1995年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1995年 | 1995年のスポーツ

競技結果[ソースを編集]

日本プロ野球[ソースを編集]

ペナントレース[ソースを編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 ヤクルトスワローズ 82 48 0 .631 -
2位 広島東洋カープ 74 56 1 .569 8.0
3位 読売ジャイアンツ 72 58 1 .554 10.0
4位 横浜ベイスターズ 66 64 0 .508 16.0
5位 中日ドラゴンズ 50 80 0 .385 32.0
6位 阪神タイガース 46 84 0 .354 36.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 オリックス・ブルーウェーブ 82 47 1 .636 -
2位 千葉ロッテマリーンズ 69 58 3 .543 12.0
3位 西武ライオンズ 67 57 6 .540 12.5
4位 日本ハムファイターズ 59 68 3 .465 22.0
5位 福岡ダイエーホークス 54 72 4 .429 26.5
6位 近鉄バファローズ 49 78 3 .386 32.0

日本シリーズ[ソースを編集]

1995年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月21日(土) 第1戦 ヤクルトスワローズ 5-2 オリックス・ブルーウェーブ グリーンスタジアム神戸
10月22日(日) 第2戦 ヤクルトスワローズ 3-2 オリックス・ブルーウェーブ
10月23日(月) 移動日
10月24日(火) 第3戦 オリックス・ブルーウェーブ 4-7 ヤクルトスワローズ 明治神宮野球場
10月25日(水) 第4戦 オリックス・ブルーウェーブ 2-1 ヤクルトスワローズ
10月26日(木) 第5戦 オリックス・ブルーウェーブ 1-3 ヤクルトスワローズ
優勝:ヤクルトスワローズ(2年ぶり3回目)

個人タイトル[ソースを編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 T.オマリー ヤクルト   イチロー オリックス  
最優秀新人 山内泰幸 広島   平井正史 オリックス  
首位打者 A.パウエル 中日 .355 イチロー オリックス .342
本塁打王 江藤智 広島 39本 小久保裕紀 ダイエー 28本
打点王 江藤智 広島 106点 イチロー オリックス 80点
初芝清 ロッテ
田中幸雄 日本ハム
最多安打 野村謙二郎 広島 173本 イチロー オリックス 179本
盗塁王 緒方孝市 広島 47個 イチロー オリックス 49個
最高出塁率 T.オマリー ヤクルト .429 イチロー オリックス .432
最優秀防御率 T.ブロス ヤクルト 2.33 伊良部秀輝 ロッテ 2.53
最多勝利 斎藤雅樹 巨人 18勝 K.グロス 日本ハム 16勝
最多奪三振 斎藤雅樹 巨人 187個 伊良部秀輝 ロッテ 239個
最高勝率 石井一久 ヤクルト .765 平井正史 オリックス .750
最優秀救援投手 佐々木主浩 横浜 39SP 平井正史 オリックス 42SP

ベストナイン[ソースを編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 斎藤雅樹 巨人 伊良部秀輝 ロッテ
捕手 古田敦也 ヤクルト 中嶋聡 オリックス
一塁手 T.オマリー ヤクルト J.フランコ ロッテ
二塁手 R.ローズ 横浜 小久保裕紀 ダイエー
三塁手 江藤智 広島 初芝清 ロッテ
遊撃手 野村謙二郎 広島 田中幸雄 日本ハム
外野手 A.パウエル 中日 イチロー オリックス
松井秀喜 巨人 D.ジャクソン 西武
金本知憲 広島 佐々木誠 西武
指名打者   T.ニール オリックス

高校野球[ソースを編集]

大学野球[ソースを編集]

社会人野球[ソースを編集]

メジャーリーグ[ソースを編集]

できごと[ソースを編集]

1月[ソースを編集]

2月[ソースを編集]

3月[ソースを編集]

4月[ソースを編集]

5月[ソースを編集]

6月[ソースを編集]

7月[ソースを編集]

8月[ソースを編集]

9月[ソースを編集]

10月[ソースを編集]

11月[ソースを編集]

12月[ソースを編集]

誕生[ソースを編集]

死去[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 【2月13日】1995年(平7) 減量してもクビ!?トラックスラー、再就職先は少年野球教室?”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン新聞社 (2009年2月1日). 2016年1月2日閲覧。
  2. ^ 【3月19日】1995年(平7) 破談一転成立 西村龍次が近鉄 吉井理人がヤクルト”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン (2010年3月1日). 2016年1月2日閲覧。
  3. ^ 『永久保存版 さらば大阪近鉄バファローズ 熱い心の野球ありがとう』 ベースボール・マガジン社週刊ベースボール別冊 冬季号〉、2004年、97頁。
  4. ^ 【9月17日】1995年(平7) 球界初 2日連続 しかも初回に退場になったデューシー”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン (2011年9月17日). 2016年1月2日閲覧。
  5. ^ 【10月8日】1995年(平7) 他球団からの誘いも…原辰徳 巨人の「4番・三塁」で引退”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン (2010年10月1日). 2016年1月2日閲覧。
  6. ^ 【9月27日】1995年(平7) 異例の4時間討議の末に…真弓明信に引退勧告”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン (2009年9月1日). 2016年1月2日閲覧。