西田真二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西田 真二
香川オリーブガイナーズ 監督 #88
20120929西田真二.jpg
2012年9月29日(松山中央公園サブ野球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1960-08-03) 1960年8月3日(56歳)
身長
体重
174 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1982年 ドラフト1位
初出場 1983年4月17日
最終出場 1995年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

西田 真二(にしだ しんじ、1960年8月3日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手外野手)、野球解説者プロ野球監督。現在は、四国アイランドリーグplus香川オリーブガイナーズの監督を務めている。旧名:西田 真次(読み同じ)。愛称はトラさん

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

和歌山市役所職員で同準硬式野球部員でもある父のもとに出生。小3で「貴志少年野球団」に入団、競技生活開始。西田が小5の時から実父が指導に参画。翌年実父が監督に昇格し、この年の市春季大会で貴志少年野球団は優勝。西田は当時の父について、実子である自身を特別扱いすることなく、むしろ実子ですら恐れる厳格な指導者・監督だったと自著で回顧・記述している。

和歌山市立河西中学校3年生次の県大会優勝を機に同年11月、河西中よりPL学園中学校へ転校。これはあまたの強豪高からの勧誘の殺到があり、返事を先送りすべきでないという実父の決断・進言によるものだった。なお河西中時代、有田市立保田中学校(エースは石井毅)に敗れたという経験をもつ。

PL学園高校時代はエース兼打撃の主軸。大阪高校球界の評価を一期下だった浪商牛島和彦“右の牛島、左の西田”と二分していた。1978年(3年生次)、春のセンバツでは木戸克彦とバッテリーを組みベスト8(PLに勝ったのは石井毅・嶋田宗彦を擁した箕島高校)。エース・4番として出場した1978年夏の甲子園では、準決勝・決勝で逆転のPLと呼ばれる奇跡的な勝利を挙げて全国制覇を成し遂げた(この時のチームメイトには谷松浩之,金石昭人がいる)。決勝では、2点差で迎えた9回裏2死から同点タイムリーを放った。

その後、木戸と共に法政大学へ進学。法大野球部では木戸の他田中富生らと同期となった。外野手に転向し東京六大学野球連盟リーグベストナインに5度選出されるなど活躍した。リーグ通算75試合出場、269打数81安打、打率.301、11本塁打、47打点。

プロ入り後[編集]

1982年のドラフト会議広島東洋カープに1位指名され契約金4500万円、年俸480万円(金額は推定)で入団した[1]

西田が入団したころの広島は山崎隆造長嶋清幸など堅守を誇る外野のレギュラー層が厚かったことと、西田自身守備に難があり、また打席での集中力が継続できない欠点から現役13シーズンはほとんど代打としての活躍となり、規定打席数に到達したシーズンはなかった。思い切りの良いバッティングで鳴らし、1983年には4連続代打本塁打というセ・リーグタイ記録をマーク。

1989年1990年には規定打席に到達しないものの高打率を残し、翌1991年にはチャンスに強い打撃を買われスタメン出場の機会が増えた。またロッド・アレンタイ・バンバークレオなどの助っ人選手の極度の不振もありシーズン後半は4番打者として定着しチームのリーグ優勝に大きく貢献する。優勝決定戦では決勝タイムリーを放つなどの活躍を見せた。その後は代打の切り札などで活躍し、1995年シーズン終了後に現役を引退。同年の引退は町田公二郎金本知憲らの当時台頭してきた若手外野手陣との競争の限界と、同年春・夏の二度の足の負傷による「ヒット打って走塁しただけで足を怪我するようじゃプロ失格」という理由があった。

引退後[編集]

引退後は、1996年から1998年までは、RCC野球解説者を務める。

1999年は達川の広島監督就任に伴い、一軍打撃コーチへ就任。新井貴浩が入団1年目の時あまりにも打球が飛ばないので当時ヘッドコーチだった大下剛史が「新井を二軍に落とそう」と提案した際に「元気があるうちは一軍に置いといてええじゃないっすか」と待ったをかけたのが西田だった。「もし、あのタイミングで二軍落ちしていたら今日の新井はない。担当コーチだったとはいえ、あれだけ熱心に付き合ってくれる指導者に出会えたことも新井にとっては幸運だった」と大下が述べている[2]2001年に山本が監督に就任した後も、1年間二軍打撃コーチを務めた。

