加賀電子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加賀電子株式会社
Kaga Electronics Co., Ltd.
Kagadenshi headquarter (Notice of building plan).jpg
加賀電子本社ビル建築計画のお知らせ
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8154 1986年12月23日上場
略称 加賀電子
taxan
本社所在地 日本の旗 日本
101-8629
東京都千代田区神田松永町20番地
設立 1968年昭和43年)9月12日
業種 卸売業
事業内容 電子部品商社
代表者 塚本 外茂久(代表取締役社長)
資本金 121億33百万円
発行済株式総数 2,870万2,118株
売上高 連結:2,164億05百万円
単独:827億54百万円
2013年3月期)
営業利益 連結:12億60百万円
単独:△68百万円
(2013年3月期)
純利益 連結:4億44百万円
単独:27百万円
(2013年3月期)
純資産 連結:488億06百万円
単独:354億94百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 連結:1,118億88百万円
単独:711億09百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:5,048人 単独:609人
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社三共 12.13%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 10.27%
株式会社OKOZE 5.89%
加賀電子従業員持株会 4.58%
株式会社三菱東京UFJ銀行 4.22%
(2013年3月31日現在)
主要子会社 加賀デバイス株式会社 100%
加賀ハイテック株式会社 100%
加賀コンポーネント株式会社 100%
外部リンク http://www.taxan.co.jp/
テンプレートを表示

加賀電子株式会社(かがでんし、Kaga Electronics Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く電子部品などを扱う商社である。

沿革[編集]

関連会社[編集]

  • 加賀テック - 旧社名はブランド名TAXANを逆にしたナグザット(NAXAT)。1990年(平成2年)前後にはファミコンゲームも発売しており『サマーカーニバル'92 烈火』などで知られる。2013年(平成25年)現在、ゲーム事業は下記の加賀クリエイトに移管している。
  • 加賀デバイス
  • 加賀ソルネット
  • 加賀コンポーネント
  • エー・ディーデバイス
  • 加賀クリエイト - セールスプロモーションやコンテンツ事業を展開。アニメーション作品の製作にも関わっており、OVA『華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ』(2012年平成24年))やテレビアニメ『BLAZBLUE Alter Memory』(2013年(平成25年))の製作委員会に幹事会社として参加している[3]
  • マイクロソリューション
  • デジタル・メディア・ラボ
  • 加賀スポーツ - ゴルフ用品店「ゴルフプラザ アクティブ」などを運営。
  • 加賀ハイテック
  • 加賀アミューズメント
  • 加賀エデュケーショナルマーケティング
  • エスアイエレクトロニクス - アーケードシステム基板のSYSTEM BOARD Y2を開発したことで知られる。

かつて存在していた関連会社[編集]

  • サイバーフロント - 元独立系でゲームソフト主体のソフトハウス。一時、旧アルゼの傘下に入っていたが旧アルゼの娯楽関連等での事業展開が行き詰まり、MBOで独立。のちに同社と資本業務提携・子会社化。2013年12月19日解散。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 近ツー、加賀電子に32億円で本社売却 - 日本経済新聞 2010年5月27日
  2. ^ 加賀電子株式会社 | 会社案内 | アクセスMAP
  3. ^ 人気格闘ゲーム「BLAZEBLUE」アニメーションのBlu-ray・DVD発売のお知らせ (PDF) - 加賀クリエイト、2013年9月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]