大山暁史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大山 暁史
Ohyamasatoshi bs 20150505.JPG
オリックス選手時代
(2015年5月5日 神戸第二サブ球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県別府市
生年月日 (1988-10-06) 1988年10月6日(30歳)
身長
体重
168 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト8位
初出場 2014年3月30日
最終出場 2018年8月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大山 暁史(おおやま さとし、1988年10月6日 - )は、大分県別府市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

別府青山高等学校では、2年夏に控え投手として、第87回全国高等学校野球選手権全国大会に出場した。同校が阪神甲子園球場の全国大会へ出場するのは、春夏を通じても初めてだったが、加藤政義を擁する東北高校の前に初戦敗退。大山自身も救援で登板したが、3回4失点という成績で甲子園を去った[1]

亜細亜大学への進学後は、1年次の東都大学野球リーグ戦から救援で登板。東浜巨が2学年下で入学してからは、東浜の控えに甘んじたため、リーグ戦では通算21試合の登板で1勝5敗にとどまった。

大学卒業後の2011年に、セガサミーへ入社。1年目から主戦投手として活躍すると、第1回JABA関東選手権最優秀選手賞を受賞した[2]。2年目の2012年には、読売ジャイアンツ(巨人)とのプロ・アマ交流戦で先発すると、5回を無失点という内容で好投。10月のドラフト会議の上位指名候補に挙げられた[3][4]が、チームメイトの赤堀大智宮崎敏郎横浜DeNAベイスターズからの指名を受けて入団したのに対して、自身はどの球団からも指名されなかった。この結果を受けて一時は大きくモチベーションを落とした[4]ものの、2013年には浦野博司と競い合いながら成長[4][5]この年のNPBドラフト会議オリックス・バファローズから8巡目で指名される[6]と、契約金2,000万円、年俸700万円(金額は推定)という条件で入団した。担当スカウトは牧田勝吾[7]で、入団当初の背番号は40

プロ入り後[編集]

2014年には、オープン戦から左の中継ぎ要員として起用されると、新人選手から東明大貴と共に開幕一軍へ名を連ねた。3月30日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で公式戦デビューを果たしたが、一軍公式戦ではこの試合の登板だけでシーズンを終了。ウエスタン・リーグ公式戦には39試合へ登板したものの、シーズン後の契約交渉では、推定年俸650万円(前年から50万円減)という条件で契約を更改した。

2015年には、学生時代から自信のあったストレートを前年の公式戦で相手打者から簡単に弾き返されたことを踏まえて、投球フォームを従来のスリークォーターからサイドスローへ変更[7]。ウエスタン・リーグ公式戦には49試合へ登板したが、一軍公式戦での登板機会がなく、シーズン終了後に背番号を69へ変更した[8]

2016年には、公式戦の開幕を再び一軍で迎えると、3月26日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)で一軍公式戦へ2年振りに登板した。チームが6 - 22のスコアで大敗した5月24日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、8点ビハインドの4回裏から3番手投手として登板したものの、わずか2死を取っただけで7点を失って降板。記録上の自責点が1にもかかわらず、1被安打・5与四球という乱調で、チームはこの回に8点を追加されてしまった。結局、一軍公式戦で通算防御率2.08ながら3試合の登板にとどまったため、シーズン終了後には投球フォームをスリークォーターへ戻した[7]

2017年には、公式戦の開幕を二軍で迎えた。しかし、5月6日にシーズン最初の出場選手登録を果たしてからは、一軍公式戦で主に左のワンポイントリリーフとして登板。8月5日の対日本ハム戦(札幌ドーム)では、1点ビハインドの6回裏1死2・3塁の場面で登板すると、中島卓也を2球で捕ゴロ挟殺、西川遥輝を4球で自身へのゴロに打ち取って無失点で切り抜けた。この回限りで降板したが、直後の7回表に味方打線が3得点で逆転。そのまま勝利したため、2人の左打者へ6球を投げただけで、一軍公式戦初勝利を挙げた[9]。シーズン全体では、一軍と二軍を2度にわたって往復しつつも、一軍公式戦で自己最多の32試合に登板。白星はこの1勝にとどまったが、6ホールド、防御率3.46を記録した。また、通算投球イニングが26回ながら、左打者を中心に通算で30個の三振を奪ったため、奪三振率は10.38に達した。

