1996年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1996年 | 1996年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

1996年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 77 53 0 .592 -
2位 中日ドラゴンズ 72 58 0 .554 5.0
3位 広島東洋カープ 71 59 0 .546 6.0
4位 ヤクルトスワローズ 61 69 0 .469 16.0
5位 横浜ベイスターズ 55 75 0 .423 22.0
6位 阪神タイガース 54 76 0 .415 23.0
1996年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 オリックス・ブルーウェーブ 74 50 6 .597 -
2位 日本ハムファイターズ 68 58 4 .540 7.0
3位 西武ライオンズ 62 64 4 .492 13.0
4位 近鉄バファローズ 62 67 1 .481 14.5
5位 千葉ロッテマリーンズ 60 67 3 .472 15.5
6位 福岡ダイエーホークス 54 74 2 .422 22.0

日本シリーズ[編集]

1996年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月19日(土) 第1戦 オリックス・ブルーウェーブ 4-3 読売ジャイアンツ 東京ドーム
10月20日(日) 第2戦 オリックス・ブルーウェーブ 2-0 読売ジャイアンツ
10月21日(月) 移動日
10月22日(火) 第3戦 読売ジャイアンツ 2-5 オリックス・ブルーウェーブ グリーンスタジアム神戸
10月23日(水) 第4戦 読売ジャイアンツ 5-1 オリックス・ブルーウェーブ
10月24日(木) 第5戦 読売ジャイアンツ 2-5 オリックス・ブルーウェーブ
優勝:オリックス・ブルーウェーブ(19年ぶり4回目)

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 松井秀喜 巨人   イチロー オリックス  
最優秀新人 仁志敏久 巨人   金子誠 日本ハム  
首位打者 A.パウエル 中日 .340 イチロー オリックス .356
本塁打王 山崎武司 中日 39本 T.ニール オリックス 32本
打点王 L.ロペス 広島 109点 T.ニール オリックス 111点
最多安打 A.パウエル 中日 176本 イチロー オリックス 193本
盗塁王 緒方孝市 広島 50個 村松有人 ダイエー 58個
最高出塁率 江藤智 広島 .431 イチロー オリックス .422
最優秀防御率 斎藤雅樹 巨人 2.36 伊良部秀輝 ロッテ 2.40
最多勝利 斎藤雅樹 巨人 16勝 K.グロス 日本ハム 17勝
B.ガルベス
最多奪三振 斎藤隆 横浜 206個 工藤公康 ダイエー 178個
最高勝率 斎藤雅樹 巨人 .800 星野伸之 オリックス .722
最優秀救援投手 佐々木主浩 横浜 29SP 赤堀元之 近鉄 30SP
成本年秀 ロッテ
最優秀中継ぎ投手(セ)
最多ホールド投手(パ)
河野博文 巨人 12.45RP 島崎毅 日本ハム 16H

表彰選手[編集]

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 斎藤雅樹 巨人 E.ヒルマン ロッテ
捕手 西山秀二 広島 吉永幸一郎 ダイエー
一塁手 L.ロペス 広島 片岡篤史 日本ハム
二塁手 立浪和義 中日 大島公一 オリックス
三塁手 江藤智 広島 中村紀洋 近鉄
遊撃手 野村謙二郎 広島 田中幸雄 日本ハム
外野手 A.パウエル 中日 イチロー オリックス
松井秀喜 巨人 田口壮 オリックス
山崎武司 中日 村松有人 ダイエー
指名打者   T.ニール オリックス

