サミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サミー株式会社
Sammy Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
170-6029
東京都豊島区東池袋3丁目1番1号
サンシャイン60 29階
設立 1975年11月1日
事業内容 パチンコ・パチスロ遊技機の開発・製造・販売
代表者 代表取締役副会長CEO 中山圭史
代表取締役社長COO 青木茂
代表取締役副社長 小口久雄[1]
資本金 18,221百万円[1]
従業員数 1,240名(2012年4月1日現在)[1]
主要株主 セガサミーホールディングス 100%
関係する人物 里見治(取締役会長)[1]
外部リンク http://www.sammy.co.jp/japanese/
テンプレートを表示

サミー株式会社(Sammy Inc.)は、日本パチスロパチンコメーカー、ゲームメーカー。

概要[編集]

パチスロ事業ではトップメーカーとして知られている。また、ゲーム事業においてはGUILTY GEARシリーズやパチスロシミュレーションゲームなどを発売。ゲーム用周辺機器もアスキーから事業を引き継いで発売している。アミューズメントスポットの運営も行なう他、アーケードゲーム用システム基板「ATOMISWAVE(アトミスウェーブ)」を開発、供給を行っている。

2003年12月にゲームメーカー大手のセガを買収、2004年10月1日にはセガと経営統合を行い、持株会社セガサミーホールディングス」(SSH)を設立、サミーはSSHの100%子会社となっている。

2005年以降、GUILTY GEARシリーズ、パチスロシミュレータ等のサミーの家庭用ゲームソフトは、販売元をセガに変更し、セガを通じて販売されることとなったが、実際には、パチスロ(パチンコ)レボリューションシリーズと、その盤面以外のアーケードゲームもセガが販売することになった。このため、アトミスウェーブのタイトルもセガが販売している。また、サミーが運営していたゲームセンターも、セガに移管している。

沿革[編集]

  • 1947年 東京栄養食品設立。元々は豆腐屋だった[2]
  • 1965年 東京栄養食品の社名を「株式会社さとみ」に変更。アミューズメント部門を設立し、クレーンゲームラジコンサーキットなどの開発・販売を手がける。
  • 1967年 「サミー」ブランド誕生。当初はクレーンゲームのブランドだった。
  • 1973年 アレンジボール機の開発・製造に進出。
  • 1974年 中日スタヂアム事件に巻き込まれ4億円の損害を負う。
  • 1975年 株式会社さとみの関連会社としてサミー工業株式会社設立。
  • 1977年 ゲーム機納入先からの手形が不渡りとなり、株式会社さとみが倒産[2]。残った社員と共にサミー工業を再建し事業を継続する。
  • 1978年 インベーダーゲームブームを受けてゲーム機開発に本格参入、東京都板橋区に工場開設。この頃は他社の様にゲーム自体をオリジナルで作るのでなく、ライセンス生産によりライセンス元と全く同じものだけを作っていた。こうして余計な体力消耗を避けた事により、インベーダーブーム後は、亜流しか作れず1980年代前半までに潰れていった中小ゲーム会社と同じ運命をたどる危機を回避出来た。
  • 1982年 パチスロ機の販売開始。
  • 1995年 パチンコ機の販売開始。
  • 1997年 商号をサミー株式会社に変更。
  • 1998年 アーケードゲームパチンコセクシーリアクション稼働。
  • 2000年 バークレスト社を連結対象化し、商号を株式会社ロデオに変更する。
  • 2000年2月 アリストクラートテクノロジーズとの業務提携。
  • 2001年 オリジナルキャラクターを使用したTVCM「ココロのシイタケ」編放映開始。
  • 2003年10月 同社最大のヒット作、かつパチスロ史上最大のヒット作であるパチスロ北斗の拳ホール導入開始。
  • 2004年1月 IGT-Japanとの業務提携。
  • 2004年10月1日 セガと経営統合、持株会社「セガサミーホールディングス」を設立、株式交換で同社の100%子会社になる。
  • 2006年10月 株式会社銀座と資本業務提携し、持分法適用会社化。
  • 2007年3月 タイヨーエレック株式会社と業務提携し、筆頭株主となる。
  • 2007年12月 タイヨーエレック株式会社に追加出資し、子会社化する。
  • 2009年3月 株式会社銀座と資本業務提携解消。
  • 2009年12月8日 株式会社銀座の全株式を取得し子会社化。

パチスロ機種一覧[編集]

3号機以前(主要機種)[編集]

  • 1985年 - ナイアガラ(1号機)
  • 1988年 - アペックス301(2号機)
  • 1991年 - アラジンII(3号機)

4号機(主要機種)[編集]