2002年から2004年までは、広島ホームテレビの野球解説者。

2005年四国アイランドリーグ愛媛マンダリンパイレーツの監督に就任。中谷翼西山道隆らプロ入りする選手を輩出するもチーム成績はリーグ最下位と低迷し、シーズン終了後の同年12月22日、IBLJ(四国アイランドリーグ運営会社)代表の石毛宏典より翌シーズンの契約を結ばない旨を通告され、退団[3][4]

2006年4月、「お世話になった広島に恩返したい」と、広島県安芸太田町に設立された社会人野球チーム広島レッドフェニックスの監督に就任した。同年10月27日、四国アイランドリーグ・香川オリーブガイナーズの監督に翌シーズンから就任することが発表され、芦沢真矢の後を受けて2代目の監督となった[5]。四国アイランドリーグには2年ぶりの復帰。復帰に際しては、石毛と鍵山誠(のちアイランドリーグ理事長)が西田の元を訪ね、「力を借りたい」と懇願したという[6]

最初のシーズンとなった2007年は、前期・後期の連覇に加え、年間総合優勝を決めるリーグチャンピオンシップでも勝利する完全優勝にチームを導いた[7]。さらに、石川ミリオンスターズとの間で行われた独立リーグのグランドチャンピオンシップも制し、1年の間に4度の胴上げを受けることになった[8]

2008年シーズンも前期制覇(6月18日)、後期は優勝を逃したものの、リーグチャンピオンシップには勝利して前年に続いて年間総合優勝を達成した[9]。前年に続いて出場したグランドチャンピオンシップでは富山サンダーバーズに対戦成績タイに持ち込まれたが、優勝のかかった最終戦を延長戦で制し、2年連続で独立リーグ日本一に輝いた[10]

2009年シーズンは前期は2位、後期も何度か首位を奪いながら最後は高知ファイティングドッグスに競り負け、3年続けての年間総合優勝はならなかった。後期優勝を逃した後、「自分の力が足りなかった」とコメントした[11]

2010年シーズンは、3年ぶりに前後期優勝し、リーグチャンピオンシップも制して2度目の完全優勝を達成した[12]。石川ミリオンスターズとのグランドチャンピオンシップにも勝利し、再度1年に4度の胴上げを受けた[13]

2011年シーズンは前期は就任以来初となる3位にとどまったが、後期は2期ぶりの半期優勝を遂げた。しかし、徳島インディゴソックスとのリーグチャンピオンシップは1勝3敗で敗れ、香川の監督就任以来初めてポストシーズンで敗北を喫した[14]。12月9日、2012年度も続投することがリーグより発表され、6シーズン連続で香川を率いることが決まった[15]。これは愛媛の前監督沖泰司を上回るリーグ最長記録となる。

2012年は、2期連続となる前期優勝を達成。後期は愛媛に僅差で優勝を逃したものの、リーグチャンピオンシップはストレートで愛媛を下し、2年ぶりに年間総合優勝を達成した[16]。2年ぶりの出場となったグランドチャンピオンシップは新潟アルビレックス・ベースボール・クラブに0勝3敗で敗れ、初の敗退となった[17]

2013年は、2期ぶりとなる前期優勝を達成したが、後期は投手陣の不調などにより3位であった[18]。9月16日の対愛媛戦にて香川での監督通算300勝を達成した[19][20]。リーグチャンピオンシップは後期優勝の徳島に0勝3敗で敗れた。チャンピオンシップにストレートで敗れたのは初めてで、徳島に対しては2年前に続く敗退となった。チャンピオンシップの敗退について試合後のコメントで「力がなかった」と完敗を認めた[21]

2014年は、前期は優位にペナントレースを進めながら終盤に失速、徳島と同率首位ながら直接対戦成績の差で優勝を逃す[22]。後期は主に打撃不振のために低迷、チーム創設以来初となる最下位に終わり、リーグチャンピオンシップの出場も逃した[23]

2015年は、4期ぶりとなる前期優勝を達成[24]。後期優勝の愛媛と対戦したリーグチャンピオンシップは2勝3敗で惜敗し、3年ぶりのリーグ総合優勝はならなかった[25]

2016年は、前期は3位、後期は僅差ながら2位に終わり、2年ぶりにリーグチャンピオンシップに出場できなかった[26]

アイランドリーグの監督として在任中に、率いたチームから2014年までに20人の選手をNPBに入団させている[27]。その理由として、人脈も駆使したスカウトへの細かなアピールをおこなう点が指摘されている[27]

