕨市に設立。
  • 2016年5月にブシロードが資本参加。
  • 2016年8月に現商号となり、本社を住友中野坂上ビル1階に移転。
  • 2016年秋より、マーチャンダイズ事業を本格展開開始。
  • 2018年10月頃(正確な日付不明)に資本金を900万円から4,900万円に増資。
  • 2021年7月、ブシロードより、従来よりブシロード直轄だったMD事業(ライブグッズ、イベント・ライブ会場での物販業務など)を吸収分割で承継。
  • 2022年7月、ブシロードメディアを吸収合併[11]

株式会社ブシロードムーブ[編集]

  • アドユニット
    • 広告代理店
      • コンテンツ企画製作
      • エンタテインメントの宣伝協力事業
    • イベント制作
    • 音響・映像制作
      • 音響制作
        音響制作スタジオ貸出
        インターネットラジオ等
      • テレビ等映像制作
        月刊ブシロードTV」など
    • 声優事務所「響」
    • クレジットカード「ブシロードカード」

株式会社ゲームビズ[編集]

  • アドユニット
    • 情報サイトの運営
      • コンピュータゲーム情報サイト「gamebiz」(旧「Social Game Info」)
      • アニメニュースサイト「Anime Recorder」
    • 広告代理業

株式会社フロントウイングラボ[編集]

株式会社フロントウイングラボ
Frontwing Lab. Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
102-0073
東京都千代田区九段北1-15-14 5F
設立 2018年9月10日
業種 サービス業
事業内容 アニメーションの企画/プロデュース事業
家庭用ゲーム・ソーシャルゲームの企画/開発/プロデユース事業
クリエイターのマネージメント事業
国内コンテンツのローカライズ/翻訳事業
代表者 代表取締役社長 山川竜一郎
資本金 8,000万円
主要株主 株式会社ブシロード
山川竜一郎
外部リンク https://lab.frontwing.co.jp/company/index.html
テンプレートを表示
  • デジタルコンテンツユニット
    • アニメーションの企画・プロデュース事業
  • 略歴
    • 2018年9月10日 - アダルトゲーム開発等を行うフロントウイングの関係会社として、アニメやゲームを企画する会社として設立
    • 2019年3月14日 - アニメ映画「グリザイア:ファントムトリガー」の公開にあたり、ブシロードと業務提携[12]
    • 2020年11月26日 - ブシモよりスマートフォンゲーム「グリザイア クロノスリベリオン」リリース(2021年8月31日サービス終了)
    • 2021年4月1日 - ブシロードの連結子会社化
    • 2021年7月 - アニメ「ぼくたちのリメイク」を“フロントウイング”の名でプロデュース

株式会社ブシロードミュージック[編集]

  • ライブエンタメユニット
    • 音楽コンテンツの企画、制作、管理
    • ライブやイベントの制作、運営

株式会社ブシロードミュージック・パブリッシング[編集]

株式会社ブシロードミュージック・パブリッシング
Bushiroad Music Publishing Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
164-0011
東京都中野区中央1丁目38-1
住友中野坂上ビル 
設立 2020年4月1日
業種 サービス業
事業内容 音楽著作物の著作権に関する管理
音楽著作物の利用の開発
楽譜の出版
代表者 代表取締役社長 森川浩
資本金 900万円
主要株主 株式会社ブシロード
外部リンク https://bushiroad-mp.com/
テンプレートを表示
  • ライブエンタメユニット
    • 音楽著作物の著作権に関する管理
    • 音楽著作物の利用の開発
    • 楽譜の出版

株式会社劇団飛行船[編集]

  • ライブエンタメユニット
    • マスクプレイミュージカルの企画・制作・公演事業等。
    • また、ブシロードグループ入り前の2016年に2.5次元ミュージカルの上映などを行う映劇株式会社を合併しており、「映劇ライヴエンタテイメント」というサブブランドとして継承している。
  • 親会社であるソプラティコ(現ブシロードウェルビー)の一部株式取得により、2019年10月1日付で資本業務提携を締結[13]
    • 更に2020年2月3日付で、ソプラティコの全株式を取得したことにより、完全子会社化(孫会社)・ブシロードグループ入り[14]

株式会社アルゴナビス[編集]

  • TCGユニット
    • IP「from ARGONAVIS」の運営
  • 2022年2月1日付で、ブシロード及びブシロードミュージックより共同新設分割方式によって、両社が担っているメディアミックスプロジェクト「from ARGONAVIS」(旧ARGONAVIS from BanG Dream!)に関わる業務を分社化する形で設立[15]、更に翌2月2日付でブシロードミュージックに割り当てられる新社の株式を株式会社ブシロードに現物配当し、ブシロード直接保有100%完全子会社とした[16]