機種名 発売年 備考
スーパーヘビーメタル 1994年 初の4号機
アラジンマスター 1995年
ウルトラセブン 1996年
ウルトラマン倶楽部3 1998年 業界初のCT搭載機
ロイヤルバー2 1998年 合成確率は設定1でも1/99
ビンビン神様 1998年 業界初の大量獲得機(A-500)
マックスボンバー 1999年 業界初の8ライン機(各リール4段)
仮面ライダーV3 1999年
ゲゲゲの鬼太郎 2000年 業界初の液晶搭載機
玉緒でポン! 2000年
ゴジラ2 2000年
ゲゲゲの鬼太郎SP 2000年 業界初のAT搭載機
ディスクアップ 2000年 業界初のART搭載機
キャッツアイ 2000年
宇宙戦艦ヤマトA 2000年
獣王 2001年 本格的なAT機時代に突入
ハードボイルド2 2001年
サンペイ 2001年
アラジンA 2002年 後に検定取消
ハクション大魔王S 2002年 押し順型AT機
猛獣王S 2002年 獣王の後継機
ギャルズマジック 2003年 初のストック機
キングキャメル 2003年 業界初の1ライン機
北斗の拳 2003年
ポパイ 2005年
パチスロ海物語 2005年
ウルトラマン倶楽部ST 2005年
アラジン2エボリューション 2005年
北斗の拳SE 2006年

5号機[編集]

機種名 発売年月 備考
出ましたハクション大魔王 2005年11月 初の5号機
クラッシュバンディクーS 2006年2月
ボンバーマンビクトリー 2006年4月 初のナビ獲得型リプパンはずし搭載
スパイダーマン2 2006年11月
仮面ライダーDX 走れ!スーパーバイク編 2007年2月
ミスターマジックネオ 2007年3月 完全告知
ゴジラ パチスロウォーズ 2007年3月
けものっち! 2007年5月 完全告知機
ディスクアップオルタナティブ 2007年6月
力道山 2007年7月
仮面ライダーDX 回れ!回転ベルト編 2007年7月
北斗の拳2 乱世覇王伝 天覇の章 2007年7月
北斗の拳2ネクストゾーン将 2008年3月
北斗の拳2ネクストゾーン闘 2008年3月
パチスロ格闘美神ウーロン 2008年5月
パチスロ桃太郎電鉄 2008年7月
パチスロハードボイルド 2008年11月
ぱちスロSTゴジラ 2008年12月
ぱちスロST行け!稲中卓球部 2008年12月
快盗天使ツインエンジェル2 2009年3月 マイスロサービススタート
パチスロうる星やつら2 2009年7月
がんばれ!!ロボコン 2009年8月
パチスロ交響詩篇エウレカセブン 2009年9月
ベルサイユのばら 2009年10月
パチスロあしたのジョー 2010年1月
パチスロポパイブリッド 2010年3月
パチスロ蒼天の拳 2010年5月
パチスロスパイダーマン3 2010年9月
パチスロサクラ大戦3 2011年1月
パチスロろくでなしBLUES 2011年2月
パチスロ装甲騎兵ボトムズ 2011年4月
パチスロエイリヤンビギンズ 2011年6月
パチスロ快盗天使ツインエンジェル3 2011年10月
パチスロ北斗の拳 世紀末救世主伝説 2011年12月
パチスロサクラ大戦3 〜Loop ver.〜 2012年1月
パチスロコードギアス 反逆のルルーシュ 2012年5月
THE IDOLM@STER LIVE in SLOT! 2012年7月
パチスロリングにかけろ1 ギリシア十二神編 2012年9月
パチスロ攻殻機動隊S.A.C. 2013年1月
パチスロ北斗の拳 転生の章 2013年6月
パチスロ化物語 2013年10月
パチスロ交響詩篇エウレカセブン2 2013年11月
パチスロ獣王 王者の帰還 2013年12月
パチスロ輪廻のラグランジェ 2014年2月

パチンコ機種一覧[編集]

旧基準機(主要機種)[編集]

現行基準機[編集]

