鴨田勝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鴨田 勝雄(かもだ かつお、1939年8月27日 - 2002年10月27日)は日本野球監督新居浜商高法政大学で監督を務め、1980年代の法政全盛期を支えた。

経歴[編集]

愛媛県立新居浜東高等学校卒業後、法政大学(夜間課程)に進学し、法政大学野球部に所属する。選手としては主に捕手であった。 大学卒業後、故郷である新居浜市に戻り、新居浜市立(現在は愛媛県立)新居浜商業高等学校野球部監督として、1975年片岡大蔵続木敏之を擁するチームを率い、北四国大会を突破して夏の選手権大会へ初出場を果たした。同大会では決勝で習志野高校サヨナラで惜敗するも、準優勝している。

1978年から法政大学野球部の監督を務め、1980年秋の六大学リーグ戦で監督として初優勝。1982年には田中富生木戸克彦のバッテリーと西田真二という同年のドラフト会議でいずれも1位指名される3選手を擁して春のリーグ戦を10戦全勝で制し、自身初の出場となった全日本大学選手権でも優勝している。1984年1985年には全日本大学選手権を連覇するなど、同野球部の全盛期を支えた。

この間、日米大学野球選手権大会では第11回第13回第14回で監督を務め、ロサンゼルスオリンピックでは日本代表のコーチとなっている。1986年竹内昭文に法政の監督を引継ぎ、1987年からは日本IBM野州の監督に就任。同年の都市対抗で同社野球部を初出場に導き、1990年同大会に出場。なお、いずれも初戦で敗退している。

IBM監督を退いた後も中主町(現・野洲市)に住み、2002年心不全のため逝去した。