スポーツ&ヘルスケア事業[編集]

新日本プロレスリング株式会社[編集]

  • スポーツ&ヘルスケアユニット
    • 興行
    • MD
      • グッズの企画、販売
    • コンテンツ
      • 映像コンテンツの制作、配信
      • ファンクラブの運営

株式会社ブシロードファイト[編集]

株式会社ブシロードファイト
BushiroadFight
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
164-0012
東京都中野区中央1丁目38-1
住友中野坂上ビル 
設立 2016年8月1日
業種 サービス業
事業内容 スポーツ興行の企画・制作・プロデュース
代表者 代表取締役社長 原田克彦(前新日本プロレスリング社長)
資本金 1億円
主要株主 株式会社ブシロード
テンプレートを表示
  • スポーツ&ヘルスケアユニット
    • 興行
      • 女子プロレスリングの興行
    • MD
      • グッズの企画、販売
    • コンテンツ
      • 映像コンテンツの制作、配信

略歴

  • 2016年8月1日 - キックボクシング「KNOCK OUT」興行新規開催の為、株式会社キックスロードとして創業。
  • 2019年12月1日 - 女子プロレスリング「スターダム」興行権を買収し、株式会社ブシロードファイトに商号変更。
  • 2020年6月15日 - KNOCK OUTを株式会社Def Fellowに事業譲渡することを発表[17]

株式会社ブシロードウェルビー[編集]

株式会社ブシロードウェルビー
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
164-0012
東京都中野区中央1丁目38-1
住友中野坂上ビル
設立 2004年10月7日(株式会社ソプラティコ)
業種 サービス業
事業内容 レジャー施設計画の調査及び企画業務
レジャー施設の運営,運営受託,指導員の派遣業務
スタッフ研修教育受託業務
各種イベントに関する企画及び運営業務
レジャー施設用機器,什器販売業務
レジャー施設の施工工事,運営システム構築業務
エンターテイメントコーディネート及びスクール経営
舞台制作,出版,映像制作,舞台演出,振付に関する業務
その他、上記に関する一切の業務
代表者 代表取締役 大場隆志
資本金 1千万円
主要株主 株式会社ブシロード
主要子会社 株式会社劇団飛行船
外部リンク http://www.sopratico.com/
テンプレートを表示
  • スポーツ&ヘルスケアユニット
  • 2004年に株式会社ソプラティコとして創業し、北海道小樽市本社を置いていた
  • 2014年3月に映劇株式会社(のちの 株式会社劇団飛行船 映劇ライヴエンタテイメント)を、2015年10月には株式会社劇団飛行船を買収。
  • 関連団体として、人形劇団の公益財団法人すぎのこ芸術文化振興会(劇団すぎのこ)があり、代表の大場が代表理事を務めている[18]
  • 2021年までに運営するソプラティコ狭山(埼玉県狭山市)の敷地内に傘下の劇団飛行船、映劇ライヴエンタテイメント、劇団すぎのこの稽古場が集約されている。
  • 劇団飛行船との提携を目的として、ブシロードが2019年10月1日付で株式の14.5%を取得(元々は代表の大場隆志が全株式を保有する独立企業だった)[13]
    • 更に2020年2月3日付で、全株式を取得して、完全子会社化・ブシロードグループ入り[14]
  • 本買収は先述の通り、劇団飛行船との資本業務提携が主旨であるが、劇団飛行船の株式では無く、同親会社であるソプラティコの株式を買収することにより、ソプラティコの事業とブシロードグループ各事業と掛け合わせた業態やスタジオプログラムを開発するなどして、ライブIPセグメントの拡充を図る[14]
  • ブシロードグループとしてヘルスケア事業に本格的に進出することから、グループの一体感を高めることを目的として、2022年4月1日付で「株式会社ブシロードウェルビー」に商号変更するとともに、本社を住友中野坂上ビルに移転[19]

日本国外現地法人[編集]

  • Bushiroad International Pte. Ltd.
    • 旧商号:Bushiroad South East Asia Pte. Ltd.(2017年8月変更)
    • 代表:服部大輔
    • シンガポール現地法人としての役割に加え、ブシロード海外事業統括を担っており、連結子会社に含まれ、エンターテイメント事業BI(TCG及びデジタルコンテンツの海外展開担当)ユニットに属する。
    • 海外事業全般を統括しているからなのか詳細は不明であるが、日本国内の法人番号[注 2]を割り振られており、国内法人同様、住友中野坂上ビルに日本事務所を置いている形で申請されている。デジタルIP事業に属する。
    • TCGのグローバル版展開のほか、ゲーム「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」のグローバル版配信も担当している。
  • Bushiroad USA Inc.
    • 代表:手塚要
    • アメリカ合衆国現地法人で、持分法適用非連結子会社(議決権は100%)[20]で、エンターテイメント事業BIユニットに属する。
    • メキシコ合衆国にもオフィスがある。
  • New Japan Pro-wrestling of America, Inc.
    • 新日本プロレスリングのアメリカ合衆国現地法人とされているが、ブシロードが間接的に100%の議決権を有しているとされており[21]、ブシロード以外の資本も入っている(70%出資)新日本プロレス本体の子会社には位置していないことになる。スポーツ&ヘルスケア事業スポーツ&ヘルスケアユニットに属する。
    • 代表:大張高己