2018年には、一軍公式戦6試合に登板しただけで、10月29日に球団から戦力外通告を受けた。大山自身は、通告当初NPB他球団への現役続行を希望。実際に12球団合同トライアウト11月12日タマホームスタジアム筑後で開催)への参加をNPBに申し込んだほか、牧田が他の11球団中9球団に大山の獲得を打診した。しかし、プロ野球歴(5年)や一軍での経験が浅い割に年齢の高い(当時30歳の)大山を獲得することに、どの球団も消極的な姿勢しか示さなかった。結局、大山はトライアウトへの参加を取り止めた[10]うえで、現役からの引退を決断した。決断のきっかけは、球団から戦力外通告の際に球団職員への転身を打診されていたことを背景に、「自分をプロの世界に入れてくれた牧田に、選手として恩返しできていないので、今後は他の選手のために投げよう」との思いに至ったことによるという[7]

現役引退後[編集]

2019年1月1日付でオリックスの球団本部に配属。同年シーズンからは、「アシスタントスタッフ」という肩書で、打撃投手としてチームに帯同する[11]

選手としての特徴[編集]

168cmと小柄な体格ながら、スリークォーターからの最速149km/hの直球が武器。投球のテンポの良さも持ち味である[6][12]変化球スライダーツーシームを有する[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 2 0.2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
2016 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 27 4.1 6 0 5 0 2 2 0 0 8 1 2.08 2.54
2017 32 0 0 0 0 1 0 0 6 1.000 110 26.0 21 0 11 0 1 30 0 0 12 10 3.46 1.23
2018 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 5.1 8 0 1 0 0 4 0 0 3 3 5.06 1.69
NPB:4年 42 0 0 0 0 1 0 0 6 1.000 163 36.1 35 0 17 0 3 36 0 0 23 14 3.47 1.43
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40 (2014年 - 2015年)
  • 69 (2016年 - 2018年)
  • 105 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第87回全国高校野球選手権大会 全国大会試合結果”. asahi.com. 2014年3月31日閲覧。
  2. ^ ニュース詳細”. SEGA SAMMY BASEBALL. 2014年3月31日閲覧。
  3. ^ ドラフト候補大山暁史が巨人を5回零封”. nikkansports.com. 2014年3月31日閲覧。
  4. ^ a b c オリックス8位・大山暁史「自分を変えてくれた2度のドラフト」”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2014年3月31日閲覧。
  5. ^ 野球部メンバー紹介”. SEGA SAMMY BASEBALL. 2014年3月31日閲覧。
  6. ^ a b c 2013年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト. 2014年3月31日閲覧。
  7. ^ a b c d オリックス・大山暁史 恩人の存在で決断「これからは人のために」”. デイリースポーツ (2018年12月27日). 2018年12月28日閲覧。
  8. ^ 背番号の変更について”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト (2015年12月22日). 2015年12月22日閲覧。
  9. ^ オリックス大山がプロ4年目で初勝利 わずか6球での白星は「濃かったと思います」”. FullCount (2017年8月5日). 2018年12月27日閲覧。
  10. ^ トライアウト不参加の選手 鷹摂津、五十嵐、寺原、DeNA荒波、楽天細川ら”. FullCount (2017年11月13日). 2018年12月27日閲覧。
  11. ^ オリックス引退佐藤達也が広報部、縞田ら本部配属に”. 日刊スポーツ (2017年12月27日). 2018年12月28日閲覧。
  12. ^ オリックス - 2013年指名選手”. SANSPO.COM. 2014年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]