銀座 (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社銀座
GINZA Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
170-6028
東京都豊島区東池袋3丁目1-1
サンシャイン60 28階
設立 1971年昭和46年)
業種 機械
事業内容 パチンコ遊戯機等の開発・製造:販売
代表者 代表取締役社長 後藤正人
資本金 1000万円
決算期 3月31日
主要株主 サミー(株) 90%
主要子会社 (株)銀座販売
外部リンク http://www.ginza-p.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社銀座(ぎんざ、GINZA Co.,Ltd.)は、日本パチンコパチスロメーカー。本社は東京都豊島区愛知県瀬戸市より移転)。

セガサミーグループに属する(サミーの子会社)。

概要[編集]

2005年平成17年)10月セガサミーホールディングスと資本提携し同社の連結子会社となったが、セガサミーホールディングスは2008年(平成20年)11月28日の取締役会で銀座との資本・業務提携を解消する旨の決議を行い、セガサミーが保有している銀座株式についても2009年(平成21年)3月末に銀座の伊藤二博社長に譲渡され、一旦提携を解消した[1][2]。しかし2009年(平成21年)12月に再び同社の全株式をサミーが取得することが発表され[3]、セガサミーグループに出戻る形となっている。

なお、旧銀座の開発スタッフはアビリット(後のコナミアミューズメント)に移籍しており、その面影は近年のアビリット製品にも見ることが出来る。

サミー傘下に出戻った後は新機種の発表がなく、また唯一の生産拠点であった瀬戸工場も2010年(平成22年)6月に同じサミーグループのタイヨーエレックに売却しており(タイヨーエレック瀬戸工場自体も2016年〈平成28年〉3月に閉鎖)[4]、事実上営業休止に近い状況となっていた。その後2013年には『回胴黙示録カイジ3』(販売はフィールズ)の製造を担当するなど[5]、一部企業活動を再開している。

パチンコ機種一覧[編集]

旧要件機(主要機種)[編集]

現行基準機[編集]

機種名 発売年月 備考
CR満月の夜に昇天したい 2006年6月 初の新要件機、初のデジハネスペック発売
CR1・2の三四郎 2006年8月
CR寿司だニャン 2006年11月 たま確(大当たりラウンド中に役物で確変を抽選)搭載
CRマッハGOGOGO 2007年3月
CRラブラブオリーブ 2007年7月
CRフランダースの犬世界名作劇場 2008年2月
CRGU-GUガンモ 2008年10月 Vデジ(デジパチ羽根モノ混合タイプ)
CR桃太郎電鉄 2009年1月
CR三波春夫昭和伝説 2009年8月

パチスロ機種一覧[編集]

機種名 発売年月 備考
鬼浜爆走愚連隊 2005年3月 4号機、開発・製造はアビリット
ビジトジ 2007年1月 初の5号機
リングにかけろ1 2007年3月
パチスロうる星やつら 2007年5月
おり姫は告知がお好き 2007年9月
パチスロシティーハンター 2007年12月
パチスロナイトライダー 2008年4月
パチスロTHE BLUE HEARTS 2008年8月
星羅はお告げがお好き 2008年11月
パチスロ宇宙刑事ギャバン 2009年2月
パチスロスクール☆ウォーズ 2009年3月
パチスロうる星やつら3 2013年12月

事業所[編集]

かつて所在した事業所

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ セガサミーが所有する株式は2005年の資本提携時に伊藤二博社長より譲受したもので、結果的に資本提携前の状態に戻る形になる。
  2. ^ ■ サミー、銀座との事業・資本提携を解消へ - 月刊グリーンべると・2008年11月28日
  3. ^ 株式会社銀座の株式取得(子会社化)に関するお知らせ - セガサミーホールディングス・2009年12月8日
  4. ^ 固定資産の取得に関するお知らせ - タイヨーエレック・2010年6月15日
  5. ^ パチスロ新機種『回胴黙示録カイジ3』発売のお知らせ - フィールズ・2013年7月17日

外部リンク[編集]