その他関連会社[編集]

ブシロード企業情報サイトのグループ会社ページには記載が無いが、ブシロードの関連会社として存在することが明らかな企業。

持分法適用会社
  • 株式会社キネマシトラス
    • アニメーション制作。2019年12月2日付で株式の31.8%を取得し持分法適用関連会社化[22]、デジタルIP事業に属する。株式会社KADOKAWAも同時に同額を出資しており、同社の持分法適用関連会社にもなっている。
    • 熱風海陸ブシロード、少女☆歌劇 レヴュースタァライト、カードファイト!! ヴァンガード overDressのアニメーション制作を担当している。
  • 株式会社リンガ・フランカ
    • 株式会社IGポートの連結子会社。電子コミック配信「マンガドア」運営。2020年6月1日付で資本提携、株式の50%を取得し、持分法適用関連会社化[23]、デジタルIP事業に属する。
    • 提携後、月刊ブシロードとの連動や、BanG Dream!のボイスコミックなどで連携している。
その他
  • 株式会社中野坂上
    • 正式にはグループ会社として含まれないが、ブシロード第二位株主で、ブシロードグループパブリッシング(ナカ企画)解散後の木谷家資産管理会社[24]であり、実質的に持株会社。

出資先[編集]

関連会社には含まれないがブシロードが出資及び提携している企業(有価証券報告書によれば情報収集を目的として少額出資している企業があるが割愛する)。

  • 株式会社サンジゲン
    • アニメーション制作会社。2019年12月20日付で株式の8.2%を取得し、資本提携[25]。BanG Dream!やD4DJのアニメーション制作を担当している。
  • 株式会社ブロッコリー
    • 先述の通り、かつて木谷が当グループ設立前に経営していた企業。
    • 2019年9月から12月にかけて、協力関係を築く事を目的として、同社株式計3.89%を取得[26]
    • 2020年11月27日付で、資本業務提携を発表[27]。2021年6月より、かつてのブロッコリーの代表的IPだった『デ・ジ・キャラット』のリブート企画(誕生24周年記念プロジェクト)「令和のデ・ジ・キャラット」共同展開を開始した。
  • SHOWROOM株式会社
    • 2022年3月1日、資本業務提携を発表、まずはスターダムの動画アーカイブのNFT化を検討する[28]
  • チームジョイ株式会社
    • 中華人民共和国発映画作品の日本での配給など。
    • 2022年4月25日、資本業務提携を発表、2022年5月31日付で第三者割当増資をブシロードが引き受ける形で行われる[29]
    • 提携前の2021年に『白蛇: 縁起』をブシロードムーブと共同配給している。

過去のグループ企業[編集]

  • 株式会社ブシロードグループパブリッシング
    • 純粋持株会社
    • 2013年、ブシロードに吸収合併され、解散[30]
  • 株式会社ファーストクリエイティブ
    • 温泉施設「狭山の湯 和の国」(埼玉県狭山市)の運営など[31]。ソプラティコ(現ブシロードウェルビー)の連結子会社であり、同社買収に伴い、劇団飛行船と共にブシロードの連結子会社にもなっていたが[32]、ごく一部の資料を除き記載は省略されていた。
    • 2020年11月1日付で、ソプラティコに吸収合併され解散[33]
  • Bushiroad Europe GmbH
    • ドイツ現地法人。
    • 2019年6月21日にリニューアルされたブシロード企業サイトから記載が消滅し、有価証券報告書には持分法適用子会社として記載され続けていた[20]が、2020年12月22日付で清算されている[34]
  • 株式会社ブシロードメディア
    • メディア部門
      • 雑誌・書籍制作
        月刊誌「月刊ブシロード」を始めとした、書籍類の出版編集
        • 商品企画制作
    • 2022年7月1日付でブシロードクリエイティブに吸収合併されて解散。

その他グループと関係性が特に深い企業[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 事業として明記されていないが、例として2016年上映の劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ 〜逆襲のミルキィホームズ〜ではポニーキャニオンと共同配給、2020年上映の少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト ロンド・ロンド・ロンドではブシロード単独配給を行っている。
  2. ^ 8700150080788
  3. ^ 都田のTwitterプロフィールに記載あり。[1]