2007年5月20日の徳島との試合で、判定をめぐって審判に暴言を吐いたとして、四国アイランドリーグ創設以来監督としては初めての退場処分を受けた[28]。2008年8月13日の対徳島戦で暴言により2度目の退場処分を受けている[29]。2011年8月19日の対愛媛戦で暴言による3度目の退場処分を受けたが、退場宣告後も試合中に「不適切な抗議」をおこなったという理由でリーグから2試合の出場停止処分と球団への厳重注意・本人への再指導処分が下された[30]

2014年6月15日に、アイランドリーグ10年目記念として開催された香川対徳島のOB戦で途中登板[31]、甲子園準優勝投手である徳島の島田直也監督とも対戦した[32]

2015年のインタビューでは、40代の頃はNPBの指導者に復帰することも考えていたが、50代になってから「ガイナーズが必要としてくれるなら、それが一番ありがたいことだ」と思うようになったと述べている[27]。2016年のインタビューでは「(アイランドリーグから)やり甲斐をもらっている」とコメントした[6]

選手としての特徴[編集]

打撃における“配球の読み・ヤマを張る”などのいわゆる“勝負カン”においては当時どころか広島のチーム史で他に代わる者がないといわれたものがあった。チームの先輩だった達川が残した、西田の特質を語る「前田は努力で天才の域に達した男、努力すればするほど良くなります。西田は生まれついての天才、(但し)努力したら見事につぶれます」という言葉が伝わっている。

松原誠張本勲などの大打者からそのバットコントロールの技術を絶賛された。

人物[編集]

PL高・法大時代は同期の木戸・一期下の小早川毅彦とは西田・木戸の法大卒業まで私生活でも浅からぬ親交があった。また、PL時代西田があまりにも不感心な言動をとったのに耐えかね、木戸が西田に鉄拳を見舞ったとの逸話が伝えられている。

既婚(現在の妻とは現役引退後に結婚)で、妻との間は子があることを公表している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1983 広島 59 74 68 8 16 2 0 4 30 13 0 0 0 0 6 0 0 18 1 .235 .297 .441 .738
1984 71 107 97 7 24 7 1 2 39 15 0 0 1 0 9 4 0 20 2 .247 .311 .402 .713
1985 64 75 63 4 17 4 0 2 27 18 3 0 0 3 8 0 1 13 0 .270 .347 .429 .775
1986 25 25 21 1 4 1 1 0 7 5 0 0 0 1 3 0 0 9 0 .190 .280 .333 .613
1987 62 76 73 5 20 6 0 1 29 9 0 0 0 0 3 0 0 13 1 .274 .303 .397 .700
1988 62 69 56 3 16 5 0 1 24 8 1 0 0 1 11 1 1 11 1 .286 .406 .429 .834
1989 82 224 200 17 71 14 0 9 114 27 2 3 0 0 23 4 1 40 4 .355 .424 .560 .984
1990 87 207 186 31 65 12 1 13 118 36 4 2 0 1 18 0 2 28 2 .349 .411 .634 1.045
1991 102 385 315 37 91 14 1 7 128 51 6 3 3 3 60 2 4 72 7 .289 .406 .406 .812
1992 93 296 255 23 59 16 0 5 90 32 5 0 1 5 35 3 0 49 3 .231 .319 .353 .672
1993 34 44 37 1 9 0 0 0 9 4 0 0 0 0 6 0 1 9 1 .243 .364 .243 .607
1994 41 40 36 0 8 0 0 0 8 8 0 0 0 1 3 1 0 9 4 .222 .275 .222 .497
1995 5 5 5 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .400 .400 .400 .800
通算:13年 787 1627 1412 137 402 81 4 44 625 226 21 8 5 15 185 15 10 293 26 .285 .368 .441 .809

記録[編集]

背番号[編集]

  • 28 (1983年 - 1995年)
  • 88 (1999年 - 2001年、2005年、2007年 - )

関連情報[編集]