機種名 発売年月 備考
CRハクション大魔王2 2004年12月 初の新要件機
CR俺の空 2005年1月
CRチョロQ 2005年5月
CR K-1 PREMIUM Dynamite 2005年7月
CR北斗の拳 2005年7月 デジハネスペック発売は2006年7月
CRあずみ 2005年9月
CRスーパージェッター 2005年11月
CRチョロQターボ 2005年11月 デジパチ羽根モノ混合タイプ
CR魁!!男塾 2006年1月
CRガメラ エクストリームバトル 2006年4月
CRフレディVSジェイソン 2006年5月
CRガッチャマン 2006年9月 デジハネ専用機種
CRリングにかけろ1 2006年9月
CRサラリーマン金太郎 2006年11月 新枠「SFZERO」採用
CR OH!アニモー 2006年12月 普通機
CRビジトジの忍気爆発! 2007年1月
CRアラジンデスティニー 2007年3月 デジパチ・羽根モノ混合タイプ
ドリームジャンベガス 2007年3月 雀球
CRサクラ大戦 2007年9月
CRクラッシュバンディクー 2007年10月 デジハネ専用機種、バトルスペックと通常スペックの2タイプ
CRターミネーター2 ジャッジメントデイ 2008年1月 Vデジ(デジパチ・羽根モノ混合タイプ)
CRバックトゥザフューチャー 2008年5月
ぱちんこCR北斗の拳 2008年9月 新枠「焔」採用、バトルスペック
CRバーチャファイター 2008年10月 バトルスペック
ぱちんこCR逃亡者おりん 2009年2月 一発告知機能「パトリンドウ」搭載
ぱちんこCRハクション大魔王3 アクビ娘 2009年6月
CR GAMERA THE BATTLE PACHINKO 2009年8月 バトルスペック
ぱちんこCR宮廷女官チャングムの誓い 2009年9月 一発告知機能搭載
ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 2009年10月 デジパチ・羽根モノ混合タイプ
ぱちんこCR蒼天の拳 2009年12月
ぱちんこCRサクラ大戦2 2010年3月
ぱちんこCR野球狂の詩 2010年5月 ダイナム専用機種
ぱちんこCR Club Moon 2010年5月
ぱちんこCR科学忍者隊ガッチャマン〜運命の絆〜 2010年7月
ぱちんこCR北斗の拳 剛掌 2010年7月 新枠「聖枠」採用、バトルスペック
ぱちんこCR獣王 2010年12月 バトルスペック
ぱちんこCR北斗の拳 百裂 2011年3月
ぱちんこCRリングにかけろ1〜黄金の日本Jr.編〜 2011年5月
ぱちんこCR戦国乱舞 紺碧の双刃 2011年6月 デジパチ・羽根モノ混合タイプ
ぱちんこCRアラジンNEO 小さな皇女と天魔の都 2011年7月
ぱちんこCRろくでなしBLUES〜頂上血戦〜 2011年10月
ぱちんこCR蒼天の拳 2011年11月 型式名「ぱちんこCR蒼天の拳2」
ぱちんこCR逃亡者おりん2 2012年2月
手打ち雀球伝道録カイジ 2012年2月 雀球
ぱちんこCR桃太郎電鉄 ひらけ!キングボンビジョンの巻 2012年3月
ぱちんこCRガオガオキング 2012年6月
ぱちんこCRバーチャファイターレボリューション 2012年8月
ぱちんこCR蒼天の拳 天授 2012年9月
ぱちんこCR神獣王 2012年12月
ぱちんこCR北斗の拳5 覇者 2013年2月
ぱちんこCR鉄のラインバレル 2013年3月
ぱちんこCRルーキーズ 2013年9月
ぱちんこCR蒼天の拳3 閻王 2013年10月
ぱちんこCRアラジンTURBO 2013年12月
ぱちんこCR北斗の拳5 百裂 2014年1月
ぱちんこCR世紀末銀狼伝サガ 2014年2月
ぱちんこCRモンスターハンター 2014年3月
ぱちんこCR戦乱BurST! 2014年4月

主なゲームソフト[編集]

関連会社(現行のグループ会社)[編集]

関連会社(元、または解散した会社)[編集]

  • 日本エイコム - サミーの子会社。AICOM(エイコム)名義でゲームをリリースするものの、1992年頃にサミーに吸収され解散。その後、一部の元日本エイコム社員が別会社の「エイコム」として独立し、1996年にはSNKとタカラ(現:タカラトミー)の出資により「夢工房」と社名を変更した。同社はSNKの経営悪化に伴い解散。
  • トレコ - サミーの子会社。TRECO名義でゲームをリリースしていた。1991年頃にサミーに吸収され解散。
  • アークシステムワークス - ギルティギアシリーズ開発会社。現在はグループ会社ではない。
  • ディンプス - 携帯電話用コンテンツ制作・開発会社。現在はグループ会社ではない。
  • スパイク - ゲーム制作・開発会社。元々、セガが買収してきた同社を、サミーが保有株式を肩代わりした。現在はグループ会社ではない。
  • サミーシステムズ - 秀工電子株式会社を継承会社としてHIシステム(ヒロタック/イクジー)を統合し社名変更。2009年、日本金銭株式会社に株式譲渡され同社の完全子会社となりJCMシステムズ株式会社として事業継承している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 会社データ|企業情報|サミー パチンコ・パチスロメーカー”. 2013年1月7日閲覧。
  2. ^ a b この人、この時:サミー会長・里見治さん 娯楽に懸ける

関連項目[編集]

外部リンク[編集]