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

  • 10月1日 - 広島の小早川毅彦が広島市民球場での対中日23回戦の七回裏に代打で出場して内野安打を打ち、プロ通算1000本安打を達成[2]
  • 10月6日
    • 中日対巨人25回戦がナゴヤ球場)で行われ、巨人が中日を5-2で下し、2年ぶりにセ・リーグ優勝を決める(メークドラマ[3]
    • 横浜の荒木大輔が今季限りでの現役引退を表明[4]
  • 10月9日
    • ロッテのオーナー代行の重光昭夫が東京・西新宿のロッテ本社で記者会見し、ゼネラルマネージャーの広岡達朗が辞任したと発表[5]
    • 阪神が甲子園球場での対中日26回戦の一回裏、無死満塁の場面で新庄剛志が18号満塁本塁打、一死満塁の場面で代打・塩谷和彦が1号満塁本塁打を打ち、プロ野球史上初の1イニング2本の満塁本塁打を記録[6]
  • 10月10日 - ロッテのオーナー代行の重光昭夫は監督の江尻亮が辞任したと発表[7]
  • 10月14日 - ロッテは元横浜ベイスターズ監督の近藤昭仁が監督に就任したと発表[8]
  • 10月21日 - 沢村賞の選考委員会が都内のホテルで開かれ、巨人の斎藤雅樹を選出[9]
  • 10月24日 - オリックス対巨人の日本シリーズ第5戦がグリーンスタジアム神戸で行われ、オリックスが巨人を5-2で下して対戦成績を4勝1敗とし、シリーズ優勝を決める[10]
  • 10月26日 - プロ野球の最優秀選手、最優秀新人、ベストナインを決めるプロ野球担当記者の投票の開票が行われ、最優秀選手にセ・リーグは巨人の松井秀喜、パ・リーグはオリックスのイチローが選出される。最優秀新人にセ・リーグは巨人の仁志敏久、パ・リーグは日本ハムの金子誠が選出される[11][12]
  • 10月29日
    • 正力松太郎賞の選考委員会が都内のホテルで開かれ、オリックスの監督の仰木彬の受賞を決定[13]
    • 巨人は水野雄仁岡崎郁が今季限りで現役引退すると発表[14]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

10月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 野崎勝義著、ダメ虎を変えた! ぬるま湯組織に挑んだ、反骨の11年、2011年、朝日新聞社、P34-39
  2. ^ 読売新聞1996年10月2日19面「千本安打もアダ花」読売新聞縮刷版1996年10月p71
  3. ^ 読売新聞1996年10月7日1面「巨人2年ぶりV セ・リーグ 11.5差はね返す」読売新聞縮刷版1996年10月p325
  4. ^ 読売新聞1996年10月7日21面「横浜の荒木大輔(三二)が引退表明」読売新聞縮刷版1996年10月p345
  5. ^ 読売新聞1996年10月10日26面「ロッテ、広岡GMを"解任" イメージ悪化理由に」読売新聞縮刷版1996年10月p538
  6. ^ 読売新聞1996年10月10日27面「阪神が1イニング2満塁本塁打のプロ野球新記録」読売新聞縮刷版1996年10月p539
  7. ^ 読売新聞1996年10月11日21面「江尻監督の辞任発表」読売新聞縮刷版1996年10月p573
  8. ^ 読売新聞1996年10月15日27面「ロッテ新監督に近藤氏就任発表」読売新聞縮刷版1996年10月p767
  9. ^ 読売新聞1996年10月22日29面「斎藤2年連続の沢村賞 通算3度目、最多タイ」読売新聞縮刷版1996年10月p1153
  10. ^ 読売新聞1996年10月25日1面「オリックス初の日本一」読売新聞縮刷版1996年10月p1297
  11. ^ 読売新聞1996年10月27日1面「MVP松井(セ)イチロー(パ)」読売新聞縮刷版1996年10月p1405
  12. ^ 読売新聞1996年10月27日17面「松井『セ』最年少MVP イチローは3年連続 新人王は仁志、金子誠」読売新聞縮刷版1996年10月p1421
  13. ^ 読売新聞1996年10月30日21面「第20回正力松太郎賞 仰木オリックス監督に」読売新聞縮刷版1996年10月p1589
  14. ^ 読売新聞1996年10月30日21面「水野、岡崎が引退 長嶋一茂は戦力外通告」読売新聞縮刷版1996年10月p1589