この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

セガサミー硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

セガサミー硬式野球部
チーム名(通称) セガサミー
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 2006年
チーム名の遍歴
  • セガサミー (2006 - )
本拠地自治体
  • 東京都 (2006 - )
  • 練習グラウンド セガサミーグラウンド(東京都八王子市
    チームカラー 水色、緑色
    監督 初芝清
    都市対抗野球大会
    出場回数 9回
    最近の出場 2017年
    最高成績 2回戦敗退
    社会人野球日本選手権大会
    出場回数 4回
    最近の出場 2015年
    最高成績 準優勝
    全日本クラブ野球選手権大会
    出場回数 ※出場資格なし

    セガサミー硬式野球部(セガサミーこうしきやきゅうぶ)は、東京都に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。

    運営母体は、パチンコや家庭用ゲーム等の開発を行うセガサミーホールディングス

    概要

    2005年セガサミーホールディングスが社内融和と活性化のために、野球部の立ち上げを行なうと発表した。

    2006年日本野球連盟に企業チーム『セガサミー硬式野球部』として新規登録された[1]。初代監督には、元ヤクルトスワローズ青島健太が就任。それまでは、地元新潟県に拠点を置いていたウェルネス魚沼の監督を務めていたが、2005年7月にチームの運営方針を巡る意見の相違から辞任していた。そのウェルネス魚沼で、ただ一人の日本人選手としてプレーしていた元広島東洋カープ青木智史も加入し、福岡ダイエーホークス西武ライオンズなどで活躍した佐々木誠らがコーチに就任した。

    活動初年度となった2006年は、都市対抗野球東京2次予選で第1代表決定戦に駒を進め、「加盟1年目の本大会出場か」と期待と注目を集めたが、そこから5連敗を喫し本戦出場を逃した。その雪辱を果たすべく、2007年都市対抗野球東京2次予選の第3代表決定戦で明治安田生命を降し、本戦初出場を決めた。翌2008年都市対抗野球では、1回戦の対七十七銀行戦において大会初勝利を挙げた。

    2010年日本選手権で初出場し、2014年日本選手権では準優勝となった。

    応援スタイルに特色があり、応援歌には自社のコンテンツを利用したオリジナル曲が多い(パチスロ機の北斗の拳獣王ウルトラセブンのATタイムのBGMやサクラ大戦シリーズの主題歌『檄!帝国華撃団』など)。一方で、セガサミーのサウンドディレクター(『ソニック ラッシュ アドベンチャー』などを担当)である中川輝彦の作曲したオリジナル曲もあり、作曲者の名前を取って「輝彦」と呼ばれている[2]

    設立・沿革

    主要大会の出場歴、最高成績

    主な出身プロ野球選手

    元プロ野球選手の競技者登録

    かつて在籍していた主な選手

    脚注

    出典

    関連項目

    外部リンク