ビーリンク (ダーツバー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ビーリンク
Be Re-inc co.ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町6-12
GS川崎ビル3階
設立 2016年1月18日
業種 サービス業
事業内容 エンタテインメント・ダイニングの企画・運営
ダーツアクセサリー等の販売
代表者 代表取締役社長 平岡享悟
資本金 1000万円
決算期 3月31日
主要株主 (株)マタハリー 100%
外部リンク http://www.bee-style.jp/
特記事項:2016年3月1日にセガ エンタテインメントからダイニングダーツバー事業などを吸収分割。
テンプレートを表示

株式会社ビーリンクは、ダーツバーを運営する日本の企業。株式会社マタハリーの100%子会社。

概要[編集]

セガ(後のセガゲームス)は、2002年に当時の開発子会社であったヒットメーカーのプロデュースによりダーツバー「Bee」の1号店を渋谷に開業させて以降[1]、子会社であるセガ アミューズメントセガ エンタテインメントによってダーツバー「Bee」、「BeeRUSH」、「KABURA」を運営してきた。

セガ エンタテインメントの親会社であるセガホールディングスは2016年1月29日に、2014年5月から実施しているセガサミーグループの構造改革の一環として、同年3月1日付でセガ エンタテインメントの会社分割を実施し、ダイニングダーツバー事業、ダーツアクセサリー等の販売事業を、同年1月18日に設立した承継会社であるビーリンクへ吸収分割することを発表。同年3月1日にダイニングダーツバー事業、ダーツアクセサリー等の販売事業をビーリンクへ吸収分割したと同時に、セガ エンタテインメントが手掛けていた「Bee」、「BeeRUSH」、「KABURA」の運営、ダーツマシンのレンタル業務、ダーツアクセサリーの販売事業をセガ エンタテインメントから譲受した。

尚、セガホールディングスが保有するビーリンクの全株式は2016年4月1日付でマタハリーへ譲渡され、同時にビーリンクはマタハリーの子会社となった[2]。同時にセガサミーグループにおけるダーツアクセサリー販売事業並びにダーツマシンのレンタル業務はハイブクリエーションに集約されたと同時に、ダーツバー事業からは撤退した。

沿革[編集]

店舗[編集]

  • 首都圏・京阪神・名古屋・仙台・・広島・福岡で店舗を運営している。

脚注[編集]

  1. ^ セガグループ、開発会社と運営会社が共同事業(株)ヒットメーカーがプロデュース、(株)セガ アミューズメントが運営のダーツバー「Bee SHIBUYA」オープンセガ 2002年4月18日(2008年10月17日のキャッシュ)
  2. ^ a b 子会社の会社分割(吸収分割)及び孫会社の株式譲渡に関するお知らせセガサミーホールディングス 2016年1月29日

外部リンク[編集]