森脇亮介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森脇 亮介
埼玉西武ライオンズ #28
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府福知山市
生年月日 (1992-07-13) 1992年7月13日(30歳)
身長
体重
175 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト6位
初出場 2019年5月6日
年俸 3500万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

森脇 亮介(もりわき りょうすけ、1992年7月13日 - )は、京都府福知山市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

塔南高校では1年春からベンチ入りし、エースとなった同年秋は京都府大会3位で近畿地区大会に出場した。3年夏は4回戦で酒居知史がエースの龍谷大平安高校に敗れた[2]。森脇と同じく西武ライオンズに所属していた駒月仁人と共に、プロ入り後登場曲に使用している音楽ユニット「SELLOUT」のTATSUYAこと粟津達也は高校の1学年後輩にあたる。

日本大学へ進学後は2年春の入替戦でリーグ戦未経験ながらも登板するが敗れて、秋から2部で3年秋には4勝[2]。同期の戸根千明が主戦格であった。その後はセガサミーへ入社、同社野球部では在籍4年間全てで都市対抗野球大会に出場し(自チーム3回・補強選手1回)、第89回大会では1回戦でNTT西日本に12奪三振の完封勝利[2]日本選手権には1回出場した[3]

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、埼玉西武ライオンズから6位指名を受け[3]、11月20日に契約金3000万円、年俸1000万円で仮契約を結んだ[4]。背番号は28

西武時代[編集]

2019年は、開幕を二軍で迎えたが、5月4日に一軍に昇格。同6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、7回表に4番手としてデビューし、2回を無失点に抑えた[5]。5月15日の福岡ソフトバンクホークス戦では、1点ビハインドの6回裏に2番手として登板し、3回無失点に抑え、直後に味方が逆転したためプロ初勝利を挙げた[6]

2020年は、開幕一軍を勝ち取ると当初はビハインドの場面での投球が主だったが、防御率1点台をキープし続け、9月頃からは調子を落としたリード・ギャレットに代わって勝ちパターンの一角を任されるようになり、10月2日の千葉ロッテマリーンズ戦ではプロ初セーブを挙げた[7]。その後も安定した投球を見せ、47試合に登板し、7勝1敗16ホールド1セーブ、防御率1.35と好成績を残した。シーズンオフには、2000万円アップとなる推定年俸3300万円で契約を更改した[8]

2021年は、春季キャンプをA班でスタートしたが2月下旬に右肩の違和感を訴え、3月16日からB班に合流[9]。そのまま二軍で開幕を迎えた。その後、4月24日の二軍戦で実戦復帰し、5月3日に一軍登録となった[10]。前年のように勝ちパターンを任されることもあったが、不安定な投球が続き7月3日に登録抹消となった[11]。五輪による中断期間を経て8月13日、後半戦の開幕と共に一軍登録されると球威やキレが戻り[12]、前年の安定感には及ばなかったもののシーズン終了まで抹消されることなくブルペンの一角を担った。最終的に、45試合の登板で3勝1敗13ホールド1セーブ、防御率4.02を記録した。シーズンオフには200万円アップの推定年俸3500万円で契約を更改した[13]

人物[編集]

西武入団時に既婚、2児の父だった[14]。その後もう一子誕生し、2022年現在は3人子供がいる[15]

選手としての特徴[編集]

左足を上げた後、いったん脱力したかのような棒立ちの状態になってから一気に腕を振る独特な投球フォームから投じられる速球の最速は152km/h。変化球はフォークスライダーチェンジアップカーブ

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 西武 29 0 0 0 0 2 1 0 2 .667 143 31.0 29 3 20 0 3 24 1 0 17 17 4.94 1.58
2020 47 0 0 0 0 7 1 1 16 .875 178 46.2 22 3 20 0 1 41 1 1 8 7 1.35 0.90
2021 45 0 0 0 0 3 1 1 13 .750 184 40.1 42 3 22 1 2 29 3 0 18 18 4.02 1.59
通算:3年 121 0 0 0 0 12 3 2 31 .800 505 118.0 93 9 62 1 6 94 5 1 43 42 3.20 1.31
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2019 西武 29 0 4 0 1 1.000
2020 47 2 11 1 0 .929
2021 45 0 7 0 0 1.000
通算 121 2 22 1 1 .960
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手成績
打撃記録

背番号[編集]

  • 28(2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「Change」SELLOUT(2019年)[16]
  • 「My Life」SELLOUT(2020年 - )
  • 「Break The Wall」D.O.L(2022年 - )

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2021年12月2日閲覧。
  2. ^ a b c 2019スポニチプロ野球選手名鑑 スポーツニッポン新聞社
  3. ^ a b 森脇亮介選手が埼玉西武ライオンズからドラフト指名を受けましたセガサミー野球部HP 2018年10月26日 2020年11月15日閲覧
  4. ^ 西武6位森脇はマエケン目標「役割果たす」入団合意日刊スポーツ 2018年11月20日掲載
  5. ^ 西武の森脇投手 デビュー戦は2回無失点両丹日日新聞 2019年5月8日掲載
  6. ^ 西武ドラ6森脇、3回無失点でプロ初勝利「うれしかった」スポーツニッポン 2019年5月16日掲載
  7. ^ “西武2年目・森脇がプロ初セーブ「またこういう場面を味わいたい」”. スポーツニッポン. (2020年10月3日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/03/kiji/20201003s00001173060000c.html 2020年10月11日閲覧。 
  8. ^ 西武森脇2000万円増「この時世上げてもらった」”. 日刊スポーツ (2020年12月12日). 2022年1月25日閲覧。
  9. ^ 【西武】ギャレット1軍再合流 森脇亮介は右肩違和感訴え2軍調整へ”. スポーツ報知 (2021年3月16日). 2021年7月3日閲覧。
  10. ^ 西武・森脇が右肩違和感から1軍復帰「また一からのスタート」”. サンスポ (2021年5月3日). 2021年7月3日閲覧。
  11. ^ 【セパ公示】(3日)巨人がデラロサ、今村信貴を登録、西武は森脇亮介を抹消”. スポーツ報知 (2021年7月3日). 2021年7月3日閲覧。
  12. ^ 西武・森脇亮介 リードを最後まで守れ! 球威、キレが戻ったリリーバー/後半戦のキーマン”. 週刊ベースボールONLINE (2021年9月1日). 2021年10月27日閲覧。
  13. ^ 西武森脇亮介200万円アップ「4人家族から5人に」新たな家族の誕生報告”. 日刊スポーツ (2020年12月12日). 2022年1月25日閲覧。
  14. ^ 西武ドラ6森脇は二児のパパ 特技問われ「ママより寝かしつけは上手」” (日本語). Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2018年12月13日). 2022年7月23日閲覧。
  15. ^ 西武森脇亮介200万円アップ「4人家族から5人に」新たな家族の誕生報告 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年7月23日閲覧。
  16. ^ 選手登場曲 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]