長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Golf pictogram.svg長嶋茂雄Invitational
セガサミーカップゴルフトーナメント
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 2005年
開催地 北海道
開催コース ザ・ノースカントリーゴルフクラブ
基準打数 Par72(2017年)[1]
ヤーデージ 7178ards(2017年)[1]
ツアー 日本ゴルフツアー機構
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 1億5000万円(2017年)[1]
開催月 7月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 268 日本の旗 薗田峻輔(2013年)
通算スコア -20 日本の旗 薗田峻輔(2013年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
アメリカ合衆国の旗 チャン・キム(2017年)[1]
テンプレートを表示

長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント(ながしましげおインヴィテーショナル - )は、2005年から始まった日本ゴルフツアー機構(JGTO)の公認、セガサミーグループの主催により、北海道千歳市にあるザ・ノースカントリーゴルフクラブで開催されている男子プロゴルフトーナメントである。

2017年現在、賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円[1]

概要[編集]

歴代優勝者[編集]

回数 開催期間 優勝者
第1回 2005年 中華民国の旗 林根基
第2回 2006年 中華民国の旗 葉偉志
第3回 2007年 日本の旗 谷口徹
第4回 2008年 インドの旗 ジーブ・ミルカ・シン
第5回 2009年 日本の旗 藤田寛之
第6回 2010年 日本の旗 小山内護英語版
第7回 2011年 大韓民国の旗 金庚泰
第8回 2012年 大韓民国の旗 李京勲英語版(イ・キョンフン)
第9回 2013年 日本の旗 薗田峻輔
第10回 2014年 日本の旗 石川遼
第11回 2015年 日本の旗 岩田寛[2]
第12回 2016年 日本の旗 谷原秀人[3]
第13回 2017年 アメリカ合衆国の旗 チャン・キム英語版[1]

中継について[編集]

  • テレビ中継は大会が始まった2005年及び2006年テレビ東京系列及びBSデジタル放送のBSジャパンで放送されていたが、2007年は男子プロゴルフトーナメントの視聴率低迷を受け、1973年に男子ツアー制度が始まって初めてとなるテレビ中継なしの大会となった。
  • 2008年からは北海道放送(HBC)が特別協力についたことから同局で決勝ラウンドの2日間を中継することになった[4]。当初は2日間とも北海道ローカルの放送だったが[5]、2011年以降はTBS系列全国ネットで放送されている[6]
  • また、CS放送ゴルフネットワークでも、地上波中継分の当日時差放送がされる[7]ほか、2009年以降はジュピターテレコム(J:COM、ゴルフネットワークの親会社)傘下のケーブルテレビ局のコミュニティチャンネルでも、最終日の模様を1週間遅れで放映している。
  • インターネット中継は、2016年はグループ会社であるセガホールディングスニコニコ生放送チャンネルである「セガ生放送」で9:00から全日程の全18ホールを中継した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f チャン・キムがツアー2勝目 今平周吾は3位 - 日刊スポーツ、2017年7月9日閲覧
  2. ^ 岩田寛が逆転で今季初勝利!22歳の今平周吾2位 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2015年7月5日閲覧
  3. ^ 谷原秀人が今季初優勝 今平周吾と矢野東が3位 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2016年7月3日閲覧
  4. ^ 北海道放送は次試合の「サン・クロレラクラシック」(2012年まで)も中継(大会の主催者でもある)するため、2試合続けてゴルフトーナメントを制作することになる。
  5. ^ 2009年・2010年は最終日の模様をBSデジタル放送のBS-TBSでも放送した。
  6. ^ 但し3日目については制作局のHBCは15:30から、ほかの系列局は16:00からの放送。最終日は15:30から全国28局ネットでいずれも録画中継。
  7. ^ 2009年度はHBCからの裏送りによる「1番ホールライブ観戦」も放映された。

外部リンク[編集]