出演番組[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1982年12月10日付朝刊、17面、14版
  2. ^ “大下剛史氏「西田打撃コーチとの出会いがなければ今日の新井はなかった」”. 東京スポーツ. (2016年4月27日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/534971/ 2016年4月27日閲覧。 
  3. ^ 3人の監督・コーチの退団のお知らせ (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2005年12月22日)
  4. ^ この当時は全球団をIBLJが直接管理運営するスタイルだった。各球団が独立した企業となったのは2006年3月である。
  5. ^ 香川OG・西田監督と柳田コーチの就任について (PDF) - 四国アイランドリーグニュースリリース(2006年10月27日)
  6. ^ a b “香川を率いて10年、約20人をNPBへ輩出 元広島4番が魅せられた独立Lの意義”. full count. (2016年10月19日). http://full-count.jp/2016/10/19/post48695/ 2016年10月19日閲覧。 
  7. ^ “香川2年連続王者-四国ILチャンピオンシップ”. 四国新聞. (2007年10月7日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20071007000044 2016年3月8日閲覧。 
  8. ^ “香川が初代王者-野球独立リーグGCS”. 四国新聞. (2007年10月29日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20071029000095 2016年3月8日閲覧。 
  9. ^ “香川OG、3連勝で総合3連覇/四国・九州IL”. 四国新聞. (2008年10月5日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20081005000058 2016年3月8日閲覧。 
  10. ^ “香川2連覇 延長11回執念の逆転/野球独立リーグ”. 四国新聞. (2008年10月29日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20081029000101 2016年3月8日閲覧。 
  11. ^ “香川CS進めず 高知7期ぶりV/四国・九州IL”. 四国新聞. (2009年9月21日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20090921000061 2016年3月8日閲覧。 
  12. ^ “香川、2年ぶり4度目総合V/四国・九州IL”. 四国新聞. (2010年10月11日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20101011000064 2016年3月8日閲覧。 
  13. ^ “香川“完全制覇”/野球独立リーグGCS”. 四国新聞. (2010年11月1日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20101101000088 2016年3月8日閲覧。 
  14. ^ “香川、連覇ならず 徳島に逆転負け/四国ILplus”. 四国新聞. (2011年10月3日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20111003000103 2016年3月8日閲覧。 
  15. ^ 香川OG 西田監督来季続投のお知らせ - 四国アイランドリーグplusプレスリリース(2011年12月9日)
  16. ^ “香川2年ぶり5度目総合V/四国ILplus”. 四国新聞. (2012年10月7日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20121007000144 2016年3月8日閲覧。 
  17. ^ “香川3連敗、BC新潟初V/野球独立リーグGCS”. 四国新聞. (2012年10月28日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20121028000089 
  18. ^ “香川6連勝、後期3位/四国ILplus”. 四国新聞. (2013年9月26日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20130926000140 2016年3月8日閲覧。 
  19. ^ 西田真二監督ガイナーズ通算300勝達成のお知らせ 香川オリーブガイナーズニュースリリース(2013年9月16日)
  20. ^ リーグ初年度の愛媛時代に32勝しており、アイランドリーグ監督としての通算300勝目は同年4月20日の対高知戦であった。
  21. ^ 香川3連敗で終戦 徳島総合V/四国ILplus 四国新聞2013年10月6日
  22. ^ “香川、前期優勝逃す/四国ILplus”. 四国新聞. (2014年6月29日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20140629000126 
  23. ^ 香川、今季最終戦飾る - 四国新聞2014年9月19日
  24. ^ “香川が前期優勝、4期ぶり10度目/四国IL”. 四国新聞. (2015年5月26日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20150526000137 2016年3月8日閲覧。 
  25. ^ “香川終戦、愛媛に完敗/四国ILplus CS最終戦”. 四国新聞. (2015年9月28日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20150928000200 2016年3月8日閲覧。 
  26. ^ “香川は後期2位 全日程終了 四国ILplus”. 四国新聞. (2016年9月17日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20160917000163 2016年10月11日閲覧。 
  27. ^ a b c 育てて、勝つ 雑草軍団を率いて - ビジネス香川2015年4月2日
  28. ^ “香川OG首位がっちり-四国アイランドリーグ”. 四国新聞. (2007年5月21日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20070521000074 2016年11月20日閲覧。 
  29. ^ “香川、逆転勝ち/四国・九州IL”. 四国新聞. (2008年8月14日). http://www.shikoku-np.co.jp/sports/iblj/20080814000107 2016年3月8日閲覧。 
  30. ^ 香川西田監督への2試合出場停止処分について - 四国アイランドリーグplusニュース(2011年8月20日)
  31. ^ 6月15日(日)徳島ISvs香川OG OB戦開催!! - 香川オリーブガイナーズ公式ウェブサイト
  32. ^ 四国アイランドリーグ審判部 - facebook(2014年6月21日の箇所を参照)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]