出典[編集]

  1. ^ a b ブシロードグループ会社
  2. ^ ブシロード:有価証券届出書(新規公開時) (有価証券報告書) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞” (2019年6月24日). 2019年7月16日閲覧。
  3. ^ 第38回 TCGカンパニーからIPデベロッパーへ|木谷高明の視点|株式会社ブシロード
  4. ^ 2021年6月期 決算説明資料(株式会社ブシロード)
  5. ^ コラム「社長木谷の視点」第32回、「バンドリ!武道館公演の成功、そして陣頭指揮をとる為の社長退任」(2017年10月3日、同日閲覧)
  6. ^ 木谷高明の代表取締役就任(追加選任)について|株式会社ブシロード
  7. ^ 株式会社ソーシャルインフォとの資本提携(連結子会社化)に関するお知らせ(株式会社ブシロード IRニュース/2020年8月19日)
  8. ^ 株式会社フロントウイングラボの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(株式会社ブシロード IRニュース/2021年3月16日)
  9. ^ 中期4ヵ年経営計画(株式会社ブシロード、2022年8月12日)
  10. ^ a b 株式会社ブシロードクリエイティブ 第7期決算公告
  11. ^ 連結子会社間の吸収合併に関するお知らせ(株式会社ブシロード IR適時開示情報)(2022年3月24日、2022年3月25日閲覧)
  12. ^ 劇場アニメ『グリザイア:ファントムトリガー』公開と提携についてのお知らせ
  13. ^ a b 株式会社劇団飛行船との資本業務提携に関するお知らせ,株式会社ブシロード,2019年9月30日
  14. ^ a b c 株式会社劇団飛行船及び株式会社ソプラティコの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ(株式会社ブシロード IRニュース 適宜開示、2020年1月27日)
  15. ^ 当社と連結子会社による共同新設分割(簡易会社分割) による子会社設立に関するお知らせ(株式会社ブシロード IR情報)(2021年11月22日、2021年11月25日閲覧)
  16. ^ 現物配当による子会社の異動に関するお知らせ(株式会社ブシロード IR情報)(2021年11月25日、2021年12月2日閲覧)
  17. ^ キックボクシングイベント KNOCK OUT 事業譲渡に関するお知らせ | キックボクシングイベント KNOCK OUT(ノックアウト)
  18. ^ すぎのこ芸術文化振興会/劇団すぎのこ
  19. ^ ブシロードグループがヘルスケア事業へ本格進出 スポーツ&ヘルスケア本部を新設し、子会社社名を(株)ブシロードウェルビーへ変更(株式会社ブシロード プレスリリース、2022年2月17日)
  20. ^ a b 2019年7月期 有価証券報告書
  21. ^ 第15期定時株主総会招集ご通知(株式会社ブシロード)(19ページ)
  22. ^ 株式会社キネマシトラスとの資本提携のお知らせ,株式会社ブシロード,2019年12月11日
  23. ^ 株式会社リンガ・フランカとの資本提携(持分法適用関連会社化)に関するお知らせ,株式会社ブシロード,2019年12月11日
  24. ^ 株式会社ブシロード IRニュース 適宜開示 支配株主等に関する事項について(2020年1月6日、2020年8月22日閲覧)
  25. ^ 株式会社サンジゲンとの資本提携に関するお知らせ,株式会社ブシロード,2019年12月13日
  26. ^ 2020年7月期 決算説明資料,株式会社ブシロード,2020年9月14日
  27. ^ 株式会社ブロッコリーとの資本業務提携契約締結に関するお知らせ(株式会社ブシロード IR 2020年11月27日)
  28. ^ ブシロードとSHOWROOMが資本業務提携 女子プロレス団体「スターダム」の動画アーカイブのNFT化を検討(株式会社ブシロードプレスリリース)(2022年3月1日)
  29. ^ チームジョイ株式会社との資本業務提携に関するお知らせ(株式会社ブシロード IRニュース)(2022年4月25日、2022年4月26日閲覧)
  30. ^ [2]
  31. ^ 狭山の湯
  32. ^ 第14期定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項(株式会社ブシロード IR)(11ページ)
  33. ^ 株式会社ファーストクリエイティブの情報|国税庁法人番号公表サイト
  34. ^ 2021年6月期 有価証券報告書(株式会社ブシロード)(14ページに記載)
  35. ^ a b c 2021年6月期 有価証券報告書(株式会社ブシロード)(29ページに記載)
  36. ^ ブシロードグループがイベントホールを取得、「飛行船シアター」として2022年春開業予定

外部リンク[編集]